ゴルフスイングを美しくして障害を防ぐRIPS!!(リップス)のブログ

ゴルフトレーニングに人生をかけた理学療法士資格を持つパーソナルトレーナー、中村直樹のブログです。
プロゴルファーから初心者ゴルファーまで幅広くゴルフトレーニングを指導しています。
ここではゴルフに関する最新のエビデンス(科学的根拠)を紹介します。


テーマ:

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ホール(カップ)を凝視した練習の方がボールを凝視した練習よりも

ヘッドスピードのばらつきが抑えられた。
Mackenzie et al.2011

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《中村の解釈》

 

本日もたまたまパッティングに関する報告でした。

 

カップを凝視して練習した群と、ボールを凝視して練習した群を比較した研究です。

 

両群とも練習前に比べ、4週間の練習後の方がパット成功率が高かったとのことでした。

 

そして、カップを凝視した方が、ヘッドスピードのばらつきが小さいということでした。

以前の報告でもあったように、

 

ヘッドスピードなどは意識的に変えるようなものではなく、

 

これまでの経験などに基づいて自然に身体が覚えたストロークが重要です。

 

今回の研究では、カップを凝視してボールを転がすことで、

 

自然に距離感をつかんだような結果と考えられます。

 

ボールを凝視することで、距離感は脳で描いたイメージだけしか情報がなく、

 

実際に見た視覚的な情報の方が脳が行う計算が簡単になるのだと思います。

また、カップ(パッティングライン)を見て打つことでインパクトスポットやフェース角、

 

ストロークの軌道のばらつきが心配ですが、

 

今回の研究では影響はないとのことでした。

 

ただし、あくまでも練習の環境においての話です。

 

一回勝負のラウンドでは、クワイエットアイのような方法が有効かと思います。

 

最新のメルマガをご希望の方はこちらからご登録をお願いいたします(*^^)v
http://mail.os7.biz/m/cg7D

毎週土曜日AM11時に配信しております。

 

ブログランキング参加しています。

ポチっとお願いいたします。

 

ゴルフコンディショニング動画はこちらをご覧ください↓

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。