民主、自民両党は14日、鳩山由紀夫首相と自民党の谷垣禎一総裁らによる今国会3回目の党首討論を、21日に開催することで合意した。一方、与野党は14日の衆院議院運営委員会理事会で、労働者派遣法改正案、地球温暖化対策基本法案を16日と20日にそれぞれ審議入りすることで合意した。首相の訪米報告は22日の衆院本会議で行う。

【関連記事】
首相は普天間に政治生命賭けよ
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示
外国人地方参政権問題に一石

宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見(産経新聞)
京都御所 桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)
米軍再編「多少の遅れも」=実務者協議、米に働き掛けへ-平野官房長官(時事通信)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
AD