民主党の生方幸夫副幹事長は23日、テレビ朝日番組に出演し、高速道路の新上限料金制の見直し問題をめぐる政府・民主党の混乱について、「根本的な問題は党に政策調査会がなくなったからだ。党内できちんと議論して発表しないと国民に多大な迷惑をかける」と述べ、政調復活を重ねて求めた。

 そのうえで「何でもかんでも小沢一郎幹事長のところに(権限が)集中している」と語った。政調復活を求める党内の動きについては「私の(副幹事長解任)騒動があって、『何か言うと第2の生方になる』ということでみなさんトーンダウンしている」と述べた。

【関連記事】
生方氏「強権政治が覆っている」 文芸春秋に論文
生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経 朝日も小沢氏に期待せず
民主が議員立法復活へ 政府が手続き了承 参院選前にガス抜きか
政府が議員立法手続きを了承 復活に向け“解禁”か
「小沢vs生方」は先送り 小沢氏は退席 生方氏は会見司会から除外

支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題-犯罪被害者への調査・警察庁(時事通信)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初-業過致死傷罪・神戸(時事通信)
パト追跡バイク転倒、後部座席の少女重傷 高2酒気帯び逮捕(産経新聞)
認知症GHのスプリンクラー、6割が未設置―厚労省(医療介護CBニュース)
<郵政改革>法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認(毎日新聞)
AD