理学療法士SMILEの勉強生活

理学療法士である私SMILEの日常を、仕事中心に綴った日記です。
国家試験や主催勉強会の情報も発信しています。


テーマ:

先日、ある養成校で臨床実習(評価実習)の指導者会議に参加して来ました。

 


初めて訪れる養成校でしたが、綺麗でいいなぁと・・・。

 


講習会などでも様々な養成校へ行くことがありますが、初めての場所はいつも楽しみです(笑)

 


・・・話が逸れましたが、指導者会議では職場に来る予定の実習生と初対面。

 


考えることの必要性や重要性を知ってもらい、更に勉強が必要である部分と自信を持っても良い部分を感じて欲しいと思っています。

 


何より、この仕事の楽しさと難しさを知る機会になってくれれば良いなと思っています。

 

 


一方で、会議の中で話が出てきましたが、実習の指導要綱は今回の養成校でも作り直しを進めているそうです。

 


しかし、中々大変そうな印象を受けましたね。

 


最近良く聞くクリニカルクラークシップ(CCP)の話も。。。

 


療法士養成のための教育は一筋縄でいかないことは事実であり、未だに不明確な部分も少なくない印象にあります。

 


従来よりも良くはなっているのでしょうが、更なる整備が必要だと感じている現職者は相当数いると思っています。

 


まぁ、私は教職に就いていませんので基本的には現状の実習要綱に従っています。

 


様々な問題を耳にする臨床実習だけに、より的確な整備が早急に必要であると感じた一日でした。

 

 

現在、日本理学療法士協会はこのクリニカルクラークシップを推しているということです。

 

 

しかしながら、私も含めて、クリニカルクラークシップの正しい認識や導入のスタイルを現場の職員がもっと知る必要があるなと感じています。

 

 

実際、従来型の指導方法と混在していることも多いとの報告があるほどですので。

 


いずれにせよ、正しい理解が必須です。

 

 

長所も短所も。

 

 

勉強します!

 

 

 

私のFacebookではこの記事について、諸先生方に貴重なご意見を頂いておりますので、ぜひこちらからご覧になってください。(気軽に友達申請もしてください(^^♪)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに12月に突入しました!

 

 

本日現在、第52回理学療法士及び作業療法士国家試験まで残り86日です!!

 

 

まだ慌てる必要はありませんが、徐々に本番を具体的に意識していきましょう。

 

 

ただ、地道にコツコツと過去問などの問題を解きながら、内容を派生させて勉強していきましょう。

 

 

大切なことは、毎日の勉強の積み重ねが良い結果に繋がります。

 

 

今は点数が思うように上がらなくても、焦ってはいけません。

 

 

ただし、国家試験ではとにかく点数を取らなくてはなりません。

 

 

つまり、自己満足な勉強や下手なプライドよりも点数に直結する行動をとる必要があります。

 

 

だからこそ、限られた時間を有効に使うことや、知識の整理にゴロは非常に有用です。

 

 

そこで、特にお勧めしたいのが「PT・OT学生のための国試対策 安易に覚える語呂集 ~2016年度版~です。

 

DLmarketで購入

 

1点~数十点の点数UPのために、ぜひ利用してみてください。

 

毎年、多くの受験生の方に利用していただいておりますニコニコ

 

すでに今年度版も多くの方に利用して頂いていますニコニコ

 

あなたの試験勉強の参考になると思いますアップ

 

※ゴロ集はpdfファイルで作成されているので、各種スマートフォンでも見ることができます。

 

たった1点で泣かない為にも、ぜひできることは全て行ってくださいグッド!

 

もちろんゴロ自体が国家試験問題に直接役立つ事もありますが、ゴロを知っていることで間接的に問題を解く事ができることもあります。

 

ゴロで知識を整理しておくことは、非常に有効な勉強方法だと考えています。 まだご利用頂いていない方は、ぜひ利用してみてくださいビックリマーク

 

また、基本的に膨大な出題範囲を誇る国家試験だからこそ、闇雲に勉強するのではなく対策が必要です。

 

同様に、試験や試験勉強に対する考え方も必要です。

 

そこで「医療系国家試験で1点でも多く点数を取るために必要な勉強方法と考え方 ~2016年度版~を参考にしてみてください。

 

DLmarketで購入

 

点数の伸び悩みの有無に関わらず、あらゆる手段を尽くして勉強してくださいメラメラ

 

ぜひ参考にしてみてください音譜

 

また、上記2教材はセットとして、お得にお求めにもなれますので、ぜひご利用ください!!

 

【PT・OT国試対策語呂集&勉強方法と考え方 ~2016年度版~】

 

DLmarketで購入

 

大切な事なので繰り返しますが、後悔のないように、できる事は全て実践してくださいビックリマーク

 

確実に1点でも点数アップに繋がる行動をとってください。

 

点数に繋がらない自己満足にしかならない勉強は、国家試験に合格してからやったらイイと思います。

 

とにかく、少しでも点数を伸ばす勉強方法を具体的に実践してみてくださいグッド!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この仕事をしていると、高齢の方と接する機会が多くなります。

 


そして、それに応じて昨日まで元気だった方が、今日になると急変して亡くなるという場面にも遭遇します。

 


私自身はそれほど多くの経験はありませんが、自分が担当していた患者さんが急変してお別れも言えぬままに会えなくなることもありました。

 

 

「また頑張りましょう」、「ではまた次回にしましょう」などと笑顔で次回の約束をしても、それが最期に交わした言葉になってしまうことが多いです。

 

 

健康に問題を抱える方と接する仕事柄、致し方ない部分はあると思います。

 


何度も経験したことはありますが、慣れたことはないですし、おそらくこれからも慣れることはないと思います。

 

 

やっぱり、お別れというものは悲しいですね。

 

 

 

明日や未来が来ることが当たり前ではないことを、いつも学ばせてもらっています。

 


だからこそ「今」が大切であり、今この瞬間を全力で生きなくてはならないと感じています。

 


無駄にして良い「今」はないと思います。

 

 

年齢を重ねるにつれて、楽しい思い出も増えますが、後悔も増えていきます。

 


取り戻せる後悔であれば良いですが、取り返しのつかない後悔も増えていくのが人生というものです。

 


「後悔を減らす選択」に対する「正解」は中々難しいですが、少なくても今を全力で生きるという選択は間違っていないと思います。

 

 

今をもっと大切にしなくてはいけないと考えさせられています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前もこのブログで書きましたが、今週末にある養成校の実習指導者会議に参加する予定です。

 

 

それに関係した内容を少しだけ書きます。

 

 

実習に臨む際に、学生さんに実践して欲しい心構えは多々あります。

 

 

例えば、守りに入らないで欲しいという事です。

 

 

堂々と間違えられるのは学生さんの特権とも言えると思います。

 

 

確かに実習の合否に不安があるかもしれませんが、やはり貴重な実習の時間。

 

 

間違えることを恐れずに、積極的な姿勢で行動して欲しいと思います。

 

 

実習指導者のご機嫌伺いばかりしていては本当に勿体ないです。

 

 

 

基本的に臨床実習は初めての体験の連続になりますので、勉強になるのは当然です。


実習への臨み方は人それぞれバリエーションがあって良いものです。


ただし共通して言える事は、臨床実習では事前に自分なりの明確な目標や課題を立てておく必要があります。


それらを達成するために臨床実習に臨めば、どう転んでも勉強になり、自身の成長に繋がります。



しかし、間違っても当たり障りのない、ただただこなすだけの行動は避けるべきです。


学生の立場であれば、幅広い意味で守られています。


よっぽどの間違いでなければ、許されることが多いという事です。


プロになってしまえばそうはいかずに、常に責任を取らなくてはなりません。



確かに実習中は肩身が狭い感じを受けると思いますが、感想がそればかりになってしまうようではもったいないです。


また、不合格になるかもしれないという心配はずっとあると思います。


それでも、受け身や守りに入っていてはダメなのです。


実習は勉強しに行く場です。


褒められに行く場でもありません。


積極的に学ぶ行動をして、少しでも自分の様々な能力を高める場です。


ただこなす実習ではなく、将来にまで役立つ実習に自らしていきましょう。


本当に本当に貴重な時間なのですから。

 

 


※以前、私が「臨床実習の臨み方」についてまとめた文章がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳細はこちらからどうぞ。

 

 

 

 【PT・OT学生のための実習や臨床で簡単に使える検査・評価用紙集 ~2016年度版~】

 

 DLmarketで購入

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が主宰しているUPdate勉強会

 

 

第3回目の勉強会開催が決定し、先週から参加者の募集を開始しております。

 

 

募集開始したばかりなのですが、お陰様で募集定員まで残り2名となっております。

 

 

 

ただ、今の所は15名定員ですが、もしかしたら2~3名程度は増員募集する可能性があります。

 

 

想像以上にお申込みのペースが早く、周知する前に定員に達してしまう可能性が非常に高いからです。

 

 

いずれにせよ、ご興味ある方はお早めにお申込みください。

 

 

定員に達した後は、キャンセル待ちのみの受付となりますので、ご了承ください。

 

 

 

さて、今回のテーマは、

 

臨床に活かすための触診の基本的なポイント ~上肢編~」です。

 

 

 

 

簡単に言えば、触診についてです。

 

 

理学療法士・作業療法士として活動していく以上、「触診」は欠かさない評価手法の一つです。

 


誰もが用いる基本的な技術だからこそ、これを蔑ろにしてしまうと理学療法士・作業療法士としての質が大きく低下してしまいます。

 


少なくても主要な骨や筋などは確実に触診できる必要があります。

 


あやふやな知識や技術は患者さんの利益には繋がらず、むしろ不利益になってしまう可能性が高いです。

 


そこで、本勉強会では解剖学や運動学、生理学などの知見と触診技術を織り交ぜながら、それらを臨床で活かせるように基本的な部分をお伝えしていく予定です。

 


わからない部分を気軽に聞けるような勉強会を目指しておりますので、ぜひご興味のある方はお気軽にご参加ください。

 


※講義と実技の両方を予定しております。
 

 

詳細、お申込みはこちらの詳細をご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。