スポーツ心目線

サイコスポーツ株式会社渡辺のブログです。


テーマ:

驚きと学びの韓国2日間。

福岡地方梅雨明けの日に仁川空港へ到着。車で韓国障害者スポーツセンターを目指します。以前韓国を訪問した際、ある先生がぜひ観せたいと話していたこの施設。韓国が国家プロジェクトとして、パラリンピック選手強化のために建てたものです。

 

 

玄関を通ると最初に目に入るのが大きな垂れ幕。「リオの主役は君たちだ」と書いているそうです。

 

 

想像以上の歓迎ムードの中、名刺交換を済ませ、施設の説明をしていただきました。敷地面積180,4000m2という広さに500億をかけて完成したパラリンピック専用施設。まだ建設中の箇所もありましたが驚きの規模です。

 

 

パラリンピック種目は全種目完備。トレーニング施設はもちろん、スポーツ科学の測定や分析機器も充実しています。強化指定選手の一部は、ここで生活しているため選手村とも呼ばれているとか。ウエイトトレーニング機器は、車椅子からスムーズに移動できる工夫が施されている等、私も初めてみるものばかりです。

 

 

選手たちがリラックスできる空間も重要だということで、なんとカラオケルームも備えています。

 

 

廊下のいたる所に韓国を代表するパラリンピアンの写真が飾られています。

 

 

話は変わりますが、今回宗像市スポーツコミッションの方々と渡韓しました。目的は9月に韓国で、そして12月に宗像市で開催されるブラインドサッカー日韓親善試合の打ち合わせです。この度、実行委員長に指名され、その準備を進めております。チームはラッキーストライカーズ福岡を中心に日本選抜チームとして構成されます。

 

宗像市は2020年東京オリンピック・パラリンピック、さらに19年のラグビーワールドカップのキャンプ地招致に手を挙げており、その活動の一環としてブラインドサッカーの親善試合を行っていただけることになりました。

 

中身の濃い2日間。リオや東京のパラリンピックというより、私個人的には日本と韓国の抱える障害者スポーツ発展に向けた課題に極めて関心をもちました。施設だけみれば羨ましい限りの韓国。しかし「日本のパラ選手が羨ましい」と言った関係者。ポスト五輪に向けた動きのヒントがあるかもしれません。続きはまた。

 

それにしてもブラインドサッカー専用コートはよかったな〜。

 

(続)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

psychosportsさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。