・・ココロのビタミン・・
新年は、自分のキャリアについて考えてみる、とても良い時期です。
そこで、今日は、キャリアマネジメントのお話をしたいと思いますニコ

(私は、キャリアカウンセリングも、専門のひとつで、
メンタルケア(うつ病などのケア)⇒キャリアカウンセリング⇒コーチングというような
流れで、一人のクライエント様と長くかかわりを持つこともあります)

日々、変化を続けている社会。。。
会社や社会から個人のキャリアが保証される時代は過ぎ、
自分のキャリアは自ら責任を持って構築する時代となりました。

キャリアの専門家からキャリア構築モデルを学ぶこともできますが、
それを解釈し、自分のキャリアに取り入れるためのを工夫をし、
プラン通りに進めていくのは、すべて自分自身です。

皆様は、これまでにどのようなキャリア・マネジメントを行ってきていて、 
これからはどのようなキャリアを築いていきたいでしょうか?


日常生活の中では、毎日の仕事、生活に追われてしまい、
ついつい「目の前にあること」(局所的)、「今の時間」(短期的)、
つまり「近視眼的視点」で物事を考えてしまいがちです。

現在は、ニーズが高い技術やスキルを持っていて、仕事も充実しているニコニコ
けれど、現状に満足し、そればかりに集中していると、
ふと気付いたときに、新しい技術の時代に移っていたり、
自分のスキルが時代遅れになってしまっていた、
というような状況に陥るリスクがあります。


晴れ最近、調子がよい!うまくいっているという時期こそ、
「目の前のこと」や「今の時間」だけではなく、
「周囲で起きていることも見る(=大局的、俯瞰的)」、
「未来の時間(=物事の長期的変化)の視点でもキャリアを考え、
将来への布石を打つための計画を立てておき、
日々、将来のための自己投資の時間をわずかでも作って実行できると理想的です。

ポイントは、自分が大切にしたい価値観に基づいてキャリアの意思決定を行うこと。
自分が、どうありたいのかということを、具体的にみること。

短期的、長期的な複数の目標が持っているものの、いつも実行ができないという方は、
無理のあるスケジュールだったので、長続きしなかったのかもしれません。

戦略的なキャリアのアドバイザー、コーチ、もしくはメンターを持つことで、
大局的、俯瞰的、長期的な視点のアドバイスをしてくれますし、
リマインドできますので、そういったサービスもおすすめですラブラブ

・・ココロのビタミン・・


仕事やその他の社会活動、プライベートで行っていることを通して、

自分自身が最終的に手に入れたいものは何かを明確にし、
そのゴールへと向かって自分のキャリアを積み上げていく

それが、「キャリアをマネジメントする」ということです。


そして、なによりも、大切なこと。

「キャリアはマネジメントできる」という意識をもつことが必要です。

物語の主人公になったつもりで、プランニングを楽しみながら考えて、

それが実現できるような習慣作りをしてみませんか。


黄色い花出来れば20代~30代のうちに、考えられたら理想的です。

最近、20代の方のキャリアプランニングと40代の方のキャリアマネジメントを

同じくらいの割合で行っているのですが、20代の方の方が、変化が著しいのです。


一人ではなかなか進まないという方、コツを知りたいという方

お手伝いさせていただきますので、

お気軽にメッセージを送ってくださいねクローバー


(クライエント様の数に上限がありますので、今月は3名様までです)


AD