こんにちは。

ロンドンは日に日に秋が深まり気温も低くなってきておりますが、
みなさまのお住まいの場所はいかがですか?



今日も、少しココロのお話です。
臨床心理士のお仕事を通して、これまで、いろいろな方にお会いしましたが、
共通していることは、心理カウンセリングを受けたいと思うときは、
人生の中でも、何かを変えたいと強く思っている時だということ。
そういうわけで、人生の分岐点の大切なタイミングで
いらっしゃる方が多いのです。


セッションを重ねていくと、目標を持ち、決断し、
結果を得るために一番近道となるような行動をとろうとしていくのですが、

このスピードには、個人差があります。


知的で、とても良いアイデアがひらめく方なのに、

なかなか思うように進んでいないな、という方を見ておりますと、

無意識の部分、日頃、人と交わしている会話のパターンや

普段の習慣&セルフトークなども影響しています。

 

なかなか、変化が得られない方の中には、

「頭ではわかっていても行動ができない。」

「一歩踏み出してやれば良いというのはわかっている・・・

でも勇気が出ない。」という方もおります。

 


例えば、『素敵な出会いを求めている」、
「幸せをつかむチャンスが欲しい」と、ずっと願っているはずなのに
出会いたい相手がいる場所、
チャンスがつかめる場所へ行こうとしなかったり、
目の前にあらわれているのに、チャンスをすぐつかもうとしない方も。。

願いが叶う絶好の機会かもしれないのに、なぜ自分から行動できないのか。

それは、自分を守る心が働いてしまっているのです。
それがゆえに、コントロール可能な現状維持のままでいようとする。

チャンスをつかんでも、失敗したら、ショックだろうし、
傷つくのが怖いから。

人は、不安よりも安定を好む傾向を自然に持ち合わせているので、
まだ経験したことのないステージや、
自分の知らない世界へ行くことに躊躇してしまうこともあります。
それで、せっかくチャンスが目の前にあっても、
つかもうとしないこともあるのです。

こういった心の底に足を引っ張るような 認知のクセや

ブレーキがあることを多くの人は自分では気付きにくいのです。
(ただし、カウンセリングを重ねていると、
一人でも気づくようになってきます)

また、やる気が持続しなかった方の中には、

0か100か思考に陥っている方もいらっしゃいます。


一方で、うまく進んでいる方は、柔軟性が高い方、
きっと「できる」と信じている方、自己効力感が高い方、
そして、最初の一歩を踏み出す勇気をもてた方が大多数。
行動してみる、というのは、本当に、小さな一歩の積み重ねです。

私は、学生時代は、よく感謝の気持ちを葉書で送る習慣があったのですが、
一通の葉書がきっかけで生じた良いことが数多くありました。
これも、小さなきっかけです。

そして、大きな変化は、小さなことがきっかけということは、多いはず。

誰でも、何事も、初めてのことを行うときは、試行錯誤で、予想通りには
いかないこともあるものですが、それにめげることなく、
結果を出している方は、最善の方法は何かな、と模索しながら、
改善し続けてきた方であったり、ご自身への自問自答も上手な方が多いのです。
そういう方は、どんなことを初めても、
うまくいく確率が高いように感じますドキドキ

 

<質問力を磨く>
あなたは今おかれている状況の中で(公私ともに)、

ご自分にどんな問いかけ(質問)をし、

その結果、どのような素晴らしい答えと現実を

生み出すことができているでしょうか? 

 

ご自分への質問を行う際に、大切なポイントは、
毎日、朝夕行うことです。
(1ヶ月ごとではなく)
毎朝晩、質問の答えを考えていくことで、エネルギーが湧いてきたり、
考え方の幅が広くなったり、チャンスをつかめる人になったり、
ポジティブな感情になりやすくなると思います。


『朝&夜:今の自分への質問例』

1)今、何に幸せを感じますか? 
なぜそれが幸せの源で、それを考えるとどんな気分になっていますか?


2)今、人生で何に対し、エキサイティングと感じているでしょう? 
それはご自身をどんな気分にさせますか?


3)今が誇りに思っていることは何でしょう? 
なぜそれを誇りに思い、どんな気分にさせていますか?


4)今感謝したいことは何でしょう?
(気持ちを伝えたい人には、何らかの形で伝えましょう)


5)今いちばん楽しんでいることは何でしょう? 


6)今、いちばん大切なことは何でしょう? 


7)今、誰を愛していますか? 
愛してくれる人は誰でしょうか?(大切な人の認識) 

 

4)から7)についても、
それらのことがご自分をどんな気分にさせているのか、感じ取ってみてください。
 

 


『夜の質問例』

1)今日、誰に何を与えられて、どんな貢献をしたでしょう?(些細なことでも)

2)今日、何を学んだかな? 新しく明確にしたことは何でしょう?

3)今日、人生の質をどう向上させ、将来への投資としてどんなふうに使ったでしょう?

4)今日、良かったこと、ワクワクしたことは何でしょう? 

 

朝の質問は、夜にもしてみても良いかと思います。
こんな質問をする習慣を持つだけで毎日に感謝したり、
チャンスをつかみやすくなったり、行動力が高まったり、
最高のコンディションで過ごすことができることにつながります。

夜は、ネガティブにならず、良いことだけを考えるようにし、
リラックスできる香りや環境音楽など五感刺激も意識してみるのも良いですね。
そうすることで、質の高い睡眠も得られやすくなり、
明日への活力につながります。

毎日の自分へのセルフトークも丁寧に行ってくださいね💖
(できるはずがない、と思っていて、できた人はおりません。
素敵な未来を創るために、考えたら、動いてみる、そして再び、検証し、考える)
行動するエネルギーがわかない日は、
ぜひ、朝に短時間でも良いので、体を動かして、
アドレナリンとエンドロフィンを分泌させてあげてくださいね。

日に日に涼しくなってきておりますので、どうかご自愛くださいますように。

AD

リブログ(2)

  • 「自分への質問力」を実践してみて・・・The question power to oneself

    優しく語りかけられるような心地よさの中にいつも新しい情報があったり、勇気づけられる言葉があったり、美しい写真があったり・・・「ココロのビタミン」を書かれているこの方の文章を好きになってから、もうずいぶんの月日が経ちます。今回は、「自分への質問力を磨くこと」が書かれてあり、この数日実践しています。答え…

    ponpoko

    2016-10-17 09:37:17

リブログ一覧を見る

コメント(4)