2011年も、残すところ、あと2日未満となってしまいました鏡餅

今年は、色々な出来事がありました。。

みなさまにとっては、どんな1年だったでしょうか?

私にとっては、今年も、人のあたたかさ、絆をたくさん感じた1年でした。
悲しいニュースもありましたが、本当に大切なことに
気付かされ、今までにない行動力が湧いてきたこともありました。

心理カウンセラーとしても、たくさんの方に関わることができ、
人生の大切な分岐点にご一緒させて頂けたことに、
感謝の気持ちでいっぱいです。

2012年が素晴らしい年になりますようにプレゼントと いう願いを込めて乾杯


*・・ココロのビタミン・・*

さて、本題に入りますねニコニコ

カウンセリングをしておりますと、とき どき、ダイエットが
テーマになることもあり、クライエントさまのお陰で、
だんだんと、その分野も詳しくなってきました。

昨日は、1年間のカウンセリングで、心が安定し、18キロも健康的に痩せてくれた
クライエントさまから、セッション中に嬉しいお話を聞くことができました。
(掲載OKとのことですので、少しだけご紹介し ます)

当初、悩まれていた過食もなくなり、
精神科のお薬を飲まなくても、大丈夫に
そして、健康診断のあらゆる数値がよくなり、
物事のとらえかたに柔軟性が出てきて、
性格も明るくなったためか、周りからも親切にされるようになったなどと
色々なよいことが起こっている。ということを
ニコニコしながらお話してくれていました。
会うたびにキレイになっている気がする今日この頃ですし、
2週間ごとのセッションではささやかな変化も、
1年を振り返ると、ものすごい変化でしたね、とふたりで喜んでいました。

こういった嬉しいお知らせを聞くと、とってもやりがいを感じますし、
人間は、いくつになっても意識した時から変われるのだな~と思います。クローバー


そこでキラキラ、今日は、ダイエットにからめて、
テーマを、「お正月太りを防ぐために心がけたいこと」にしたいと思います('-^*)/

コーヒーダイエット=摂取カロリーを減らすことを考えがちではありますが、
お正月は、そうもいかないと思いますし、
カロリーを気にすると かえって太りやすい身体になってしまうことも。

カロリーを減らせば、痩せるのは当然なのですが、減らす際に、
魚や肉を避けて、お菓子やパンばかりを食べたり、極端に油を避けて
野菜ばかり食べるといった食生活を続けると、代謝は悪くなり、身体は冷え、
食べたものを身体にためこみやすくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

体は、日々のお食事から出来ていますから、
食べるものや摂り方を意識してみるだけでドキドキ、お肌の状態も、
心の状態も、体型もかわってくるように思います。


*・・ココロのビタミン・・*


1温かいもの を飲んだり食べたりすると、代謝アップ♪ やせ体質に。
温かいものを摂ることで、代謝があがって痩せやすくなります。
胃腸の働きがよくなり、栄養をとりこみやすくなりますし、
全身の冷えを改善してくれることも。
低カロリーの食品、コーヒーや甘いもの等の身体を冷やすもの、
冷たいものの飲み過ぎや食べ過ぎには注意してくださいね。

2卵、魚、お 肉等の良質なたんぱく質をとると、体脂肪が燃えやすくなります♡
筋肉を増やし、太りにくい身体にしたいときに欠かせません。
ハリのある肌、きれいな髪をつくってくれていますから、
ダイエット中も摂るようにしてくださいね。

3具だくさんの汁物を摂る。
貝類、キノコ、海藻、旬の野菜を入れた
具沢山のお味噌汁がおすすめです。

食物繊維で便秘も解消♪
糖の吸収を穏やかにし、太りにくい身体に。
多品目の食材を摂ることで、自然と栄養のバランスもよくなります。

4加工食品で はなく、素材の形がわかるものを摂りたいですね。
加工食品は、みためには、キレイなことも多いと思うのですが、こればかりですと、
健康的にスリムな体をキープさせるのに必要なビタミンやミネラルが不足しがちに。
そして、精神面に与える影響も心配です。

素材の形がわかるものを頂くことで、
身体に良い、未知の成分がとれる可能性も。
だるいなどの不調を感じている方は、加工食品が多くなかったか、
ここ2週間くらいのお食事を振り返ってみてください。

5★良質な油 をとると太りにくい身体に。
EPA とDHA、亜麻仁油、エゴマ油、オリーブオイルはおすすめ。
体脂肪がつきにくくなり、肌の潤いも高まります。
アレルギーなどの症状が改善することも!


 


オメ ガ3が不足してしまうと、
 風邪を引きやすくなったり、アレルギー体質になったり、
肌に弾力がなくなったりも。その他、イライラ、疲れがとれない、
 ダイエットが上手くいかない、ホルモンバランスが乱れやすいなどの
症状ができることもあります。

意識せずにいると、現代人は、飽和脂肪酸ばかり摂り、
必須脂肪酸(特にオメガ3系の脂肪酸)が不足しがなのです。
なぜなら、オメガ3 の脂肪酸は普段口にする油には少量しか含まれず、
亜麻仁やえごま、イワシ、マグロ、マス、サバなど限られた
食品にしか十分に含まれていないからです。

不足しがちになってしまうと、人の細胞膜は硬くなり、
栄養素や老廃物のやり取りがスムーズに行われにくくなってしまうと言われていま す。
ダイエットにも必要な理由は、オメガ3などの必須脂肪酸が、
体内の硬い脂肪を溶かし、それを排出させる役割も果たしているからです。
長くなってしまいましたが、油の豆知識、お役にたてば幸いです。
油も摂る種類を意識して、全身の細胞が元気に働く体を目指したいですよね。


以上、長くなってしまいましたが、参考になることがあれば、幸いです。

寒い日が続いておりますので、
風邪等には、気をつけて、よいお年をお迎え下さいリボン







AD