音楽による癒し♪

テーマ:


・・ココロのビタミン・・


Q: 音楽を聴くことで楽しくなったり、幸せを感じられるのは
なぜだと思われますか?

A: A10神経と呼ばれる存在が大きいそうです。

この神経は、視床下部から、
前頭前野の領域までつながっている神経で、
ここが刺激されると、快楽ホルモンのドーパミンを分泌し、
やる気中枢とも呼ばれる、側坐核を活性化させます。

そこは多幸感に大きく関わっていて、
快楽をもたらすプロセスのうえで重要な役割をはたしています。

医療の現場で、音楽は、ストレス軽減のほかに、
麻酔薬の使用量を減らすことに成功したというケースのお話も聞きました。


それに、心地よい音楽を聴くと、
ストレスホルモンのコルチゾールが低下するのですラブラブ

音楽を聴いて、気持ちよくなったときに分泌される
βエンドロフィンは脳内麻薬物質と呼ばれるだけあり、
麻酔効果はモルヒネ の五倍とも六倍とも言われています。

・・ココロのビタミン・・

ちょっとやる気が出ない時には音楽を聴くことで、
快楽ホルモンが分泌され、脳を前向きにしてくれます。

抗鬱剤も脳内のホルモンを調整しています。
薬で気分が変わるということは、それと同じようなことが、
まったく副作用もなく行われるのでキラキラ
音楽って、素晴らしいな~と思いますニコニコ



AD