植物エキスとエッセンシャルオイルをベースに、五感に働きかける処方をしたコスメは、
自然の力や優しさが感じられて、リラクセーションタイムにも良いですよね黄色い花

今日は、いくつかおすすめのグッズをご紹介したいと思いますブーケ1


シアバター

ガーナでは、神の木と呼ばれているシアの木。

この実を大切に収穫し、すべて手作業でつくられるのが、
「シアバター」ですニコニコ

植物でありながら、人の皮脂と良く似た構造を持つシアバターは、
照りつける太陽など、アフリカの過酷な自然から人々の肌を守ってきました。


肌の炎症をおさえる作用と保湿効果をかねそなえているので、乾燥しがちな

この季節の保湿ケアにも適しています。

シアバターにエッセンシャルオイルを加えるだけで、お手軽に、

オリジナルのハンドクリームをつくることもできます。


ひらめき電球ちょっぴり、ひと手間かけたいときに手作り保湿クリーム レシピ


<材料>

マカダミアナッルオイツ     10ml

ホホバオイル          10ml
シアバター            小さじ1/2 

ビタミンEトコフェロールオイル 小さじ1/2 
ビーズワックス精製       3g

ラベンダー精油    5滴

ゼラニウム精油    3滴
フランキンセンス精油 2滴


<作り方>

マカダミアナッツオイル、ホホバオイル、シアバターと、

ビタミンEトコフェロールオイル、ビーズワックス精製を、耐熱容器に入れます。

1.を 、湯銭にかけて温め、ビーズワックスを溶かします。

溶けて、液体状になったら、ラベンダーと、フランキンセンス、ゼラニウムの精油を加え、

よく混ぜ合わせます

混ぜたら、あたたかいうちに、保存用の容器に移して、常温で冷まし、できあがり。






黄色い花ローズウォーター

ローズのエッセンシャルオイルを抽出する際に採れる

ローズウォーターのことは先日、目の疲れにもおすすめとご紹介しましたが、

コットンにローズウォーターをたっぷり加え、数分間パックをすると、

肌が潤い、活性化してきます。

 
セラピスト SATOKOのフォト日記



黄色い花エキナセア

インディアンのハーブと呼ばれているエキナセアは、

北アフリカの先住民が治療に用いてきたハーブです。

免疫力を高めたいときや、風邪の予防のためのティーとして合格



黄色い花ネトル

冬から春にかけては、スギ花粉が飛散していますが、

空気中にはその季節ごとに違う植物の花粉がとびかっています。

ネトルは、花粉の多くなる季節におすすめのハーブティー。

(ハーブティーが飲みにくいときには、ネトルのコーディアルを)

ビタミンやミネラル、鉄分が含まれています。

薬のような続けて摂取することで、体質改善に役立つはず。




黄色い花アロマで室内芳香

鼻がむずむずする。そんな日の室内芳香には、ユーカリやティトリー、

ペパーミントなどが良いでしょう。

精油に含まれる1,8シネオールという成分が炎症を起こしている

鼻の粘膜に働き、徐々に炎症を抑えてくれるはずです。

室内芳香に、 エアアロマはおすすめの製品ラブラブ

セラピスト SATOKOのフォト日記
AD