2005-10-05 12:46:22

カフェイン入りビールは沈静作用?覚醒作用?

テーマ:心理学 (飲食、煙草)

最近バドワイザーの新種のビールでカフェイン入りBEというのが出た。アイディアとしてはアルコールで気持ちよくなりつつ、アルコールの作用である鎮静作用をカフェインで打ち消して、ほろ酔いの気持ちよい時間をより長く楽しむ、ということなのだろう。

でも心理学的にはどうなんだろうね?アルコール単体の研究はされている。カフェイン単体の研究もされている。ではカフェイン入りのアルコールのもたらす人体の反応とは?何か情報を見かけた方はご連絡ください。


味はオロナミンCとかレッドブルみたいで甘くてビールの味はしない。こんなの飲んで本当に酔っ払うのか疑問だ。まずは人に飲ませて酔っ払うのか見てみるよ。


バドワイザー(B to the E)Anheuser-Busch’s ‘BE’ Takes Beer to a New Level

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-16 21:22:35

コーヒーの影響1 覚醒作用

テーマ:心理学 (飲食、煙草)
今日はコーヒーの話。カフェイン入りのコーヒーを飲んだら反応速度が上がったと言う研究。コーヒーの覚醒効果は全然目新しい話ではないし、ほとんど常識として一般に知れ渡っていると思う。でもコーヒー物の話をする上での基本なんで一応書かせてもらうよ。

この実験ではコーヒー(一般のカフェインが入っているやつ)を飲んだ群は単純な問題で情報を理解して答えるのが速かった。擬似コーヒー(カフェインが入ってないのを僕は無理やりこう呼ばせてもらうよ)の群は遅かった。この試験はコーヒー休憩の一時間後に行われたのでカフェインの覚醒効果はそのくらいの時間は効くようだ。

僕も部活の大会の直前とかにはコーラとか飲んで簡易ドーピングをしていたよ。刀牙とかでもコーラは理想的な栄養補給飲料だって書いてあったような気もするしな。

でもコーヒーは良い効果を常に産むわけではない。心理学ではコーヒーがどんな用途に向いているか、逆に不向きか、そんなことも研究されている。今度紹介していきます。コーヒー以外にもマリファナを吸った場合の能力の変化なんかも研究されている、こっちにはあんまり関心は無いけど。

ところで最初の研究に戻って、この研究者たちはコーヒーの他に朝食の効果も研究した。これによると朝食は良い結果を導いたようだ。映像記憶では69%の正解率で断食組の62%より顕著に良かった。更に気分を聞いたところ、朝食組のほうがより気分が良いと答えた。これらの結果も今まで信じられてきた通りだ。でも結果に信頼性をもらせるために、せめて平均値とスタンダード・デビエーションは表示した方が良いよ、この研究者は。

Smith, A. P., Clark, R. & Gallagher, J. (1999) Breakfast cereal and caffeinated coffee: Effects on working memory, attention, mood and cardiovascular function. Physiology & Behavior. Vol. 67 (1). 9-17.

キーワード: 心理 心理学 常習 栄養 
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-01-17 01:10:33

飲酒は飛行にも悪影響

テーマ:心理学 (飲食、煙草)
酒気帯び飛行は事故率増加。車だけでなく、飛行機でも同じ結果が出た。飛行機事故の二大原因は夜間飛行と悪天候下の計器に頼る飛行。飲酒はその判断を誤らせる第3の要素。車にしろ飛行機にしろ同じだよね。重いものを酔って操縦するなんて人を殺しかねないのでやめましょう。
車の運転に関することで今日の新聞(Eagle Jan 14)にこんな読者コメントが。
"The number of people who drive in heavy fog without their headlights is appaling. Don't they realize they are a real danger to themselves and other drivers?"
(濃霧の中でヘッドライトも点けずに走ってる奴がいるけど、あれは危険だよ。)
同意見。

Most alcohol-related plane crashes occur at night and in worsening weather conditions
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2005-01/jhmi-map010605.php
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-16 01:03:20

酔払い運転の死者17000人(2003年)

テーマ:心理学 (飲食、煙草)
42,000人が交通事故で死亡(2003年のアメリカ)。そのうちアルコールが関わったものが40%。薬物(マリファナ、コカイン)が関わったものが18%。血中アルコール度数0.08%などの取締りを強化しよう、と言う記事。うん、酔払い運転はリスクが大きいよな。でもアメリカの多くの街は車が無いと飲みにも行けないから、街の構造を変えてほしい。または車無しで飲みに行ける指数を街ごとに発表してくれればその町に住むよ。

Impaired Driving
http://www.cdc.gov/ncipc/factsheets/drving.htm

血中アルコールは0.02%から事故増。0.08%に見直しを。
http://sciguy.com/News/Article.asp?ArticleID=9941

運転技術は高齢で低下
http://mednewsarchive.wustl.edu/medadmin/PAnews.nsf/0/ADE872C50F2E691986256DB30065E284

4時間睡眠は血中アルコール0.08%並に危険
http://www.abc.net.au/news/newsitems/200412/s1268445.htm
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-15 15:22:22

飲み過ぎで脳梗塞

テーマ:心理学 (飲食、煙草)
週に数缶のビール(またはアルコール)なら飲まないより健康になるけれど、週に20缶だと飲まない人より45%脳梗塞になる。予想通りの結果だな。週に20缶を越す自分としては、たくさん飲みつつ健康を保つ秘訣を研究してもらいたい。
Study Finds Frequent Consumption of Alcohol Linked to Lower Risk of Heart Attack in Men
http://www.hsph.harvard.edu/press/releases/press01082003.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-06 11:50:52

マリファナ漬けアメリカ

テーマ:心理学 (飲食、煙草)
一番下の地図はマリファナの使用頻度。最高単位が千人に一人使用って率になってるけど、アメリカには特別に2人に一人が使用って単位を上げたい。日本の直接の知り合いだと最凶君でもシンナーとかだったな。彼らはまだ二十歳とかだったから大人になったらマリファナとかに手ー出してんのかな。薬物に厳格な日本は好き。
引用元↓


著者: Thomas F. Oltmanns, Robert E. Emery
タイトル: Abnormal Psychology
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。