2006-04-11 00:27:02

知能指数を神経生物学から見る

テーマ:心理学 (知能)

Rooy74

この上の図は現在の心理学の研究されている分野をうまく表しているなぁ。
これはアイゼンク(Eysenck, 1988)のモデルなんだけど、3つの円のうち、真ん中がIQ(知能指数)だ。アイゼンクの案では別名「心理的な能力が表す知能指数」(psychometric intelligence)。一般にはIQ、知能指数と呼ばれる。これは主に5つの要素から予測される。それは1.文化要素、2.家庭の躾、3.社会経済状態、4.教育、5.左の円。
左の円は「生物学的な知能指数」(biological intelligence)。これはEEG(脳電図)やRT(反応時間)などにより間接的に測定される。この生物学的な知能指数に影響するものが3つあり、生理学的な特質、遺伝、生物化学的な特質だ。
右の円は社会的な知能指数「social intelligence」。12の要素+(心理的な)知能指数から予想される。

心理学の多くの研究は上のどれかに当てはまる。例えば認知神経科学は左の円のあたりを研究する。臨床心理学は右の円の辺りの研究。なんで、心理学の研究のつながりを見るのに面白い図だと思う。しかし、こうしてみると心理学って抽象的な測定が多いんだな。例えば知能指数なんてのは「空想上の機能」(putative function)と呼ばれていて、人間が便宜上に作った秤に過ぎない。この図の中ではっきりと測れる物は左の円とその他では栄養素(nutrition)、飲酒嗜好(drinking habit)くらいなもんだな。


論文に戻ります。これによるとEEG(脳電図)の周波数と知能は8歳児では相関関数が0.5となかなか大きかった、しかし12歳児では関連性が無かった、などの過去の研究の紹介がある。で、結論はアルファ周波数は認知能力と相関する、などを挙げている。アルファ周波数がコンピューターのクロック数みたいだとして、それが脳の処理速度を測れるとしたらそれは面白い。でもそれは処理速度(の更にその一部)を測れるに過ぎず、知能指数の別の要素、つまり論理的思考や経験などを測れるわけではない。その辺も含めて将来もっと研究されるのを期待している。

引用元の本:
Con Stough (2005年)
Neurobiology Of Exceptionality (Plenum Series on Human Exceptionality)

Cindy Van Rooy, John Song, and Con Stough, Neurobiology of Intelligence, pp.73-

検索キーワード、 心理学、 認知神経科学、 認知心理学、 社会心理学、 教育心理学、 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-19 00:09:37

知能指数:アジアは高い

テーマ:心理学 (知能)
IQ(知能指数)は世界の地域ごとに大きな特色がある。日本を含む極東はIQ105くらいと世界で最も高い。欧米はIQ100くらいだ。アフリカではIQ75くらいと低くなっている。

世界の地域による知能指数の違いの説明には諸々の説がある。例えば気候の違い、人種間での脳のできの違い、産業発達の違い、文化の違い、またはそれらの複合とする説。しかしこの研究は証明が難しいので、研究に終わりが来る日は近い未来には少なくとも無い。逆に言うとその理由を考えるのは楽しい。僕の説は後日に紹介するとして、皆さんも下のデータから理由を考えてみませんか?

IQ(知能指数)
極東アジア: 日本105、韓国106、台湾104、香港107、中国100

南アジア: インド81、シンガポール103、マレーシア92、タイ91、ネパール78、トルコ90、

欧米: アメリカ98、イギリス100、フランス98、ドイツ102、イタリア102、

南アメリカ: ブラジル87、メキシコ87、ペルー90、

アフリカ: エジプト83、スーダン72、南アフリカ72、ナイジェリア67、

データ抜粋元:
Richard Lynn and Tatu Vanhanen (2002) IQ and the wealth of nations. pp60-62.

検索キーワード: 心理 心理学 認知心理 認知活動 国別 正規分布 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-12 23:24:09

知能が低いと死ぬ危険度が1.4倍。反応時間のせい

テーマ:心理学 (知能)

56歳の人900人の知能(IQ)を測り、それが寿命に関係するかを調べた。14年の追跡の結果、知能指数が低かった人はより死んでいたと言う。死ぬ危険度は知能指数85で1.4倍くらいだ。知能指数85と言うのは人口の16%がこの指数以下だと言われる。この研究者はそれが反応時間のせいだろうと言っている。

56歳から71歳になるまでの死ぬ危険度をいくつの項目から調べた。性別が男性だと死ぬ危険度が1.4倍上がった。つまり男性は1.4倍死んだ。タバコを吸う人は2.2倍。IQが低いと1.4倍。4択一致図形選択問題の反応時間が遅いと1.4倍の死ぬ危険度だった。

このあとの研究がややこしい。知能と寿命の関係は昔から似た結果が出ているらしい。でその理由がいろいろ説かれているけれど本当の理由が未だ解っていない。それを突き止めよう、と言うのがこの研究の主旨らしい。

例えばIQが低いとよりタバコを吸うかもしれない。上記したように、タバコを吸う人は2.2倍死ぬんで、そのせいで知能と寿命の関係があるのかもしれない。

そこで幾つかの要因を除いたら死ぬ危険度がどのくらい変化するのか、と言うのをこの研究者は計算した。除いた要因は、性差、喫煙の有無、社会的地位、学歴。
それでも知能と寿命の関係はほとんど変化しなかった。こみこみで計算した場合は知能が低いと1.417倍の死ぬ危険度だったのが、性差、喫煙の有無、社会的地位、学歴、の4つの要因を調整した後でも1.384倍の死ぬ危険度だった。変化が少ないことから、この研究者はこの4つの要因は知能と寿命の関係にあまり影響が無いとしている。

更に4択一致図形選択問題などの反応時間を5つ目の要因として除いてみた。すると知能が低いと1.384倍だった死ぬ危険度が1.197倍へと急降下した。なので知能と寿命の関係の中では、反応時間がもっとも大きな要素だろうとしている。

この着眼点はとても好き。面白い結果を見つけたと思う。でもいまひとつしっくり来ないんだよね。この研究者がP値の顕著さに頼り過ぎてるのが嫌だ。あとこういう難しい計算をされると騙されている気になるよ。それとこの研究者の論文の書き方が解りにくい。とにかくこの論文が好きになれない自分。繰り返すけどこの発見は面白いと思うよ。


---------------------------

関連するブログ:

トロいと早く死ぬ?:反応時間と寿命の関係(メルボルンでこつことつやるさん

僕のよりも圧倒的に詳しい解説を読めます。

Think Fast: Reaction Time and IQ May Predict Long Life
http://www.psychologicalscience.org/media/releases/2005/pr050202.cfm

キーワード:心理 心理学 反応時間 寿命 reaction time IQ adjust significance 煙草 たばこ

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-05 20:19:17

歌の練習でIQ上昇

テーマ:心理学 (知能)
ピアノか歌の稽古をした群は稽古前に比べてIQが格段に伸びたと言う。だけど僕はこの実験結果に悪意を感じる。結果には疑問だけど面白い点が幾つかあるんで紹介するよ。

まずは実験結果。この研究者が報告するには、6歳児144人を調べたところ、音楽の稽古を1年間した群はIQが著しく伸びた。演劇の稽古をした群は、何もしなかった群と同様のIQ変化だった。ただし演劇の群はより社会的な行動をするようになった。

と言うんだけどこの結果は操作されてるよ。4群(ピアノ、歌、演劇、何もしない)を無作為に割り振ったと書いてあるが嘘くさい。稽古を始める前で既に差があるんだ。IQにして3ポイント以上違う(ピアノ102.6、歌103.8、演劇102.6、何もしない99.4)。家族の収入指数もピアノが4.6なのに何もしない群は4.1だ。本当に無作為なのか?僕は信じない。もし本当だとしても研究者はそれを説明したほうが良いよ。なんで最初から値が違うんだ?

この研究者自身、音楽の稽古が他の能力を伸ばすかは難しい研究だしている。何故なら、他の要因がいろいろ有るからだ。より教育を受けていたり、親が金持ちだったり、もともとIQが高かったり、又は、音楽でなくても組織立てられた稽古なら他の分野の能力を伸ばすのに十分だと思われたり、と。そう言うんならちゃんとそれを払拭する研究方法をとれば良いのに。

その点はさておき、この論文は結構他の部分が面白いだよね。まずは歌の練習でもIQの伸びが他の群より大きかったと言うのは面白い。これは歌に振り付けや手拍子を加えた稽古だそうだけど、どの部分がIQの伸びに影響するのか興味がある。

更にこの研究者は、IQの小項目について調べている。音楽群(ピアノ、歌)のIQの伸びは全般に及んだ。12分野のIQのうち10分野で何もしなかった群よりも大きく伸びた。大きく伸びなかった分野は数学と情報(処理?)だけ。これにはちょっと驚き。音楽は数学の能力を伸ばすと思ったんだけどな。同じことを小枝さんも言っている。
http://blog.livedoor.jp/dogmania/archives/13522898.html
冒頭でも言った通り僕はこの論文に猜疑的なんで、自分の目で数値を見て分析したい。

この論文で一番ためになる部分は過去文献の概略だ。そこでいろんな論文を紹介していて、幾つかは読みたい気にさせられたよ。例えばモーツアルト効果の研究とか、トランスファー効果とか。全般として、人の発達要因はとても興味深いと再認したよ。

元の論文
[PDF] Music Lessons Enhance IQ
http://www.psychologicalscience.org/pdf/ps/musiciq.pdf(PDF)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-15 15:55:50

間接喫煙で学力低下

テーマ:心理学 (知能)
タバコの煙にさらされるだけで学力が低下した、という記事。こういう研究方法は最高。もう疑いようのない事実を証明しているよ。自分も研究者の一員として、こんな研究発表の仕方にあこがれる。タバコの煙に接すると血中にコチニンという物質が見つけられる。過去5日まで検査可能。15ng/mlと言う値以下ならそれは間接喫煙。1ng/mlのコチニンでも見つかれば、それは学力低下と強力に結びつく。説得力がある。

この研究方法は好きだけど、でも結果をどう受け止めるかはまた別問題。成績が5%落ちるくらい良いじゃん。完璧人間を製造するわけじゃ有るまいし。でも二次喫煙は思ってるより悪影響なことは覚えて、今後の生活に役立てよっと。

Childhood Environmental Hazards
http://www.cincinnatichildrens.org/research/project/enviro/hazard/tobacco.htm?&MSHiC=28591&L=10&W=smoking+SMOKINGS+PASSING+PASSION+passive+&Pre=%3CFONT+STYLE%3D%22color%3A+%23000000%3B+background%2Dcolor%3A+%23FFFF00%22%3E&Post=%3C%2FFONT%3E
喫煙フェチの写真館
http://www.irlarchive.net/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。