2006-05-24 01:10:11

加齢で衰える感覚

テーマ:心理学 (成長・発達・老い)

acuity test

人間の体は加齢とともに特定の能力が著しく衰える。この研究者はそれを人間の五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)に対して調べている。


視覚で衰えるものは遠距離視力(far acuity)、近距離視力(near acuity)、立体視(stereopsis)、輝度知覚(コントラスト感度, contrast sensitivity)、視覚探索(visual search)、有効視野(UFOV, useful field of view)、照り返し(glare)、その他に色の知覚など。詳しい数値付きでよく資料を揃えている文献だな。


ちょっと驚いたのは、近距離視力の加齢による低下。近距離視力ってのは30cmくらいの近距離の文字を読む検査。近距離視力だと30歳くらいでは平均で視力1.2くらいなのに、60歳くらいではすでに視力0.4くらいにまで下がってしまう。これだと新聞とか読むのもつらいだろうなぁ。ただし矯正視力(つまり眼鏡など付けた状態)では加齢しても視力1.0くらいになれる。


普段、僕らが学校で測ってもらうようなのは遠距離視力といって4メートルくらい離れたところから文字を読む検査。遠距離視力だと30歳くらいでは視力0.8くらいが平均で、80歳くらいになっても視力0.6くらいで殆ど衰えはない。これは車を運転中に何メートルも離れた標識を読むような場合だな。


まとめると、衰えが急激なものと緩やかなものがあるので、老人向けに何かをデザインする場合には的確なデータを使うと良いね。老人向けに印刷物をデザインするなら近距離視力のデータを使うべきで、衰えの緩やかな遠距離視力のデータを使ってもあまり妥当性がない。更に遠距離視力のデータのほうが入手しやすいけどね。


-----------
元の文献:

Frank Schieber (1992) Aging and the senses. p.251-306. この文献はこの本から。

James E. Birren, R. Bruce Sloane, Gene D. Cohen
Handbook of Mental Health and Aging

検索キーワード: 心理学、知覚心理学、認知心理学、老人学、 生物心理学、ヒューマン・ファクターズ心理学、エルゴノミクス、老人学、ウェブ・デザイン、verdana, log graph, cognitive psychology, psychology, gerontology, web design, human-computer interaction,  知覚 視覚 コントラスト感度 contrast sensitivity spatial frequency 色弱 空間周波数 老化 若者 一般
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

psychnoteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。