2005-01-24 00:56:35

男は灰色、女は白色の脳細胞が多い

テーマ:心理学 (成長・発達・老い)
男は灰色脳細胞が6.5倍ある。灰色脳細胞は情報を処理し、論理的な推察をするのに用いられる。例えば数学など。
女は白色脳細胞が10倍ある。白色脳細胞は情報を集めて統合するので言語能力と結びついている。
知能指数全体の得点は男女で変わりは無いが、同じ得点を取るのに男女は違ったやり方をしている、と言う記事。

探偵小説とかで灰色の脳細胞とか言われててもそれが何なのかは知らなかったよ。全ての脳は灰色なのかな?なんて思ってた。そして脳の写真を見る度に、こりゃ黄色に近いんじゃない?英語だとこの色は灰色に括られるのかな?なんて思ってたな。

男女差って昔考えられていたよりもずっと大きく評価され始めてるよ。心理学の実験する時とか被験者を女だけにする、とかはほとんど当たり前になってきている。特に実験が言葉や数字に関わるものなら尚更。群の中が似た傾向になれば、2群間の違いが際立つからね。でもここまで男女の違いが大きいとは思ってもみなかったな。

Intelligence in men and women is a gray and white matter
http://www.today.uci.edu/news/release_detail.asp?key=1261
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

psychnoteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■いらっしゃい2

小枝さん、ようこそ。僕も男女の物理的な脳の違いは脳梁くらいなもんだとおもってたけれど、質が違うのは勉強になったよ。
日本語の指摘ありがとう。僕は心理学は全部英語で学んだんで、日本語の訳をほとんど知らない。と言うかこの単語は授業で習ったことも無いんで、単に僕の日本語力の弱さだな。これは今後も困るなぁと思ってたんで細かいところまで指摘してくれると嬉しい。ありがとう。
また訪れてください。

1 ■無題

こんにちは。また遊びにきてみました。綺麗山様はアメリカで心理学のお勉強中なんですね。じゃあ、当たり前ですけど、全部「英語」で学ばれているんですね。
ええと、
日本語だとgray matter→灰白質(かいはくしつ)
white matter→白質(はくしつ)と訳します。
余計なおせっかいだったらごめんなさいね!
それにしても、面白いpaperですね。同じ事をするまたは同じ考えを導くために、別の思考回路、ひいては脳の機能を用いるというテーマは興味深いです。
脳の男女の性差というと脳の左右差と脳梁または、性ホルモンの関係から語られることが多かったですが、違いはもっとdiffuseなものだったのですね。
とても参考になりました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。