2005-01-21 14:57:08

記憶の仕組みに新理論。記憶は複製、消去されている。

テーマ:心理学 (認知・知覚・記憶)
記憶の仕組みをうまく説明する理論が発表された。記憶されている情報は永遠に保存されるのではなく、時折コピーされるか消えてしまうかの選択を迫られているのだという。現在、心理学の教科書に載っている記憶の仕組みはこうだ。いったん情報が長期記憶に入ると、その情報は永遠に保存される。忘れる、という現象は情報が消えたのではなく、情報を読み出せないだけだ。そして一人の人間の記憶容量は無限とされている。個人的な意見だけどこれはちょっと信じがたいよな。限られた物理的空間の中には、限られた量の情報しか保存できないはず。そんな僕の疑問を解決してくれるのがこの新理論。記憶は固定されるのではなく、動的で複写を繰り返している。つまりコンピュータのデフラグメント(散り散りになった情報をまとめなおす)みたいな作業が脳内で行われているという理論。これは素晴らしい!いろんなことが綺麗に説明できる。記憶の再構築かも、忘れる仕組みも、物事の関連付けも。名前を記憶にとめておこう。Aryeh Routtenberg。この記憶が留まるように。

New Theory Challenges Current View of How Brain Stores Long-Term Memory
http://www.northwestern.edu/univ-relations/media_relations/releases/2005/01/longterm.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

psychnoteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。