2005年12月25日(日) 00時39分53秒

貧乏学生、雪景色を行く~年甲斐もなく編~<追憶>

テーマ:冒険

22日の猛烈に寒波が襲った日に冒険してきました。


21日に次の日京都まで歩こうと思い立ったはいいものの、次の日起きたら雪が積もっていた。


普通に京都まで歩くよりも、雪が積もった中歩いていくほうが付加価値がついていいやーん、神様ありがと☆とか軽く思ったんが、後々命取りとなる。


とりあえず、感想を一言で言うと、


最強にしんどかったです。

途中で普通に何回も泣きそうになりました。

普通に凍死しそうになりました。



まず、冒険録の数字的な部分を以下に記しておきます。


以下の市の横に書いてある時刻はその市に入った時刻です。



<22日>


兵庫県尼崎市実家 : 12時00分出発
兵庫県伊丹市 : 不明
大阪府池田市 : 13時50分
大阪府箕面市 : 14時30分
大阪府茨木市 : 16時00分
大阪府高槻市 : 17時20分
京都府大山崎町 : 21時50分

京都府長岡京市 : 22時50分


<23日>


京都府向日市 : 00時30分
京都府京都市 : 01時30分
京都府京都市左京区下宿先 : 10時30分到着



ということで、22時間30分歩き続けました。内、店に入っての休憩時間はトータル2時間くらいです。


振り返ってみると、「ほんま自分よくがんばったよ!」って褒めてあげれるくらいのことはしたと思います。


途中から、意味のわからないくらいの寒さと極度の疲労によってほとんど足が動かなくなり、両足をひきずって歩き続けるという最悪の事態に陥り、何回も電車・バス・タクシーに乗ろうって思ったけど、そこでその誘惑に手を出さず、最初から最後まで自分の二本脚で歩き続けたことに対しすげー自分自身をリスペクトできた。


最後の方は最強に脚が痛くて脚が動かず、分速10メートルくらいまでペースダウンしてた。


最後は精神力だけで歩き続けてた気がする。


まじ、しんどかった。


家に着いて風呂に入ったときに脚をさすりながら、「おまえらよくがんばった、ほんまありがとう!」と声を出して心の底から脚を褒めてやるという若干悲しい子になってました。


こんな無茶はせめて夏にすることをお勧めします。


極度の寒さに筋肉は負けます。



<P.S.>


長い道のり(社会人人生)を歩むときに、


ただ漠然と歩いている(働いている)だけでは、


その過程において必ず何のために自分は歩いているのか(働いているのか)がわからなくなるときが訪れる。


そして、やめたくなる。


そのときに自分は何のために歩いているのか(働いているのか)の理由の柱を表層的なものではなく、自分という人間の根源的な部分から生まれてくるものとして持っていれば、


それによって、歩いている(働いている)意味をぶれることなく何度も思い出すことができ、


そこに再度確固たる意味を見出すことができ、


さらに前に進むことができる。


そう確信した。


今回の経験で。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年12月22日(木) 11時29分26秒

貧乏学生、雪景色を行く ~年甲斐もなく編~<出発前>

テーマ:冒険

ふと外を見てみると今年初で雪が積もってる。


よりによってこの大事な日に雪が積もるとはなかなかの運の持ち主かも俺、とか思いながら、


この逆境にかなり燃えてきたんで、


今から京都まで歩いてきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年12月21日(水) 15時59分20秒

貧乏学生、雪景色を行く ~年甲斐もなく編~<前日>

テーマ:冒険

僕には今年やり残したことがあります。


それは、




実家のある兵庫県尼崎市から昔住んでた京都府京都市左京区まで歩くこと




なぜ、これがやり残したこととして自分の中に残っているかというと、


今まで、電車・車・原チャ・自転車ではその区間を移動したことがあるからあとは徒歩で行かなあかんやろ!


っていうすごくシンプルな理由です。


で、なぜこれを実行しようとしているかというと、


ここまできたらやり遂げなあかんやろ!という意味のわからん使命感に駆られているからです。


あほです、はい。


ってことで、明日実行して自分自身の中にある尼崎京都物語を完結させます。


何時間かかることやら。


今日は、はよねよ。




ちなみに、自転車でその区間を移動したときの記事は↓


貧乏学生、夏の夜を行く ~年甲斐もなく編~

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年12月11日(日) 15時55分35秒

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り vol.2 ~関西異業種間内定者交流会~ <追憶>

テーマ:冒険

昨日、


なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り vol.2 ~関西異業種間内定者交流会~


を、


スタッフみんなのがんばりの集大成として世に出した。


紆余曲折は色々あったけど、


結果は


かんなり成功やった!!!!!


俺らのチーム「チームるつぼ」すげー!!!!!!


スタッフみんなほんますげー!!!!!


忙しい中、時間を割いてイベントに参加してくれたゲストの人達、まじリスペクト!!!!!


来てくれた人、ほんまありがと!!!!!!!


と思った。


幹事同士のうちあげを済ませた後、うちに帰って一人になって色々思い返してたら、


ほんま涙がでそうになった。


ってか、涙出た。


この感覚がほんまに味わいたかった!!!!


みんなで一緒になってほんまにがんばって作り上げ、


その達成感を共有し、


みんなで一緒にがんばったことに対して感極まって涙が出る


これは、ほんま貴重な経験やと思う。


今回このイベントを作り上げる際に特に意識して注意したこと


・ゲストに最高のサービスを提供する


・スタッフに最高の精神サービスを提供する


スタッフに最高の精神サービスを提供するってのは、


具体的には、


チームるつぼに入ってほんまよかった!!!


るつぼのメンバーと一緒にこのイベントを作るのがんばってほんまよかった!!!


このメンバーと一緒にやってよかった!!!


って最終的に思ってもらえるようなプロセスをイベント作成時に踏んで行きたいと考えてた。


スタッフ間で一体感を生みたかった。


ここらへんはすげー上手く行ったと思う。


みんなチームプレーでほんまめちゃめちゃがんばってくれたと思う。


今回のイベント後にうちに帰ってから涙が出たのは、


大きいイベントを成功させたっていう外枠の部分に対してではなく、


スタッフ間が協力し合って、みんなほんまがんばってくれて、その結果ほんまいいモノを作れたっていうそのイベントの裏側の部分に対してすげー感極まったから涙が出た。


僕自身の生きがいがというかアイデンティティが、


「自分以外の人たちに価値提供する」


っていうモノであり、これが僕の生きている意味であるから、


今回のイベントでスタッフにも大きな価値提供できたという点はすげー嬉しかった。


この他にも色々と組織を動かす上で注意したことはあったけど、それはまた追々書いていきます。


とりあえず、最高の経験ができた。


まじ最高!!!


「お前と一緒にやれてよかった」


「お前について行ってよかった」


「これからも一緒にがんばっていこうな」


って言ってもらえたことで、生きててほんま良かったって思いました。


自分自身が実践を踏んで実力を付けて大きくなっていかなければ、自分の考えている社会に対する価値提供などできない!!


口だけでかいこと言って何も行動しないような「机上の空論の専門家」にはなりたくない!!


そのためにもこれからでかくなっていきますぜ!!



最後に、



スタッフのみんなまじありがとう!!!!!!!!!


みんながいなければこんな大きなこと絶対できませんでした!!!!!!


一緒にがんばれてほんまよかった!!!!!!!!


ありがとう、みんな☆


そして、これからも末永くよろしく♪




******************************

「るつぼ」主催のイベントに興味がある方はmixi、GREEでゲスト用コミュニティ「るつぼのつぼ」を用意していますので、そちらに登録して戴くと今後のイベント情報が届くようになります。何卒宜しくお願い致します。

******************************




以下に、スタッフみんなで作りあげた作品のデータを載せておきます。



◆イベント名


なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り vol.2 ~関西異業種間内定者交流会~


◆主催 : るつぼ


◆日程 : 2005年12月10日(Sat)


◆場所


メインイベント : danceteria SAZA*E (貸切)←梅田ではかなり大きいクラブ

後夜祭     : うつのみ屋東通り田舎店    


◆時間


メインイベント : 15時~18時

後夜祭     : 18時30分~21時


◆参加者数(当日キャンセルは考慮していない数)


メインイベント : 308人(男性186人、女性122人)

後夜祭     : 183人(男性114人、女性69人)


◆参加企業数 


131社(ほんま色々な業界から参加してくれました)


↓内訳↓


<マスコミ>
朝日放送、三重テレビ、毎日新聞、朝日新聞、日経新聞、報知新聞、ADK、サイバーエージェント、オカベインターナショナル、リクルート、角川書店


<航空>
ANA、ANAスカイパル、エアーニッポン、JAL、JALスカイ関西、JALスカイサービス、日本貨物航空


<商社>
三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、双日、東光商事、瀧定大阪


<金融>
東京三菱銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、中央三井信託銀行、近畿大阪銀行、京都銀行、福岡銀行、北陸銀行、東京海上日動、損保ジャパン、日本生命、第一生命、日本興亜損保、日興コーディアル証券、大和証券、東海東京証券、成協信用組合、JCB、ライフ、オリコカード、三洋電気クレジット


<化粧品>
資生堂、ノエビア、カネボウ化粧品


<製薬>
武田薬品、塩野義製薬、久光製薬、中外製薬、エーザイ、日本新薬、萬有製薬、ヤンセンファーマ、ノバルティスファーマ、Johnson & Johnson


<人材>
インテリジェンス、エンジャパン、リクルートスタッフィング、リンク&モチベーション、キャリアブレイン


<情報・通信>
NTTデータ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコムウェア、IBM、松下システムソフト、富士通関西システムズ、富士通エフアイピー、TIS、ニッセイ情報テクノロジー、インテック、ワークスアプリケーションズ、オービック、エプソンメディカルシステムズ、CEC、内田洋行、オフィス21、フリーストコミュニケーションズ


<メーカー>
三菱電機、松下電器、富士通、コニカミノルタ、キーエンス、フジテック、キャノン販売、ローム、エレコム、任天堂、P&G、クラレ、阪和工業、オー・ジー、イシダ、川崎造船


<飲料・食品>
サントリー、キリンビバレッジ、キリンビール、アサヒビール、味の素、UHA味覚糖


<自動車>
トヨタ自動車、ダイハツ、マツダ


<デパート・小売り>
伊勢丹、イオン


<アパレル・アクセサリー>
西松屋、GAP、京都シルク、田崎真珠


<インフラ>
JR西日本、京阪電鉄、大阪ガス


<物流>
松下ロジスティック、ヤマトロジスティックス、川崎汽船


<公務員・教師>
公務員、高校教諭、中学校教諭、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士


<シンクタンク・教育・通販・住宅>
野村総研、トヨタ総研、ベネッセコーポレーション、ニッセン、パナホーム

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年12月05日(月) 17時19分39秒

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り vol.2<5日前>

テーマ:冒険

今週末にキタの某クラブにて(ここらへんの詳細はイベントが終わってから書きます)、



なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り クリスマスバージョン ~関西異業種間内定者交流会vol.2~ presented by チームるつぼ



なる内定者をターゲットにしたイベントをする。


このイベントの前回のvol.1の内容や何故このようなイベントを立ち上げるに至ったかは、


なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~<前々夜>

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~<前夜>

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~


らへんの記事に書いてます。


で、このイベントの第二弾を今週末にするわけですが、前回よりもスケールを大きくしようという目標のもと、


今回はメインイベント参加者目標数300人、後夜祭参加者目標数150人にしている。


現状としてはもう少しで共に目標に届こうとしているので、もうひとがんばりって感じです。


今回、特に責任者として前回の反省点を踏まえて意識したことは、


スタッフに十分な価値提供をできてるのか、俺ッ!!!


ってことでした。


前回はイベント当日を成功させること(ゲストに価値提供すること)に意識が行き過ぎて、スタッフ間のコミュニケーションをあまり考慮しなかった。その結果、前回のイベントの際には、スタッフは恐らくそれほど仲良くなれていないように感じる。これでは”自分の考えるスタッフへの価値提供”を全く実現できていない。


その部分がイベントの内容どうこうよりも(イベント自体はある程度成功したと自負しています)、一番後悔として残った点なんで、今回はその部分を最も意識しながら今日まで作りあげてきた。


その結果、たぶん前回よりもスタッフ間ってのはいい感じになってると思う。


また、


今回はスタッフチームにすげー仕事のできるメンバーが新たに多く加わってくれたということ、


前回スタッフチームメンバー間の関係が熟成してきたこと、


自分の考える組織論を少しずつではあるけど実践してきた結果少しずつ実りつつあること、


等から


組織としていい方向に向かっているように感じる。


このイベント関係の記事はこれからイベントが終わるまで書いていきます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年11月05日(土) 08時10分44秒

イベントミーティング vol.1

テーマ:冒険

昨日、梅田で次回開催するイベントのミーティングをした。


もう一人の総合責任者G田が最近学校が忙しいみたいなんで、若干自分の中でぐだぐだ感が漂い始めてたけど、このミーティングを通してかなりやる気が戻った。


このイベントは前回行った関西異業種間内定者交流会のバージョン2で、


前回は120人ちょっとを集客したんで、今回は若干ハードルを挙げて目標集客数を200~300人においた。


場所も決まったんで、前進した感がある。


それとスタッフのメンツは遊びも仕事も一流のかなり激しい奴らが多いんで、色々と学ぶことが多い。


次回イベントのさらに次にするイベント案も出たし、チーム名も決まったし、チームが今後進んで行く方向、将来像も決まったんでいい感じに進んでる気がする。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年09月26日(月) 05時21分35秒

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~

テーマ:冒険

前々夜、前夜と二回に渡って記事を書いてきたけど、


ついに、9月24日(土曜)に、



なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~



が行われた。


結論から言って、



最高でした!!



これは自信過剰なんかもしれんけど、みんなのイベント後とかの感想を聞いてみてもみんな楽しかったって言ってくれたんでめちゃめちゃ上手く行ったんじゃないかと思う。


かなり良いもんが作れたと思う。


自分とG田の何気無い会話から作り始めたイベントとは思えないものに出来上がったと思う。


当日のMCがちょっと心配やったけど、122人を目の前に全くびびることなくできたと思う。


クラブで流してた音楽もG田チョイスの最高のもんやった。G田はレゲエの師匠であり、レゲエに関しては誰よりも愛を持っており、そのぶんかなり人並み外れて詳しい。だからG田には安心して曲のチョイスを任せられたし、こういうのをアウトソーシングっていうんかなーってのも思った。自分で中途にやるよりもその道のプロに任せた方がクオリティも高くできるし安心できる。それとレゲエはクラブで聴くとその良さが何十倍にもなるなーってのも改めて思った。


今回のイベントを通して、


自分一人でできることなんて限られてる、だから如何に周りの人と協力し合っていいモノを作っていくか


ってのを考えた方が賢明であるってことを再認識した。


今回のイベントは、G田、各会社の幹事さん達そして参加してくれた各会社の内定者の人達の多大な協力がなければ絶対実現できてなかったんで、みんなには本当に感謝です。


運営サイドのみんなも楽しんでくれてたようなんで、もう何も言うことなし。


ただ、金の面だけちょっとややこしくなったんでそこらへんは次回の課題。


とにかく、自分含めみんな楽しめたんで最高でした。




--おまけ--


今回のイベントは利益は全く求めてなかったんで、イベント・後夜祭終了後に各幹事には全くリターンがなかった。


ということで、大阪を出るときには自分の財布の中には350円くらいしか入ってなかった。


で、6時間くらい飲んでたんでかなり酔っ払っており、


大阪から新三田行きの電車に乗って尼崎で乗り換えて実家に帰る予定が、大阪から電車に乗った瞬間爆睡してしまい、次意識が戻ったんは駅員に起こされたときやった。


で、駅名を見ると新三田ってなってた。


久々の三田。


終電やったんでもう電車が無いことに気づき、駅を出ることに。


普通に切符を通すとピコピコなり、


あっそうや、精算しなあかんわーと思ったが、財布の中を見ると100円ちょっとしか入っておらず明らかに金が足りない。


で、駅員と交渉が始まった。


自分「あのー100円ちょっとしかないんで、明らかに精算できません。」


駅員「・・・・」


自分「どうしたらいいっすか?」


駅員「・・・・」


駅員苦笑い


駅員「じゃー仕方ないから100円でいいよ。」


駅員苦笑い


自分「あざーっす」


これは酔ってたからこそ成しえた強引なコミュニケーションかもしれない。


その後、時間もかなり遅かったんで三田に住んでる数人にまだ起きてるかどうかの確認メールを送った。


じゃー、toyomaru が迎えに来てくれることになった。これはほんま感謝感謝やった。


toyomaruはお互い超AB型やし根本的な性格がかなり似ているんで一緒にいるとかなり落ち着く存在である。


そして、toyomaruんちについてビールを乾杯して(toyomaruがおごってくれた。感謝感謝。)、政治の話からヴァーチャルセックスの話まで色々と徒然と話て明け方に寝た。


toyomaruが昼過ぎに駅まで送ってくれてそれから電車に乗って帰った。


やっぱ持つべきものは友達!!


それにしても、


何歳やねんッ俺!!って若干思ったけど、こういう生き方好きやわとも思った。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年09月24日(土) 02時14分15秒

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~<前夜>

テーマ:冒険
明日(土曜)はついに

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~

の日だ。

昨日の記事でどのような経緯でこのイベントを立ち上げるに至ったかってのを書いたので、

今日は何年後かの自分のために、このイベントの概要等を覚え書きとして記しておくことにする。



■イベント名:なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~

■日にち:2005年9月24日(土曜)

■イベントコンセプト:社会人になる前に他業界の内定者との繋がりを築き、有意義な社会人生活を送るためのキッカケを創り、そして提供したい

■内容:
メインイベント:基本的に(敢えて)フリーです。自由に色々な人としゃべってもらうって感じです。こちら側からは同じ場を共有する他の企業の内定者達にスムーズにしゃべりかけることができ仲良くなれるようなきっかけ作りの企画を数個用意する予定です。ただ、そのきっかけ作りの企画はかなり深く練りあげており自信を持ってます。

音はレゲエです。

後夜祭:飲んで食って騒ぐだけです。

■時間
:メインイベント:15時~18時
:後夜祭:18時半~21時

■場所:
:メインイベント:「POINT AFTER@心斎橋のクラブ貸切」(詳細はhttp://www.pointafter.jp/)

:後夜祭:「趣酒彩菜 え & E-SPACE」(居酒屋貸切)(詳細はhttp://r.gnavi.co.jp/k139700/)

■金額
:メインイベント:3000円(ビール、カクテル、ソフトドリンク飲み放題。フードはありません)
:後夜祭:3300円(飲み放題&コース料理)

■人数

メインイベント:122名
後夜祭:86名

■参加企業

<人材>
インテリジェンス
リクルートエイブリック

<システム>
NTTデータ

<商社>
三菱商事
伊藤忠商事
三井物産
JFE商事

<金融>
みずほ銀行
第一生命
東京海上
大和証券

<マスコミ>
ABC
テレビ朝日
読売テレビ
リクルート

<製薬>
三共

<化粧品>
カネボウ化粧品
資生堂

<メーカー>
キーエンス
キャノン販売

<玩具>
バンダイ

<航空>
ANA

<コンサル>
IBMビジネスコンサルティングサービス

<シンクタンク>
日本総研


これだけの参加者、参加企業の一番上に立って、イベントを企画しここまで進めて来たことはかなりの自信になる。

後は明日、

ガッツリ前準備をし、

ガッツリ進行を管理し、

ガッツリMCをやって進めていくだけ!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月23日(金) 00時35分41秒

なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~<前々夜>

テーマ:冒険

ついに明後日(土曜)、



なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~



の日がやってくる。


今まで自分が企画立ち上げの段階から係わったものの中では一番規模の大きなイベントだ。


メインイベントは心斎橋のクラブを貸しきってのイベント、


後夜祭は居酒屋を貸しきっての飲み会で、


それぞれ122名86名もの人達が参加してくれる。


今日(木曜)はそのイベントの前々夜ということで今日と明日とで色々と振り返ることにする。





そもそもこの企画を立ち上げようとしたキッカケは今年の祇園祭の日までさかのぼる。


悪友G田と祇園祭に行く前に、うちで一緒にグダグダしてた。


そして、


たぶんG田 「学生のうちに何かでかいことしたくねえ?」


たぶん俺  「してえなー」


たぶん二人 「じゃー俺らでしようぜ」


はっきりとは覚えてないけど、たぶんこういう風な会話から全ては始まった。


そして、製薬業界の内定者間で「製薬祭」なるものが毎年行われてることに対し、若干ジェラシーを覚えていたので、そういった感じのことをしようということになった。


そこで同じことをしてもしゃーないんで、業界をまたいだイベントをしようという漠然とした方向性が決まった。


そしてイベント名、イベントコンセプト等を二人で決めていった。


個人的には、


なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~


というイベント名はめちゃめちゃお気に入りだ。


ちなみにイベントコンセプトは、


色々な会社の内定者達が社会人になる前に他業界の様々な内定者との繋がりを築くことができ、有意義な社会人生活を送るためのキッカケを提供したい


というものだ。


イベントモデルとしても、


自分とG田の学生のうちにでかいことをしておきたい、そしてそのことによって多くの人に楽しくそして有意義な時間を送ってもらいたいという純粋な欲求が満たされること



参加者は社会人になる前に他の業界の内定者達と仲良くなることができ社会人ライフを満喫する上で大事な人脈を少しでも広げることができること


という両サイドにとってメリットがあると考えられるWin-Winの関係を築いているのでまあ何となく上手くいくやろうなーって思った。



なんしか社会人は楽しんだもん勝ちっしょ祭り~関西異業種間内定者交流会05~<前夜>に続く

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年08月26日(金) 09時48分25秒

貧乏学生、夏の夜を行く ~年甲斐もなく編~

テーマ:冒険

25日の夜に起きた一夏のオイタ、過ち、冒険とでもいいましょうか。


26日に梅田で飲み会の予定が入ってたんで25日から実家に帰っておかんの飯でも食おうと思い立つ。


財布を見る。


財布には268円入ってた。


ふと、前に郵便局で金をおろしたときに残金が15円くらいやったんを思い出す。


引き出されへんやん!と嘆く。


ってか、15円引き出せたところで全然足りへんやん!と悶絶。


実家に帰るための電車代すら無いことを自覚する。


超貧乏学生やーん!って嘆きつつ、超貧乏学生体験を満喫している自分に対して満足する。


(この満足感はMだからという理由ではなくて、自分の経験欲を満たしてくれてるからという理由で受ける満足感)


煙草も買えねー!とちょっと嘆く。


一度思い立ったことは絶対に実行したい性格なんで、どうしても実家に25日中に帰ろうと思う。


電車代が無いなら、

























































そうやッ!!!


























































































走って帰ろう☆



























































いやいやいや~、ちょっと待てって自分!!

























































マラソン嫌いやしそれはさすがに無理やって自分!!と自分自身に言い聞かす。













































































じゃ~チャリで帰ろう☆

















































ええやん、それ♪と納得する。































































「電車代がない」→「自転車で帰る」


この推論にはかなりの論理の飛躍があるけど、あほなことが大好きな性格なんで進んで論理を飛躍させる。


たぶん、ってか普通は誰かに金借りるやろうけど、どことなくチャリで帰ってみるのも面白ろそうってのがあったんで、さっそくちゃりにカギを差込む。


テレビで台風どうこう言ってたけど、日本のどこに台風が来てるんか知らんし調べるのも面倒臭かったんで、自分は晴れ男やという根拠の無い自信と、台風ごときでつまづくようじゃこの先成功せえへんという変な信念とともに立ちこぎ開始。


けど一応、台風に備えて大きめのゴミ袋を一枚持っていくことにする。


25日23時30分に京都府京都市左京区を経つ。


8月の全財産268円。


にも関わらず、出発して20分ほどで何も考えずにコーヒーを買ってしまう。


残金148円。


悔やむ。


ふと思い起こせば24日の夜から何も食って無いことに気づく。

腹が減る。

残金148円。

飯を取るか水分を取るか悩む。


超貧乏学生やーん、俺!とまた満足する。


人生何事も経験、経験と自分に言い聞かす。


2時間半くらい走ったところでどうしようもなく喉がかわいたんで、しゃーなしにコンビニで紙パックのでかいサイズの103円のウーロン茶を買う。このウーロン茶は毎回お得感を与えてくれる。


残金45円。


ウーロン茶片手に御満悦気分でひたすら171号線沿いを走る。


途中、横からパトカーが通りぬけていって、自分の先で止まった。


警察官が降りてきた。


ポリかよー、めんどいなー!とちょっと悶える。


その第一声「高●警察だけど、ちょっと止まってくれる? (3秒くらいの空白) そのウーロン茶って高いの?」


なんやねん!このうわべトークのさらにうわべを走ってるトークは!!


とちょっと心の中で突っ込みつつ、「安いっすよ103円っす。」と丁重に返答する。


すると「へ~。ところでその自転車って君の自転車?」


なんやねん、このトークの切り替えし!無理があるやろ無理が!


と心の中で突っ込む。


結局、盗難自転車かどうかのチェックやった。


最後に「ところで何してるの?」って聞かれて「電車代がなくて自転車で京都から尼崎まで帰る途中っす。」って丁重に答えたら、笑いながら応援された。


それからひたすらチャリをこいだ。


途中、警察に止められたり、チャリの前のカゴが取れそうになったり、タイヤがパンクしそうになったり、カゴに入れてたかばんがぶっ飛んだり、トラックにひかれそうになったり、ヤンキーにちょっかいかけられたり、かなり険しい道のりでした。


中盤あたりのときに、各市に到着するたびに「タカツキ市~!(アドリブ)」「イバラキ市~!(アドリブ)」「ミノウ市~!(アドリブ)」とこの歳になって深夜国道沿いを走る1チャリの上から心の底から喜びのおたけびをあげている自分の姿を若き時の自分は想像したであろうか、否。


と、まあ色々ありつつ、


26日6時30分に兵庫県尼崎市の我が家に無事到着。


トータル7時間チャリをこぎ続け(5時間立ちこぎ、2時間ふにゃふにゃこぎ)、到着したときの感動はなかなかのものでした。


案外近くてびっくりしました。


後々考えると、マラソンで帰る方法を選択せんでほんまよかったと思いました。


が、いつしか挑戦したいと思います。



<この旅で得たもの>


■ゴールに向かってスピードは遅くてもいいからちょっとずつ前へ前へ進んでいると、ゴールとの距離が縮まるという事実


■「下宿先から実家に帰る電車代が無くて、自転車を7時間こぎ続けて実家に帰った」という体を張ったネタ


■青春

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。