キタガワのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
アキラ100%は合法的に下半身を露出できるので、多分警察は困る。




【5月30日 午前】

当時、僕は参っていた。

僕が4月から新入社員として勤め始めた会社は、日々ノルマを追い求め、個人が獲得した数字が結果として如実に表れるものだった。

そのため、所謂『押し売り』のような手段がとられ、誰もが、フラっと訪れたつもりの客に対しての商品遡及に余念がなかった。

やれ「○○がオススメです」だの。
やれ「お得になります」だの。

従業員は新入社員の僕なんかには一瞥もくれず、ただ数字を追い求めるマシーンと化していた。

人の目を気にする性格の僕と、ポジティブに邁進する従業員たちとの溝が深まるのに、たいした時間はかからなかった。

もちろん今日も獲得実績はゼロ。代わりに、他の人たちはどんどん結果を出していった。

月初には皆スタート地点が同じだったはずだが、ホワイトボードに正の時で書かれた獲得数は、もうすでに僕の手の届かない場所にあった。

「どうした?暗い顔して」

適当にワックスで整えたボサボサの髪と、甲高い声が印象深いこの人は、たしか名をアライさんといった。

「ちょっとネガティブになっちゃいましてね、大丈夫です。頑張ります」

無理矢理絞り出した自分の声に覇気が全く感じられないのを、僕自身はっきりと感じていた。

「大丈夫」が口癖になったのはいつからだったろう。思い出せない。

「うーん、君はね、真面目すぎると思う。もっと適当でいいよ。俺みたいにさ」

アライさんはケタケタと笑いながら言ったが、僕の表情が一向に良くならないことを察すると、どこかへ消えてしまった。

彼が消えた後、ぽつりと「アライさんって、俺みたいだな」という声がした。

声の主は無論、僕である。



【5月30日 午後】

結果、この日は散々だった。

数字を出せないことを咎められ、異論を挟む余地もなく「やる気がない」、「勉強不足」との認識で一蹴された。

果ては僕宛てのクレームという素晴らしい案件にも当たり、残業が終わった20時過ぎには、僕の身体はすっかり縮こまってしまっていた。

上司に怒られ、自分の不甲斐なさに唇を噛み締める時間は脱したが、憂鬱な気分は変わらない。

結局、業務以外の、所謂日常会話と呼ばれるような会話をしたのは、アライさんとのあの1分間だけだった。

従業員の皆様方は、僕に一瞥もくれず、夜の闇に消えていった。おそらく、深夜まで賭け事に興じたり、自宅で待っているパートナーと愛を育んだりするのだろう。

「最近入った新入社員が使えなくてさあ」

「正直、あの人嫌いなんだよね、暗いし、物覚えも悪いし」

そんな悪口を言われてはいないだろうか。

いや、直接的に口にはしなくとも。内心では僕への罵詈雑言が飛び交っているのではないか。

多分、もしも、おそらく。

確信が持てないことほど怖いものはない。僕はそのたびに、負の感情の迷路に迷い混み、出られなくなるのだ。

真っ暗な会社の裏口で、僕はふと、手元のカバンを見た。

今がこのときかもしれない。ああ、そうに違いない。

『FIRST AID KIT』と書かれた袋を取り出し、しばらく見つめた僕は、なんとなく強く振ってみた。

中でジャラジャラとやかましい音がした。何かと何かがぶつかる音。小さい粒のような。

もし使ったら、どうなるのだろう。

深夜のちょっとしたニュース番組のネタくらいにはなるだろうか。

変わり果てた僕の姿を見た上司は何を言うだろう。「俺は悪くない」だろうか。「死にそうな予感はしてた」だろうか。

何より、両親は。どう思うだろう。

ひとしきり考えを巡らせた後、再びカバンの奥底にしまった。

『それ』は、もしも僕が世界の仕組みに耐えられなくなったときの、最後の手段である。

今はまだ、その時ではない。

何百回と繰り返した思考を、改めて思い出す。

なんとか『発作』が収まった僕は、パンク寸前のタイヤを有した相棒に跨がり、帰路につく。また明日も仕事である。

今日で世界が滅べばいいのに。

実現するはずのない絵空事を空想しながら、一心不乱にペダルを踏む。

耳に装着されたイヤホンからは、心の代弁者が語りかける。


「人間嫌い」っていうより 「人間嫌われ」なのかもね

侮辱されて唇噛んで いつか見てろって涙ぐんで

消えてしまいたいのだ 消えてしまいたいのだ

[ジュブナイル/amazarashi]


この世はとかく生きにくい。



【5月31日 午前】

朝起きると決まって「会社に行きたくない」と思うものだ。

僕には利益を出したいとか、ノルマを達成して誉められたいなどという気持ちが微塵もない。

彼女との交際費、車の維持費、将来のマイホームへの積立金。

僕には縁のない話だ。だから目標もない。

僕は、ただただ毎日を無為に生きている、いわば傀儡のようなものだ。

何者かの手で踊り続ける存在。

人間の欠陥品なのかもしれない。


いつものように相棒を裏口に停めると、ふいに声が聞こえた。

「今日もチャリかー、暑いっしょ」

振り向くと、180はあろうかという長身で、僕を見下ろす男性がいた。

確か、臨時サポーターのタナカさんという人だった気がする。初対面ではないが、まともに会話をした経験はない。

「そうですねー、暑いですね」

気付けば、会話が出来ない人の模範解答のような返答をしていた。

「ふーん、まあどうでもいいけどね」

冷たく言い放ち社内に入っていったタナカさんを見ながら、漠然と「社会で必要とされているのは、こういう人なのだろうな」と思った。

良い意味で自分勝手で、自分がやりたいように行動し、物事をはっきりと伝える人。

同時に、僕とは決して混じり合わない人。

タナカさんの後を追うように入室した僕は、大声で挨拶をした。

今日も頑張ろう。頼むから良い日になってくれ。

そんな願いを込めた挨拶は、従業員の無視という目で見える回答でもって、僕の心をいとも容易く引き裂いたのである。

口からは自然と溜め息が漏れた。



【5月31日 午後】

今日は珍しく、客が全体的に少ない日だった。

そのため、僕は店内の軽い清掃や、書類の片付けなど、雑務をこなすことで時間を潰していた。

まだ店舗配属になって1ヶ月、業務内容も理解できていない人間にとっては、まさにうってつけの仕事である。

と、そのときだった。

突然、僕を呼ぶ声がした。声の主はアライさんだ。

「あのお客さん、○○の契約をご希望なんだけど」

「はい」

「あれ、いける?」

「え……僕……ですか」

耳を疑った。契約関連の業務は最も重要であり、かなりの責任が伴うものであるからだ。

新入社員の業務としては、群を抜いて大変なものと言っていい。

「いや、僕は。ミスしたらどうなるかわかりませんし」

相変わらず逃げ腰の僕に対し、アライさんは言い放った。

「でも、ここでやらなかったら多分ずっとやらないよ。いずれは絶対やる仕事なんだから」

確かに『正社員』として働いている以上、避けては通れない道であることは間違いなかった。

だが、もしもミスしたら。

迷惑をかけるかもしれない。店の評判も落ちる。刑事責任も問われるかもしれない。

二の足を踏んでいる僕に、アライさんは言った。

「何かあったらいつでもフォローするからさ、まずは行ってみようよ」

多分。もしも。おそらく。

今日だけは、それらの思考を遮断することに決めた。

少しずつ、客へと進んでいく。

「お客様、契約ということで承っております。私、本日担当致します○○と申します……!」

これは、僕にとっての大いなる一歩である。

今日は家に帰ったらビールでも飲もう。

そう思った。



ここまでの旅路を思い出してよ 胸が張り裂けそうな別れも 死にたい程辛い時だってあったろう

いつだったろう

その度自分になんて言い聞かせてきたか 「ここが始まりだ 始まりだ」って 涙こらえたよ

終わりがどこにあるかなんて 考えるのはもうやめた

つまり 言い換えれば全部が 僕次第

[スターライト/amazarashi]






【出典・参考】

『ライフイズビューティフル』(『世界収束二一一六』 収録)

『ジュブナイル』(『ねえママ あなたの言うとおり』 収録)

『スターライト』(『夕日信仰ヒガシズム』 収録)


※この物語は一部フィクションです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。