2008年12月28日(日)

“Black Mountain Side”∽“Blackwaterside”

テーマ:相似形なあの曲この曲
これも前回の"White Summer"の場合とよく似てまして、Bert Janschの1966年のアルバム"Jack Orion"に収められていた、トラッドナンバーを独自にアレンジした曲"Blackwaterside"を、Jimmy Pageが無断で「いただいた」というもの。Zepのデビューアルバムに収録されていますが、こちらも作者(アレンジャー)のクレジットにBertの名はありませんでした。

レコード会社は法的な措置も検討したそうですが、トラッドソングを元にしたものでBertの完全なオリジナルではないということで断念しています。しかし、下のAnne Briggsのバージョンと聴き比べてみると、Bertのアレンジが「オリジナル」であることは明白ですね。

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008年12月26日(金)

“White Summer”∽“She Moved Thru' the Bizarre”

テーマ:相似形なあの曲この曲
相似形の宝庫、Jimmy Page先生です。"White Summer"は元々はYardbirdsのラストアルバム"Little Games"(1967)に収められていた曲ですが、Zep時代もステージでJimmyのソロパートとして、"Black Mountain Side"(次回予定)と一緒に演奏されていました。

先日亡くなったDavy Grahamの"She Moved Thru' the Bizarre/Blue Raga"は、アイリッシュトラッドナンバーの"She Moved Through the Fair"(一番下の動画はAnne Briggsのバージョン)を元にしたもの。"White Summer"は明らかにDavyのアイディア(アレンジ)に「インスパイアされた」ものなのに、Jake Holmesの"Dazed and Confused"同様、まったくオリジネーターへの謝辞やクレジットがありませんでした。

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

AD
2008年12月11日(木)

“ふり向くな君は美しい”∽“Double Yellow Line”

テーマ:相似形なあの曲この曲
ザ・バーズ、懐かしいですね(今もあるのかな?) スクールメイツに対抗して日テレが結成したバックダンサー&コーラス集団です。前回もちょっと苦しかったですが、今回は完全にこじつけです。単にMusic Machineの曲を載せたかっただけという・・・。

この"Double Yellow Line"(1967)も"Eagle Never Hunts the Fly"同様、Original Soundから出たシングルで"Bonniwell Music Machine"に収録されていたもの。朝聴いたら、このフレーズが一日じゅう頭の中で鳴り響くことでしょう。・・・Music Machine最高!

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記


The Ultimate Turn On
The Music Machine
The Ultimate Turn On
AD
2008年12月09日(火)

“Seasons”∽“The Eagle Never Hunts the Fly”

テーマ:相似形なあの曲この曲
ほとんどイントロだけの一発芸という感じのネタですが、某サザエさんみたいなのより、こういうささやかな相似形を発見したときの方が心がなごみます。

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

"Seasons"(1970)のEarth & Fireは、Shocking Blueの世界的ヒットを受けて同じオランダから登場した男女混声グループ。女性ボーカルのJerney Kaagmanの声がMariska Veres嬢によく似ているので、確かにショッキングブルー・フォロワーな感じなんですが、同年のデビュー作はけっこうヘヴィサイケなアルバム。ジャケもロジャー・ディーンが手がけています(オランダ原盤は別ジャケ)。その後、上質なプログレ期を経たのち、70年代末以降はトホホな感じのディスコサウンドになって自然消滅してしまいました。

"Seasons"(「シーズン」)はオランダ本国でも日本でも大ヒットした曲で、同胞のゴールデン・イヤリングのGeoge Kooymansのペンによるもの。1stに収録されていますが、アルバムの中ではこの曲だけちょっと浮いている感じです(他はすべてメンバーのオリジナル)。こういうベタベタな感じ大好きなので、個人的にはこの路線でもっとやってほしかったなと思います。

Music Machineの"The Eagle Never Hunts the Fly"は、1967年に元のレーベルのOriginal Soundからリリースされたシングル。バンド分裂後にWarnerからリリースされたBonniwell Music Machine名義のセカンドアルバム(1967)に収められています("Turn On"などにもボーナストラックで収録)。ちなみに、下の "Beyond the Garage"というのは、オリジナル全曲にボーナストラックを追加して曲順を並べ替えたSundazedのコンピです。毎回言ってるような気がしますが・・・Music Machine最高!

Earth and Fire
Earth and Fire
Earth and Fire

Beyond the Garage
The Bonniwell Music Machine
Beyond the Garage
2008年12月02日(火)

“My Sweet Lord”∽“He's So Fine”

テーマ:相似形なあの曲この曲
相似形の曲といってもいろんなタイプがありまして、クールポコ風にいえば「やっちまったなぁ」というのもあれば、特に作者が何も言ってなくても「これは誰々へのオマージュだ」と暗黙裡に了解されてしまうような曲もあります。なかにはZepの"Dazed and Confused"のように、他人の曲を勝手に自分たちのもの(クレジット)にしてしまったという強引な例もあります。

変わったものでは、ニールヤングにその名もズバリ"Borrowed Tune"という曲がありまして、ストーンズの"Lady Jane"から借りてきたメロディに乗せて、"I'm singin' this borrowed tune. I took from the Rolling Stones."と正直に告白する詞が切々と歌われます。

今回の"My Sweet Lord"(1970)はシフォンズの"He's So Fine"(「いかした彼」、1963)の盗作だと訴えられ、裁判で負けて多額の賠償金(約60万ドル)を支払うハメになってしまったという不幸な例。確かに「やっちまったなぁ」という感じなんですが、実際に裁判沙汰になってしまうとジョージの方に肩入れしたくなるのは人情というものでしょうか。

ちなみに、このパクり疑惑から訴訟問題にまで至ったのには伏線がありまして、1971年にJody Millerという女性シンガーがカバーした"He's So Fine"が引き金になったといわれています。このアレンジが、"My Sweet Lord"と"He's So Fine"の類似性をネタばらしするような巧妙なものになっていたのです。しかし、遊び心でやっただけで、まさかこれがきっかけで裁判沙汰にまで発展するとは思っていなかったでしょう。

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記

サイケデリック漂流記


All Things Must Pass
George Harrison
All Things Must Pass
2008年11月24日(月)

“Going Down”∽“Slim Jenkins' Place”

テーマ:相似形なあの曲この曲
今回は新譜情報を兼ねてのネタです。

Don Nix作の"Going Down"は、ジェフ・ベックをはじめ無数のアーティストにカバーされている、もはやロックのスタンダードとなったナンバー。一番最初にリリースされたという意味では、以前ヘヴィサイケ特集でも取り上げたMolochというマイナーなヘヴィブルースバンドがオリジナルです。Booker T. & the MG'sの "Slim Jenkins' Place"(="Slim Jenkins' Joint")は、1967年のアルバム"Hip Hug-Her"収録曲で、シングル(のB面)にもなっています(作者はMGsのメンバー4人のクレジット)。

実はこの2曲、わりとつながりがあって、Don NixとMGsはともにメンフィスのStaxレーベルで活動、ギタリストのSteve CropperとDonとは幼馴染みで親友でもあったそうです(DonはMGsの前身のMar-Keysにも在籍していた)。1972年にSteve CropperがJeff Beck Groupをプロデュースした際、Don Nixの"Going Down"を彼らに紹介し、その結果この曲が広く知られることになったのでした。そして、その次の"Beck, Bogert & Appice"(1973)では、今度はDon Nixがプロデュースを担当しています。

ということで、ふたつの曲はDon NixとSteve Cropperが互いに温めあっていたアイデアだったのかもしれません。ちなみに、MolochはDon Nixがプロデュースから楽曲提供まで全面的に制作に携わり、唯一のアルバム(1969)はStax傘下のEnterpriseレーベルからリリースされています。





Moloch
Moloch
Moloch

Hip Hug-Her
Booker T. & The MG's
Hip Hug-Her


さて、そのBooker T. & the MG'sの後期5タイトル(+Steve Cropperのソロ)が、ユニバーサルインターナショナルからSHM-CDの紙ジャケ仕様で再発されます(1月14日発売予定)。グルーヴィなインストナンバーといえば、やはりこのグループ。ハモンドオルガン(ピアノ)のBooker T. Jones、ギターのSteve Cropper、ベースのDonald "Duck" Dunn(オリジナルメンバーはLewie Steinberg)、ドラムのAl Jacksonによる強力なグルーヴは、Otis ReddingやSam & Daveなどのメンフィスソウルアーティストのバッキングのみならず、数多くのリーダーアルバムでも発揮されています(モンタレーポップフェスにも出演)。代表曲の"Green Onions"は洋楽ファン以外の人でも知っているのではないでしょうか?

ソウル・リンボ(紙ジャケット仕様)
ブッカー・T.&THE MG’s
ソウル・リンボ(紙ジャケット仕様) (1968)

アップタイト(紙ジャケット仕様)
ブッカー・T.&THE MG’s
アップタイト(紙ジャケット仕様) (1969)

ザ・ブッカー・T.セット(紙ジャケット仕様)
ブッカー・T.&THE MG’s
ザ・ブッカー・T.セット(紙ジャケット仕様) (1969)

マクレモア・アヴェニュー(紙ジャケット仕様)
ブッカー・T.&THE MG’s
マクレモア・アヴェニュー(紙ジャケット仕様) (1970)

メルティング・ポット(紙ジャケット仕様)
ブッカー・T.&THE MG’s
メルティング・ポット(紙ジャケット仕様) (1971)

ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド(紙ジャケット仕様)
スティーヴ・クロッパー
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンド(紙ジャケット仕様) (1971)
2008年11月20日(木)

“サザエさん”∽“Bubble Gum World”

テーマ:相似形なあの曲この曲
これはあまりにも有名なネタなので取り上げたくなかったんですが、このテーマをやるなら避けては通れない道だと思い直して載せることにしました。なんとなく、テレビやラジオなんかはこの事実について触れたくないような、タブー視しているような空気を感じるんですが、妄想でしょうか? ご存じなかった方は、かなり強烈なので覚悟してください。いままで信じていたことがガラガラと音をたてて崩壊し、世の中に対して疑心暗鬼になります・・・ンなたいそうな。





1910 Fruitgum Companyは、全米4位の"Simon Says"(1968)などのヒットで知られる、バブルガムポップを代表するようなグループ。60年代にBuddahレーベルから5枚のアルバムをリリースしています。"Bubble Gum World"は1stの "Simon Says"(1968)収録曲で、シングルカットはされていません(作曲はオリジナルメンバーでドラマーのFloyd Marcus)。

面白いのが彼らのラストアルバムの"Hard Ride"(1969)。何を思ったのか、脱バブルガムのファズギター&ハモンドオルガン&ファンキーなブラスが活躍するサイケなアルバムになっています(メンバーも総入れ替えされているので、まったく別のバンドといっていいでしょう)。コワいバイカーのお兄さんたちがニラミをきかすジャケ(下の画像)が象徴するような、ワイルドでヘヴィなサウンドです。残念ながらCDは出ていない模様。



The Best of the 1910 Fruitgum Company: Simon Says
1910 Fruitgum Company
The Best of the 1910 Fruitgum Company: Simon Says

2008年11月18日(火)

“Venus”∽“Banjo Song”

テーマ:相似形なあの曲この曲
新コーナーです。思いつきです。ネタが続くかどうかわかりません。サンプル音源(動画)はたまたまネット上にあったものなので、リンク切れの際はご容赦ください。

さて、第一回目はShocking Blueの"Venus"(1969)とThe Big 3の"Banjo Song"(1963)。そんなに遠くない昔、はじめて"Banjo Song"を聴いたときは、しばらく固まってしまいました。"Venus"はマイフェイバリットソングのひとつで、Shocking Blueの完全なオリジナルだと思っていたもんで・・・。メンバーで作者のRobbie Van Leeuwenは最近インタビューでこの件を指摘されて、「"Banjo Song"は知っていて、インスパイアされた」と答えています。インスパイアされた・・・便利な言葉です。

Big 3はママス&パパス結成前のMama Cass Elliotと、Jim Hendricks, Tim Roseの三人による男女混声フォークグループ。このあとMama CassとJimは、Denny Doherty(のちにMamas & the Papas), Zal Yanovsky(のちにLovin' Spoonful)とともに、元祖フォークロックグループのMugwumpsを結成します。 "Banjo Song"はのちにシンガーソングライターとして活動するTim Roseの作。





ヴィーナス AT HOME+SCORPIO’S
ザ・ショッキング・ブルー
ヴィーナス AT HOME+SCORPIO’S

The Big 3 Featuring Mama Cass
The Big 3
The Big 3 Featuring Mama Cass

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。