1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年01月11日(月)

Uther Pendragon / San Francisco Earthquake

テーマ:YouTube


まもなくGuerssenから発売されるUther Pendragonの"San Francisco Earthquake"を紹介する動画がYouTubeにアップされています。

リリースノートによると、Uther Pendragonは1966年から1978年まで、その名(Blue Fever, Timne, Hodological Mandala, Mandala, Kodiac, Justus, Pendragon)やスタイル(ガレージ~サイケデリア~ハードロック)を変えながら、長きにわたって活動を続けてきたサンフランシスコのグループ。しかし、これまで一度も音源が世に出たことがない、ほぼ完全に「埋蔵された」存在でした。

今回、2枚組CDおよび3枚組LPでリリースされるコンピレーションには、1967年の7インチ・アセテート、1969年にPacific Recording Studiosで録音されたデモ、70年代に自身のスタジオでレコーディングされたものなど、オリジナル・マスターテープを音源とする、1966~1975年の24曲が収録されています。

記事には類推されるバンドとして、Human Expression, Music Machine, Oxford Circle, Savage Resurrection, Moby Grape, Quicksilver Messenger Serviceらの名前が挙がっていました。いまのところamazonにはCDが見当たらなかったので、アナログLPのリンクのみ載せておきます。

SAN FRANCISCO EARTHQUAKE [Analog]
UTHER PENDRAGON
SAN FRANCISCO EARTHQUAKE [Analog]

Tracklist:
1. Intro - You're a Human Now (1974)
2. Side of the Dawn (1969)
3. Who's Gonna Try (1975)
4. Devil's Due (1974)
5. 10 Miles To Freedom (1969)
6. San Francisco Earthquake (1975)
7. Signify Justice (1969)
8. Love Lock Temperature Drop (1967)
9. Magical Door (1969)
10. Peter Pan Blowup (1967)
11. Luxury's Draft (1975)
12. Realm of 7 Planes (1974)
13. Man of Means (1975)
14. Spanish Fly (1974)
15. King Muskrat(1975)
16. See It My Way (1974)
17. Rock and Roll Star (1975)
18. Meanie Jeanie - Old Man (1975)
19. Troubles (1975)
20. Woman (1975)
21. Hell's Rock (1975)
22. They'll Never Last (1968)
23. Kristina (1966)
24. Music Box (1969)

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年05月12日(火)

13th Floor Elevatorsの再結成ライブ映像

テーマ:YouTube
5月8~10日の3日間、テキサス州オースティンで開催されたLevitation Festival (Austin Psych Fest)にて、13th Floor Elevatorsが再結成ライブを行いました。デビューアルバム発表時のメンバーの4人、Roky Erickson, Tommy Hall, John Ike Walton, Ronnie Leathermanが参加している模様です(Stacy Sutherlandは1978年に他界)。その時のオーディエンスショットがYouTubeにアップされています。"You're Gonna Miss Me"でハーモニカを吹いているのはRokyの息子のJegar Ericksonらしい。







AD
2014年11月07日(金)

Aboriginal Folk, Rock & Country 1966-1985

テーマ:YouTube

北アメリカ(カナダ~米国北部)の先住民によるフォーク(ロック)を収録したLight in the AtticのCD2枚組コンピレーション、"Native North America (Vol. 1): Aboriginal Folk, Rock, and Country 1966-1985" (11月25日発売予定)のプロモーション動画がYouTubeにアップされています。アボリジニ(aborigine)って、オーストラリアの先住民のことだと思ってましたが、英語には一般的な「原住民」の意味もあるんですね。


Native North America 1: Aboriginal Folk Rock
Various Artists
Native North America 1: Aboriginal Folk Rock

1. Willie Dunn - "I Pity the Country"
2. John Angaiak - "I'll Rock You to the Rhythm of the Ocean"
3. Sugluk - "Fall Away"
4. Sikumiut - "Sikumiut"
5. Willie Thrasher - "Spirit Child"
6. Willy Mitchell - "Call of the Moose"
7. Lloyd Cheechoo - "James Bay"
8. Alexis Utatnaq - "Maqaivvigivalauqtavut"
9. Brian Davey - "Dreams of Ways"
10. Morley Loon - "N'Doheeno"
11. Peter Frank - "Little Feather"
12. Ernest Monias - "Tormented Soul"
13. Eric Landry - "Out of the Blue"
14. David Campbell - "Sky-Man and the Moon"
15. Willie Dunn - "Son of the Sun"
16. Shingoose (poetry by Duke Redbird) - "Silver River"
17. Willy Mitchell and Desert River Band - "Kill'n Your Mind"
18. Philippe McKenzie - "Mistashipu"
19. Willie Thrasher - "Old Man Carver"
20. Lloyd Cheechoo - "Winds of Change"
21. The Chieftones (Canada's All Indian Band) - "I Shouldn't Have Did What I Done"
22. Sugluk - "I Didn't Know"
23. Lawrence Martin - "I Got My Music"
24. Gordon Dick - "Siwash Rock"
25. Willy Mitchell and Desert River Band - "Birchbark Letter"
26. William Tagoona - "Anaanaga"
27. Leland Bell - "Messenger"
28. Saddle Lake Drifting Cowboys - "Modern Rock"
29. Willie Thrasher - "We Got to Take You Higher"
30. Sikumiut - "Utirumavunga"
31. Sugluk - "Ajuinnarasuarsunga"
32. John Angaiak - "Hey, Hey, Hey, Brother"
33. Groupe Folklorique Montagnais - "Tshekuan Mak Tshetutamak"
34. Willie Dunn (featuring Jerry Saddleback) - "Peruvian Dream"
AD
2014年07月24日(木)

Grateful Dead 4-21-72 Beat Club

テーマ:YouTube

ライブ名盤"Europe '72"を生んだ、グレイトフル・デッドの1972年のヨーロッパツアー。彼らがドイツ滞在中に名ライブTVショー"Beat Club"に出演した際のパフォーマンスを、新たにリストアした映像(約80分)がYouTubeにアップされています。


2014年05月31日(土)

The Seeds: Pushin' Too Hard

テーマ:YouTube
Pushin' Too Hard

所属レーベルであるGNP Crescendoによる、Seedsのドキュメンタリーフィルムの予告編がYouTubeにアップされています。Alec Palao制作、Neil Norman監督で、アメリカでは8月に劇場公開予定。レアな映像や未発表の貴重な写真などが多数使用されている模様です。プロデューサーのKim FowleyやStrawberry Alarm ClockのMark Weitz、LoveのJohnny Echols、故Sky Saxonの近親などのインタビューも収録されています。


2013年12月01日(日)

Monster a Go-Go

テーマ:YouTube
前回の記事で触れた和物コンピ、"Monster a Go-Go"収録トラック。

サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2013年11月22日(金)

Doors / R-Evolution

テーマ:YouTube
$サイケデリック漂流記


先日、こちらでお知らせしたDoorsのレア映像集"R-Evolution"のサンプル("Touch Me")が、発売元のEagle RockのYouTubeチャンネルにアップされています。また、日本語字幕入りの日本盤Blu-rayも1月22日に発売予定です。

2013年11月08日(金)

LHIのレーベルコンピボックス

テーマ:YouTube
$サイケデリック漂流記


まもなくLight in the Atticからリリースされる、LHI (Lee Hazlewood Industries)レーベルのコンピレーションボックスセット。だいぶ前からamazonにアップされていたので、すでに予約された60sファンもおられるかもしれません。Newsというには時間が経ってしまったので、YouTubeテーマにしました(バックに流れているのはLee Hazlewood & Ann-Margretの"Victims of the Night")。

ボックスには、LHIレーベルから1966~71年にリリースされたシングルやアルバムおよび未発表トラックによる107曲を収録した4枚のCDに、1970年のLeeのフィルム"Cowboy in Sweden"を収録したDVDが付属。ディスク1と2にはLee HazlewoodがLHIに残した全アルバムとシングルを収録。ディスク3と4にはLeeのパートナーだったSuzi Jane Hokomから、サイケ系のArthur, Aggregation, Kitchen Cinq, Surprise Package, Hamilton Streetcarや、ソフトロック系のHoney Ltd.にEve、カントリーロックのパイオニア、Gram ParsonsのInternational Submarine Bandなど、LHIに所属したアーティストの楽曲が収録されています。

さらにもうひとつ、上記の通常セットの内容に加えて、LHIの全カタログ(ただし、権利の関係でISBのアルバム"Safe at Home"と2枚のシングルは割愛されている)をwavファイルとmp3ファイルで収録した3枚のDVDが付属する、デラックスエディションも同時にリリースされます。


There's a Dream I've Been Saving: Lee Hazlewood Industries 66-71
Various Artists
There's a Dream I've Been Saving: Lee Hazlewood Industries 66-71


There's a Dream I've Been Saving: Lee Hazlewood Industries 66-71 [Deluxe Edition]
Various Artists
There's a Dream I've Been Saving: Lee Hazlewood Industries 66-71 [Deluxe Edition]


以下のトラックリストは両セットに収録のCDのものです。

Disc 1 : WOKE UP SUNDAY MORNING WITH MY HEAD FULL OF PAIN
1. Pray Them Bars Away - Lee Hazlewood
2. Leather and Lace - Lee Hazlewood & Nina Lizell
3. Forget Marie - Lee Hazlewood
4. Cold Hard Times - Lee Hazlewood
5. The Night Before - Lee Hazlewood
6. Hey Cowboy - Lee Hazlewood & Nina Lizell
7. No Train to Stockholm - Lee Hazlewood
8. For a Day Like Today - Suzi Jane Hokom
9. Easy and Me - Lee Hazlewood
10. What's More I Don't Need Her - Lee Hazlewood
11. Vem Kan Segla (I Can Sail Without the Wind) - Lee Hazlewood & Nina Lizell
12. Trouble Maker - Lee Hazlewood
13. Califia (Stone Rider) - Lee Hazlewood & Suzi Jane Hokom
14. Alone - Lee Hazlewood & Suzi Jane Hokom
15. I'll Never Fall in Love Again - Lee Hazlewood & Suzi Jane Hokom
16. No Body Like You - Lee Hazlewood & Suzi Jane Hokom
17. First Street Blues - Suzi Jane Hokom
18. I'm Glad I Never - Lee Hazlewood
19. If It's Monday Morning - Lee Hazlewood
20. L.A. Lady - Lee Hazlewood
21. Won't You Tell Your Dreams - Lee Hazlewood
22. I'll Live Yesterdays - Lee Hazlewood
23. Little Miss Sunshine - Lee Hazlewood
24. Stoned Lost Child - Lee Hazlewood
25. Come On Home to Me - Lee Hazlewood
26. Must Have Been Something I Loved - Lee Hazlewood
27. I'd Rather Be Your Enemy - Lee Hazlewood

Disc 2 : I WAS BORN RUNNING WILD THE VICTIM OF A WOMAN CHILD
1. Sleep in the Grass - Lee Hazlewood & Ann-Margret
2. Chico - Lee Hazlewood & Ann-Margret
3. Am I That Easy to Forget - Lee Hazlewood & Ann-Margret
4. Only Mama That'll Walk the Line - Lee Hazlewood & Ann-Margret
5. Greyhound Bus Depot - Lee Hazlewood & Ann-Margret
6. Walk On Out of My Mind - Lee Hazlewood & Ann-Margret
7. Hangin' On - Lee Hazlewood & Ann-Margret
8. Victims of the Night - Lee Hazlewood & Ann-Margret
9. Break My Mind - Lee Hazlewood & Ann-Margret
10. You Can't Imagine - Lee Hazlewood & Ann-Margret
11. Sweet Thing - Lee Hazlewood & Ann-Margret
12. No Regrets - Lee Hazlewood & Ann-Margret
13. Dark End of the Street - Lee Hazlewood & Ann-Margret
14. It Was a Very Good Year - Lee Hazlewood
15. The Bed - Lee Hazlewood
16. Paris Bells - Lee Hazlewood
17. Wait Till Next Year - Lee Hazlewood
18. September Song - Lee Hazlewood
19. Let's Burn Down the Cornfield - Lee Hazlewood
20. Bye Babe - Lee Hazlewood
21. Mary - Lee Hazlewood
22. For Once in My Life - Lee Hazlewood
23. I Just Learned to Run - Lee Hazlewood
24. Me and the Wine and the City Lights - Lee Hazlewood
25. Nothin's Gonna Blow My Mind - Lee Hazlewood

Disc 3 : OL' ZUES IS RUNNING LOOSE AGAIN
1. Rose Colored Corner - Lynn Castle w/Last Friday's Fire
2. Need All the Help I Can Get - The Kitchen Cinq
3. You Better Go - Raul Danks & Jon Taylor
4. I Can't Help the Way I Feel - Last Friday's Fire
5. Tomorrow Your Heart - Honey Ltd.
6. Come On Sunshine - Suzi Jane Hokom
7. Little War - Suzi Jane Hokom
8. If You Climb on the Tiger's Back - Danny Michaels
9. The Street Song (New York's My Home) - The Kitchen Cinq
10. I Want You - The Kitchen Cinq
11. Puppetry - Raul Danks & Jon Taylor
12. Pastel Dreams - Michael Gram
13. And They Are Changing - Danny Michaels
14. Does Anybody Know - A Handful (Kitchen Cinq)
15. Wasn't It You - A Handful (Kitchen Cinq)
16. Silk 'n' Honey - Honey Ltd.
17. Invisible People - Hamilton Streetcar
18. Flash - Hamilton Streetcar
19. Maharishi - The Aggregation
20. Flying Free - The Aggregation
21. Something's Happening - Last Friday's Fire
22. You Turned My Head Around - Ann-Margret
23. It's a Nice World to Visit (But Not to Live In) - Ann-Margret
24. Sam - Ann-Margret
25. New Way Home - The Surprise Package
26. The Lady Barber - Lynn Castle w/Last Friday's Fire
27. When We're Talked About Tomorrow - Colleen Lanza
28. Sunshine Soldier - Arthur

Disc 4 : WHISTLING FOR A DOG NAMED KINDNESS THAT YOU'LL NEVER FIND
1. The Black Widow Spider - Sanford Clark
2. Dying Daffodil Incident - A Handful (Kitchen Cinq)
3. Lady Bird - Virgil Warner & Suzi Jane Hokom
4. Summer Wine - Virgil Warner & Suzi Jane Hokom
5. Emmy - Ray Chafin
6. Luxury Liner - International Submarine Band
7. California Sunshine Girl - The Shacklefords
8. It's My Time - The Shacklefords
9. Hands - Danny Michaels
10. Same Old Songs - Suzi Jane Hokom
11. Reason to Believe - Suzi Jane Hokom
12. The Man I Was Yesterday - Virgil Warner
13. Dusty Roads - Eve
14. Hello L.A., Bye Bye Birmingham - Eve
15. Warm Miami Sunshine - Joe Cannon
16. Lonesome Wheels - Joe Cannon
17. Cold Hard Times - Joe Cannon
18. Peppermint Morning - Rabbitt
19. Goin' On - Phoenix 70
20. Friday's Child - Billie Dearborn
21. I Feel Love Coming On - Jon Christian
22. Ten or Eleven Towns Ago - Barbara Randolph
23. Miracle on 19th Street - Barbara Randolph
24. Cheap Lovin' - Barbara Randolph
25. Chain of Fools - Don Randi
26. Angry Generation - The Woodchucks
27. The Start - Larry Marks
2013年10月19日(土)

“Move Me Brightly”

テーマ:YouTube
$サイケデリック漂流記


10月29日発売予定の"Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday"の予告編がYouTubeにアップされています。本作は、2012年8月3日にBob WeirのTRIスタジオで行なわれ(ネット中継された)Jerry Garcia生誕70周年を記念したライブイベントの模様に、関係者へのインタビューなどによるドキュメンタリーを交えた新譜DVD/Blu-ray。ドキュメンタリー部分は先にデッドのドラマーBill Kreutzmannの息子のJustinによって制作されたもので、ライブイベントでも上映されました。

ちなみに、12月には字幕入りの日本盤DVDがリリースされる予定です。(同時にデッドの「チケット・トゥ・ニュー・イヤーズ」、「クロージング・オブ・ウィンターランド」の日本盤DVDも発売予定。)

Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday [DVD] [Import]
Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday [DVD] [Import]
(Blu-rayはこちら
2011年11月18日(金)

Purple Gang

テーマ:YouTube
前回(11月17日)の記事で話題になったRobert Corff (Bob Corff)がボーカリストとして在籍していたバンド、Purple Gangの動画があったので載せておきます。

Purple Gangは1966~67年に数枚のシングルを出しているNorth Hollywoodの6人組(もちろん、"Granny Takes a Trip"の英国のグループとは同名異バンド)。ガレージファンにはMusic Machineのギタリスト、Mark Landonが在籍していたということで有名かもしれません。

下の動画はBones Howeがエンジニアリングを担当した、メジャーのMGMからのシングル"Bring Your Own Self Down / One of the Bunch"(1966)と、そのあとThe Ark名義でリリースされたローラ・ニーロのカバーシングル、"Poverty Train"(1967)。

さすが、Music Machineと血のつながりがあるだけあって、ファズギターがシビれます。

サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。