1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月11日(木)

Lynn Castleのコンピ発売

テーマ:News
Rose Colored Corner
Lynn Castle
Rose Colored Corner (アナログLPはこちら

LHI (Lee Hazlewood Industries) のレーベルコンピボックス、"There's a Dream I've Been Saving"に、シングルの "The Lady Barber / Rose Colored Corner" が収録されていた、Lynn Castleの新譜コンピレーションがLight in the Atticからリリースされます(6月9日発売予定)。

曲のタイトルが示すように、LynnはLAで最初の女性Barber(男性の調髪をする理髪師)となった人物で、作曲したり歌ったりするのは、極私的な趣味としておこなっていたそうです。Del Shannon, Monkees, Byrdsらの整髪の仕事をしていたのが縁で、たまたま彼女の歌を聴いたLee Hazlewoodに気に入られ、(サイケファンには"Phase 1"でお馴染みの)Mike Condelloのバンド、Last Friday's Fireをバックに起用した唯一のシングルを1967年にLHIからリリースしています。

今回のコンピには、そのシングルAB面の2曲のほか、Jack Nitzscheとともに録音した未発表デモ10曲が収録されています。試聴はこちら

1. The Forest
2. I'm Getting Tired
3. New York
4. What in the World Would I Do
5. She Thinks She Feels
6. Rose Colored Corner
7. Lonesome Look-Out
8. The Stranger
9. The Puppet
10. Who Knows
11. The Lady Barber (with Last Friday's Fire)
12. Rose Colored Corner (with Last Friday's Fire)







それから、昨秋に「発売中止になったらしい」とお伝えした、ワーナーのCD4枚組ボックス「ソフト・ロック大全集」が、「ソフト・ロック・ナゲッツ Vol.1~4」として5月31日にリリースされる模様です。収録予定アーティスト:アソシエーション、ハーパース・ビザール、ポール・ウィリアムス、ヴォーグス、ハプニングス、トーケンズ、アニタ・カー・シンガース他。

ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.1
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.2
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.3
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.4

追記:トラックリストが判明しました。

ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.1
オムニバス
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.1

1. I'm Gonna Marry You - The Goldebriars
2. Guess I'm Dumb - Glen Campbell
3. Along Comes Mary - The Association
4. Mind Excursion - The Tradewinds
5. Silver And Sunshine (How Wonderful Is Our Love) - The Looking Glass
6. Fifi The Flea - The Sidekicks
7. Once Again - The Poor
8. Black And White Rainbow - The Visions
9. Portrait Of My Love - The Tokens
10. Come To The Sunshine - Harpers Bizarre
11. Kitty Doyle - Dino, Desi & Billy
12. Susan - The Buckinghams
13. Just What I've Been Looking For - The Vogues
14. A Beautiful Morning - The Rascals
15. Randy - The Happenings
16. Let's Ride - Roger Nichols And The Small Circle Of Friends
17. Happiness - Anita Kerr & The Anita Kerr Singers
18. Candy Apple, Cotton Candy - Pat Shannon
19. To Put Up With You - The Sandpipers
20. Good Morning, New Day - The Coronados
21. She Is Today - The Vogues
22. To Put Up With You - The Holy Mackerel
23. Crystal Blue Persuasion - Tommy James And The Shondells
24. Don't Start Something You Can't Finish - The Coronados


ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.2
オムニバス
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.2

1. Don't Run Away - Bruce & Terry
2. Turn - Down Day - The Cyrkle
3. Many Are The Times - Lee Mallory
4. All - James Darren
5. I Believe In Her - The Tradewinds
6. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) - Harpers Bizarre
7. I Could Be So Good To You - Don And The Goodtimes
8. Windy - The Association
9. My World Fell Down - Sagittarius
10. Love-In - The Morning Glories
11. Happy - The Blades Of Grass
12. (Baby, Baby) I Can't Take It No More - Tommy James And The Shondells
13. If You Know What I Mean - The Gas Company
14. Don't Let The Rain Fall Down On Me - The Critters
15. It's A Happening World - The Tokens
16. No One Was There - The Gates Of Eden
17. Hung Up On Love - The Other Voices
18. I've Got You On My Mind - The Vogues
19. Beverly Hills - Uncle Sound
20. Tell Someone You Love Them - Dino, Desi & Billy
21. It's A Natural Thing - The Congregation
22. Me, Japanese Boy - Harpers Bizarre
23. Will You Be Staying After Sunday - The Peppermint Rainbow
24. Time To Love - The Addrisi Brothers


ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.3
オムニバス
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.3

1. Ain't Gonna Lie - Keith
2. Sit Down, I Think I Love You - The Mojo Men
3. Lonely Too Long - The Young Rascals
4. Take My Hand - Lee Mallory
5. Apples, Peaches, Pumpkin Pie - Jay And The Techniques
6. I Like The Way - Tommy James And The Shondells
7. When The Summer Is Through - The Happenings
8. If You Don't Want My Love - Robert John
9. It's Sunday - The Sunshine Company
10. All This (He Does To Me) - The Anita Kerr Singers
11. Birthday Morning - The Association
12. Come On In - The Association
13. Finders Keepers - Salt Water Taffy
14. Small Talk - Harpers Bizarre
15. I Keep It Hid - The Vogues
16. Bitter Honey - The Holy Mackerel
17. There Is Nothing More To Say - The Millennium
18. More Today Than Yesterday - Spiral Starecase
19. Morning Girl - The Neon Philharmonic
20. Hurting Each Other - Ruby And The Romantics
21. Sun Shines On My Street - The Congregation
22. Mad - Harpers Bizarre
23. Someday Man - Paul Williams
24. Lady Love - Dino, Desi & Billy


ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.4
オムニバス
ソフト・ロック・ナゲッツ VOL.4

1. That's Why I'm Crying - The Ivy League
2. Sandy - The Swinging Blue Jeans
3. My Little Red Book - The Gals & Pals
4. No Milk Today - Herman's Hermits
5. Silence Is Golden - The Tremeloes
6. Love Found A Way To My Heart - The Sands Of Time
7. Sunshine Boy - Vicky
8. You've Got To Be Loved - The Montanas
9. She's Not Like Any Girl - The Rockin' Berries
10. She's Not Like Any Girl - The Gibsons
11. When Love Slips Away - Margo And The Marvettes
12. Everlasting Love - The Love Affair
13. Every Day - Danny Street
14. On A Day Like This - Gullivers People
15. A Baby's Coming - Chris & Peter Allen
16. Listen To Me - The Hollies
17. Build Me Up Buttercup - The Foundations
18. 7.10 From Suburbia - Jackie Trent
19. The Other Side Of Love - The Caravelles
20. Move In A Little Closer Baby - Harmony Grass
21. Smile A Little Smile For Me - The Flying Machine
22. Baby Make It Soon - The Marmalade
23. Trinity Street - Two Of Each
24. Baby Take Me In Your Arms - Jefferson

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年04月27日(木)

Turtlesの6タイトルが拡大盤で再発

テーマ:News
Turtlesが1965~70年にWhite Whaleからリリースした6枚のアルバムが、CD2枚組の拡大盤でEdselから再発されます(5月5日発売予定)。

It Ain't Me Babe
The Turtles
It Ain't Me Babe (1965)

CD 1 - Mono Version
1. Wanderin' Kind
2. It Was A Very Good Year
3. Your Maw Said You Cried
4. Eve Of Destruction
5. Glitter And Gold
6. Let Me Be
7. Let The Cold Winds Blow
8. It Ain't Me Babe
9. A Walk In The Sun
10. Last Laugh
11. Love Minus Zero
12. Like A Rolling Stone

CD 2 - Stereo Version
1. Wanderin' Kind
2. It Was A Very Good Year
3. Your Maw Said You Cried
4. Eve Of Destruction
5. Glitter And Gold
6. Let Me Be
7. Let The Cold Winds Blow
8. It Ain't Me Babe
9. A Walk In The Sun
10. Last Laugh
11. Love Minus Zero
12. Like A Rolling Stone


You Baby
The Turtles
You Baby (1966)

CD 1 - Mono Version
1. Flyin' High
2. I Know That You'll Be There
3. House Of Pain
4. Just A Room
5. I Need Someone
6. Let Me Be
7. Down In Suburbia
8. Give Love A Trial
9. You Baby
10. Pall Bearing, Ball Bearing World
11. All My Problems
12. Almost There

CD 2 - Stereo Version
1. Flyin' High
2. I Know That You'll Be There
3. House Of Pain
4. Just A Room
5. I Need Someone
6. Let Me Be
7. Down In Suburbia
8. Give Love A Trial
9. You Baby
10. Pall Bearing, Ball Bearing World
11. All My Problems
12. Almost There


Happy Together
The Turtles
Happy Together (1967)

CD 1 - Mono Version
1. Makin' My Mind Up
2. Guide For The Married Man
3. Think I'll Run Away
4. The Walking Song
5. Me About You
6. Happy Together
7. She'd Rather Be With Me
8. Too Young To Be One
9. Person Without A Care
10. Like The Seasons
11. Rugs Of Woods And Flowers

CD 2 - Stereo Version
1. Makin' My Mind Up
2. Guide For The Married Man
3. Think I'll Run Away
4. The Walking Song
5. Me About You
6. Happy Together
7. She'd Rather Be With Me
8. Too Young To Be One
9. Person Without A Care
10. Like The Seasons
11. Rugs Of Woods And Flowers


Present the Battle of the Band
The Turtles
Present the Battle of the Band (1968)

CD 1 - Original Album
1. The Opening - The Battle Of The Bands
2. The Last Thing I Remember
3. Elenore
4. Too Much Heartsick Feeling
5. Oh, Daddy!
6. Buzz Saw
7. Surfer Dan
8. I'm Chief Kamanawanalea (We're The Royal Macadamia Nuts)
9. You Showed Me
10. Food
11. Chicken Little Was Right
12. The Closing - Earth Anthem (All)

CD 2 - Bonus Tracks
1. She's My Girl
2. Chicken Little Was Right [single version]
3. Sound Asleep
4. Umbassa the Dragon
5. The Story Of Rock And Roll
6. Can't You Hear The Cows
7. The Last Thing I Remember (The First Thing I Knew) [alternate version]
8. The Owl [outtake]
9. To See The Sun [outtake]
10. Earth Anthem [alternate version]
11. Battle Of The Bands radio spot


Turtle Soup
The Turtles
Turtle Soup (1969)

CD 1 - Original Album
1. Come Over
2. House On The Hill
3. She Always Leaves Me Laughing
4. How You Love Me
5. Torn Between Temptations
6. Love In The City
7. Bachelor Mother
8. John & Julie
9. Hot Little Hands
10. Somewhere Friday Night
11. Dance This Dance
12. You Don't Have To Walk In The Rain

CD 2 - Bonus Tracks
1. Goodbye Surprise
2. Like It Or Not
3. There You Sit Lonely
4. Can I Go On
5. You Want To Be A Woman
6. If We Only Had The Time
7. Dance This Dance With Me [demo]
8. Come Over [demo]
9. How You Love Me [demo]
10. Strange Girl [demo]
11. Marmendy Hill [demo]
12. Turtle Soup radio spot


Wooden Head
The Turtles
Wooden Head (1970)

CD 1 - Original Album
1. I Can't Stop
2. She'll Come Back
3. Get Away
4. Wrong From The Start
5. I Get Out Of Breath
6. We'll Meet Again
7. On A Summer's Day
8. Come Back
9. Say Girl
10. Tie Me Down
11. Wanderin' Kind

CD 2 - Bonus Tracks
1. You Baby [1967 stereo mix]
2. So Goes Love
3. Makin' My Mind Up [1966 version stereo]
4. Is It Any Wonder?
5. Let Me Be [1967 stereo mix]
6. Grim Reaper Of Love
7. It Ain't Me Babe [1967 stereo mix]
8. Can I Get To Know You Better
9. Outside Chance
10. You Know What I Mean
11. Cat In The Window
12. We'll Meet Again [alternate take]
13. The Turtles Golden Hits radio spot




AD
2017年04月16日(日)

"Long Strange Trip"のサントラ発売

テーマ:News
Long Strange Trip Soundtrack
Grateful Dead
Long Strange Trip Soundtrack

Grateful Deadのドキュメンタリーフィルム、"Long Strange Trip"のサントラ盤が、映画公開予定の5月26日にRhinoからリリースされます。通常盤はCD2枚組ですが、上記のAmazonオリジナルはボーナスディスクを追加したCD3枚組となっています。

このドキュメンタリーは約4時間におよぶ大作で、今年1月にサンダンス映画祭でプレミア上映されました。監督はAmir Bar-Lev、プロデューサーのひとりにBill Kreutzmannの息子のJustin Kreutzmann、製作総指揮にMartin Scorseseがクレジットされています。また、Amazon(プライム)ビデオでは6月2日からストリーム上映開始が予定されています。

Disc One
“Death Don't Have No Mercy” (Live/Dead, Live At The Fillmore West, San Francisco, CA, 2/27/1969)
“St. Stephen” (Live/Dead, Live At The Fillmore West, San Francisco, CA, 2/27/1969)
“Uncle John's Band” (Workingman's Dead, 1970)
“Dark Star” (Live At The Fillmore East, New York, NY, 2/14/1970)*
“Easy Wind” (Workingman's Dead, 1970)
“Candyman” (American Beauty, 1970)
“China Cat Sunflower”> (Live At Chateau d'Herouville, Herovuville, France, 6/21/1971)*
“I Know You Rider” (Live At Chateau d'Herouville, Herovuville, France, 6/21/1971)*
“Morning Dew” (Europe '72, Live At The Lyceum Theatre, London, England, 5/26/1972)

Disc Two
“He's Gone” (Sunshine Daydream, Live At Veneta, OR, 8/27/1972)
“The Music Never Stopped” (Live At The Great American Music Hall, San Francisco, CA, 8/13/1975)*
“Scarlet Begonias”> (Cornell 5/8/77, Live At Barton Hall, Cornell University, Ithaca, NY, 5/8/1977)
“Fire On The Mountain” (Cornell 5/8/77, Live At Barton Hall, Cornell University, Ithaca, NY, 5/8/1977)
“Althea” (Go To Nassau, Live At Nassau Coliseum, Uniondale, NY, 5/16/1980)
“Touch Of Grey” (In The Dark, 1987)
“Dear Mr. Fantasy”> (Live At Sullivan Stadium, Foxboro, MA, 7/2/1989)*
“Hey Jude” (Live At Sullivan Stadium, Foxboro, MA, 7/2/1989)*
“Ripple”> (American Beauty, 1970)
“Brokedown Palace” (American Beauty, 1970)

Disc Three (Amazon Exclusive)
“Playing In The Band” (Europe '72: The Complete Recordings, Live At Beat-Club, West Germany, 4/21/1972)
“Eyes Of The World” ( Dick's Picks, Vol. 31, Live At Roosevelt Stadium, Jersey City, NJ, 1974)
“St. Stephen”> (Cornell 5/8/77, Live At Barton Hall, Cornell University, Ithaca, NY, 5/8/1977)
“Not Fade Away”> (Cornell 5/8/77, Live At Barton Hall, Cornell University, Ithaca, NY, 5/8/1977)
“St. Stephen” (Cornell 5/8/77, Live At Barton Hall, Cornell University, Ithaca, NY, 5/8/1977)
“Dark Hollow” (Reckoning, 1981)
“Stella Blue” (Live At Zoo Amphitheater, Oklahoma City, OK, 7/5/1981)*
“Days Between” (Live At Madison Square Garden, New York, NY, 10/18/1994)*

(* Previously unreleased)




AD
2017年04月12日(水)

"Astro Sounds from Beyond the Year 2000"再発

テーマ:News
Astro Sounds from Beyond the Year 2000
Jerry Cole
Astro Sounds from Beyond the Year 2000 (アナログLPはこちら

レココレ・サイケ号でも紹介されていた101 Stringsのモンドサイケ名盤、"Astro Sounds from Beyond the Year 2000" が4月22日のレコードストアデイ限定で再発されます(ボーナスはなし)。故Jerry Coleの権利者から承認を得た正規リイシューということで、ジャケが変更されて101 Stringsのクレジットが削除されています(でも、ストリングス・パートは残されていて、そのへんの権利関係はどうなってるんでしょうか?)。

このレコードの成り立ちは複雑怪奇で、簡単に箇条書きすると・・・
1.Wrecking Crewの一員として活躍したセッションギタリストのJerry Coleが、1966~67年に一連のサイケなセッション音源を残す(1967年にRCAからリリースされたThe Idの"Inner Sounds of the Id"はその成果)。
2.プロデューサーのPaul Arnoldが、それらの音源を勝手に持ち出して、あちこちのレコード会社に売り払う。
3.Alshireというバジェットレコードレーベルがその音源を利用して、Animated Eggという架空のバンドをでっちあげて1967年にアルバムをリリース(2008年にSundazedからボーナスを多数追加したコンピ "Guitar Freakout"として正規イシュー)。
4.そのAnimated Eggのアルバム全曲をそっくりそのまま再利用して、Alshireのドル箱アーティストだった101 Stringsの弦をかぶせ、エフェクトをほどこし、曲名と曲順を変えて1968年にリリースされたのが、この"Astro Sounds from Beyond the Year 2000"。

インチキレコードの権化みたいな感じですが、これが最高にグルーヴィーな音になっているのが60sマジックなんでしょう。2008年に亡くなる数年前まで、Jerryは自分の録音がカルト的な支持を得ていたことを知らずにいたのでした。試聴はこちら

1. Flameout
2. Re-Entry To Mog
3. Space Obyssey
4. Astral Freakout
5. Orbit Fantasy
6. Barrier X-69
7. A Dissapointed Love With A Desensitized Robot
8. Where Were You In 1982
9. Trippin' On Lunar 07
10. A Bad Trip Back To '69




2017年03月27日(月)

4~6月発売予定のCD その2

テーマ:News
Psychedelic States: Missouri in the 60s 1 & 2
Various Artists
Psychedelic States: Missouri in the 60s 1 & 2

Gear FabのPsychedelic Statesシリーズの新譜は、初登場のミズーリ州。Vol.1&2を収録したCD2枚組で、全54曲が収録される予定(下のトラックリストは暫定のもので、リリース時には一部変更されるかもしれません)。

DISC ONE:
01. Tell My Baby - The Nightcaps
02. Everything Gones Wrong - Larry Knight & The Upsetters
03. You Could Help Me Ease The Pain - The Unknowns
04. I'll Go On - The Intruders
05. To Give Your Lovin' - The Happy Return
06. It's Your Fault - Roy & The Bristols
07. What You've Shown - Symbols
08. To Forgive Is Devine - Jekyl & The Hydes
09. She's My Woman - The Esquires
10. Don't Leave Me This Way - The Blue Velvets
11. Talkin' Bout You Now - The Catalinas
12. I'm Always Doing Something Wrong - The Fab(ulous) Four
13. Circles - Chessman Square
14. Paisley Haze - The Vectors
15. Mister (You're A Better Man Than I) - The Herde
16. Biographical Except File 6319Q - The Guise
17. Last Laugh - The Cholos
18. Too Many Reasons - The Coachmen
19. Won't You Take Me - St. Petersburg Paradox
20. Goodbye Boy - Electric Sensation
21. Tall Towers - The Clann
22. I Don't Need You - The Blazers
23. Kapo - The Lyndells
24. Where Are You - The Kyks
25. Merry Go Round - Hoss & The Lords
26. It's No Use - Olivers Warlocks
27. Go Naked In The Rain - The Body

DISC TWO:
01. Facts Of Life - The-Xtreems
02. You Want Me Too - The Unknowns
03. You Lied To Me - The Vandals
04. I'm Going To Fight - The Last Resort
05. Again And Again - The Statics
06. How Can I - The Ovaitt Brothers
07. Love Won't Hurt You - Cole And The Embers
08. Unicorn Man - The Aardvarks
09. It's All Right - Those Few
10. Red Sunrise - Kempion
11. Settle Down - The Esquires
12. Mad Sad Man - B. J. And The Hobson Brothers
13. Oh Why - The Rogues
14. Wonderin' - The Squires
15. The Modern Era - The Unknowns
16. She's No Fool - The Four Of Us
17. All We Really Need Is Love - The Belaeraphon Expedition
18. I Can - The Truth
19. If I Didn't Want To See You Anymore - Morning Starr
20. Life Of My Own - The Loved Ones
21. News - The Guise
22. Early In The Morning - The Last Exit
23. Never Meant To Be - The Inquirers
24. Total Raunch - The Intruders
25. Watermelon Man - The Others
26. Longed For - The Happy Return
27. The Darkness - Summit





Particlesからは、世界各地のガレージビート/サイケポップを集めた"Cornflake Zoo"の第六弾と第七弾がリリース。

Cornflake Zoo Episode 6: When
Various Artists
Cornflake Zoo Episode 6: When Love Goes Wrong

1. LES MISERABLES Vivre Avec Toi 1966
2. THE JAY-JAYS Shake It Some More 1966
3. LES SAUTERELLES Janet 1966
4. FIREBEATS INC. I Can't Find Nobody 1966
5. THE HANGMEN Faces 1966
6. THE KING BEEZZ I Can't Explain 1966
7. THE SKOPE From 1966
8. THE HAIGS Where To Run 1966
9. JORMAS The Loco-Motion 1966
10. JAN GROTH & HIS VOODOOS Bye Bye Babe 1966
11. LES FLEURS DE PAVOT Hippies Noues Voila 1968
12. THE BEAUTIFULS Take A Heart 1966
13. THE DETAILS What Shall I Do 1965
14. THE ZOO I Cry 1968
15. THE CLEFS I Can Only Give You Everything 1966
16. THE WALKERS All The Time 1966
17. THE POOLS Darling Corey 1965
18. THE DAIMLERS Come On Closer 1966
19. THE FRIENDS Joe McCartney 1966
20. THE MONKS Please, Please Love Me (previously unreleased ) 1967




Cornflake Zoo Episode 7: Origi
Various Artists
Cornflake Zoo Episode 7: Original Psychedelic Dream

1. THE HI-BALLS I'm A Boy 1966
2. HET She'll Stay 1966
3. THE LORDS In The City 1966
4. THE DRIFTIN FIVE Hard-Headed Baby 1967
5. JOHNNY YOUNG Hold On 1968
6. THE SEALS Stop This War 1969
7. FUN OF IT Silly Baby 1966
8. THE MORGANS Trouble And Tea 1967
9. BEN CASH & THE CASH-TONS See Emily Play 1967
10. ATTENTION! Change Your Mind 1966
11. GENERATION 2000 All Right 1969
12. THE COUNT I Should Be Better Off Without You 1967
13. ATTENTION! I Must Go On Without You 1966
14. THE SHAKESPEARS How Does She Look 1967
15. THE OUTSIDERS Kinda Dead 1967
16. CHARLES RYDERS CORPORATION Six Ravens Must In The Tower Stay 1967
17. EXPIRATION And The World Will Be A Bird 1968
18. HIDE AND SEEK I Can Fly 1970
19. BLINKY SPECIAL Honey Bee 1970
20. MOTHERS LOVE You'll Never See Me Again 1967





Night Comes Down: 60s British Mod, R&B, Freakbeat & Swinging London Nuggets
Various Artists
Night Comes Down: 60s British Mod, R&B, Freakbeat & Swinging London Nuggets

RPMからは"60s British Mod, R&B, Freakbeat & Swinging London Nuggets"というサブタイトルのCD3枚組コンピ、"Night Comes Down"が6月にリリースされます。初オフィシャルCD化となるレアなトラックを多数含む全87曲を収録。

DISC ONE:
1. MAMA (HE TREATS YOUR DAUGHTER MEAN) - Lita Roza
2. I NEED YOUR LOVING - Ronnie Jones & The Night-Timersv
3. BABY, DON'T DO IT - Laurel Aitken
4. TABOO MAN - Alexis Korner's Blues Incorporated
5. PILLS - Mickey Finn & Blue Men
6. WORK SONG - James Royal
7. SEVENTH SON - The Second Thoughts
8. COMIN' HOME BABY - The Mark Wirtz Orchestra & Chorus
9. IT'S A LIE - Philip Goodhand-Tait & The Stormsville Shakers
10. ANDIDOJUSTWHATIWANT - The Bo Street Runners
11. AND MY BABY'S GONE - The Moody Blues
12. LIKE THAT - Mike Cotton Sound
13. GONNA MAKE A WOMAN OF YOU - A Band Of Angels
14. SHE'S A GIRL - The Attraction
15. IT'S ALRIGHT - The Rocking Vickers
16. READY, STEADY - The Clockwork Oranges
17. CAN YOU HEAR ME - The Cymbaline
18. A TU VERA - The Tomcats
19. I AIN'T GOT YOU - Five's Company
20. THE SNAKE - Kevin ‘King' Lear
21. JUGGER TEA - Oliver Bone
22. DON'T THAT BEAT THEM ALL - Just Five
23. NO OTHER BABY - Chad & Jeremy
24. GOTTA GET THROUGH TO YOU - Eden Kane
25. BIG FAT SPIDER - Heinz
26. YOU'RE GONNA GET YOUR WAY - Glenda Collins
27. WHAT AM I DOING HERE WITH YOU - Twinkle
28. ROLLING ON - Norma Lee
29. THE OTHER SIDE OF LOVE - The Caravelles
30. TIMEISONMYSIDE-Four+One

DISC TWO:
1. NIGHT COMES DOWN - Mickey Finn
2. SHORT CHANGE - Spencer Davis Group
3. BIG BARE BEAT - The British Lion Orchestra
4. PHONE ME - Robb And Dean Douglas
5. MY LOVE - Ronnie Jones
6. THE SOCIETY FOR THE PROTECTION OF LOVE - The Stormsville Shakers
7. WHAT'S HER NAME - Guy Darrell
8. COUNT ME OUT - Kevin 'King' Lear
9. CAN'T STOP TALKIN' ABOUT MY BABY - Mike Patto
10.SOUL SERENADE - The Mike Cotton Sound
11.KNOCK ON WOOD - Oliver Bone
12.JUST ONE MORE CHANCE - The Outer Limits
13.DON'T STOP GIRL - Dominic Grant
14.WHEN I THINK OF YOU - Twiggy
15.YEH YEH - The Mark Wirtz Orchestra & Chorus
16.THAT DRIVING BEAT - The Favourite Sons
17.BLOW UP - The In Crowd
18.PARTY LINE - The Attraction
19.ARTHUR GREEN - Andy Ellison
20.CYPRESS (PREVIOUSLY UNISSUED) - The Truth
21.SINK OR SWIM - Circus
22.SHE WAS REALLY SAYING SOMETHING - Doc Thomas Group
23.TAKE ME FOR A LITTLE WHILE - Rusty Harness
24.BABY AND ME - The Hammers
25.GOING GOING GONE - Mike Hurst & Mike D'abo
26.THERE IS - The Shadrocks
27.AFRODISIAC - The Web
28.FALLING IN LOVE WITH YOU - The Reaction
29.EAST SIDE 628 - Al Saxon
30.A MAN NEEDS LOVE - The Brothers Grimm

DISC THREE:
1. GIRL ON A MOTORCYCLE - The British Lion Orchestra
2. THE EAGLE FLIES ON FRIDAY - The Exceptions
3. LONDON BRIDGE IS COMING DOWN - The Spectrum
4. ELEVATOR - Grapefruit
5. PEACOCK DRESS - Sun Dragon
6. LOOKING TOWARDS THE SKY - Davey Payne & The Medium Wave
7. VIOLIN SHOP - The Alan Bown
8. REMEMBER THE TIMES - Mike Stuart Span
9. HOLD ON - Rupert's People
10. GIVE WHAT YOU TAKE (DEMO) - The Lomax Alliance
11. SECOND FIDDLE - The Gnomes Of Zurich
12. I'VE GOT MONEY - The Crazy World Of Arthur Brown
13. COME AND PLAY WITH ME IN THE GARDEN - John's Children
14. FIRE IN THE CITY - The Deviants
15. SUNSHINE SUPERMAN - Big Jim Sullivan
16. TOMORROW NEVER KNOWS - The Mirage
17. FLOWERS ARE FLOWERING (DEMO) - The 23rd Turnoff
18. MR. UNIVERSE - Episode Six
19. I DON'T MIND - Fat Mattress
20. HOW DO YOU FEEL - Sounds Incorporated
21. INFATUATION - The Secrets
22. CALL ME LIGHTNING - The Good Vibrations
23. MAE WEST - Ken Moule's London Jazz Chamber Group
24. PUMPKIN MINI - Katch 22
25. EINER KLEINER MISER MUSIK - Tony Rivers & The Castaways
26. THANK YOU BABY FOR COMING - The Matchmakers
27. THE MEANING OF LOVE - Putney Bridge

2017年03月27日(月)

4~6月発売予定のCD その1

テーマ:News
Years (Expanded Edition)
Marc Jonson
Years (Expanded Edition)

シンコーのディスクガイド「アシッドフォーク」で紹介されていたMarc Jonsonのデビュー作"Years" (1972) が、Real Gone Musicから初のリイシュー(ノンアルバムシングルなど4曲のボーナス入り)。本作はVanguardレーベルのカタログの中でも、最もレア度&トレジャー度の高いタイトルのひとつと言われていますが、アコギ一本の弾き語り物かと思えばさにあらず。バッグバンドやストリングス入りの、バロックポップ~ポップサイケ的な色合いもそなえた、意外にカラフルな印象の作品です。

Marcは高校卒業後にレーベルと契約を交わし、アルバム制作時はまだ二十歳くらいだったらしい。セルフプロデュースによる本作は、ほとんど自主制作に近いような状況だったようで、彼自身でストリングスのプレーヤーやアレンジャーを雇い、前日のクラシック音楽家のセッションで残されていたハープシコードを使ったり、街のストリートで出遭ったリコーダー奏者を連れて来たりしています(下の動画でそのリコーダーが聴けますが、これがなかなかサイケな味わい)。

そのへんの手作り感と、自己の才能をもてあましているような不確定感が、このアルバムの魅力のひとつにもなっています。Tim Buckley, Phil Ochs, Neil Youngといった先輩諸氏のみならず、英国のAl Stewartあたりからの影響もうかがえる楽曲には随所に天性のポップセンスが光り、のちの1992年にはMark Johnson名義でパワーポップアルバム "12 in a Room"を発表して、一部では高い評価を得ています。

1. Rainy Dues
2. Mary
3. Mother Jane
4. Fly
5. A Long Song
6. Autopsy
7. Return to the Relief
8. Munich
9. The Tredmill
Bonus Tracks:
10. I'm Coming Up to Boston
11. Rainy Dues
12. Mother Jane
13. Fly





City of Gold/Beautiful Lies You Could Live In
Pearls Before Swine
City of Gold/Beautiful Lies You Could Live In

Tom RappのPearls Before Swineが1971年にRepriseからリリースした2枚のアルバム、"City of Gold"と"Beautiful Lies You Could Live In"をカップリングした2in1がBGOからリリース。さすがにこの頃になると楽曲自体のサイケ度は低くなり、ルーツロック的な要素が強まるんですが、私には「トムの歌声=サイケ」というのが刷り込まれているので、やっぱりアシッド臭を強く感じてしまいます。女性ボーカル(奥さんのElisabeth Rapp)も入っていて、けっこうよく聴いていました。

1. Sonnet #65
2. Once Upon A Time
3. Raindrops
4. City Of Gold
5. Nancy
6. Seasons In The Sun
7. My Father
8. The Man
9. Casablanca
10. Wedding
11. Did You Dream Of
12. Snow Queen
13. A Life
14. Butterflies
15. Simple Things
16. Everybody's Got Pain
17. Bird On A Wire
18. Island Lady
19. Come To Me
20. Freedom
21. She's Gone
22. Epitaph





Rock Festival/Ride the Wind/Good and Dusty
Youngbloods
Rock Festival/Ride the Wind/Good and Dusty

サイケファンには全米5位ヒットの"Get Together" (1967) でお馴染みのYoungbloodsが70年代にリリースした3作を2枚のCDに収録したコンピレーション(こちらもBGOから)。"Rock Festival" (1970) と"Ride the Wind" (1971) はライブアルバム、"Good and Dusty" (1971) はスタジオ作です。

Disc One:
1. It's A Lovely Day
2. Faster All The Time
3. Prelude
4. On Beautiful Lake Spenard
5. Josiane
6. Sea Cow Boogie
7. Fiddler A Dram
8. Misty Roses
9. Interlude
10. Peepin' 'N' Hidin' (Baby, What You Want Me To Do)
11. Ice Bag
12. Ride The Wind
13. Sugar Babe
14. Sunlight

Disc Two:
1. The Dolphin
2. Get Together
3. Beautiful
4. Stagger Lee
5. That's How Strong My Love Is
6. Willie And The Hand Jive
7. Circus Face
8. Hippie From Olema #5
9. Good And Dusty
10. Let The Good Times Roll
11. Drifting And Drifting
12. Pontiac Blues
13. Moonshine Is The Sunshine
14. Will The Circle Be Unbroken
15. I'm A Hog For You Baby
16. Light Shine





スーパー・サイケデリック(紙ジャケット仕様)
ベンチャーズ
スーパー・サイケデリック(紙ジャケット仕様)

Venturesの"Super Psychedelics" (1967) が、Mono+Stereo両バージョンを収録した紙ジャケ仕様のSHM-CDで再発(オリジナルアナログテープによる2017年最新リマスター音源使用)。これは当時のサイケブームに乗っかった「企画もの」的なアルバムなんですが、その微妙な便乗具合が逆にサイケ的に美味しいものになっています。

"Strawberry Fields Forever"、"Western Union"、"Happy Together" などの有名曲のインストカバーに、"Psychedelic Venture"、"Guitar Psychedelics"、"Psyched-Out" といった、いかにもなタイトルのオリジナル曲(12曲中7曲)。要所ではファズギターやシタール、チープオルガンやサイケなエフェクトが登場する「いかものサイケ」の名作。

1 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / Strawberry Fields Forever (MONO)
2 サイケデリック・ベンチャー / Psychedelic Venture (MONO)
3 ウエスターン・ユニオン / Western Union (MONO)
4 ギター・サイケデリック / Guitar Psychedelics (MONO)
5 カンディー・コンコクション / Kandy Koncoction (MONO)
6 リフレクションズ / Reflections (MONO)
7 恋はちょっぴり / A Little Bit Me, A Little Bit You (MONO)
8 サイケデリック・ドリーム / Endless Dream (MONO)
9 ヴァイブレーションズ / Vibrations (MONO)
10 サイケド・アウト / Psyched-Out (MONO)
11 1999 A.D. / 1999 A.D. (MONO)
12 ハッピー・トゥギャザー / Happy Together (MONO)
13 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / Strawberry Fields Forever (STEREO)
14 サイケデリック・ベンチャー / Psychedelic Venture (STEREO)
15 ウエスターン・ユニオン / Western Union (STEREO)
16 ギター・サイケデリック / Guitar Psychedelics (STEREO)
17 カンディー・コンコクション / Kandy Koncoction (STEREO)
18 リフレクションズ / Reflections (STEREO)
19 恋はちょっぴり / A Little Bit Me, A Little Bit You (STEREO)
20 サイケデリック・ドリーム / Endless Dream (STEREO)
21 ヴァイブレーションズ / Vibrations (STEREO)
22 サイケド・アウト / Psyched-Out (STEREO)
23 1999 A.D. / 1999 A.D. (STEREO)
24 ハッピー・トゥギャザー / Happy Together (STEREO)



2017年02月19日(日)

デッドのCornell 5/8/77が公式発売

テーマ:News
Cornell 5/8/77
Grateful Dead
Cornell 5/8/77 (アナログLPはこちら

公演からちょうど40周年となるこの5月に、Grateful Deadが1977年5月初旬に行った4つのショーを完全収録したCD11枚組ボックスセット、 "MAY 1977: GET SHOWN THE LIGHT"がリリースされますが、そのなかでも名演中の名演として語り継がれる、5/8/77 Barton Hall, Cornell Universityが、独立してCD3枚組およびLP5枚組でRhinoから5月5日に発売されます。

NYのコーネル大学の室内競技場で開催されたこの5月8日の公演は、デッドヘッズによる「マイフェイバリットショー」投票でトップランキングの常連となっている伝説のステージ。演奏、楽器の音色、インスピレーション、ファーアウトなインプロと、どれもが素晴らしい。まるでバンドと観客が霊的につながっていて、何も語らずに淡々と進行していく、というような印象なのですが、静かな中にも神がかり的な瞬間が何度もあって、ゾクゾクと鳥肌が立ちます。これはデッドでしかなしえないサイケデリックの境地といえるかもしれません。

Disc 1
1. New Minglewood Blues
2. Loser
3. El Paso
4. They Love Each Other
5. Jack Straw
6. Deal
7. Lazy Lightning >
8. Supplication
9. Brown-Eyed Women
10. Mama Tried
11. Row Jimmy

Disc 2
1. Dancing In The Street
2. Scarlet Begonias >
3. Fire On The Mountain
4. Estimated Prophet

Disc 3
1. St. Stephen >
2. Not Fade Away >
3. St. Stephen >
4. Morning Dew
5. One More Saturday Night





ところで、話は変わりますが、いま話題のVR(バーチャルリアリティ)。先日、海外のバンドのライブ演奏をVRヘッドセットで体験する機会があったのですが、想像していた以上にリアルで驚きました。ほんとに現実にコンサート会場の客席にいるのと変わらない感覚。上を向くとホールの天井があり、後ろを振り向くとステージを見ている観客がいて、となりを見ればスマホでバンドを撮影したりコーラを飲んでいる人に触れそうな感じ。これはいままでの3Dとは文字通り次元が違うなと思いました。SF少年だった私がかつて読んでいたP.K.ディックの小説に登場するような、擬似現実の世界が「リアル」になってきたのです。

初代ファミコンの時代から、新しいゲーム機が登場するたびにヘッドセットを利用する3Dゲームが発売されたり、テレビや映画でもずっと3Dのソフトが作られてきましたが、これまでついに主流になることはありませんでした。でも、これからは、ゲームや音楽ライブやお笑いや演劇、野球やサッカーなどのスポーツ観戦から、世界遺産や観光地や宇宙空間への擬似訪問、ビジネスや教育からセクシャル方面、擬似サイケデリックトリップ?まで、ありとあらゆるジャンルでVRがパソコンやスマホと同じようなポピュラーな存在になるような予感がします。千円前後の簡易ゴーグル+スマホ+無料アプリ(またはYouTubeの対応動画)でも、けっこう楽しめるので一度お試しを。

Habor 3D VRカードボード ゴーグル 3D体験組み立て式メガネ タッチボタン付き 3.5~5.5インチのiPhone/Androidスマホに対応 ベルト付き
Habor
Habor 3D VRカードボード ゴーグル 3D体験組み立て式メガネ タッチボタン付き 3.5~5.5インチのiPhone/Androidスマホに対応 ベルト付き



VR Moon Walk 3D



2017年01月30日(月)

2~3月発売予定のCD

テーマ:News
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)
ボビー・ブラウン
ジ・エンライトニング・ビーム・オブ・アクソンダ (生産限定紙ジャケット仕様)

サイケ本「サイケデリック・ムーズ」や、シンコーのディスクガイド「アシッドフォーク」で紹介されていた、Bobby Brownの"The Enlightening Beam of Axonda" (1972) が紙ジャケで再発。以前AkarmaからCDが出ていましたが、現在では入手が難しくなっていたようです。

西海岸出身のボビーは自ら「ひとりオーケストラ」と名乗り、自作や改造による数十種類の楽器をジャケ画のようなユニットにして、6オクターブといわれる歌声も楽器のように使いながら、楽園系のアシッドフォークを奏でます。私が最初に聴いたときに連想したのはブローティガンの小説でした。田園のいなたいレイドバック感と、宇宙的(またはミクロ的)なサイケデリック感覚が同居している感じ。これを聴きながらヒッピー文学の金字塔「アメリカの鱒釣り」を読むとハマります。





ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)
ハロー・ピープル
ハヴ・ユー・シーン・ザ・ライト (生産限定紙ジャケット仕様)

Hello Peopleは、60年代後半からNYのグリニッチビレッジなどで活動していたグループ。顔を白塗りにしてパントマイムを交えたりするユニークなステージで話題になりましたが、音楽自体はいわゆる演劇系ではなく、ポップで聴きやすいソフトロックがメインです。

本作"Have You Seen the Light"は1971年リリースのサードアルバムで、おそらくこれが初CD化。サイケ度は高くないですが、フルートをフィーチャーしたメロウチューンなども健在です。このあともTodd Rundgrenのツアーバンドをつとめたりしながら、ABC Dunhillなどから数枚のアルバムをリリースしています。





Complete Singles A's & B's
Rascals
Complete Singles A's & B's

Real Gone MusicからはRascalsのCD2枚組シングルコレクション。AtlanticとColumbiaの両レーベルにまたがるシングルAB面、全47曲が収録されています(そのうち前期の28曲はオリジナルモノミックス)。

Disc 1:
1. I Ain't Gonna Eat Out My Heart Anymore
2. Slow Down
3. Good Lovin'
4. Mustang Sally
5. You Better Run
6. Love Is a Beautiful Thing
7. Come On Up
8. What Is the Reason
9. I've Been Lonely Too Long
10. If You Knew
11. Groovin'
12. Sueno
13. A Girl Like You
14. It's Love
15. Groovin'
16. Groovin'
17. How Can I Be Sure
18. I'm So Happy Now
19. It's Wonderful
20. Of Course
21. A Beautiful Morning
22. Rainy Day
23. People Got to Be Free
24. My World
25. A Ray of Hope
26. Any Dance'll Do

Disc 2:
1. Heaven
2. Baby I'm Blue
3. See
4. Away Away
5. Carry Me Back
6. Real Thing
7. Hold On
8. I Believe
9. Glory Glory
10. You Don't Know
11. Right On
12. Almost Home
13. Love Me
14. Happy Song
15. Lucky Day
16. Love Letter
17. Brother Tree
18. Saga of New York
19. Hummin' Song
20. Echoes
21. Jungle Walk



All That May Do My Rhyme
Roky Erickson
All That May Do My Rhyme

"All That May Do My Rhyme"は1995年にインディーズレーベル(Trance Syndicate)からリリースされたRoky Ericksonのソロ(スタジオ)アルバム。90年代半ばといえば、弟のSumnerによって母親から引き離されて回復に向かう以前の、かなり精神状態が悪化していた時期だと思うんですが、アルバムはあっけらかんと明るい印象。もっとも、半分くらいは80年代半ばのレコーディングのリミックスのようです。試聴はこちら。ちなみに、オリジナル盤(ジャケ違い)の最後には隠しトラックとして、The Spades(Rokyのデビューバンド)の"We Sell Soul" (Elevatorsの"Don't Fall Down"の原形)が収録されていたのですが、今回もトラックリストには載ってないので、入ってるかどうかは不明です。

1. I'm Gonna Free Her 3:03
2. Starry Eyes 3:38
3. You Don't Love Me Yet 4:24
4. Please Judge 4:28
5. Don't Slander Me 4:15
6. We Are Never Talking 3:46
7. For You (I'd Do Anything) 2:16
8. For You 3:01
9. Clear Night For Love 2:47
10. Haunt 3:40
11. Starry Eyes 3:10





Buried Alive! Demented Teenage
Various Artists
Buried Alive! Demented Teenage

Particlesからは、"Demented Teenage Fuzz From Down Under 1965-1970"というサブタイトルのCD6枚組ボックス、"Buried Alive!!"。オーストラリアの"150 Rare and Previously Unreleased R&B Psyche Punk Cuts!!!"が収録されています(80頁フルカラーブックレット付属)。トラックリストはこちら



Take a Mind Excursion
Various Artists
Take a Mind Excursion

オーストラリアのTeensville Recordsによるマイナーソフトロックコンピ、"Take a Mind Excursion"。サブタイトルは、"32 Pop Gems: From Sunshine To Soft / 1966-1972"。

1. Mind Excursion - Bob Dileo
2. Stop - Paul Vigrass
3. Let's Be More Than Friends Tonight - Pebbles and Shells
4. The Dawn And My Love - Sundae
5. Oh, Don't Come Crying Back To Me - Something Young
6. The Merry Go Round Is Slowing You Down - The Surprise Package
7. Heard You Went Away - Proctor Amusement Company
8. Show Me The World Of Wonder - The Bottom Line
9. Every Groovy Day - The Roman Rebellion
10. Soraya - Chris Simmons
11. Get Around Downtown Girl - Johnny Garrett & The Rising Signs
12. What Is Happy Baby - The Californians
13. Hold Back The Sun - The Scarecrow
14. Band In Boston - Bob Dileo
15. A New Man - Paul Vigrass
16. Suzanne - The Montanas
17. When Love Begins To Look Like You - The Game
18. It's Better This Way - Sundae
19. Turning Round - Wishful Thinking
20. The Girl I Wanna Bring Home - The Four-Evers
21. It's A Sunny Day - Johnny Young
22. When I Was King - The Bottom Line
23. Good People - Johnny Garrett & The Rising Signs
24. Dear Emily - The Golden Horizon
25. You, Baby, You - Tartans Of Lavender Lane
26. Alice In Wonderland - The Central Nervous System
27. Take Her Back - Gemini
28. Let's Give It A Try - Pebbles and Shells
29. Curly - Paul Vigrass
30. Rahni - Bob Dileo
31. Together Forever - The War Babies
32. Maybe Tomorrow - Free For



2017年01月30日(月)

発売中・発売予定のアナログLP(覚書)

テーマ:News
2017年01月07日(土)

1~2月発売予定のCD

テーマ:News
ザ・フラタニティ・オブ・マン
ザ・フラタニティ・オブ・マン
ザ・フラタニティ・オブ・マン

LAの5人組、Fraternity of Manのデビューアルバム(1968)がVivid Soundから国内仕様の紙ジャケで再発。Fraternity of Manといえば、映画「イージー・ライダー」で使われた、ユルいカントリーチューンの "Don't Bogart Me"が有名ですが、アルバムはQMSやKakにつながるようなヘヴィサイケ作品です。バンドについての詳細は過去記事をご覧ください。





Dirty Water
Standells
Dirty Water (アナログLPはこちら

Sundazedからは、Standellsが1966~67年にリリースした3枚のアルバムがCDおよびLPで再発。1966年の全米11位ヒットシングル "Dirty Water"が、ボストン・レッドソックスが勝ったときに球場で流れることで、日本でも知られるようになりましたが、彼ら自身は西海岸(LA)のバンドです。ちなみに、これらが何枚目のアルバムなのか、ややこしくて私はいまだに把握できていません。

Why Pick on Me
Standells
Why Pick on Me (アナログLPはこちら

Try It
Standells
Try It (アナログLPはこちら





ERASMO CARLOS E OS TREMENDOES
ERASMO CARLOS
ERASMO CARLOS E OS TREMENDOES
(アナログLPはこちら。試聴はこちら

75歳の今も第一線で活躍するブラジル・ポップス/ロック界の大御所、エラスモ・カルロス。彼が1970~72年にリリースしたアルバム3作が、Light in the AtticからCDおよびLPで再発されます。これらはトロピカリズモ(ブラジル版フラワームーブメント)の流れを汲むもので、サイケファンにもアピールする内容となっています。

CARLOS, ERASMO...
ERASMO CARLOS
CARLOS, ERASMO...
(アナログLPはこちら。試聴はこちら

SONHOS E MEMORIAS 1941-1972
ERASMO CARLOS
SONHOS E MEMORIAS 1941-1972
(アナログLPはこちら。試聴はこちら



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。