2017年03月27日(月)

4~6月発売予定のCD その1

テーマ:News
Years (Expanded Edition)
Marc Jonson
Years (Expanded Edition)

シンコーのディスクガイド「アシッドフォーク」で紹介されていたMarc Jonsonのデビュー作"Years" (1972) が、Real Gone Musicから初のリイシュー(ノンアルバムシングルなど4曲のボーナス入り)。本作はVanguardレーベルのカタログの中でも、最もレア度&トレジャー度の高いタイトルのひとつと言われていますが、アコギ一本の弾き語り物かと思えばさにあらず。バッグバンドやストリングス入りの、バロックポップ~ポップサイケ的な色合いもそなえた、意外にカラフルな印象の作品です。

Marcは高校卒業後にレーベルと契約を交わし、アルバム制作時はまだ二十歳くらいだったらしい。セルフプロデュースによる本作は、ほとんど自主制作に近いような状況だったようで、彼自身でストリングスのプレーヤーやアレンジャーを雇い、前日のクラシック音楽家のセッションで残されていたハープシコードを使ったり、街のストリートで出遭ったリコーダー奏者を連れて来たりしています(下の動画でそのリコーダーが聴けますが、これがなかなかサイケな味わい)。

そのへんの手作り感と、自己の才能をもてあましているような不確定感が、このアルバムの魅力のひとつにもなっています。Tim Buckley, Phil Ochs, Neil Youngといった先輩諸氏のみならず、英国のAl Stewartあたりからの影響もうかがえる楽曲には随所に天性のポップセンスが光り、のちの1992年にはMark Johnson名義でパワーポップアルバム "12 in a Room"を発表して、一部では高い評価を得ています。

1. Rainy Dues
2. Mary
3. Mother Jane
4. Fly
5. A Long Song
6. Autopsy
7. Return to the Relief
8. Munich
9. The Tredmill
Bonus Tracks:
10. I'm Coming Up to Boston
11. Rainy Dues
12. Mother Jane
13. Fly





City of Gold/Beautiful Lies You Could Live In
Pearls Before Swine
City of Gold/Beautiful Lies You Could Live In

Tom RappのPearls Before Swineが1971年にRepriseからリリースした2枚のアルバム、"City of Gold"と"Beautiful Lies You Could Live In"をカップリングした2in1がBGOからリリース。さすがにこの頃になると楽曲自体のサイケ度は低くなり、ルーツロック的な要素が強まるんですが、私には「トムの歌声=サイケ」というのが刷り込まれているので、やっぱりアシッド臭を強く感じてしまいます。女性ボーカル(奥さんのElisabeth Rapp)も入っていて、けっこうよく聴いていました。

1. Sonnet #65
2. Once Upon A Time
3. Raindrops
4. City Of Gold
5. Nancy
6. Seasons In The Sun
7. My Father
8. The Man
9. Casablanca
10. Wedding
11. Did You Dream Of
12. Snow Queen
13. A Life
14. Butterflies
15. Simple Things
16. Everybody's Got Pain
17. Bird On A Wire
18. Island Lady
19. Come To Me
20. Freedom
21. She's Gone
22. Epitaph





Rock Festival/Ride the Wind/Good and Dusty
Youngbloods
Rock Festival/Ride the Wind/Good and Dusty

サイケファンには全米5位ヒットの"Get Together" (1967) でお馴染みのYoungbloodsが70年代にリリースした3作を2枚のCDに収録したコンピレーション(こちらもBGOから)。"Rock Festival" (1970) と"Ride the Wind" (1971) はライブアルバム、"Good and Dusty" (1971) はスタジオ作です。

Disc One:
1. It's A Lovely Day
2. Faster All The Time
3. Prelude
4. On Beautiful Lake Spenard
5. Josiane
6. Sea Cow Boogie
7. Fiddler A Dram
8. Misty Roses
9. Interlude
10. Peepin' 'N' Hidin' (Baby, What You Want Me To Do)
11. Ice Bag
12. Ride The Wind
13. Sugar Babe
14. Sunlight

Disc Two:
1. The Dolphin
2. Get Together
3. Beautiful
4. Stagger Lee
5. That's How Strong My Love Is
6. Willie And The Hand Jive
7. Circus Face
8. Hippie From Olema #5
9. Good And Dusty
10. Let The Good Times Roll
11. Drifting And Drifting
12. Pontiac Blues
13. Moonshine Is The Sunshine
14. Will The Circle Be Unbroken
15. I'm A Hog For You Baby
16. Light Shine





スーパー・サイケデリック(紙ジャケット仕様)
ベンチャーズ
スーパー・サイケデリック(紙ジャケット仕様)

Venturesの"Super Psychedelics" (1967) が、Mono+Stereo両バージョンを収録した紙ジャケ仕様のSHM-CDで再発(オリジナルアナログテープによる2017年最新リマスター音源使用)。これは当時のサイケブームに乗っかった「企画もの」的なアルバムなんですが、その微妙な便乗具合が逆にサイケ的に美味しいものになっています。

"Strawberry Fields Forever"、"Western Union"、"Happy Together" などの有名曲のインストカバーに、"Psychedelic Venture"、"Guitar Psychedelics"、"Psyched-Out" といった、いかにもなタイトルのオリジナル曲(12曲中7曲)。要所ではファズギターやシタール、チープオルガンやサイケなエフェクトが登場する「いかものサイケ」の名作。

1 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / Strawberry Fields Forever (MONO)
2 サイケデリック・ベンチャー / Psychedelic Venture (MONO)
3 ウエスターン・ユニオン / Western Union (MONO)
4 ギター・サイケデリック / Guitar Psychedelics (MONO)
5 カンディー・コンコクション / Kandy Koncoction (MONO)
6 リフレクションズ / Reflections (MONO)
7 恋はちょっぴり / A Little Bit Me, A Little Bit You (MONO)
8 サイケデリック・ドリーム / Endless Dream (MONO)
9 ヴァイブレーションズ / Vibrations (MONO)
10 サイケド・アウト / Psyched-Out (MONO)
11 1999 A.D. / 1999 A.D. (MONO)
12 ハッピー・トゥギャザー / Happy Together (MONO)
13 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / Strawberry Fields Forever (STEREO)
14 サイケデリック・ベンチャー / Psychedelic Venture (STEREO)
15 ウエスターン・ユニオン / Western Union (STEREO)
16 ギター・サイケデリック / Guitar Psychedelics (STEREO)
17 カンディー・コンコクション / Kandy Koncoction (STEREO)
18 リフレクションズ / Reflections (STEREO)
19 恋はちょっぴり / A Little Bit Me, A Little Bit You (STEREO)
20 サイケデリック・ドリーム / Endless Dream (STEREO)
21 ヴァイブレーションズ / Vibrations (STEREO)
22 サイケド・アウト / Psyched-Out (STEREO)
23 1999 A.D. / 1999 A.D. (STEREO)
24 ハッピー・トゥギャザー / Happy Together (STEREO)



AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。