2016年12月13日(火)

12~2月発売予定のCD

テーマ:News
3 Part Inventions
Mandrake Memorial
3 Part Inventions

Mandrake Memorialは1968~70年にフィラデルフィアをベースに活動した4人組。2枚のアルバムを発表後、トリオ編成となった1969年に英国に渡って、The WhoやKinksを手がけたShel Talmyのプロデュースのもとにアルバムを制作するも、"too un-commercial"という理由でお蔵入りとなってしまいます。

今回リリースされる"3 Part Inventions"は、そのとき録音された未発表音源に、2曲+ラジオインタビューのボーナストラックを追加した新譜コンピレーション。トラックリストを見ると、このあと、メロウ&ミステリアスでサイケ度の高い傑作サードアルバム、"Puzzle"(1970、レココレ・サイケ号の巻頭カラー頁にジャケが載っていた)で再録されるナンバーが目立ちます。

1. The Puzzle
2. Ocean's Daughter
3. Tadpole
4. Part Of My Dreams
5. Wouldn't You Like It?
6. Bucket Of Air
7. Witness The End
Bonus tracks:
8. Cassandra
9. The 12th Brigade
10. Rock Star interview





The Grateful Dead
Grateful Dead
The Grateful Dead

Grateful Deadのデビューアルバム(1967)が、50周年記念のデラックスエディションとしてCD2枚組で再発。1月20日発売予定。

Disc 1: Original Album Remastered
1. The Golden Road (To Unlimited Devotion) [2:12]
2. Beat It On Down The Line [2:33]
3. Good Morning Little School Girl [5:50]
4. Cold Rain & Snow [2:31]
5. Sitting On Top Of The World [2:08]
6. Cream Puff War [2:31]
7. Morning Dew [5:09]
8. New, New Minglewood Blues [2:37]
9. Viola Lee Blues [10:16]

Disc 2: Live at P.N.E. Garden Auditorium, Vancouver, BC, Canada
7/29/66
1. Standing On The Corner [3:23]
2. I Know You Rider [3:14]
3. Next Time You See Me [3:37]
4. Sitting On Top of The World [3:47]
5. You Don't Have To Ask [5:14]
6. Big Boss Man [4:16]
7. Stealin' [3:37]
8. Cardboard Cowboy [2:56]
9. It's All Over Now, Baby Blue [5:23]
10. Cream Puff War [7:52]
11. Viola Lee Blues [10:03]
12. Beat It On Down The Line [2:47]
13. Good Morning Little Schoolgirl [5:47]
7/30/66
14. Cold Rain and Snow [3:14]
15. One Kind Favor [4:23]
16. Hey Little One [5:39]
17. New, New Minglewood Blues [3:23]



13
Lee Hazlewood
13 (アナログLPはこちら

Light in the Atticからは、先月再発された"Cowboy in Sweden"に続いて、Lee Hazlewoodのスウェーデン時代のアルバム、"13"(1972)が1月13日に発売予定。トラックリストに13曲あるからタイトルが"13"というわけではなくて、オリジナルは9曲で、4曲は今回のリリースで追加されたボーナスです。

本作はもともとは、Gene ClarkやFlying Burrito Brothersを手がけたA&Mのスタッフ・プロデューサー、Larry Marksのソロアルバムとなるはずだった作品。コンセプトは「Leeの楽曲をソウル/R&B風味に料理する」というもので、バッキングトラックはそのままに、LarryのボーカルパートのみをLeeの歌に差し替えてリリースされました。ということで、これまでの作とはちょっと変わった味わいがあります(ピッチの高いLarryのキーのまま、Leeはそのオクターブ下や元の高さを行き来して歌ってたりする)。試聴はこちら

1. You Look Like A Lady
2. Tulsa Sunday
3. Ten Or 11 Towns Ago
4. Toocie And The River
5. She Comes Running
6. Rosacoke Street
7. I Move Around
8. And I Loved You Then
9. Hej, Me I'm Riding
Bonus tracks:
10. Cold Hard Times
11. Drums
12. The Start
13. Suzie





Fapardokly
Fapardokly
Fapardokly

Gear Fabの新譜は、Merrell FankhauserがMUの前にリリースした二作、"Fapardokly" (1967) と H.M.S. Bountyの"Things" (1968) 。この二作を続けて聴くと、サーフ~ガレージからフォークロック~ポップサイケを経てMUのサイケデリアに至る進化の過程が辿れて興味深い。どちらもサイケ本「サイケデリク・ムーズ」で紹介されていた基本アイテムです。

Things
H.M.S. Bounty
Things







Curiosities From The San Francisco Underground 1965-1971 Volumes 1, 2 & 3 (9CD)
Various Artists
Curiosities From The San Francisco Underground 1965-1971 Volumes 1, 2 & 3 (9CD)

こちらは、サンフランシスコのボールルームやレコーディングスタジオで録音されたアーカイブ音源によるコンピシリーズ、"Curiosities from the San Francisco Underground 1965-1971"の1~3巻をセットにした廉価ボックス(CD9枚組)。

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。