2016年10月11日(火)

10~12月発売予定のCD その1

テーマ:News
1968
Marvin Gardens
1968 (アナログLPはこちら

Marvin Gardensは女性ボーカルをフィーチャーしたサンフランシスコのグループ。レコードは自主制作のEPを100枚プレスしたのみで、Fuzz, Acid & Flowersにも載ってないようなバンドですが、1968年11月初旬の週のMatrixのショーでWildflowerと名を連ねたポスターが残っています(下の画像)。

今回、初お目見えとなるコンピには、ワーナーでのオーディション・デモ、前述の7インチEP、Matrixでのライブなど、レアな音源が収録されています(CDとLPではトラックリストが異なる模様)。下の動画を見る限りでは、これだけの実力を持ちながら、なぜメジャーデビューできなかったのか謎です。典型的なシスコサウンドの中に、Velvet Underground風のチープオルガンが融合されているのが印象的。High Moon Recordsから11月11日発売予定です。

CD Tracklist:
1. Down The Line (Demo)
2. Titanic (Demo)
3. Close The Door Lightly (Demo)
4. Duncan And Brady (Demo)
5. 97 Men (Demo)
6. Whips And Leathers (EP)
7. Down The Line (EP)
8. Larry Welz Dedication
9. Gloryland (Live)
10. I Know You Rider (Live)
11. Baltimore Oriole (Live)
12. Titanic (Live)
13. Richland Woman Blues (Live)
14. Duncan And Brady (Live)
15. The Whisper Song (Live)
16. Ananias (Live)
17. 97 Men (Live)
18. Have A Drink On Me (Live)
19. Good Night Ladies (Live)






The Spirit of '67
Paul Revere & The Raiders
The Spirit of '67

Now Soundsからは、Paul Revere & the Raidersの6枚目のスタジオアルバム、"The Spirit of '67" (1966) がモノ+ステレオ+ボーナス3曲という構成でCD再発。同作は1996年に同じ3曲のボーナスを加えたSundazed盤が出ていますが、アルバム本編はステレオバージョンのみの収録でした。

MONO ALBUM:
1. GOOD THING
2. ALL ABOUT HER
3. IN MY COMMUNITY
4. LOUISE
5. WHY? WHY? WHY? (IS IT SO HARD)
6. OH! TO BE A MAN
7. HUNGRY
8. UNDECIDED MAN
9. OUR CANDIDATE
10. 1001 ARABIAN KNIGHTS
11. THE GREAT AIRPLANE STRIKE
STEREO ALBUM:
12. GOOD THING
13. ALL ABOUT HER
14. IN MY COMMUNITY
15. LOUISE
16. WHY? WHY? WHY? (IS IT SO HARD)
17. OH! TO BE A MAN
18. HUNGRY
19. UNDECIDED MAN
20. OUR CANDIDATE
21. 1001 ARABIAN KNIGHTS
22. THE GREAT AIRPLANE STRIKE
BONUS TRACKS:
23. (YOU'RE A) BAD GIRL
24. HUNGRY (ALTERNATE MIX)
25. THE GREAT AIRPLANE STRIKE (MONO SINGLE VERSION)
PRODUCED BY TERRY MELCHER
TRACKS 8 & 19 ARRANGED AND CONDUCTED BY MORT GARSON



Petals from a Sunflower
Tales of Justine
Petals from a Sunflower: Complete Recordings 1967-69

HMVレーベルにシングル1枚のみを残して消えていった英国ポップサイケグループ、Tales of JustineのコンピCDがCherry RedグループのGrapefruitから11月に発売されます。1997年にTenth Planetからリリースされた同名コンピLPより6曲増えて21曲を収録(David Daltreyのソロを含む)。でも、ジャケはなんだか大人しくなってしまいました。

1. ALBERT
2. MONDAY MORNING
3. ELEVENTH OBSOLETE INCIDENT
4. SITTING ON A BLUNESTONE
5. SUNDAY SCHOOL
6. EVIL WOMAN
7. MUSIC TO WATCH US BY
8. SO HAPPY
9. MORPHEUS
10. AURORA
11. SOMETHING SPECIAL
12. PATHWAY
13. SATURN
14. JUPITER
15. IF THIS IS LOVE
16. EASY TO BE HARD*
17. COME SOFTLY TO ME*
18. OBSOLETE INCIDENT
19. EVIL WOMAN (alternative version)
20. ALBERT (demo version)
21. SO MUCH LOVE TO GIVE YOU
* David Daltrey solo recordings





アパルーザ
アパルーザ
アパルーザ

Appaloosaは米東海岸(MA)出身の4人組。バイオリンとチェロのメンバーがいるのが特徴で、アシッドフォーク風味のバロックフォーク~ソフトロックを聴かせてくれます(ホーン入りの曲もあり)。土地柄か、端正で英国的な佇まいの音で、多くのルーツ志向のアメリカのグループとは異なり、ほとんどカントリーミュージック色がありません。アルバムはAl Kooperのプロデュースによる1969年の唯一作で、以前同じくソニーから紙ジャケが出ていましたが、今回はナイスプライス(\1,300+税)シリーズから12月7日再発予定です。同シリーズからは"ポコ/カントリー・ロックの貴公子・ポコ誕生!"、"ラスカルズ/アイランド・オブ・リアル"、"ティム・ハーディン/バード・オン・ア・ワイヤー"なども同時発売予定。



AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。