2015年11月21日(土)

12~1月発売予定のCD

テーマ:News
Everywhere Interferences
Various Artists
Everywhere Interferences

オリジナルは1983年にフランスで190枚のみプレスされたといわれるLPレコード。今年3月にリイシューされた"Everywhere Chainsaw Sound" の続編となるガレージコンピのCD再発です。

Nuggets Box収録の"Stop! Get a Ticket"で知られるClefs of Lavender Hillの全シングル8曲が収録されているのがウリのひとつでしたが、5年前にWounded Birdから正規リリースされたコンピの"Stop! Get a Ticket" にすべて収録されて、ありがたみが薄れてしまったのが残念なところ。

1. Clefs of Lavender Hill - Stop! Get A Ticket
2. Clefs of Lavender Hill - First Tell Me Why
3. Clefs of Lavender Hill - So I'll Try
4. Clefs of Lavender Hill - One More Time
5. Clefs of Lavender Hill - It Won't Be Long
6. Clefs of Lavender Hill - Play With Fire
7. Clefs of Lavender Hill - Oh Say My Love
8. Clefs of Lavender Hill - Gimme One Good Reason
9. White Lightning - William
10. Pied Pipers - Stay In My Life
11. Pied Pipers - You Don't Know Like I Know
12. The Baskerville Hounds - The Hurtin' Kind
13. The Todds - I Want Her Back
14. Moonrakers - I'm Alright
15. The Satisfactions - Bad Times
16. The Cavemen - Small World
17. The Nomads - I Need Your Love



The Complete Singles - 50th Anniversary Collection
The Mamas And The Papas
The Complete Singles - 50th Anniversary Collection

こちらは、Mamas & the Papasが"California Dreamin'"で初めてヒットチャートにその名を刻んだ1966年1月8日を記念して、ちょうど50年目となる日にReal Gone Musicからリリースされる新譜コンピです。CD2枚組に、全シングルのA面・B面をOriginal Mono Single Mixで収録。また、メンバーのMama Cass Elliot, Denny Doherty, John Phillipsによるソロシングル22曲も収められています。

Disc One
1. Go Where You Wanna Go
2. Somebody Groovy
3. California Dreamin'
4. Monday, Monday
5. Got a Feelin'
6. I Saw Her Again
7. Even If I Could
8. Look Through My Window
9. Once Was a Time I Thought
10. Words of Love
11. Dancing in the Street
12. Dedicated to the One I Love
13. Free Advice
14. Creeque Alley
15. Did You Ever Want to Cry
16. Twelve Thirty (Young Girls Are Coming)
17. Straight Shooter
18. Glad to Be Unhappy
19. Hey Girl
20. Dancing Bear
21. John's Music Box
22. Safe in My Garden
23. Too Late
24. Dream a Little Dream of Me
25. Midnight Voyage
26. For the Love of Ivy
27. Strange Young Girls

Disc Two
1. Do You Wanna Dance
2. My Girl
3. Step Out
4. Shooting Star
5. California Earthquake (Mama Cass)
6. Talkin' to Your Toothbrush (Mama Cass)
7. Move In a Little Closer, Baby (Mama Cass)
8. All for Me (Mama Cass)
9. It's Getting Better (Mama Cass)
10. Who's to Blame (Mama Cass)
11. Make Your Own Kind of Music (Mama Cass Elliot)
12. Lady Love (Mama Cass Elliot)
13. New World Coming (Mama Cass Elliot)
14. Blow Me a Kiss (Mama Cass Elliott)
15. A Song That Never Comes (Mama Cass Elliot)
16. I Can Dream, Can't I (Mama Cass Elliot)
17. The Good Times Are Coming (Mama Cass Elliot)
18. Welcome to the World (Mama Cass)
19. Don't Let the Good Life Pass You By (Mama Cass Elliot)
20. The Costume Ball (Mama Cass Elliot)
21. Mississippi (John Phillips)
22. April Anne (John Phillips)
23. Watcha Gonna Do (Denny Doherty)
24. Gathering the Words (Denny Doherty)
25. To Claudia on Thursday (Denny Doherty)
26. Tuesday Morning (Denny Doherty)



At the Wale Back
Robbie the Werewolf
At the Wale Back

1月のGear Fabの新譜は、彼らが「60年代フォークの中で最も奇っ怪なレコーディング」と謳う、Robbie the Werewolfの"At the Waleback" (1964) のCD再発です。Robbie the Werewolfというのは、のちにClear Lightの前身のBrain Train(シングル"Me"は多くのサイケコンピでお馴染み)に参加するRobbie Robisonのことで、Peanut Butter ConspiracyのBarbara "Sandi" Robisonの旦那でもあります。

というと、本作もサイケファンにアピールするように思われそうですが、ほとんどノベルティ(イロモノ)フォークの部類なので、下の動画がムリな人は手を出さないほうが無難でしょう。

1. Vampire Man
2. Drums And Guns
3. My Little Brother
4. Frankie-Stein
5. That Judge
6. Censored Man
7. Count Dracula
8. Lucifer
9. Streets Of Transylvania
10. Rockin' Werewolf
11. Inside Story Of Flamenco
12. Tip Toe Through The Wolf Bane
13. Censored Dooley




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年11月06日(金)

Lee Hazlewoodの3作再発

テーマ:News
1966~68年にMGMからリリースされたLee Hazlewoodのソロ三部作が、CDおよびLPで再発されます(Light in the Atticから12月11日発売予定)。この人の場合は音楽そのものというより、(顔も含めて)その変態っぽさが醸し出す雰囲気がサイケですね。私はけっこうハマりました。

Very Special World of Lee Hazlewood
Lee Hazlewood
Very Special World of Lee Hazlewood
(アナログLPはこちら。試聴はこちら。)


It's Cause & Cure
Lee Hazlewood
It's Cause & Cure
(アナログLPはこちら。試聴はこちら。)


Something Special
Lee Hazlewood
Something Special
(アナログLPはこちら。試聴はこちら。)

AD
2015年11月01日(日)

Dick's Picks Vol.3 再発

テーマ:News
Dick's Picks Vol. 3 - Pembroke Pines, Florida 5/22/77
Grateful Dead
Dick's Picks Vol. 3 - Pembroke Pines, Florida 5/22/77

Real Gone MusicからのデッドのDick's Picks再発シリーズ、Vol.3は1977年5月22日のフロリダ公演を2枚のCDに編集したもの。ヴィンテージイヤーの77年、しかも伝説のBarton Hall (Cornell University)のショーから2週間後ということで、ここでも素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

ただ、収録トラックは演奏された順番に並んでいるものの、全体の3分の1くらいの曲が割愛されているのが残念なところ。でも、セット2のアンコール前の"Estimated Prophet"から"Morning Dew"への圧巻のメドレー(約52分)は省略なしで収録されていて、これだけでもじゅうぶん元が取れるでしょう。12月4日発売予定。

CD One:
1. Funiculi Funicula - 0:28
2. The Music Never Stopped - 6:45
3. Sugaree - 15:55
4. Lazy Lightning > - 3:22
5. Supplication - 5:35
6. Dancin' In The Streets - 14:29
7. Help On The Way > - 5:23
8. Slipknot! > - 6:30
9. Franklin's Tower - 15:33

CD Two:
1. Samson And Delilah - 7:31
2. Sunrise - 4:16
3. Estimated Prophet > - 9:01
4. Eyes Of The World > - 13:39
5. Wharf Rat > - 9:14
6. Terrapin Station > - 5:58
7. Morning Dew - 14:22

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Keith Godchaux - keyboards
Donna Jean Godchaux - vocals

AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。