2015年05月17日(日)

QMSのアーカイブライブ発売

テーマ:News
Stony Brook College New York 1970
Quicksilver Messenger Service
Stony Brook College New York 1970

CleopatraからのQuicksilver Messenger Serviceのアーカイブライブ新譜は、1970年4月5日のStony Brook College(NY)公演を収録したCD2枚組(7月7日発売予定)。時期としてはスタジオアルバムの"Shady Grove"(1969)発表後、この年リリースされる"Just for Love"と"What About Me"、いわゆるHawaiian albumsが発売される前。トラックリストを見ると"What About Me"収録曲が目立ちますが、これらのアルバムの元となったハワイでのセッションは5~6月なので、その前の演奏ということになります。

Disc 1:
1. Baby Baby
2. Subway
3. Too Far
4. Warm Red Wine
5. The Truth
6. Mona
7. Long Haired Lady

Disc 2:
1. Mojo
2. Pride of Man
3. Edward the Mad Shirt Grinder
4. Who Do You Love

Musicians:
Dino Valenti - guitar, vocals
Gary Duncan - guitar, vocals
John Cipollina - guitar
David Freiberg - bass, vocals
Nicky Hopkins - piano
Greg Elmore - drums




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年05月14日(木)

Dick's Picks Vol.5 再発

テーマ:News
Dick's Picks Vol. 5--Oakland Auditorium Arena 12/26/79 (3-CD Set)
Grateful Dead
Dick's Picks Vol. 5--Oakland Auditorium Arena 12/26/79 (3-CD Set)

Real Gone MusicからのデッドのDick's Picks再発シリーズ、Vol.5は1979年12月26日のOakland Auditorium Arena公演を3枚のCDに収めたもの(6月30日発売予定)。ひとつのショーを曲目曲順そのままに丸ごと収めた「完全収録」は、このVol.5がシリーズで最初となるものでした。また、キーボード&ボーカルのBrent Mydlandもこの巻がDick's Picks初お目見えでした。セット2の約2時間に及ぶ"Uncle John's Band"メドレーが聴きものです。

CD One:
Set One
1. Cold Rain and Snow
2. C.C. Rider
3. Dire Wolf
4. Me & My Uncle >
5. Big River
6. Brown-Eyed Woman
7. New Minglewood Blues
8. Friend of the Devil
9. Looks Like Rain
10. Alabama Getaway >
11. Promised Land

CD Two:
Set Two
1. Uncle John's Band >
2. Estimated Prophet >
3. Jam 1 >
4. He's Gone >
5. The Other One >
6. Drums >

CD Three:
1. Drums >
2. Jam 2 >
3. Not Fade Away >
4. Brokedown Palace >
5. Around and Around >
6. Johnny B. Goode
7. Shakedown Street >
8. Uncle John's Band

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Brent Mydland - keyboards, vocals
AD
2015年05月12日(火)

13th Floor Elevatorsの再結成ライブ映像

テーマ:YouTube
5月8~10日の3日間、テキサス州オースティンで開催されたLevitation Festival (Austin Psych Fest)にて、13th Floor Elevatorsが再結成ライブを行いました。デビューアルバム発表時のメンバーの4人、Roky Erickson, Tommy Hall, John Ike Walton, Ronnie Leathermanが参加している模様です(Stacy Sutherlandは1978年に他界)。その時のオーディエンスショットがYouTubeにアップされています。"You're Gonna Miss Me"でハーモニカを吹いているのはRokyの息子のJegar Ericksonらしい。







AD
2015年05月09日(土)

Big Beatの新譜コンピ発売

テーマ:News
Happy Lovin' Time
Various Artists
Happy Lovin' Time

Big Beatから"Sunshine Pop from the Garpax Vaults"というサブタイトルのコンピCDがリリースされます(6月29日発売予定)。Garpaxというのは、Kim Fowleyと並び称される名物プロデューサーのGary S. Paxtonによるレーベル。彼の手がけた仕事は多岐にわたりますが、60sファンには馴染み深い、Tommy Roeの"Sweet Pea"やAssociationの "Cherish"などの制作と同種のプロダクションによる音源がセレクトされている模様です(Curt Boettcherのレアなデモ2曲も収録)。

Gary S. Paxton関連の蔵出し音源といえば、記憶に新しいところでは "Churchill Downs"なんか新鮮な驚きだったので、今回も期待できそうです。

1. MAKE UP YOUR MIND - Augie Moreno
2. DANDELION WINE - The Whatt Four
3. THE THINKING ANIMAL - The New Wing
4. CHRISTINA, IN MY DREAMS - Curt Boettcher
5. HAPPY LOVIN' TIME - The Black Box
6. OSTRICH PEOPLE - The Chocolate Tunnel
7. SHE LOVES ME - Dave Antrell
8. HOW MANY TIMES - Jim Gordon
9. GAMES - The Bogart Cult
10. BAD SIGN - The Jay Bees
11. AM I WASTIN' MY TIME - Johnny Apollo
12. CLEAN UP YOUR OWN BACKYARD - The Bakersfield Poppy Pickers
13. NOWHERE TO GO - The Four Freshmen
14. IS IT LOVE - Willie & The Walkers
15. SAVIN' (EVERYTHING FOR YOU GIRL) - The Lords
16. STAY - Curt Boettcher
17. YOU TAKE THINGS LIGHTLY BABE - Dave Antrell
18. THE HIGHLY SUCCESSFUL YOUNG RUPERT WHITE - The Privilege
19. IS IT BETTER TO LIVE OR TO DIE - Mary Saxton
20. DON'T PUT ME DOWN - The Lords
21. IT'S WRITTEN ALL OVER MY FACE - The Bakersfield Poppy Pickers
22. WHO DO YOU THINK YOU ARE - The Jay Bees
23. DIRT BENEATH MY FEET - Homogenized Dirt
24. I NEVER WANNA HURT YOU - Dave Antrell








AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。