2014年12月27日(土)

1~2月発売予定のCD その7

テーマ:News
A Documentary Report
LSD
A Documentary Report

"LSD"は、1966年にCapitolがリリースしたナレーション入りのドキュメンタリーアルバム。サブタイトルは"a documentary report on the current psychedelic drug controversy!"で、サイケデリック関連のレコードとしては最も初期のもののひとつ。

グルーヴィ・インストのBGMに乗せて、ナレーター(Dick Clark)が勃興しつつあるドラッグ(LSD)シーンについて語るという内容で、Timothy Leary、Allen Ginsberg、Laura Huxley(故Aldous Huxley夫人)らの著名人や、LSD体験をした若者、ドラッグの売人らへのインタビューが収められています。実際にLSDトリップ中の音声なども記録されているのが興味深いところ。

BGMの演奏は、少し前にKismetからCD再発された"Happening"のFire & Ice Ltd.(西海岸のおそらくスタジオグループ)が担当しているらしい。LPのB面("The Trip")の最初に流れるBGMはGrateful Deadの前身のWarlocksが演奏しているという説もありますが、真偽は不詳です。

1. The Scene (I)
2. The Scene (II)
3. The Scene (III)
4. The Scene (IV)
5. The Trip (I)
6. The Trip (II)
7. The Trip (III)
8. The Trip (IV)




AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年12月23日(火)

1~2月発売予定のCD その6

テーマ:News
Curiosity Shop Vol.1
Various Artists
Curiosity Shop Vol.1

Particlesから英国ポップサイケの新コンピシリーズの第一弾がリリースされます。サブタイトルは、"A collection of rare aural antiquities and objet d'art from the British isles 1968-1971"で、「ブームのあとの余波」といった趣きの選曲となっている模様です(トラックリストのリンク先はYouTube動画)。

1. DAY 'N' NIGHT - I Just Need Somebody (1970)
2. CAMALEONTI - Applause (1968)
3. COLIN GIFFIN - When I Was So Young (1969)
4. HUMBUG - Groovin' With Mr. Bloe (1970)
5. BUGGY - Harry The Keeper (1970)
6. MICHAEL BLOUNT - Acorn Street (1970)
7. BILLY M. LAWRIE - Come Back Joanna (1969)
8. LORI BALMER - Four Faces West (1968)
9. CANDY CHOIR - Love Me Princess (1971)
10. LOVELACE GREEN - Sister George (1969)
11. DAVID & DAVID - In The City (1970)
12. SAMSON - Venus (1970)
13. THE MIXED BAG - Have You Ever Been In Love (1969)
14. TAPESTRY - Florence (1968)
15. GRAND UNION - She Said, She Said (1968)
16. SAKER - Constantly (1969)
17. QUARTET - When Will My Lady Come (1969)
18. RAINBOWS - Nobody But You (1969)
19. KANSAS HOOK - Echo Park (1970)
20. SAMSON - Wool And Water (1970)


また、同じくParticlesから、オーストラリアのポップサイケコンピ、Upside Downの第三弾が発売されます。

Upside Down Vol.3: Coloured Dreams from the Underworld 1966-71
Various Artists
Upside Down Vol.3: Coloured Dreams from the Underworld 1966-71

1. ZOOT - Little Roland Lost (1969)
2. THE BRIGADE - Him Or Me, What's It Gonna Be? (1968)
3. THE RAM JAM BIG BAND - Sunshine And I Feel Fine (1968)
4. CANNERY ROW - Listen To The Music (1969)
5. THE AVENGERS - Carolina Court (1969)
6. THE GROOVE - I See A New Day (1968)
7. AXIOM - Yesterday, Today And Tomorrow (1971)
8. TALLIFER GROUP - Fansifrea (1968)
9. THE ATLANTICS - By The Glow Of A Candle (1968)
10. LARRY'S REBELS - Let's Think Of Something (1967)
11. FRANK LEWIS - Year Of War (1969)
12. NORMIE ROWE - Penelope (1968)
13. THE STRANGERS - Take The Time (1968)
14. DAISY CLOVER - Butterflies (1969)
15. AUTUMN - Today (1969)
16. THE MOTION - Faded Love (1969)
17. TAPESTRY - We Can Fly (1971)
18. THE EXECUTIVES - You're Gonna Love Me (1970)
19. THE ATLANTICS - Light Shades Of Dark (Pt.1) (1969)
20. LONG GRASS - Sunshine To Burn

以下はシリーズ既発タイトル。

Upside Down Vol.1
Various Artists
Upside Down Vol.1

Upside Down Vol.2
Various Artists
Upside Down Vol.2

AD
2014年12月22日(月)

1~2月発売予定のCD その5

テーマ:News
Dick's Picks Vol. 12--Providence Civic Center 6/26/74 & Boston Garden 6/28/74
Grateful Dead
Dick's Picks Vol. 12--Providence Civic Center 6/26/74 & Boston Garden 6/28/74

Real Gone MusicからのデッドのDick's Picks再発シリーズ、Vol.12は1974年6月26日のプロビデンス公演のセカンドセットと、6月28日のボストン公演のセカンドセットを3枚のCDに編集したもの。1974年といえば、The Wall of Soundと呼ばれる巨大PAシステムによるショーが行われた年。また、この二つの公演を挟んだ6月27日にはスタジオアルバムの"From the Mars Hotel"がリリースされています。

Disc One:
Providence
1. Jam
2. China Cat Sunflower
3. Mud Love Buddy Jam a.k.a. Mind Left Body Jam
4. I Know You Rider
5. Beer Barrel Polka
6. Truckin'
7. Other One Jam
8. Spanish Jam
9. Wharf Rat
10. Sugar Magnolia

Disc Two:
Providence (cont.)
1. Eyes of the World
Boston
2. Seastones
3. Sugar Magnolia
4. Scarlet Begonias
5. Big River
6. To Lay Me Down
7. Me and My Uncle
8. Row Jimmy

Disc Three:
Boston (cont.)
1. Weather Report Suite: Prelude/Pt. 1/Pt. 2-Let It Grow
2. Jam
3. U.S. Blues
4. Promised Land
5. Goin' Down the Road Feeling Bad
6. Sunshine Daydream
7. Ship of Fools

Musicians:
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - rhythm guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Keith Godchaux - keyboards
Donna Jean Godchaux - vocals



Avalon Ballroom, San..
Byrds
Avalon Ballroom, San Francisco, November 2nd 1968

KeyholeからのByrdsのアーカイブライブは1968年11月2日のAvalon Ballroom公演。メンバーは、Roger McGuinn, Clarence White, Gene Parsons, John Yorkというラインナップです。

Byrdsはこの数か月前にカントリーロックの名作"Sweetheart of the Rodeo"をリリースしているんですが、ここでの演奏は(いい意味で)とてもハードでラフ。特にクラレンスがパッキンパキンに弾きまくっていて、ストリングベンダーが炸裂しています。音質も良好(私は10年くらい前にネットから入手した記憶がありますが、まったく同じトラックリストなので、同じ音源だと思います)。

1. Old Blue
2. My Back Pages / Baby What You Want Me To Do?
3. Mr. Spaceman
4. Time Between
5. Goin' Back
6. Blue Suede Shoes
7. He Was a Friend of Mine
8. So You Want To Be a Rock'n'Roll Star
9. Drug Store Truck Drivin' Man
10. This Wheel's On Fire
11. Stanley's Song
12. Pretty Boy Floyd
13. Eight Miles High
14. You Don't Miss Your Water
15. So You Want To Be a Rock'n'Roll Star
16. Hickory Wind
17. King Apathy III
18. Bad Night At The Whiskey
19. Nashville West
AD
2014年12月20日(土)

1~2月発売予定のCD その4

テーマ:News
Snake Box
Harvey Mandel
Snake Box

Cleopatraからの新譜は、MatrixやAvalonなど60年代サンフランシスコのクラブシーンで活躍したギタリスト、Harvey MandelのCD6枚組ボックスセット。1968年の"Cristo Redentor"から1972年の"The Snake"までの5枚のソロアルバムに、ボーナスディスクとして、1968年のMatrixでのライブ(ゲストにJerry Garcia, Elvin Bishop, Steve Miller, Mickey Hart他参加)が収録されています(いずれも紙ジャケ仕様)。

Harvey Mandelはデトロイト生まれのイリノイ育ち。シカゴのブルースハープ奏者、Charlie Musselwhiteの歴史的名盤"Stand Back!"(1966)にBarry Goldbergらとともに参加して名を上げたのち、西海岸に移って数多くのセッションレコーディングやソロアルバムをリリース。1969年にはウッドストック・フェスティバルの1週間前に脱退したギタリストのHenry Vestineの後釜としてCanned Heatに加入。映画「ウッドストック」では、ルパン三世のような容貌でギターソロを弾く彼の姿が印象的でした。

DISC 1: "Cristo Redentor" (1968)
1. Cristo Redentor
2. Before Six
3. The Lark
4. Snake
5. Long Wait
6. Wade In The Water
7. Lights Out
8. Bradley's Barn
9. You Can't Tell Me
10. Nashville 1 A.M.

DISC 2: "Righteous" (1969)
1. Righteous
2. Jive Samba
3. Love Of Life
4. Poontang
5. Just A Hair More
6. Summer Sequence
7. Short's Stuff
8. Boo-Bee-Doo
9. Campus Blues

DISC 3: "Games Guitars Play" (1970)
1. Leavin' Trunk
2. Honky Tonk
3. I Don't Need To
4. Doctor
5. Dry Your Eyes
6. Ridin' High
7. Capurange
8. Senor Blues
9. Games People Play

DISC 4: "Baby Batter" (1971)
1. Baby Batter
2. Midnight Sun
3. One Way Street
4. Morton Gove
5. Mama
6. Freedom Ball
7. El Stinger
8. Hank The Ripper

DISC 5: "The Snake" (1972)
1. The Divining Rod
2. Pegasus
3. Lynda Love
4. Peruvian Flake
5. The Snake
6. Uno Ino
7. Ode To The Owl
8. Levitation
9. Bite The Electric Eel

DISC 6: "Live at the Matrix" (1968)
1. Jam
2. You've Got To Feel It
3. 3 O'Clock In The Morning
4. She's A Mojo Worker






2014年12月19日(金)

1~2月発売予定のCD その3

テーマ:News
Phluph
Phluph
Phluph

以前、「ボスタウン・サウンド」特集で取り上げたことのあるボストンの4人組。本作は1968年にVerveからリリースされた唯一のアルバムです(10年以上前にAkarmaからCD再発されていた)。

ディラン・カバーの1曲以外はメンバーのオリジナルで、Fuzz, Acid & Flowersでも"excellent psychedelic album"と賞賛されていたように、英国ポップサイケを巧みに取り入れた、上質なオルガン・サイケポップ作品となっています。地味なボスタウン関連の作品の中では、群を抜いてコマーシャルな感覚を持った一枚。

1. Doctor Mind
2. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train
3. In Her Way
4. Another Day
5. Girl In Tears
6. Ellyptical Machine
7. Lovely Lady
8. Death Of A Nation
9. Love Eyes
10. Patterns



Gospel Oak
Gospel Oak
Gospel Oak

のちにKingfishを結成し、デッド人脈で名を知られるMatthew Kellyが在籍していたグループの1970年の唯一作。Mattが英国滞在中に当地のミュージシャンと組んだバンドという説と、彼と主にインディアナ出身のメンバーがロンドンで録音したアルバムという説がありますが、どうやら後者の説が有力らしい。いずれにせよ、アルバムには制作者として英国人プロデューサーのMike LeanderとRoger Watsonの名がクレジットされています。

音は、レビュアー泣かせというか、これといった特徴がないので説明しづらいんですが、ブルース~カントリー風味のルーラル(ヒッピー)ロックといった感じ(ペダルスティール入り)。でも、そういえばQMSやデッドから派生した70~80年代のサンフランシスコのバンドには、こういうのが結構あったような・・・。

1. Brown Haired Girl
2. Common Expression
3. Recollections Of Jessica
4. South Bleach
5. Big Fat White Man
6. Why We Came
7. Go Talk To Rachel
8. O.K. Sam
9. St. Anne's Pretension



Rich Mountain Tower
Rich Mountain Tower
Rich Mountain Tower

こちらも負けずに説明しにくいサウンド。この1971年のデビューアルバムはシカゴのOvationレーベルからリリースされているため、Fuzz, Acid & Flowersではイリノイのバンドと紹介されていますが、どうやらテネシーの出身らしい。

同書では「"American Beauty"の頃のGrateful Deadにちょっと似てる音」なんて説明されていましたが、変わってるのは、時折りビヨーンとムーグシンセサイザーが響いたりするところ。CS&N風フォークロックにペダルスティール入りのカントリーロック、サイケなエフェクト付きのメロウチューンなど、いろいろやってくれます。ちなみに、このあと、もう1枚か2枚アルバムをリリースしているようです。

1. Uncle Bob White
2. Circle Sky Moon Mix
3. Thank You, Maggie
4. If You Don'T Look Back
5. Our Passage Home
6. He Ain'T Got No Color, Boys
7. Song Of The Sea
8. The Same Thing Applies To Me That Applies To You
9. One Last Farewell
10. Marie








2014年12月17日(水)

1~2月発売予定のCD その2

テーマ:News
Children of the Mushroom
Children of the Mushroom
Children of the Mushroom (国内盤仕様はこちら

Children of the Mushroomは、たった1枚のシングル"August Mademoiselle / You Can't Erase a Mirror"(Soho, 1968)を残したのみの西海岸の5人組。Voxオルガンと激渋ファズギターをフィーチャーした、Iron Butterflyをメランコリックにしたようなサウンドと、サイケ心をくすぐる素敵なバンド名があいまって、オリジナル盤はコレクターの間で高値を呼んでいるようです。

オリジナルはレアでもサイケコンピでは常連の組で、いま調べてみたら私が持ってるのだけでも、"Pebbles Vol.9 (CD)"、"Filling the Gap"、"Growing Slowly Insane"(LPの"Psychedelic Unknowns Vol.11"と同内容)、"Your Mind Works in Reverse"(Human Expression & Other Psychedelic Groups)と、けっこうありました。

今回リリースされるコンピは、その唯一のシングルに加え、未発表に終わった音源をまとめた待望のフルアルバム(試聴はこちら)。"Mushroom Theme"といい、ファズギターもオルガンもIron Butterflyそっくりで、思わず頬っぺたが緩んでしまいます。

1. August Mademoiselle
2. You Can't Erase a Mirror
3. Blade *
4. It Won't Be Enough *
5. Vortex *
6. Care For Me *
7. Exordium (The Mushroom Theme) *
(* Previously Unreleased)








2014年12月15日(月)

1~2月発売予定のCD その1

テーマ:News
Dreams & Images
Arthur
Dreams & Images (アナログLPはこちら

レココレ・サイケ号でもサイケ本「サイケデリック・ムーズ」でも取り上げられていた、Arthurの"Dreams & Images"は、Lee Hazlewoodのプロデュースのもと、彼のLHIレーベルから1968年にリリースされたデビューアルバム。「ナイーブ&イノセント系愛好家御用達」といった感じの、ドリーミー&メロウなアシッドフォーク~バロックポップの本作は、Donovanをさらに蒸留・ろ過してピュアにしたみたいなところが、期せずして?独特のトリップ感を醸し出しています。

初の正規リイシューとなる今回のLight in the Atticからの再発には3曲の未発表ボーナストラック入り(試聴はこちら)。ちなみに、このあとNocturneというマイナーレーベルから、よりアシッド(フォーク)ロック色を強めた"Love Is the Revolution"(1970)というアルバムをArthur Lee Harper名義でリリースしています。

1. Blue Museum
2. Children Once Were You
3. Sunshine Soldier
4. A Friend of Mine
5. Open the Door
6. Dreams and Images
7. Pandora
8. Wintertime
9. Living Circa 1920
10. Valentine Grey
Bonus Tracks:
11. 1860
12. Coming Home
13. Excursion 13



It's the End: The Definitive Collection
Zakary Thaks
It's the End: The Definitive Collection

Nuggetsボックス収録の"Bad Girl"でお馴染みのZakary Thaksはテキサス(Corpus Christi)の5人組。1966年から69年の間に半ダースほどのシングルをリリースしたのみのバンドですが、Fuzz, Acid & Flowersでは、"... one of Texas' finest sixties bands ..."と評されています。

以前、全シングル曲+αを収録した、ほぼ同内容のコンピがCollectablesとSundazedから出ていましたが、これらのソースはセカンド・ジェネレーションのものだそうです。今回、Big Beatからリリースされる "Definitive Collection"では、新たに発見されたオリジナルマスターテープを使用。2曲の未発表曲と多数の別バージョンを加えて、前述のコンピから大幅に曲目も増えています(試聴はこちら)。

1. She's Got You
2. Bad Girl
3. Face To Face
4. Won't Come Back
5. It's The End
6. I Need You
7. Please
8. A Passage To India
9. Mirror Of Yesterday
10. My Door
11. Can You Hear Your Daddy's Footsteps
12. Green Crystal Ties
13. Outprint
14. Weekday Blues
15. Everybody Wants To Be Somebody
16. Face To Face (Alternate version take 12)
17. Please (Alternate stereo mix)
18. Mirror Of Yesterday (Alternate stereo mix)
19. Can You Hear Your Daddy's Footsteps (Alternate stereo version)
20. I'd Only Laugh (Alternate version)
21. People Sec. IV
22. Gotta Make My Heart Turn Away






2014年12月12日(金)

Sundazedから1月発売予定のCD

テーマ:News
Live 1966
Shadows of Knight
Live 1966 (アナログLPはこちら

"Gloria"のカバーヒット(1966年、全米10位)で知られるShadows of Knightが、1966年12月に地元シカゴのThe Cellarクラブで行ったライブを収録したもの。これは、1992年にSundazedからリリースされた"Raw 'n Alive at the Cellar"に未発表の3曲を追加し、実際の演奏順に曲目を並べ替えた内容になっています(試聴はこちら)。

Shadows of KnightはブルースやR&Bのカバーを主体としながら、演奏はパンキッシュなテンションで突っ走るというのが特徴で、ガレージパンクファンからの人気も高いバンド。最初の2枚のアルバム(1966~67)は必聴盤です。

1. Everybody Needs Somebody to Love
2. Don't Fight It
3. Got My Mojo Working
4. Any Way That You Want Me *
5. Gospel Zone
6. Got To Get You Off My Mind
7. It Takes A Long Time Comin'
8. Hey Joe
9. Tomorrow's Gonna Be Another Day
10. Peepin' and Hidin' *
11. Let It Rock
12. Willie Jean *
13. Spoonful
14. Oh Yeah
15. Dark Side
16. Gloria
(* previously unreleased)



Live 1966
Standells
Live 1966 (アナログLPはこちら

"Dirty Water"(1966年、全米11位)がボストン・レッドソックスの勝利賛歌になって、近年は日本の一般の人にも名が知られるようになったStandells(彼ら自身は西海岸のバンド)。"In Person at P.J.'s"というライブアルバムを出しているんですが、これはCapitol傘下のTower Recordsに移ってヒットを飛ばす以前の1964年の録音。今回のライブアルバムは、1966年にRolling StonesとBeach Boysとともにツアーした、最盛期の公演の模様が収められています(試聴はこちら)。

1. Introduction
2. Mr. Nobody
3. Good Lovin'
4. Why Did You Hurt Me
5. Sunny Afternoon
6. Gloria
7. Why Pick On Me
8. Please, Please, Please
9. Midnight Hour
10. Sometimes Good Guys Don't Wear White
11. Dirty Water






2014年12月08日(月)

Gear Fabから2月発売予定のCD

テーマ:News
Flipout: Drillin of the Rock
Powers of Blue, Brother T. & Family
Flipout, Drillin of the Rock

Gear FabのExploito(いわゆる「企画もの」)サイケ2in1シリーズの新譜CDが2月に発売されます。

Powers of Blueの"Flipout"はMTA(*1)から1967年にリリースされたインスト・カバー作品。Powers of Blueは名セッションギタリストのHugh McCracken(*2)らが参加しているNYのスタジオグループです。

Brother T. & Familyは、前回の"Born on the Road: Easy Rider"収録のElectric Foodと同じメンバー(のちのLucifer's FriendのJohn Lawton以外の4人のオリジナルメンバー)のドイツのグループ。"Drillin' On The Rock"はドイツのFASSレーベルから1970年にリリースされています(ハモンドオルガン&ボーカル入り。ファズギターチューンあり)。

下のトラックリストはオリジナルLPのものです。

Powers of Blue "Flipout"
1. Paper Back Writer
2. Let's Go Get Stoned
3. The Midnight Hour
4. You Blow My Mind
5. Cool Jerk
6. Bang Bang
7. The "In" Crowd
8. Got My Mojo Working
9. The Tracks Of My Tears
10. Satisfaction
11. Good Lovin'

Brother T. & Family "Drillin' On The Rock"
1. Drillin' Of The Rock
2. Lookin' For Barbara
3. Third Degree
4. Stranger
5. Stewball
6. Jim Crack Corn
7. Walking Down Paradise Street
8. Saga Of The Fly
9. Oh Love
10. Brother T.

*1
AfterglowやThe MazeなどをリリースしたNYのマイナーレーベル(1966~1970)。

*2
ポール・マッカートニーからのWingsへの参加の誘いを断ったという逸話で有名な人。サイケ関連ではInsect Trust, Astral Projection, Left Bankeなどのバッキングにクレジットされています。昨年3月に白血病のため70歳で逝去。






AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。