2014年08月31日(日)

9月発売予定のCD

テーマ:News
Dakila
Dakila
Dakila

Dakilaはフィリピンから移住してきたメンバーによるサンフランシスコの7人組。本作は1972年にEpicからリリースされた唯一のアルバムです。

音はひとことでいうと、「サンタナそっくりさん」。ツインギター、ハモンドオルガン、ラテンパーカッションと、楽器編成も同時期のサンタナそのまんまな感じ。でも、楽曲や演奏は強力だし、「フィルモア最後の日」に登場していても遜色ないような、当時のベイエリアロックの雰囲気をたたえた好盤となっています(Auroraから9月30日発売予定)。

1. MAKIBAKA / IKALAT
2. PERSIGUIENDO
3. MAKE ME A MAN
4. GOZALA
5. EL DUBI
6. SEARCHIN' FOR MY SOUL



Tamalpais Exchange
Tamalpais Exchange
Tamalpais Exchange

Tamalpais Exchangeは、男性3人・女性3人を中心としたNY?のグループ。本作は1970年にAtlanticからリリースされた唯一作です(プロデュースはAllman Brothers Bandの1stを手がけたAdrian Barber)。

内容は男女のコーラスをフィーチャーしたクリスチャンサイケ作品(という謳い文句)ですが、下の動画みたいなSearch Partyの流れを汲むような「いかにも」な曲はむしろまれで、もっとメロウな曲とか、フォーキーな曲のほうが主流です。良くいえば聴きやすく、悪くいえば面白味に欠ける感じ。それにしても、とてもメジャーレーベルからリリースされたとは思えないような、自主制作系の匂いがするアルバムです(Kismetから9月30日発売予定)。

1. ANTHEM
2. IF I HAD THE ANSWERS
3. HERE WE ARE
4. NEVER EVER LAND
5. KING
6. FLYING SOMEHOW
7. L.A. INCIDENT
8. WORLD
9. BALNESMOOR LANE
10. PIED PIPER
11. MAYBE TOMORROW



Music From Lil Brown
Africa
Music From Lil Brown

Africa、とはいってもアフリカではなくて米西海岸の5人組。タイトルもカバーアートもThe Bandの"Music from Big Pink"をもじった本作は、Lou Adlerのプロデュースのもと、彼のOdeレーベルから1968年にリリースされています。

なんといっても、先頭の"Paint It Black"のユルいラテン~アフロビート・カバーが印象的で、それに続く"Light My Fire"や"Louie, Louie"、"Ode to Billie Joe"といったカバーチューンが目立ちます。ほとんどの曲にR&B~ドゥワップなボーカル入りのレア・グルーヴ作品。メンバーは50年代から活動していた人たちで、Lou Adlerが親しい仲間を集めて制作したスタジオプロジェクト的なアルバムともいわれています(Kismetから9月30日発売予定)。

1. PAINT IT BLACK
2. LIGHT MY FIRE
3. HERE I STAND
4. LOUIE LOUIE / ODE TO BILLIE JOE
5. WIDOW
6. SAVIN' ALL MY LOVE
7. YOU TAKE ADVANTAGE OF ME









AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年08月30日(土)

J Riderの"No Longer Anonymous"再発

テーマ:News
No Longer Anonymous
J Rider
No Longer Anonymous

サイケ本「サイケデリック・ムーズ」で"Inside the Shadow"が紹介されていたインディアナの男女混声グループ、Anonymous。70年代半ばに制作・発表された作品ながら、Jefferson AirplaneとByrdsが合体したような「まんま60s」なサウンドは、「プライベートプレス系レコードの最高峰」といわれる素晴らしいものでした。

この"No Longer Anonymous"は、彼らがJ Riderと名を変え、70年代末に録音したものの、当時は未発表に終わったセカンドアルバムです(90年代に初アナログイシュー、のちにAnonymousとカップリングしたツーインワンCDも出ている。前作収録曲のリメイクを含む本作は、メジャーレーベルとの契約を目論んだデモレコーディングともいわれている)。音は"Inside the Shadow"よりも70s的に洗練され、よりヘヴィになっているものの、男女ボーカルなど彼らの魅力は健在です。

今回の再発は、昨年の米Machu Picchuからの"Inside the Shadow"の正規リイシューに続くもので、10曲の未発表ボーナストラック(リーダーのRon Matelicによる90年代のセッション音源。Anonymousのほとんどのメンバーが参加)と、新ジャケットが採用されています。

Tracklisting:
1. One Sided Lover
2. Kiss Of Your Soul
3. We Got More
4. High Roller
5. Pike River
6. Sunday's Hero
Bonus Tracks: (Ron Matelic & Friends - Lunar Dust Sessions)
7. Blue Moon Delight
8. Carry Me Over
9. Quartet + 1
10. Silent Sunrise
11. Renegade Heart
12. It Isn't Any Trouble
13. Look Out Your Window
14. Love On
15. Moon Horizon
16. M-Day Dream




AD
2014年08月26日(火)

スペインのナゲッツコンピ発売

テーマ:News
Algo Salvaje: Untamed 60s Beat & Garage
Various Artists
Algo Salvaje: Untamed 60s Beat & Garage

60年代スペインのビート&ガレージバンドを集めたナゲッツコンピ、"Algo Salvaje"の第1巻がリリースされます(スペインのMunster Recordsから10月28日発売予定)。サブタイトルは"Untamed 60s Beat and Garage Nuggets from Spain"で、タイトルのAlgo SalvajeはSomething Wildの意。下のトラックリストのリンク先はYouTube動画です。

1. A tu vera - Tomcats
2. Dance "The Pulga" - Los Brincos
3. True Fine Mama - Tony Ronald y sus Kroner's
4. Shake Baby Shake - Los 4 Jets
5. Ya no me importas - Los Buitres
6. Eres un vago - Los Botines
7. Ven a mi - Els Trons
8. Sin corazon - Los Beta
9. Yo te vi - Los Impala
10. Aun - Los Huracanes
11. Protestando - Los 5 del Este
12. Antimusical - Miguel Rios
13. No me dejas vivir en paz - The Four Winds And Dito
14. Zergaitik ez da egia - Los Daikiris
15. Por favor - Los Pepes
16. No se que siento - Els Mallorquins
17. Mientes - Lone Star
18. Vete ya - Los Pekenikes
19. Corazon lleno de mal - Mike & The Runaways
20. Sombras - Los Nivram
21. Te fuiste - Los Juniors
22. No lo veras - Los Rockeros
23. Y olvidame - Los Cheyenes
24. La droga - Los Polares
25. You Be - The Canaries
26. Acto de fuerza - Los Sirex
27. Jabon de azufre - Micky y los Tonys
28. It Is My World - Prou Matic

AD
2014年08月21日(木)

Paul Parrishの"Forest of My Mind"再発

テーマ:News
Forest of My Mind
Paul Parrish
Forest of My Mind

昨年、ワーナーミュージック・ジャパンの名盤探検隊シリーズからCD再発されたセカンドアルバム、"Songs"(1971)が話題になったミシガンのPaul Parrish。本作は、彼がWarnerに移籍する前、MGM傘下のMusic Factoryから1968年にリリースしたデビューアルバムです。

2ndはピアノの弾き語りが主体の渋いSSW作品だったんですが、こちらはぜんぜん違って、オーケストラ・アレンジやエフェクトをふんだんに使った、カラフルなサイケポップ作品となっています(ファズギター、シタール入り)。ギターもピアノも弾けるPaulは、本作ではギター中心のフォークポップチューンがメインとなっていて、ドノバンやサイケ期ビートルズ("You've Got to Hide Your Love Away" のカバーあり)、サイモン&ガーファンクル、アル・スチュアートなどからの影響がうかがえます。

そのへんの「ありがち」感・二番煎じ感と、ラストに膝カックンとなる"I Can't Help Myself (Sugar Pie Honey Bunch)"カバーやらで、お世辞にも傑作とは言いがたいアルバムなんですが、それを差し引いても、メロウ系のポップサイケ好きにはコレクションに加えておきたい一枚(この手のものでは珍しく?AMGでは星4つ半で絶賛されていた)。特に、ナイーブ系・ローナー系のヘナヘナなPaulの歌声がクセになります。

今回の再発はオリジナルマスターテープによる正規リイシューで、モノ・シングルバージョンのボーナス2曲入り。Now Soundsから10月7日発売予定です。

TRACK LIST:
1. ENGLISH SPARROWS
2. SUZANNE
3. WALKING IN THE FOREST (OF MY MIND)
4. THE PAINTER (WHO LIVES IN THE CELLAR)
5. DIALOGUE OF WIND AND LOVER
6. YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY
7. TINY ALICE
8. MORNING TRAIN
9. SOMETHING OF A LOVE SONG
10. THE WHITE BIRDS (RETURN TO WARM SEAS)
11. FLOWERS IN THE PARK
12. I CAN'T HELP MYSELF
BONUS TRACKS:
13. WALKING IN THE FOREST (OF MY MIND) (Mono 45)
14. THE WHITE BIRDS (RETURN TO WARM SEAS) (Mono 45)





2014年08月14日(木)

Dick's Picks Vol.15 再発

テーマ:News
Dick's Picks 15: Raceway Park Englishtown Nj
Grateful Dead
Dick's Picks 15: Raceway Park Englishtown Nj

Grateful DeadのDick's Picks再発シリーズ、第15巻は1977年9月3日、New Jersey州EnglishtownのRaceway Parkに10万人の観客を集めた大規模野外コンサートでのステージを完全収録したもの(CD3枚組でReal Gone Musicから9月30日発売予定)。

本作のオリジナルは、編者のDick Latvalaが1999年8月に56歳で亡くなった2か月後にリリースされていて、次のVol.16とともに、追悼の意を込めて彼のフェイバリットだったショーが選ばれています。

Disc 1:
1. Introduction by John Scher
2. Promised Land - 5:08
3. They Love Each Other - 7:41
4. Me & My Uncle - 3:52
5. Mississippi Half-Step Uptown Toodeloo - 13:35
6. Looks Like Rain - 7:52
7. Peggy-O - 9:18
8. New Minglewood Blues - 5:21
9. Friend of the Devil - 8:13
10. The Music Never Stopped - 7:03

Disc 2:
1. Bertha > - 8:36
2. Good Lovin' - 6:00
3. Loser - 8:37
4. Estimated Prophet > - 9:30
5. Eyes of the World - 13:17
6. Samson & Delilah - 6:40

Disc 3:
1. He's Gone > - 14:19
2. Not Fade Away > - 20:07
3. Truckin' - 10:06
4. Terrapin Station - 11:02

Musicians:
Jerry Garcia - guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Keith Godchaux - keyboards
Donna Jean Godchaux - vocals




2014年08月11日(月)

"Velvet Revolutions"の続編発売

テーマ:News
Velvet Revolutions - Psychedelic Rock From
Various Artists
Velvet Revolutions - Psychedelic Rock From The Eastern Bloc Vol.2

昨年Particlesからリリースされた、チェコ、ハンガリー、ポーランドなど東欧諸国をテーマにしたサイケコンピ、"Velvet Revolutions"の第二弾が発売されます。

ファズギター度も高そうだし、前回よりも曲数が増えて、さらに充実した内容になっている模様です。(下のトラックリストのリンク先はYouTube動画。)

1. OLYMPIC - BLASNIVEJ KIKI (1971)
2. PROGRESS ORGANIZATION - I FEEL FREE (1971)
3. KAMELEONI - SUNNY CRY (1968)
4. THE MATADORS - DON'T BOTHER ME (1967)
5. ROMUALD I ROMAN - BOBAS
6. GRUPA 220 - PROLAZI JESEN
7. BREAKOUT - I WOULD FOLLOW YOU (1969)
8. CRNI BISERI - DREAM (1968)
9. HUNGARIA - BABONAS LANY (1970)
10. BLUE EFFECT - RAINY DAY (1971)
11. OMEGA - MARADJ VELEM (1970)
12. ILLES - SARIKA (1969)
13. OLYMPIC - CEKAM NA ZAZRAK (1969)
14. NO TOCO - SMOLIDUPKA (1971)
15. OLYMPIC - PSYCHIATRICKY PRASEK (1968)
16. ROMUALD I ROMAN - CZLOWIEK (1969)
17. KAMALEONI - I'M GONNA TELL YOU (PT.1) (1968)
18. THE MATADORS - EXTRACTION (1968)
19. OLYMPIC - BAJECNE MISTO (1968)
20. BLUE EFFECT - SNAKES (1969)
2014年08月09日(土)

Banchee 再発

テーマ:News
Banchee
Banchee
Banchee

Bancheeは、ヘヴィサイケ・コンピ"White Lace & Strange"に、"John Doe"が取り上げられていた東海岸(NY?)の5人組。本作は1969年にAtlanticからリリースされたデビューアルバムです。以前、LizardやLionから2ndの"Thinkin'" (Polydor 1971)とカップリングした2on1CDが出ていましたが、今回は1st単独でのCD再発となっています(Auroraから9月2日発売予定)。

このデビュー作は、わりと普通のロックっぽい感じもあって、一聴すると地味なんですが、アシッド感を備えたメロウさと哀愁が漂う、マイナーハードロック好きにはたまらない内容(ファズギターチューンあり)。"John Doe"が収録されている次作は、より方向性が定まってハードさが増していて、アルバムの好みが分かれるみたいですが、私は圧倒的にこちらの方が好きです。

1. The Night Is Calling
2. Train Of Life
3. As Me Thinks
4. Follow A Dream
5. Beautifully Day
6. Evolmia
7. I Just Don't Know
8. Hands Of A Clock
9. Tom's Island




2014年08月02日(土)

Chapter Oneのレーベルコンピ発売

テーマ:News
Shapes & Shadows: Psychedelic Pop
Various Artists
Shapes & Shadows: Psychedelic Pop and Other Rare Flavours from the Chapter One Vaults 1968-72

英国のソングライター、Les Reedによって1968年に創立されたChapter Oneレーベル。本作は、レーベルが消滅する1972年までにリリースされた、サイケポップなシングルを中心とする26曲を収録したコンピレーションです(Cherry RedグループのGrape Fruitから9月30日発売予定)。

なかには、すでに(非正規の)英国ポップサイケコンピなどに収録済みの曲もありますが、今回はLes Reed本人の協力のもと、マスターテープから起こされた正規リリースとなっています。ちなみに、のちのDeep PurpleのIan GillanとRoger Gloverが在籍していたEpisode Sixの"Mr Universe"はGillan & Gloverが書いた曲です。

下のトラックリストのリンク先はYouTube動画。

1. PUTNEY BRIDGE - What's It All About
2. EPISODE SIX - Lucky Sunday
3. THE BLISS - Lifetime
4. PHILWIT & PEGASUS - The Elephant Song
5. JASON CORD - Spring Never Came Twice
6. EPISODE SIX - Mozart Versus The Rest
7. PUTNEY BRIDGE - Your Turn To Die
8. CHRISTOPHER - The Race
9. SAD PEOPLE - Turn Around
10. THE MATCHMAKERS - Lovers' Congregation
11. THE CALIFORNIANS - You've Got Your Troubles
12. EPISODE SIX - Mr Universe
13. CHRISTOPHER - Sharkey
14. THE MARCH HARE - Cry My Heart
15. MORNING GLORY - Marjory Daw
16. THE BLISS - Courtyards Of Castile
17. BROTHER JOHN - Brother John
18. SAD PEOPLE - Lonely Man
19. EPISODE SIX - Jack D'Or
20. PUTNEY BRIDGE - The Meaning Of Love
21. THE MATCHMAKERS - Thank You Baby For Coming
22. MORNING GLORY - Munday Street
23. THE MARCH HARE - With My Eyes Closed
24. EPISODE SIX - Gentlemen Of The Park
25. LES REED - Big Bare Beat
26. TANDEM - Shapes And Shadows

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。