2014年07月29日(火)

デッドの2タイトル発売

テーマ:News
Wake Up to Find Out: Nassau Coliseum Uniondale Ny
Grateful Dead
Wake Up to Find Out: Nassau Coliseum Uniondale Ny

2012年にリリースされたGrateful Deadのボックスセット"Spring 1990"(CD18枚組)の続編となる、"Spring 1990 (The Other One)"(CD23枚組。dead.netで予約受付中)が近く発売されますが、この"Wake Up to Find Out"は、そのボックスセットから1990年3月29日のNassau Coliseum (NY)のショーのみを抜き出したCD3枚組(9月9日発売予定)。

デッドが名サックス奏者のBranford Marsalisと共演した伝説のステージを完全収録したもので、Branfordはセット1の後半からセット2の全編にかけて出演しています(その中の1曲"Eyes of the World"は1990年のライブコンピ"Without A Net"に収録されていた)。

Disc 1:
Set One
1. Jack Straw
2. Bertha
3. We Can Run
4. Ramble On Rose
5. When I Paint My Masterpiece
6. Birdsong
7. Promised Land

Disc 2:
Set Two
1. Eyes Of The World
2. Estimated Prophet
3. Dark Star
4. Drums

Disc 3:
1. Space
2. Dark Star
3. The Wheel
4. Throwing Stones
5. Turn On Your Lovelight
Encore
6. Knockin' On Heaven's Door

Musicians:
Jerry Garcia - guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Brent Mydland - keyboards, vocals
Branford Marsalis - tenor and soprano saxophone



Dick's Picks 16: Fillmore Auditorium San Francisco
Grateful Dead
Dick's Picks 16: Fillmore Auditorium San Francisco

Real Gone MusicのDick's Picks再発シリーズ、第16巻は1969年11月8日のFillmore West公演を完全収録したものに、前日のショーからの"Turn On Your Lovelight"(約25分)をボーナスで追加したCD3枚組(9月2日発売予定)。

ちなみに、Vol.15以降は編者のDick Latvalaが1999年に亡くなったあとにリリースされたもので、Vol.15(1977年9月3日のNJ公演収録)と本作は、追悼の意を込めてDick自身のフェイバリットだったショーが選定されています。

Disc 1:
1. Good Morning Little School Girl
2. Casey Jones
3. Dire Wolf
4. Easy Wind
5. China Cat Sunflower
6. I Know You Rider
7. High Time
8. Mama Tried
9. Good Lovin'
10. Cumberland Blues

Disc 2:
1. Dark Star
2. The Other One
3. Dark Star
4. Uncle John's Band Jam
5. Dark Star
6. St. Stephen
7. The Eleven

Disc 3:
1. Caution
2. The Main Ten
3. Caution
4. Feedback
5. We Bid You Goodnight
6. Turn On Your Lovelight (from November 7, 1969)

Musicians:
Jerry Garcia - guitar, vocals
Bob Weir - guitar, vocals
Phil Lesh - bass, vocals
Ron "Pigpen" McKernan - harmonica, percussion, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Tom Constanten - keyboards






AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年07月28日(月)

TroyesのコンピCD発売

テーマ:News
Rainbow Chaser
Troyes
Rainbow Chaser: Complete Recordings (1966-1968)

ひさびさな感じがするCicadelicからの新譜は、ミシガンの5人組Troyesのコンプリート・コンピ。彼らが1966~68年にデトロイトのUnited Sound Systemsスタジオに残した、「ロストアルバム」を含むレアトラック全24曲が収録されています。

Troyesは1966年にシングル"Rainbow Chaser"をローカルヒット(3位)させ、Ray Anthony(*1)に気に入られて、彼の新レーベルSpace Recordsから発表されるはずだったLP2枚分の音源を録音。しかし、結局それらはお蔵入りとなり、シングル2枚を出したのみで終わってしまいました。

*1
ビッグバンドリーダーで、"Peter Gunn"や"Dragnet"のテーマをヒットさせたジャズ界のスター。50年代には映画俳優やTVショーのホストとしても活躍した。

1. Rainbow Chaser (Unedited Version)
2. The Good Night
3. Morning Of The Rain
4. Tomorrow
5. I Don't Need You
6. Someday You'll See My Side
7. Love Comes Love Dies
8. Blanket Of My Love
9. Mari
10. I'm Gone
11. Turn Around
12. Jezebel
13. Help Me Find Myself
14. Rainbow Chaser (Alternate Version)
15. Why (45 version)
16. I Don't Need You (Backing Track)
17. You Mind Is Showing
18. Tomorrow (Demo Version)
19. Change About
20. I Know Different
21. She Said To Me
22. Why (Alternate Version)
23. Rainbow Chaser (45 version)
24. Corn Flake




AD
2014年07月24日(木)

Grateful Dead 4-21-72 Beat Club

テーマ:YouTube

ライブ名盤"Europe '72"を生んだ、グレイトフル・デッドの1972年のヨーロッパツアー。彼らがドイツ滞在中に名ライブTVショー"Beat Club"に出演した際のパフォーマンスを、新たにリストアした映像(約80分)がYouTubeにアップされています。


AD
2014年07月20日(日)

Seedsのシングル全曲集発売

テーマ:News
Singles A's & B's 1965-70
Seeds
Singles A's & B's 1965-70

1965年のデビューシングル"Can't Seem to Make You Mine / Daisy Mae"から、1970年の"Love in a Summer Basket / Did He Die"まで、Seedsがリリースした全シングルを収録したコンピCDがBig Beatから発売されます。

オリジナルマスターによるシングルエディット、シングルミックスなど、CD初登場となるトラックを多数収録。また、"Excuse Excuse"の仏盤EPバージョン、 "Pushin' Too Hard"の未編集バージョンがボーナスとして収録される予定です。

1. Can't Seem To Make You Mine (Single Edit)
2. Daisy Mae
3. Pushin' Too Hard
4. Out Of The Question (Single Version)
5. The Other Place
6. Try To Understand (Single Mix)
7. No Escape (Single Mix)
8. Mr Farmer (Single Edit)
9. Up In Her Room (Single Edit)
10. I Tell Myself
11. A Thousand Shadows (Single Mix)
12. March Of The Flower Children (Single Mix)
13. Six Dreams (Single Mix)
14. The Wind Blows Your Hair (Single Version)
15. Satisfy You (Single Mix)
16. 900 Million People Daily All Making Love (Single Mix)
17. Falling Off The Edge Of My Mind (Single Mix)
18. Wild Blood
19. Bad Part Of Town
20. Wish Me Up
21. Love In A Summer Basket
22. Did He Die
Bonus Tracks:
23. Excuse Excuse (EP Version)
24. Pushin' Too Hard (Unedited)




2014年07月12日(土)

Auroraから8月発売予定のCD

テーマ:News
Hammer
Hammer
Hammer

Hammerはサンフランシスコをベースに活動した5人組(リリースノートによると結成はNY)。Bill Grahamに気に入られ、彼のSan Franciscoレーベル(Atlantic傘下)から、唯一のアルバムである本作を1970年にリリースしています(プロデュースはMoby Grapeなどを手がけたDavid Rubinson。未発表に終わった幻の2ndがあるらしい)。

バンドの演奏はギターもキーボードもリズム隊もバカウマで、ボーカルを含めメジャー感あふれるもの。東西のFillmoreでFleetwood Mac, Procol Harum, Trafficなどの大物のオープニングを務めたというライブアクトは、主役を食うようなこともあったんじゃないかと想像されます。

楽曲のスタイルは、ハードロックからジャズ(フュージョン)ロック、AOR、プログレ、スワンプロックなど幅広く、アルバムは「才能がありすぎて方向性が定まらなかった」作品の典型みたいな感じになっています。

1. Something Easy
2. Hot & Cold
3. Tuane
4. You May Never Wake Up (Apologies to Auden & Frost)
5. Hangover Horns
6. Charity Taylor
7. Sad Song, Happy Song
8. Sweet Sunday Morning
9. Pains & Tears
10. Death To A King



Charlee
Charlee
Charlee

イタリア移民のカナダ人ギタリスト、Walter Rossi率いるパワートリオ、Charleeが1972年にカナダのRCA Victorからリリースした唯一のアルバム。こちらはわかりやすい、ジミヘン・フォロワーなヘヴィロック作品です。

同郷のMahogany RushのFrank Marinoは、このWalter Rossiから刺激を受けていたのではないかと思われます(ボーカルスタイルやエフェクトなどにも共通するものあり)。ちなみに、上のジャケはカナダ盤オリジナルLPのものです(1976年の別ジャケ米国盤LPあり)。

1. Wizzard
2. Lord Knows I've Won
3. Just You & Me
4. A Way To Die
5. Let's Keep Silent (Part 1)
6. Wheel Of Fortune
7. It Isn't The First Time
8. Let's Keep Silent (Part 2)






2014年07月10日(木)

Moby Grape, Hot Tuna他のアーカイブライブ発売

テーマ:News
Keyholeから、Moby Grape (10/22/1968)、Hot Tuna (7/3/1971)、Cold Blood (6/30/1971)、Iron Butterfly (7/4?/1967)、Mothers of Invention (8/3/1968)のアーカイブライブCDが発売されます(Hot Tunaのみ2枚組)。

Live at Stony Brook University Ny October 22nd
Moby Grape
Live at Stony Brook University Ny October 22nd

Live at the Fillmore West 3rd July 1971
Hot Tuna
Live at the Fillmore West 3rd July 1971

Live at the Fillmore West 30th June 1971
Cold Blood
Live at the Fillmore West 30th June 1971

Live at the Galaxy La July 1967
Iron Butterfly
Live at the Galaxy La July 1967

Wollman Rink Central Park Ny August 3rd 1968
Mothers of Invention
Wollman Rink Central Park Ny August 3rd 1968

2014年07月02日(水)

Haystacks Balboa 再発

テーマ:News
Haystacks Balboa
Haystacks Balboa
Haystacks Balboa

Haystacks Balboaは、ヘヴィサイケ・コンピの"Up All Night"に、"The Children of Heaven"が収録されていたNYの5人組。よく、Leslie Westの弟のLarry Westが在籍していたバンドと紹介されていますが、リーダーのMark Harrison Mayo (ギター)によると、Larryは結成前のセッションにベースプレーヤーとして参加し、アルバムに収録された数曲のソングライティングにかかわっているものの、バンドのメンバーとしては活動していない(レコーディングにも参加していない)、とのことです。

本作は1970年にPolydorからリリースされた唯一のアルバム(未発表の2ndあり)で、プロデュースはVanilla Fudgeなどの仕事で知られるShadow Morton。内容は、気持ち良く歪んだギターと、ジョン・ロード(ときにはキース・エマーソン)ばりの活躍をみせるハモンドオルガンをフィーチャーした、かっこいいヘヴィロック。プログレみたいな展開をみせる曲とか、アコースティックチューンとかが出てきて、アルバム作品としてのまとまりはイマイチな感じなんですが、そのあたりも含めて、マイナーハードロックファンには美味しい一枚となっています。

ちなみに、以前ガスマスクのジャケで再発(非正規)されていますが、今回のジャケットがオリジナルです。




AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。