2014年04月29日(火)

DoorsのコンピとDick's Picks Vol.18発売

テーマ:News
Weird Scenes Inside the Goldmine
Doors
Weird Scenes Inside the Goldmine

オリジナルは1972年に2枚組LPでリリースされたDoorsのコンピレーションアルバム、"Weird Scenes Inside the Gold Mine"がCD再発されます(Bruce Botnickによるリマスターで、5月19日発売予定)。

Disc 2の"Who Scared You"と"(You Need Meat) Don't Go No Further"はどちらもノンLPのシングルB面曲で、すでにボックスセットやアルバム再発時のボーナストラックとしてCD収録済みです。ちなみに、アルバムタイトルは"The End"の歌詞の一節から取られています。

Disc 1:
"Break on Through" - 2:25
"Strange Days" - 3:05
"Shaman's Blues" - 4:45
"Love Street" - 3:06
"Peace Frog/Blue Sunday" - 5:00
"The WASP (Texas Radio and the Big Beat)" - 4:12
"End of the Night" - 2:49
"Love Her Madly" - 3:18
"Spanish Caravan" - 2:58
"Ship of Fools" - 3:06
"The Spy" - 4:15
"The End" - 11:35

Disc 2:
"Take It as It Comes" - 2:13
"Running Blue" - 2:27
"L.A. Woman" - 7:49
"Five to One" - 4:22
"Who Scared You" - 3:51
"(You Need Meat) Don't Go No Further" (Willie Dixon) - 3:37
"Riders on the Storm" - 7:14
"Maggie M'Gill" - 4:25
"Horse Latitudes" - 1:30
"When the Music's Over" - 11:00



Dick's Picks Vol. 18 - Dane County Coliseum, Madison, Wi 2/3/78 Uni-Dome, University Of N. Iowa, Cedar Falls, Ia 2/5/78
Grateful Dead
Dick's Picks Vol. 18 - Dane County Coliseum, Madison, Wi 2/3/78 Uni-Dome, University Of N. Iowa, Cedar Falls, Ia 2/5/78

Real Gone MusicのDick's Picks再発シリーズ、第18巻は1978年2月の3日間の公演(Wisconsin, Iowa)を3枚のCDに編集したもの。いまでこそ多くの音源がリリースされていますが、これが出た2000年当時は公式では初となる「1978年物」のライブアルバムでした。いつになくエネルギッシュでスリリングなJerryのギタープレイが聴き物です。

CD One
1. Bertha - February 5, 1978
2. Good Lovin' - February 5, 1978
3. Cold Rain and Snow - February 3, 1978
4. New Minglewood Blues - February 5, 1978
5. They Love Each Other - February 3, 1978
6. It's All Over Now - February 4, 1978
7. Dupree's Diamond Blues - February 4, 1978
8. Looks Like Rain - February 3, 1978
9. Brown-Eyed Woman - February 3, 1978
10. Passenger - February 5, 1978
11. Deal - February 5, 1978
12. The Music Never Stopped - February 3, 1978

CD Two - February 3, 1978
1. Estimated Prophet
2. Eyes of the World
3. Playing in the Band
4. The Wheel
5. Playing in the Band
6. Johnny B. Goode

CD Three - February 5, 1978
1. Samson and Delilah
2. Scarlet Begonias
3. Fire on the Mountain
4. Truckin'
5. Drums
6. The Other One
6. Wharf Rat
7. Around and Around

Musicians
Jerry Garcia - lead guitar, vocals
Bob Weir - rhythm guitar, vocals
Phil Lesh - electric bass, vocals
Bill Kreutzmann - drums
Mickey Hart - drums
Keith Godchaux - keyboards
Donna Jean Godchaux - vocals






AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年04月27日(日)

United States of America 再発

テーマ:News
United States of America: Columbia Recordings
United States of America
United States of America: Columbia Recordings

レココレ・サイケ号でも、ガイド本「サイケデリック・ムーズ」でも紹介されていた、サイケ基本アイテムのひとつ、"The United States of America"(1968)がCherry RedグループのEsotericからCD再発されます(7月8日発売予定)。

トラックリストを見ると、十年前にSundazedからリリースされたCDと(ボーナストラックを含めて)まったく同じ内容ですが、新規リマスターで、新たにリストアされたアートワークとエッセイによるブックレットが付属するとのことです。

このプロジェクトの中心人物は、正規の音楽教育を受け、John Cageらに師事して現代音楽を学んだ、アリゾナ出身のJoe Byrd。彼がNY時代を経て西海岸に移って結成したのがUnited States of Americaでした(レココレ・サイケ号には「同じUCLAの大学院に通うドロシー・モスコウィッツという女性の歌い手に声をかけて生まれた5人組」とありますが、ドロシーとはNY時代に知り合い、一緒に西海岸に出てきたらしい)。

Columbiaからリリースされた彼らの唯一のアルバムは、サウンドコラージュとエフェクトに電子楽器が飛び交うアバンギャルドな実験性と、女性ボーカル入りの親しみやすいサイケポップが絶妙にブレンドされた、60sサイケデリアの金字塔的作品。「サイケデリック・ムーズ」では、「全世界サイケ・ファン必聴のアルバム」と絶賛されていました。

ちなみに、このあとジョー・バードはJoe Byrd and the Field Hippiesというプロジェクトによる、"The American Metaphysical Circus"というアルバムを制作し、1969年に同じくColumbiaからリリースしています。

Track Listing:
1. THE AMERICAN METAPHYSICAL CIRCUS
2. HARD COMING LOVE
3. CLOUD SONG
4. THE GARDEN OF EARTHLY DELIGHTS
5. I WON'T LEAVE MY WOODEN WIFE FOR YOU, SUGAR
6. WHERE IS YESTERDAY
7. COMING DOWN
8. LOVE SONG FOR THE DEAD CHE
9. STRANDED IN TIME
10. THE AMERICAN WAY OF LOVE
TAKEN FROM THE ALBUM "THE UNITED STATES OF AMERICA”

BONUS TRACKS
11. OSAMU'S BIRTHDAY
12. NO LOVE TO GIVE
13. I WON'T LEAVE MY WOODEN WIFE FOR YOU, SUGAR (FIRST VERSION)
14. YOU CAN NEVER COME DOWN
15. PERRY PIER
16. TAILOR MAN
17. DO YOU FOLLOW ME
18. THE AMERICAN METAPHYSICAL CIRCUS (ALTERNATE VERSION)
19. MOUSE (THE GARDEN OF EARTHLY DELIGHTS)
20. HERESY (COMING DOWN)






AD
2014年04月25日(金)

The Digの新刊はサイケデリックロック特集

テーマ:News
THE DIG presents サイケデリック・ロック (シンコー・ミュージックMOOK)
THE DIG presents サイケデリック・ロック (シンコー・ミュージックMOOK)

シンコーミュージックのムック、"The Dig"の5月29日発売予定の新刊は「サイケデリック・ロック」。米英の60年代サイケデリックロック~ポップシーンから周辺のポップカルチャーの模様、名盤選や亀渕昭信氏らによるリアルタイム証言、雑誌「ミュージック・ライフ」「ぷらすわん」「ヤング・ギター」の復刻記事、サイケアート(フィルモア・ポスター・コレクション)などが掲載されるとのことです。

サムネイルでは見にくいですが、表紙に記載されているアーティストは、「ジミ・ヘンドリックス、ドアーズ、バーズ、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリン、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、シド・バレット、ザ・フー、ジミー・ペイジ 他」となっています。

AD
2014年04月19日(土)

Psychedelic StatesシリーズのMaryland編発売

テーマ:News
Psychedelic States-Maryland in the 60s
Various Artists
Psychedelic States-Maryland in the 60s

2000年ごろからずっとリリースされ続けている、Gear FabのPsychedelic Statesシリーズ。6月17日発売予定の新譜(CD2枚組)は、初登場となるメリーランド州編です。

メリーランドといって、すぐ思い浮かぶのはFallen Angelsくらいでしょうか? よくCD2枚分の音源を集めたなと思います。ガイド本やネットで収録曲/バンドを調べてみると、Maryland以外のグループとして記述されていたりしますが、どちらが正しいのか(出身地から移動したのか?)判断つきかねます。それだけオブスキュアな音源が多いということでしょう。

下のトラックリストのリンク先はYouTube動画です。

Disc 1:
1. Get Off My Back - The Henchmen
2. It's True - The Looms
3. Please Don't Go - The Second Hand Bitter Sweet
4. Tangerine Guides - The New Diablos
5. The Fugitive - The Dagenites
6. Hey Little Girl The - Marauders
7. All I Want Is My Baby Back - Piece Kor
8. I've Been Fooling Around - The Smacks
9. Been A Long Time - The Koffee Beans
10. Psychedelic Ride - The Ides
11. Letters Of Love - The Creatures
12. I Wish I Could - The Juveniles
13. Shadows - Attic Sounds
14. Little Latin Lupe Lu - The Invaders
15. I Want You All The Time - The Limits
16. Sweet Life - The Urch Perch
17. Cumberland Railroad - Tomorrow's People
18. I Don't Want To Try Again - The Dagenites
19. Savin' All My Love For You - Bob Brady & The Con Chords
20. You Won't Find Me - The Executioners
21. In The World Of Our Own - Cherry Pink Reason
22. Flower Children - Sodom & Gomorrah
23. Gone And Left Me - Mike's Messengers
24. She Still Loves You - The Henchmen
25. Watch Out - Paper Cup
26. Come With Me - The Trespassers
27. Dance, USA! - The Shoremen

Disc 2:
1. Love - The Bad Boys
2. Everything Would Be Fine - The Fallen Angels
3. I Do - Jay Dee & The Chasers 
4. Tiny Little Seeds - The Persuaders
5. All My Life - The Koffee Beans
6. I Was Wrong - Human Freedom And Security
7. J-J (Come Back To Me) - The Souls Of Britton
8. I'm Fake - The New Diablos
9. Fools Live Alone - The Lost Tribe
10. Haight Street Dream - Brandi Laine
11. I Can't Wait Till Friday Comes - The Hard Times
12. I Don't Know - The Penmar Stompers
13. Throw Stones - The Stratfords
14. Something For You - The Marauders
15. They Threw Sticks And Stones - The Nunsuch
16. Words Of The Raven - Piece Kor
17. What A Drag It Is - The Patriots
18. I'm Gone Slide - The Dagenites
19. I Can't Believe - The Omegas
20. Dawn - Summer's Misfits
21. Land Of Love - The New Diablos
22. Little Heart - The Newports
23. Carousel Of Dreams - Cherry Pink Reason
24. She's Bad - The Shoremen
25. Turtle Neck Sweaters - The Verdicts
26. I Need Love - The Mad Hatters
27. Things I See - The Urch Perch

2014年04月17日(木)

カンボジアンサイケの2枚組コンピ発売

テーマ:News
Rough Guide to Psychedelic Cambodia
Various Artists
Rough Guide to Psychedelic Cambodia

World Music Networkの"The Rough Guide to Psychedelic ..."シリーズから、カンボジア編がリリースされます(CD2枚組で5月27日発売予定)。

ディスク1には、ポルポト以前の60~70年代黄金期の、Ros Sereysothea、Pan Ron、Sin Sisamouthらによるお馴染みの楽曲群に加え、現代のDengue FeverやCambodian Space Projectなどの曲も収録されています。ディスク2には、そのCambodian Space Projectによるボーナスアルバムを収録。カンボジアで歌い継げられてきた、ピンキーとキラーズの「恋の季節」カバーなんかも入ってますね。(発売元のページで全曲試聴できます。)

Disc 1:
Ros Seresyothea - Jam 10 Kai Theit (Wait Ten Months More)
Pan Ron - Paem Nas Sneha (Love Like Honey)
Yos Olarang - Cyclo
Dengue Fever - Tiger Phone Card (3:38)
Ros Seresyothea - Komlos Sey Chaom (Love God)
Pan Ron - Kom Veacha Tha Sneha Knom
Ros Seresyothea - Penh Jet Thai Bong Mouy (A Go Go)
The Cambodian Space Project - Whiskey Cambodia
Ros Seresyothea - Chnam Oun Dop Praya Mauy (I'm 16)
Pan Ron - Bros Ey Kov Prerl (Naughty Boy)
Ros Seresyothea - Jas Bong Ju Am
Pan Ron - Koun K’Teuy (Baby Lady Boy)
Ros Seresyothea - Penh Chet Tae Bong Mouy (I Love Only You)
Dub Addiction - The Mighty Plan
Sin Sisamouth - Thgnai Kor Chrer (The Sun Is Setting)

Disc 2: Includes bonus album by The Cambodian Space Project
Cambodian Space Project - Dance Twist
Cambodian Space Project - If You Wish To Love Me
Cambodian Space Project - Broken Flower
Cambodian Space Project & Kong Nay - Woman
Cambodian Space Project - When Are You Free
MC Curly & Srey Thy - Cyclo Of Love
Cambodian Space Project & Kong Nay - The Girls Is Away But The Heart Is At Home
Cambodian Space Project - Love Like Honey - David Gunn Vocal Remix
Cambodian Space Project - House Of The Rising Sun
Cambodian Space Project - Black To Gold






以下は同シリーズの既発タイトル。

Rough Guide to Psychedelic Africa
Various Artists
Rough Guide to Psychedelic Africa


Rough Guide to Psychedelic Brazil
Various Artists
Rough Guide to Psychedelic Brazil


Rough Guide to Psychedelic Bollywood
Various Artists
Rough Guide to Psychedelic Bollywood


Rough Guide to Latin Psychedelia
Various Artists
Rough Guide to Latin Psychedelia

2014年04月10日(木)

Landslide 再発

テーマ:News
Two-Sided Fantasy
Landslide
Two-Sided Fantasy

Landslideは、へヴィサイケコンピ"Up All Night"のラストに"Sad and Lonely"が収録されていたNYの5人組。"Two Sided Fantasy"は1972年にCapitolからリリースされた唯一のアルバムです。

70s(マイナー)ハードロックとして紹介されることもありますが、まったりとしたジャム指向の演奏やアシッド感のあるメロウパートなどは60sサイケデリアそのもの。東海岸のバンドですが、雰囲気はシスコサイケに近いです。KakとかTripsichordなんかと並べて聴いても違和感ないんじゃないかと思います。Fuzz, Acid & Flowersでも、"... their album is an undiscovered gem. ... Recommended."と賞賛されていました。

十年以上前にAkarmaからCDが出ていましたが、近年は入手が難しくなっていたようなので、嬉しい再発となりそうです(Auroraから5月13日発売予定)。

1. Doin' What I Want
2. Creepy Feeling
3. Everybody Knows (Slippin')
4. Dream Traveler
5. Susan
6. Sad And Lonely
7. Little Bird
8. Happy






2014年04月06日(日)

PERROのセッション音源集がCD2枚組で発売

テーマ:News
Wally Heider Recording Studios San Francisco
Planet Earth Rock 'N' Roll Orchestra
Wally Heider Recording Studios San Francisco

Planet Earth Rock 'n' Roll Orchestra (PERRO)は、Jefferson Airplane, Grateful Dead, Quicksilver Messenger Service, CS&Nなどのメンバーによる、サンフランシスコを中心とした自由なセッション集団。その起源は、まだByrdsやJAなどが結成される前の60年代前半、西海岸のフォークサーキットで知り合ったPaul Kantner、David Crosby、David Freibergら音楽仲間のつながりに遡ります。PERROには彼らのほかに、Graham Nash, Grace Slick, Jorma Kaukonen, Jack Casady, Jerry Garcia, Phil Lesh, Bill Kreutzmann, Mickey Hartといった人たちが名を連ねています。

60年代にも、JAのアルバムにDavid CrosbyやJerry Garciaが参加したり、Crosbyの曲を取り上げたり共作したり、といったことがありましたが、PERROのセッションが最初にアルバムとして形になったのは、Paul KantnerがJefferson Starshipの名を冠したプロジェクト(のちのバンドとしてのJefferson Starshipとは別)の"Blows Against the Empire"(1970)でした。その後も、Paul Kantner関連の"Sunfighter"(1971), "Baron von Tollbooth & the Chrome Nun"(1973), "Planet Earth Rock and Roll Orchestra"(1983)、Crosby & Nash関連の"If I Could Only Remember My Name"(1971), "Songs for Beginners"(1971), "Graham Nash, David Crosby"(1972)などの作品が、PERROセッションによって制作されています。

ちなみに、タイトルのWally Heider Recording Studios, San Franciscoというのは、著名なレコーディングエンジニアで、すでにLAにスタジオを持っていたWally Heiderが、1969年にサンフランシスコに開設した「支部」。JAの"Volunteers"、QMSの"Shady Grove"、CCRの"Green River"、Santanaの"Abraxas"、デッドの"American Beauty"など、多くの名盤がこのスタジオから生まれました。

Disc One:
Is it Really Monday?
Under Anaesthesia
Under Anaesthesia
Crosby
Loser 1
Loser 2
Over Jordan
The Mountain Song 1
The Mountain Song 2
The Mountain Song 3
The Mountain Song 4

Disc Two:
Wild Turkey
Jerry & Jorma Jam 1
Jam 10
False Start on Tape
Wall Song
Wall Song (Acoustic)
Eep Hour
Dope Wrap
Shuffle
Jorma & Jerry's Jam






以下はPERRO関連アルバム。

Blows Against the Empire
Paul Kantner
Blows Against the Empire

If I Could Only Remember My Name
David Crosby
If I Could Only Remember My Name

Songs for Beginners
Graham Nash
Songs for Beginners

サンファイター
ポール・カントナー・アンド・グレース・スリック
サンファイター

グラハム・ナッシュ=デイヴィッド・クロスビー(紙ジャケット)
グラハム・ナッシュ=デイヴィッド・クロスビー
グラハム・ナッシュ=デイヴィッド・クロスビー(紙ジャケット)

Rolling Thunder
Mickey Hart
Rolling Thunder

トルブース公爵と尼僧クローム
グレース・スリック&デヴィッド・フライバーグ ポール・カントナー
トルブース公爵と尼僧クローム

Planet Earth Rock and Roll Orchestra
Paul Kantner
Planet Earth Rock and Roll Orchestra

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。