1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013年12月30日(月)

1月~2月のリリース予定 その6

テーマ:News
Live at the Carousel Ballroom San Francisco April
Steve Miller Band
Live at the Carousel Ballroom San Francisco April 28th 1968

1968年4月28日にSteve Miller BandがサンフランシスコのCarousel Ballroomで行なった公演のアーカイブライブCD2枚組。

Steve Miller Bandといえば、一般のロックファンには70年代の一連のヒットシングル/アルバムのイメージが強いと思いますが、60年代はサンフランシスコサウンドの一翼を担ったバンドのひとつでした。このライブは、彼らがロンドンのオリンピックスタジオでデビューアルバム用のレコーディングを行なった後、それが"Children of the Future"としてCapitolからリリースされる前の時期にあたり、Boz Scaggs在籍時の初期のメンバーによるものです。

Disc One:
I Got My Eyes On You
Born In Chicago
Highway Child
Fannie Mae
Got Love If You Want It
Steppin' Stone
Blues With A Feeling
Worry About My Baby
Look On Yonder Wall

Disc Two:
Mercury Blues
Living In The USA
Song For Our Ancestors
Key To The Highway

Musicians:
Steve Miller - guitar, vocals, harmonica
Boz Scaggs - guitar, vocals
Lonnie Turner - bass guitar
Jim Peterman - organ
Tim Davis - drums

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年12月27日(金)

1月~2月のリリース予定 その5

テーマ:News
Vol. 2-Big Lizard Stomp!: Teen Trash from Psychedelic Tokyo 66-69
Various Artists
Vol. 2-Big Lizard Stomp!: Teen Trash from Psychedelic Tokyo 66-69

先ごろお知らせした米国産和物ガレージコンピ、"Monster a Go-Go"の続編2タイトル。Vol.2のオリジナルLPのトラックリストはこちら。Vol.3はこちら

Vol. 3-Slitherama: Psychedelic Tokyo 1966-69
Various Artists
Vol. 3-Slitherama: Psychedelic Tokyo 1966-69



アナドル・ロックの歌姫 セルダの世界VOL.1 (VURULDUK EY HALKIM UNUTMA BIZI) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
セルダ SELDA
アナドル・ロックの歌姫 セルダの世界VOL.1 (VURULDUK EY HALKIM UNUTMA BIZI) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)

トルコのサイケクイーン、Seldaの1975年の2ndおよび1979年の4thアルバム。内容紹介(日本語)とトラックリストはリンク先のamazonのページで。

アナドル・ロックの歌姫 セルダの世界VOL.2 (SELDA) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
セルダ SELDA
アナドル・ロックの歌姫 セルダの世界VOL.2 (SELDA) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)



Complete Columbia Singles
Blood Sweat & Tears
Complete Columbia Singles

1968年の"I Can't Quit Her / House in the Country"から、1976年の"You're the One / Heavy Blue"まで、Blood, Sweat & TearsがColumbiaからリリースしたシングル32曲を2枚のCDに収めたコンピレーション。初CD化となる5曲のオリジナル・シングル・バージョン(ミックス)収録。

Disc 1:
1. I Can't Quit Her
2. House in the Country
3. You've Made Me So Very Happy
4. Blues Part II
5. Spinning Wheel
6. More and More
7. And When I Die
8. Sometimes in Winter
9. Hi-De-Ho
10. The Battle
11. Lucretia Mac Evil
12. Lucretia's Reprise
13. Go Down Gamblin'
14. Valentine's Day
15. Lisa, Listen to Me
16. Cowboys and Indians

Disc 2:
1. So Long Dixie
2. Alone
3. I Can't Move No Mountains
4. Velvet
5. Roller Coaster
6. Inner Crisis
7. Save Our Ship
8. Song for John
9. Tell Me That I'm Wrong
10. Rock Reprise
11. Got to Get You into My Life
12. Naked Man
13. No Show
14. Yesterday's Music
15. You're the One
16. Heavy Blue



Festival Express [Blu-ray] [Import]
Festival Express [Blu-ray] [Import]

Grateful Dead, Janis Joplin, The Bandらが初夏のカナダを列車でツアーした、1970年のFestival Expressを描いたドキュメンタリー。そのBlu-rayと新装DVDによる再発です。

上記のバンドのほか、Flying Burrito Brothers、Buddy Guy、地元のIan & SylviaやMashmakhanなどの貴重なステージ映像に加え、列車内での和気藹々としたセッションや、Jerry GarciaがJanisに「愛を告白」するシーンなど見どころ満載。また、デッドやジャニスの未収録ライブや、Seatrain, Tom Rush, Eric Andersenら、本編未収録アーティストによるボーナスパフォーマンス映像(約1時間)の特典付きです。

Festival Express [DVD] [Import]
Festival Express [DVD] [Import]
AD
2013年12月26日(木)

1月~2月のリリース予定 その4

テーマ:News
Fillmore Auditorium-November 5 1966
Quicksilver Messenger Service
Fillmore Auditorium-November 5 1966

Cleopatra RecordsからのQuicksilver Messenger Serviceのアーカイブライブシリーズ、今回は1966年11月5日のFillmore公演です。Jim Murray在籍時の初期のライブの中でも最も古い録音のひとつで、私が持っている音源では同年9月のふたつのショーに次ぐもの。でも、演奏は素晴らしく、サマーオブラブ直前の当時のシーンが目に浮かぶようです。

1. Dino's Song
2. Hair Like Sunshine
3. I Hear You Knockin'
4. Babe, I'm Gonna Leave You
5. Smokestack Lightnin'
6. If You Live
7. All Night Worker
8. Got My Mojo Workin'
9. You Don't Love Me
10. Susie Q
11. Hoochie Coochie Man
12. Acapulco Gold And Silver
13. Stand By Me
14. Pride Of Man



The Kaleidoscope
Kaleidoscope
Kaleidoscope

メキシコのKaleidoscope(実際はメキシコのバンドではなくドミニカなどの混成チームらしい)による1969年の唯一作。オリジナルLPはわずか200枚の激レア盤にして、南米サイケ最高峰の逸品。ファズギター好き、チープオルガン好き、変態エフェクト好きにはたまらない必携アイテム。



Hits Internacionales
Bodo Molitor
Hits Internacionales

その"Kaleidoscope"のジャケットデザインを手がけたのが、ドイツ生まれのヒッピーBodo Molitor。21歳の時に世界各地へ放浪の旅に出て、2年ほどのメキシコ滞在中に録音したのが、この"Hits Internacionales"(1969)です。タイトルが示唆するように、"Sookie, Sookie", "She's a Woman", "St. James Infirmary", "Don't Let Me Be Misunderstood", "Midnight Hour"など英語のカバー曲が中心のヒッピーサイケ作品。もちろん、本作のアートワークも彼自身の手によるものです。


以下、同じくメキシコのVam Recordsからリリース予定のCD(サンプルはリンク先のYouTube動画で)。

Antorcha
Antorcha
Antorcha (→動画


Lo Nuevo De Los American's
Los American's
Lo Nuevo De Los American's (→動画


Las Antorchas
Las Antorchas
Las Antorchas (→動画


Iguana
Iguana
Iguana (→動画


Society Is a Shit
Pop Music Team
Society Is a Shit (→動画


Rock En Avandaro-Valle De Bravo
Various Artists
Rock En Avandaro-Valle De Bravo
(1971年メキシコで開催されたロックフェスのオムニバス)
AD
2013年12月25日(水)

1月~2月のリリース予定 その3

テーマ:News
Liquid Giraffe
Jokers Wild
Liquid Giraffe

Jokers Wildは、70年代SSWの名作を残し今年来日を果たしたLonnie Knightが在籍していたミネソタ(ミネアポリス)のガレージサイケバンド。1967~69年の間に3枚のシングルをリリースしたのみですが、その中の"All I See Is You"(1968)は多数のガレージコンピに収録されているので、バンドの名前は聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

この"Liquid Giraffe"は当時未発表に終わった「ロストアルバム」で、先にShadoksから発売されたアナログ盤のCDリリース(ボーナス4曲入り)です。バンドは最初は5人組でスタートしたのですが、やがてジャケにあるようにトリオ編成となり、本作のほとんどのレコーディングは3人で行なわれています。ちなみに、Lonnie Knightは一時同郷のLitterに参加し、ふたたびJokers Wildに戻っています。



Make the Day Break
Rain
Make the Day Break

Rainはノルウェーの3人組(ベースレスでギター、キーボード、ドラムという編成)。映画のサントラEPを1枚残したのみのバンドですが、少し前にShadoksから発掘音源アルバム"Norsk Suite"が出ていました。

"Norsk Suite"は1969年から70年にかけてのレコーディングでしたが、この"Make the Day Break"は1974年のスタジオライブ音源が元になっています。こちらも先行アナログLPのCDリリースで、長尺ボーナス1曲入り。それにしても、これだけの実力を持ったバンドがアルバムを出せなかったのが不思議です。






2013年12月24日(火)

1月~2月のリリース予定 その2

テーマ:News
Bubble Gum Machine
Bubble Gum Machine
Bubble Gum Machine (アナログLPはこちら

Bubble Gum Machineは、ショービズ一家に生まれたDanny、Billy、VickiのSpencer兄妹(姉弟?)を中心とした男女混声グループ。本作はABC系列のSenateレーベルから1967年にリリースされた唯一のアルバムです。

プロデュースは、"Hang On Sloopy"の作者でBeacon Street UnionやPartridge Familyなどを手がけたWes Farrellと、相棒のTony Romeo。Bubble Gum Machineというグループ名はWesが名づけたそうですが、一部の記事でいわれているように、彼らによるスタジオプロジェクトというわけではなく、ステージ活動もしていた実体のあるバンドです(*1)。

音は、バンド名やジャケットに惑わされそうですが、バブルガムポップというより、サイケ風味の男女混声サンシャインポップ系のサウンド。これといった個性には欠けるものの、ファズギター入りのサイケナンバーやメロウチューン、"For What It's Worth"や"To Love Somebody"の出来のいいカバーなどを配した陰影のある曲構成で、しっかりとしたフォークロック寄りのバンドサウンド(要所にホーンアレンジ入り)を聴かせてくれます。

*1
Bubble Gum Machineと名乗る前には、Fabulous Fakes、その前にはRottin Kidsとして活動していて、ColumbiaおよびMercuryからシングルをリリースしている。Vicki(映画女優でもあった)がそれ以前に在籍したBad SeedsはColumbiaからシングル"King of the Soap Box"(1966、→動画)を出していて、この曲は"Mindrocker"コンピに収録されている。ちなみに、旧版のFuzz, Acid & Flowersなどで言及されている「ベトナム慰問ツアー中にメンバーが殺された」という話はデマです。

1. Wat'Cha Gonna Do For Me Now?
2. To Love Somebody
3. Song That Never Comes
4. For What It's Worth
5. Love of a Woman
6. I Wouldn't Be Lonely Anymore
7. You Make Everything Right
8. I Wonder
9. No Love to Be Found
10. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band




2013年12月22日(日)

1月~2月のリリース予定 その1

テーマ:News
Vol. 20-Dick's Picks: Capital Centre Landover MD 9
Grateful Dead
Vol. 20-Dick's Picks: Capital Centre Landover MD 9

デッドのDick's Picksシリーズ、第20巻は1976年9月のふたつのショーをCD2枚ずつに収録した4枚組。ほぼ完全収録ですが、25日のセット1から"It's All Over Now"が、28日のセット1から"Bertha"がカットされています(この2曲は両日とも演奏されたので、互いに別日のバージョンで補完されている)。

Capital Centre Landover, MD 9/25/76
[Disc 1]
Set One
1. Bertha
2. New Minglewood Blues
3. Ramble On Rose
4. Cassidy
5. Brown-Eyed Woman
6. Mama Tried
7. Peggy-O
("It's All Over Now" omitted)
8. Loser
9. Let It Grow
10. Sugaree
Set Two
11. Lazy Lightnin'
12. Supplication

[Disc 2]
1. Mississippi Half-Step Uptown Toodeloo
2. Dancing in the Streets
3. Cosmic Charlie
4. Scarlet Begonias
5. St. Stephen
6. Not Fade Away
7. Drums
8. Jam
9. St. Stephen
10. Sugar Magnolia

Onondaga County War Memorial, Syracuse, NY 9/28/76
[Disc 3]
Set One
1. Cold Rain and Snow
2. Big River
("Bertha" omitted)
3. Cassidy
4. Tennessee Jed
5. New Minglewood Blues
6. Candyman
7. It's All Over Now
8. Friend of the Devil
9. Let It Grow
10. Goin' Down the Road Feeling Bad

[Disc 4]
Set Two
1. Playing in the Band
2. The Wheel
3. Samson and Delilah
4. Jam
5. Comes a Time
6. Drums
7. Eyes of the World
8. Orange Tango Jam
9. Dancing in the Streets
10. Playing in the Band
11. Johnny B. Goode



Troyka
Troyka
Troyka

Troykaは、ガイド本「サイケデリック・ムーズ」でも取り上げられていた、カナダ(アルバータ)出身のプログレ~ヘヴィサイケトリオ。1970年の唯一作は再発されるたびに「うれし恥ずかしい」というか、あまり触れないでほしかったという、マイナーロックコレクターの血が騒ぐお宝的アイテム。今回はオリジナルテープからのリマスターによる正規リイシューで、未発表のボーナス1曲入り。

1. Introduction
2. Natural
3. Early Morning
4. Life's O.K.
5. Burning of the Witch
6. Rub-A-Dub-Dub Troyka in a Tub
7. Troyka Lament
8. Troyka Solo
9. Rolling Down the Back Road
10. Berry Picking
11. Dear Margaret (Malgosia)
12. Go East Young Man Beautiful Eyes
13. Troyka Finale
Bonus Track:
14. The Wedding Song



Gathering of Flowers-the Anthology of the Mamas &
Mamas & The Papas
Gathering of Flowers-the Anthology of the Mamas &

オリジナルは1970年に2枚組LPでリリースされた、Mamas & the Papasのアンソロジー。単なるベスト物コンピではなく、曲間にメンバーのコメントなどを挿んだ、オーディオ・ドキュメンタリーのようなアルバムとなっています。これが初CD化だそうです。

1. Straight Shooter
2. Monday, Monday
3. Trip, Stumble and Fall
4. Go Where You Wanna Go
5. I Call Your Name
6. I Can't Wait
7. Dedicated to the One I Love
8. Free Advice
9. Do You Wanna Dance
10. Spanish Harlem
11. Dancing on the Street
12. Once Was a Time I Thought
13. Creeque Alley
14. Dancing Bear
15. Got a Feeling
16. No Salt on Her Tail
17. Words of Love
18. I Saw Her Again Last Night
19. Did You Ever Want to Cry
20. California Dreamin'



From the Harry Saltzman-Don Kirshner Film Toomorro
Toomorrow
From the Harry Saltzman-Don Kirshner Film Toomorro

オリビア・ニュートンジョン主演のSFミュージカル映画"Toomorrow"(1970)のサントラ盤。映画の制作はDon Kirshnerで、Toomorrowは彼がMonkeesおよびArchiesに次ぐプロジェクトとして売り出そうとしたグループの名前でもあります。その目論見は失敗に終わってしまったのですが・・・。音楽の制作にはHugo Montenegroらが参加しています。

1. You're My Baby
2. Taking Our Own Sweet Time
3. Toomorrow (Instrumental)
4. Let's Move On
5. Walkin' on Air (Instrumental)
6. If You Can't Be Hurt
7. Toomorrow
8. Walkin' on Air
9. Spaceport
10. Happiness Valley
11. Let's Move On
12. Goin' Back

2013年12月20日(金)

Seedsの"Raw & Alive" 2枚組拡大盤発売

テーマ:News
Raw & Alive
The Seeds
Raw & Alive

オリジナルは1968年リリースのSeedsの「ライブ」アルバム、"Raw & Alive: The Seeds in Concert at Merlin's Music Box"のCD2枚組拡大盤がBig Beatからリリースされます(amazonにアップされた時は「在庫なし」状態だったのですが、現在は注文可能になっています)。

前述でライブに「」をつけたのは、ホンモノの公演の実況録音ではなく、観客なしのスタジオライブに後から拍手や歓声をダビングしたものだから。でも、バンドの演奏自体は素晴らしく、オーバーダブや編集なしで録られたそうです。というわけで、「えっ、Seedsってライブでこんなに上手かったの?」という演奏なのに、拍手や歓声がわざとらしくて、「なんかインチキくさいな」という印象のアルバムになっていたのでした。

今回のデラックス盤では、そのオリジナルの「ライブ」に加え、オーバーダブされた歓声などを取り除いた、文字通りの"Raw & Alive"バージョンを収録。また、ディスク2には、このスタジオライブの2か月前に少数の招待客を入れて制作したものの、採用されずにボツとなったスタジオライブ音源が収められています(未発表曲"Hubbly Bubbly Love"収録)。

DISC 1: Raw and Alive Raw
Undubbed versions of GNP Crescendo LP GNPS 2043
1. Introduction by "HUMBLE HARVE" MILLER / MR FARMER
2. NO ESCAPE
3. SATISFY YOU
4. NIGHT TIME GIRL
5. UP IN HER ROOM
6. GYPSY PLAYS HIS DRUMS
7. CAN'T SEEM TO MAKE YOU MINE
8. MUMBLE AND BUMBLE
9. FOREST OUTSIDE YOUR DOOR
10. PUSHIN' TOO HARD

GNP Crescendo LP GNPS 2043 (1968)
11. Introduction by "HUMBLE HARVE" MILLER / MR FARMER
12. NO ESCAPE
13. SATISFY YOU
14. NIGHT TIME GIRL
15. UP IN HER ROOM
16. GYPSY PLAYS HIS DRUMS
17. CAN'T SEEM TO MAKE YOU MINE
18. MUMBLE AND BUMBLE 2
19. FOREST OUTSIDE YOUR DOOR
20. 900 MILLION PEOPLE DAILY ALL MAKING LOVE
21. PUSHIN' TOO HARD

DISC 2: Live in the studio 20 February 1968
1. Introduction by GENE NORMAN
2. MUMBLE AND BUMBLE
3. GYPSY PLAYS HIS DRUMS (New mix)
4. MR FARMER
5. NO ESCAPE
6. SATISFY YOU
7. CAN'T SEEM TO MAKE YOU MINE
8. TWO FINGERS POINTING ON YOU
9. 900 MILLION PEOPLE DAILY ALL MAKING LOVE
10. FOREST OUTSIDE YOUR DOOR
11. HUBBLY BUBBLY LOVE
12. UP IN HER ROOM
13. A FADED PICTURE
14. FALLIN' 7
15. PUSHIN' TOO HARD (New mix)
16. WDGY SPOTS




2013年12月19日(木)

Smith、待望の再発

テーマ:News
Group Called Smith/ Minus-Plus
Smith
Group Called Smith/ Minus-Plus

映画"Easy Rider"のサントラ盤に"The Weight"が収録されていた(*1)LAの男女混声グループ、SmithがDunhillからリリースした2枚のアルバム、"A Group Called Smith"(1969)と"Minus-Plus"(1970)をカップリングした2on1CDが2月にリリースされます。

このバンドの最大の魅力は、Lynn Careyを思わせるような、キュートさとパワフルさを兼ね備えたGayle McCormick嬢(*2)の素晴らしい歌声。半分くらいは男性メンバーがリードボーカルを取っているんですが、私としてはGayleにもっと歌ってほしかったなと思います。

バンドはLAのナイトクラブで演奏しているところをDel Shannonによって見出され、ABC/Dunhillと契約。Shannonがアレンジした Burt Bacharachの"Baby It's You"がシングル発売され、全米5位の大ヒットとなります。Steve Barriのプロデュースによるデビューアルバムは最高17位(11週連続トップ40)を記録。"Easy Rider"のサントラに抜擢されたのは、決して無名ではなく、当時話題のグループだったからなんですね。

Dunhill、Steve Barriとくると、フォークロックやママス&パパス系をイメージしてしまいそうですが、このバンドはR&B寄りの黒っぽいロックサウンドです。1stの曲目を見ると、ほとんどがカバー曲ですが、いずれも個性的でソウルフルなアレンジがほどこされていて、演奏も(セッションマンの手が入っているのかもしれませんが)メジャー級で、聴きごたえがあります。

*1
映画本編で流れるThe Bandのバージョンは契約の関係で使用できず、かわりにSmithのカバーバージョンが収録された。この曲はSmithのオリジナルLPには未収録で、1994年の1stのCD再発時にボーナスで収録されていた(今回の2on1には収められていない)。

*2
Smith解散後はソロとして活動し、1971~74年の間に3枚のアルバムをリリースしている。1stソロ"Gayle McCormick"からシングルカットされた"It's a Cryin' Shame"は全米44位のヒットを記録(この曲もSmithの1stの再発CDにボーナス収録されていた)。

Track Listing:
A Group Called Smith (1969)
1. Let's Get Together
2. I Don't Believe
3. Tell Him No
4. Who Do You Love?
5. Baby It's You
6. Last Time
7. I Just Wanna Make Love to You
8. Mojaleskey Ridge
9. Let's Spend the Night Together
10. I'll Hold Out My Hand

Minus-Plus (1970)
11. You Don't Love Me (Yes I Know)
12. Born in Boston
13. Comin' Back to Me
14. Feel the Magic
15. Jason
16. What Am I Gonna Do
17. Take a Look Around
18. Since You've Been Gone
19. Circle Man
20. Minus-Plus






2013年12月17日(火)

Brotherhood (Friend Sound)のコンピ発売

テーマ:News
Complete Recordings
Brotherhood
Complete Recordings

Brotherhoodは、Paul Revere & the RaidersのメンバーだったDrake Levin(ギター)、Phil Volk(ベース)、Mike Smith(ドラム)と、Beat of the Earthの1stに参加していたRon Collins(キーボード)によって結成された西海岸の4人組。RCAから元祖パワーポップ系のサイケポップアルバム、"Brotherhood"(1968)と "Brotherhood Brotherhood"(1969)の2作をリリースしています。

今回のコンピはその2枚と、彼らがChris EthridgeやJim GordonとともにFriend Sound名義で制作したセッションアルバム、"Joyride"(1969)を2枚のCDに収めたもの。3作とも、これが初CD化だと思います。ガイド本「サイケデリック・ムーズ」でも紹介されていた"Joyride"は、ポップなBrotherhoodのアルバムとはまったく違う、ずぶずぶの「真正エクスペリメンタルサイケデリア」作品なので、欲を言えば単独でCD再発してほしかったところ・・・。

CD One
Brotherhood (1968)
1. Somebody
2. Woman Unkind
3. Pastel Blue
4. Close the Door
5. Doin' the Right Thing (The Way)
6. Seasons
7. Love for Free
8. Lady Faire
9. Ice Cream
10. Jump Out the Window
11. Box Guitar
12. Forever

Brotherhood Brotherhood (1969)
13. Don't Let Go
14. Glory Train
15. When the Chips Are Down
16. Back Home Again
17. California Dreamin'
18. Rose Garden
19. Deep Blue Sea
20. Family Tree
21. Love Sketch
22. Destination Unknown
23. When I Get Home

CD Two
Friend Sound / Joyride (1969)
1. Joyride
2. Childhood's End
3. Love Sketch
4. Childsong
5. Lost Angel Proper St.
6. The Empire of Light2








2013年12月13日(金)

Ultimate Spinachのアーカイブライブ&コンピいろいろ発売

テーマ:News
Live at the Unicorn July 1967
Ultimate Spinach
Live at the Unicorn July 1967

Ultimate Spinachは、MGMらによってでっち上げられた似非サイケムーブメント、「ボスタウン(Bosstown)サウンド」の第一弾の目玉として売り出された男女混声グループ。彼らがデビュー前の1967年7月にボストンのUnicorn Coffee Houseで行なった公演の録音とされるアーカイブライブがリリースされます(Keyholeから1月21日発売予定)。

この音源はわりと昔から知られていて、私もずいぶん前にネットのアーカイブサイトからダウンロードした記憶があります。いま、ひさびさに聴いていますが、当時の録音としては上々の音質。演奏も、彼らのサイケバンドとしての実力がわかる貴重な記録だと思います。

ただ、2ndアルバム収録の"Mind Flowers"が演奏されていることや、チープオルガンではなくエレピが使われていることなどから、1stリリース後の1968年のライブではないか?という疑問もあります。1967年7月というと、Alan LorberによってUltimate Spinachと改名させられる(*1)前、まだUnderground Cinemaと名乗っていた頃のはず・・・。

*1
リーダーのIan Bruce-Douglasによると、彼がLSDトリップの最中に、鏡を見ながら自分の顔に緑色のマーカーで落書きをしている時に思わず発した言葉、「俺は究極のホウレン草だ!」が元になっていて、いつかこれをバンド名にしたいと思っていたんだそうです。だから、定説のように「無理やり改名させられた」ということではないようです。

Tracklisting:
1. Hey Joe
2. Get Together
3. I Don't Know Your Name
4. Funny Freak Parade
5. Don't Cry For Me
6. Follow Me
7. Hip Death Goddess
8. Mind Flowers



それから、同じくKeyholeから60sフレンチ・フリークビートのコンピレーションが発売されます。その他、以下はリリース予定のコンピレーション(米南部のポップサイケを集めたCD2枚組の"Alice in Wonderland"はすでに発売中)です。

Psychegaelic: French Freakbeat
Various Artists
Psychegaelic: French Freakbeat

Original Album Series
Tommy James & The Shondells
Original Album Series

Original Album Series
Psychedelia (Tomorrow, July, Gods, Idle Race, Yardbirds)
Original Album Series

Psychedelic Rock Mexican
Various Artists
Psychedelic Rock Mexican

Southern Pop Psych Trip
Various Artists
Alice in Wonderland: Southern Pop Psych Trip

1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。