2013年10月25日(金)

"A Fistful of Fuzz"の続編再発

テーマ:News
For a Few Fuzz Guitars More
Various Artists
For a Few Fuzz Guitars More

少し前にこちらでお知らせした、ファズギター満載のレアサイケコンピ、"A Fistful of Fuzz"の続編にあたる"For a Few Fuzz Guitars More"(2002)がParticlesから再発されます(11月26日発売予定)。

前編同様、レコードコレクターである編集者自身のコレクションから選別されていて、他では聴けないようなレアなトラックも収録されています。こちらも、チープなジャケとは裏腹の、第一級の“ファズギター”サイケコンピとなっています。(下のトラックリストのリンク先はYouTube動画です。)

1. The Purple Sun - Doomsday
2. Velvet Haze - Last Day On Earth
3. The Golden Grass - Elastic Soldier
4. Bare Facts - Toy Soldier
5. The Ritual - Walls Of My Mind
6. Sherman Marshall - Purple Haze
7. Smith Vinson - Hallucinations
8. Rochelle Rosenthal & The Kickball Queen - Lottery
9. Goodly Rubenson - lnside Outside
10. The Living End - Sheep
11. Super Band - Fast-Master
12. Peacepipe - The Sun Won't Shine Forever
13. The Dystraction - Where Are We Now?
14. Fowl - You Know
15. White Lightnin' - Leaves
16. Twiggs - Moon Maiden
17. The Attack - School Daze
18. Sounds Synonymous - Babylon
19. The Sub - Ma-mari-huana
20. The Outrage - The Letter
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年10月19日(土)

Doorsのレア映像DVD/Blu-ray発売

テーマ:News
R-Evolution [DVD] [Import]
Doors
R-Evolution [DVD] [Import] (Blu-rayはこちら

Doorsの未発表を含むレアな映像を集めた新譜DVD(Blu-ray)が、Eagle Rock Entertainmentからリリースされます(12月3日発売予定)。貴重なTV出演映像や、バンドが自ら制作したミュージックフィルムなどが、最高水準でリストアされた映像とBruce Botnickのリミックスによるサウンドトラックで提供されるとのこと。タイトルの"R-Evolution"は、Doorsが進化しながらロック(ポップ)ミュージック界に革命を起こしていく有様を示唆しているそうです。

また、各トラックの詳細、歌詞、トリビアや写真が掲載されたDVDサイズのハードカバーブック(40頁)が付属するDeluxe Edition(Blu-rayはこちら)も同時にリリースされる予定です。(記事中の各エディションのamazonへのリンクは、価格から判断して当方が推測したものであることをお断りしておきます。)

“R-Evolution” / Track Listing

1) Break On Through (To The Other Side)
Music Film - January 1967

2) Break On Through (To The Other Side)
From Shebang - March 5, 1967

3) The Crystal Ship
From American Bandstand - July 22, 1967

4) Light My Fire
From American Bandstand - July 22, 1967

5) Light My Fire
From Malibu U - August 25, 1967

6) People Are Strange
From Murray The K In New York - September 22, 1967

7) Moonlight Drive
From The Jonathan Winters Show - December 27, 1967

8) The Unknown Soldier
Music Film - February 1968

9) Hello, I Love You
From Musik Fur Junge Leute: 4-3-2-1 Hot And Sweet - September 13, 1968

10) Touch Me
From The Smothers Brothers Comedy Hour - December 15, 1968

11) Wild Child
Music Film - July 1969

12) Roadhouse Blues
Music Film - February 1970

13) Crawling King Snake
From GTK (Get To Know) - December 1970

14) The Changeling
Music Film - April 1971

15) Gloria
Music Film - October 1983

16) People Are Strange
Music Film - 198o’s

17) Strange Days
Music Film - 1984

18) L.A. Woman
Music Film - 1985

19) Ghost Song
Music Film - 1995

Bonus Features:

Love Thy Customer (music by The Doors)
Ford Training Film - 1966

Outtakes:
Malibu U - 1967
Break On Through (To The Other Side) - Isle Of Wight, August 1970

Breaking Through The Lens documentary

AD
2013年10月19日(土)

“Move Me Brightly”

テーマ:YouTube
$サイケデリック漂流記


10月29日発売予定の"Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday"の予告編がYouTubeにアップされています。本作は、2012年8月3日にBob WeirのTRIスタジオで行なわれ(ネット中継された)Jerry Garcia生誕70周年を記念したライブイベントの模様に、関係者へのインタビューなどによるドキュメンタリーを交えた新譜DVD/Blu-ray。ドキュメンタリー部分は先にデッドのドラマーBill Kreutzmannの息子のJustinによって制作されたもので、ライブイベントでも上映されました。

ちなみに、12月には字幕入りの日本盤DVDがリリースされる予定です。(同時にデッドの「チケット・トゥ・ニュー・イヤーズ」、「クロージング・オブ・ウィンターランド」の日本盤DVDも発売予定。)

Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday [DVD] [Import]
Move Me Brightly: Celebrating Jerry Garcia's 70th Birthday [DVD] [Import]
(Blu-rayはこちら
AD
2013年10月12日(土)

シスコサウンド系の2タイトル発売

テーマ:News
Scene In-Between 1965-67
Stained Glass
Scene In-Between 1965-67

Stained Glassはサンフランシスコ湾南岸のサンノゼ出身のフォークロック~サイケバンド。1969年に2枚のアルバムをCapitolからリリースしています。ベース&ボーカルでほとんどの曲を書いていたJim McPhersonは、その後70年代前半にJohn CipollinaとともにCopperheadを結成。Copperheadで再録された"Kibitzer"はこのStained Glassがオリジナルです。

今回Big Beatから発売される本作は、それ以前の1965~67年にRCAからリリースされたシングルや未発表曲(ライブ音源を含む)、および前身グループのTrollsによるトラックなどが収録されたアンソロジーとなっています。2007年にFalloutから出た1stの"Crazy Horse Roads"の再発CDにボーナスで収録されていたRCA時代のシングルから判断すると、(特に後期のような)ヘヴィサイケ的な要素はほとんどなく、ビートルズカバーに象徴されるようなポップサイケ~ガレージサウンドが主体となっていると思われます(タイトルトラックのような「どサイケ」な曲もあり)。

Track Listing:
1. Walkin' Shoes
2. She's Not Right
3. How Do You Expect Me To Trust You
4. No Rhyme Or Reason
5. Sweeter Than Life
6. Such Good Friends
7. Broken Man
8. Lonely Am I
9. If I Needed Someone
10. My Buddy Sin
11. Vanity Fair
12. Revenge Is Sweet
13. We Got A Long Way To Go
14. Inside Ouch
15. Too Fit To Be Tied
16. Dollar Sign Friends
17. Second Day
18. Bubble Machine
19. Mediocre Me
20. A Scene In-Between
21. Mr Martyr
22. You Keep Me Hangin' On
23. My Flash On You
24. 2120 S. Michigan Avenue



Live at the Winterland Ballroom-Dec.1,1973
Quicksilver Messenger Service
Live at the Winterland Ballroom-Dec.1,1973

こちらはQuicksilver Messenger Serviceが1973年12月1日にWinterlandで行なった公演を収録したアーカイブライブ。この時期はドラムがふたりという編成で、下の動画のようなツインドラムスタイルがえらくカッコイイ。ちなみに、発売元のCleopatraのページにある裏ジャケ画像にはベースがMark Ryanとクレジットされていますが、当時のベースはRoger Stantonだったんじゃないかと思います(下の演奏メンバーは他サイトを参考にしたもの)。

Track Listing:
1. Losing Hand (9:29)
2. Play My Guitar (4:38)
3. Mojo (9:49)
4. What About Me? (7:55)
5. The Hat (10:34)
6. Who Do You Love? (8:50)
7. Jam 1 (4:37)
8. Jam 2 (6:14)

Musicians:
Dino Valenti - guitar, vocals
Gary Duncan - guitar, vocals
Roger Stanton - bass
Greg Elmore - drums
Harold Aceves - drums
Special Guests:
John Cipollina - guitar
David Freiberg - keyboards


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2013年10月05日(土)

60s後期Raidersの4作を収録した2枚組コンピ発売

テーマ:News
Something Has Happened! 1967-1969 (Double C
Paul Revere & the Raiders featuring Mark Lindsay
Something Has Happened! 1967-1969 [2CD]

少し前に豪Ravenから、Paul Revere & the Raidersの1965~67年の5作を収録した5on2CDが出ていましたが、その続編となるコンピレーションが11月にリリースされます。(リンク先のamazonではタイトルが"Something Happening!"となっていますが、他サイトやジャケ表記に従って"Something Has Happened!"に訂正してあります。)

今回は1968~69年の4作、"Goin' to Memphis", "Something Happening", "Hard 'n' Heavy (with Marshmallow)", "Alias Pink Puzz"に、ボーナストラックとして1967年の"A Christmas Present...and Past"からの4曲を追加したCD2枚組となっています。

"Goin' to Memphis"はメンフィス録音のR&B色の強い作品で、実質的にはMark Lindsayのソロアルバムといえるもの。"Something Happening"はサイケポップ調(ファズギター入り)の作品で、"Hard 'n' Heavy (with Marshmallow)"はタイトルどおり「ヘヴィ・バブルガム」といったサウンド。"Alias Pink Puzz"は、よりメロウでソフィスティケートされた印象と、それぞれテイストが少しずつ違っていて楽しめます。

CD 1:
"Goin' to Memphis" (1968)
1. Boogaloo Down Broadway
2. Every Man Needs A Woman
3. My Way
4. One Night Stand
5. Soul Man
6. Love You So
7. I Don't Want Nobody (To Lead Me On)
8. I'm A Loser Too
9. No Sad Songs
10. Cry On My Shoulder
11. Peace Of Mind
12. Goin' To Memphis
"Something Happening" (1968)
13. Happening Intro / Too Much Talk
14. Happens Every Day
15. Burn Like A Candle
16. Observation From Flight 285 (In 3/4 Time)
17. Get Out Of My Mind
18. Don't Take It So Hard
19. Communication (Parts 1 & 2)
20. Love Makes The World Go Round (Don't You Let It Stop)
21. Free
22. The Good Times
23. Happening '68
Bonus Tracks (from the Album "A Christmas Present...and Past" 1967)
24. Brotherly Love
25. Rain, Sleet, Snow
26. Dear Mr. Claus
27. A Heavy Christmas Message

CD 2:
"Hard 'n' Heavy (with Marshmallow)" (1969)
1. Mr. Sun, Mr. Moon
2. Money Can't Buy Me
3. Time After Time
4. Ride On My Shoulder
5. Without You
6. Trishalana
7. Out On That Road
8. Hard And Heavy 5 String Soul Banjo
9. Where You Goin' Girl
10. Cinderella Sunshine
11. Call On Me
"Alias Pink Puzz" (1969)
12. Let Me!
13. Thank You
14. Frankfort Side Street
15. Hey Babro
16. Louisiana Redbone
17. Here Comes The Pain
18. The Original Handy Man
19. I Need You
20. Down In Amsterdam
21. I Don't Know
22. Freeborn Man


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2013年10月02日(水)

"Book a Trip"の続編発売

テーマ:News
Book a Trip 2: More Psych Pop Sounds of Capitol Records
Various Artists
Book a Trip 2: More Psych Pop Sounds of Capitol Records

60年代後半(1966~1969年)に米Capitol Recordsからリリースされたサイケポップ~ソフトロック系のオブスキュアなシングルを集めたNow Soundsのコンピレーション、"Book a Trip: The Psych Pop Sounds of Capitol Records"の続編がリリースされます(12月3日発売予定)。今回も、ハリウッドのCapitol Recordsの保管庫に眠っていたオリジナルマスターテープがソースとなっていて、多くはCD初登場(初ステレオ化となるトラックもあり)とのことです。

ちなみに、Laughing WindはWest Coast Pop Art Experimental BandのHarris兄弟とMichael Lloydによるスタジオプロジェクト。前編にも収録されていたChris and Craigは、Penny Arkadeのソングライターコンビ、Chris DuceyとCraig Smith(=Maitreya Kali)のこと。Jesse Lee Kincaidは、Ry CooderやTaj Mahalが在籍していたことで知られるRising Sonsの創成メンバーだった人で、Harry NilssonやHearts & Flowers, Dillardsらがカバーした"She Sang Hymns Out of Tune"はこの人の曲。

どサイケな"Fire Engine Sky"を歌っているMichael Blodgettは、映画"The Trip"や"Beyond the Valley of the Dolls"に出演していた俳優。Timothy Cloverは、Boss Town Soundの向こうを張ってBean Town Soundと銘打たれたNYのスタジオプロジェクト(私は詐欺被害救済詐欺を連想してしまった。もちろん、Timothy Cloverという人物もバンドも実在しない)。"The Cambridge Concept of Timothy Clover - A Harvard Square Affair"というタイトルのアルバムを1968年にTowerからリリースしていて、"Trolley Car Line"はそれに収録されています。(下のトラックリストのリンク先はYouTube動画。)

1. CATCH THE LOVE PARADE - The Staccatos
2. TIMES WILL BE HARD - The Tombstones
3. DON'T TAKE VERY MUCH TO SEE TOMORROW - The Laughing Wind
4. FOR MARY'S SAKE - These Vizitors
5. I CAN'T GO ON - Chris And Craig
6. MASQUERADE - Jesse Lee Kincaid
7. PRETTY DAISY - The Knack
8. OCTOBER COUNTRY - Raw Edge
9. GROOVY DAY - Ian Whitcomb
10. PORTOBELLO ROAD - Ellie Janov
11. FIRE ENGINE SKY - Michael Blodgett
12. WHEN DIANA PAINTS THE PICTURE - Robbi Curtice
13. TROLLEY CAR LINE - Timothy Clover
14. LITTLE TOY - The Unforscene
15. SKIP-A-LONG SAM - The Sugar Shoppe
16. SIDEWALK SKIPPER SONG - Sidewalk Skipper Band
17. MIDNIGHT SUN - The Pink Cloud
18. ALONE ALONE - James Flemming
19. HELLO LOVE - The Tuneful Trolley
20. SONG THE CITY SINGS - The New Kick
21. DON'T LEAVE ME - Griffin
22. THAT BLUEBIRD OF SUMMER - The Surf Symphony
23. GOOD TO BE AROUND - The Laughing Wind
24. THE END - Ian Whitcomb

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。