2012年08月31日(金)

Ray Stinnettの「ロストアルバム」発売

テーマ:News
Fire Somewhere
Ray Stinnett
A Fire Somewhere

全米No.1ヒット"Wooly Bully"(1965)で知られるメンフィスのSam the Sham & the PharaohsのメンバーだったRay Stinnettが、朋友Booker T. Jonesのプロデュースの元に制作し、A&Mから1971年にリリースされるはずだったのに、結局お蔵入りとなってしまった幻のソロデビューアルバム、"A Fire Somewhere"がLight in the Atticから発掘リリースされます(10月2日発売予定)。

試聴した限りでは、メンフィスサウンドとヒッピーサイケを下地にした、メロウ&メランコリックな良質のSSW作品という印象で、期待できそうです。Rayはサマーオブラブの1967年には、サンフランシスコのヒッピーコミューン、Morning Star Ranch(別名The Digger Farm)に家族とともに一時移り住んでいたというから、そのヒッピースピリットは「筋金入り」かもしれません。

詳細は発売元のLight in the Atticのページで(30秒試聴可)。こちらのサイトでは2分間の試聴ができます。

Track Listing :
1. Salty Haze
2. You Make Me - Feel
3. Silky Path
4. Wheel Of Time
5. Stop
6. Long Rivers Flow
7. America
8. You & I
9. Honey Suckle Song
10. Liberty Train
11. Naturally High
12. Loves In The Answer
13. A Fire Somewhere
14. The Rain

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年08月26日(日)

Iron Butterfly, Tim Buckleyの廉価ボックス発売

テーマ:News
Triple Album Collection
Iron Butterfly
Triple Album Collection

Rhino/WarnerによるCD3枚組の新たな廉価ボックスシリーズ、Triple Album Collectionから、Iron ButterflyとTim Buckleyがリリースされます(10月16日発売予定。他にも十数アーティストが同時発売予定)。

Iron Butterflyは"Heavy"(1968)、"In-A-Gadda-Da-Vida"(1968)、"Live"(1970)の3枚、Tim Buckleyは"Happy Sad"(1969)、"Lorca"(1970)、"Greetings from L.A."(1972)の3枚となっています。いずれもボーナストラックなしの旧リマスタバージョンのようです。

Triple Album Collection
Tim Buckley
Triple Album Collection

AD
2012年08月18日(土)

Seedsの1stがデラックス盤で再発

テーマ:News
The Seeds
THE SEEDS
The Seeds

故Sky Saxon率いるSeedsのデビュー作(1966)が、10曲のボーナストラックを追加したデラックス・エディションで、Ace/Big BeatからCD再発されます。

アルバム本編はオリジナル・モノミックスを採用。ボーナストラックは10曲のうち8曲が未発表テイクとのことです。40頁ブックレット付属のデジパック仕様で、9月24日発売予定。

Seedsは私が最も愛好するバンドのひとつ。一度その独特な「脱力フラワーパンク」ワールドにハマると抜けられません。

Track Listing :
THE SEEDS - GNP Crescendo LP 2023 (1966)
1. CAN'T SEEM TO MAKE YOU MINE
2. NO ESCAPE
3. LOSE YOUR MIND
4. EVIL HOODOO
5. GIRL I WANT YOU
6. PUSHIN' TOO HARD
7. TRY TO UNDERSTAND - GNP Crescendo 370
8. NOBODY SPOIL MY FUN
9. IT'S A HARD LIFE
10. YOU CAN'T BE TRUSTED
11. EXCUSE, EXCUSE
12. FALLIN' IN LOVE

BONUS TRACKS
13. SHE'S WRONG - GNP Crescendo LP GNPS 2107 (1977)
14. DAISY MAE (take 1) (2012)
15. DREAMING OF YOUR LOVE (2012)
16. OUT OF THE QUESTION (version 1, take 1) (2011)
17. OUT OF THE QUESTION (version 1, master) (2012)
18. PUSHIN' TOO HARD (take 1) (2012)
19. GIRL I WANT YOU (alternate overdub, take 6a) (2012)
20. EVIL HOODOO (unedited take and intercut section) (2012)
21. IT'S A HARD LIFE (take 3) (2012)
22. NOBODY SPOIL MY FUN (alternate overdub, take 3a) (2012)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
"She's Wrong"は'77年のレア音源集"Fallin' Off the Edge"が初出。


AD
2012年08月09日(木)

9~10月発売予定のCD

テーマ:News
Complete Moving Sidewalks
Moving Sidewalks
Complete Moving Sidewalks

レココレ・サイケ号で「テキサス・サイケの最高峰」と紹介されていたMoving Sidewalks。ZZ TopのBilly Gibbonsが在籍していたことでも有名なヒューストンの4人組の「コンプリート」コンピがRockbeatからリリースされます(9月25日発売予定)。

某サイトに掲載されていた下のトラックリストは、以前AkarmaからCD再発された、ボーナス5曲入りの"Flash"(1968)とまったく同じになっていますが、それに加えて未発表および別テイクが収録されるとも記されています。紙ジャケ仕様のCD2枚組になるとの情報もあり、まだ正確なところはよくわかりません。

1. Flashback
2. Scoun Da Be
3. You Make Me Shake
4. You Don't Know The Life
5. Pluto-Sept. 31st
6. No Good To Cry
7. Crimson Witch
8. Joe Blues
9. Eclipse
10. Reclipse
11. 99th Floor
12. What Are You Doing To Do
13. I Want To Hold Your Hand
14. Need Me
15. Every Night A New Surprise
Plus unreleased and alternate takes



21st Century Sound Movement
21st Century Sound Movement
21st Century Sound Movement

"21st Century Sound Movement"は、数枚の存在しか知られていないらしい、1968年のウルトラレアなガレージアルバム。ミズーリ州インディペンデンスのCavern Sound Studiosで録音されたという以外、メンバーなどの詳細もよくわからないようです。Fuzz, Acid & Flowersでも、「聴いたことのある人によると・・・」との短いコメントが載っているだけでした。

Beatles, Doors, Animals, Jimi Hendrix, Iron Butterflyらのカバーが主体の本編に、Caveレーベルからのシングル2曲を加えた紙ジャケ仕様のCDで、Gear Fabから10月16日発売予定。

1. Don't Let The Sun Catch You Crying
2. House Of The Risin' Sun
3. The Weight
4. Fire
5. Hey Jud
6. Mercy Mercy
7. Susie Q
8. Light My Fire
9. For The Rest Of My Life
10. In-A-Gadda-Da-Vidda
11. Feelin' Down
12. First Day

Total Time: 40:18



Spring 1990: So Glad You Made It
Grateful Dead
Spring 1990: So Glad You Made It

こちらは、近くRhinoからリリースされるGrateful Deadのボックスセット、"Spring 1990"(1990年春の6公演をCD18枚に完全収録したもの。約200ドル)から20曲をセレクトしたダイジェスト盤(CD2枚組で9月18日発売予定)。収録曲はいずれも(公式には)未発表トラックとのことです。

Disc One:
1. LET THE GOOD TIMES ROLL> [4:00]
2. FEEL LIKE A STRANGER [7:32]
3. WEST L.A. FADEAWAY [7:33]
4. EASY TO LOVE YOU [5:58]
5. BEAT IT ON DOWN THE LINE [3:19]
6. LOSER [7:31]
7. IT'S ALL OVER NOW> [7:30]
8. JACK-A-ROE [5:00]
9. THE LAST TIME [5:14]
10. BIRD SONG [14:04]
11. BLOW AWAY [11:58]

Disc Two:
1. SAMSON AND DELILAH [6:59]
2. SCARLET BEGONIAS> [11:11]
3. ESTIMATED PROPHET> [10:57]
4. PLAYING IN THE BAND> [8:30]
5. EYES OF THE WORLD [14:50]
6. GIMME SOME LOVIN'> [5:09]
7. MORNING DEW [11:13]
8. NOT FADE AWAY [5:51]
9. ATTICS OF MY LIFE [5:08]



$サイケデリック漂流記

2012年08月03日(金)

Merry-Go-Roundが紙ジャケで再発

テーマ:News
メリー・ゴー・ラウンド(紙ジャケット仕様)
メリー・ゴー・ラウンド
メリー・ゴー・ラウンド(紙ジャケット仕様)

当ブログではお馴染みのEmitt Rhodesが在籍した、LAのMerry-Go-Roundの唯一のアルバム(1967)が、A&M創立50周年記念の紙ジャケ+SHM-CD仕様限定盤で、USMジャパンから再発されます(9月26日発売予定)。

オリジナルのタイトルは"The Merry-Go-Round: You're a Very Lovely Woman - Live"。もちろん、ライヴアルバムってことではなくて、Nuggetsボックスにも収録されている全米63位ヒットシングルの"Live"(リヴ)が収められているという意味です。

このアルバム、2005年にRev-Olaからリリースされた29曲入りのコンピ、"Listen, Listen: The Definitive Collection"の前半に、オリジナルと同じ曲順で全曲が収録されていましたが、今回は当然ながらオリジナルジャケットでの再発となる模様です(上のジャケ画像はアナログ盤のものです)。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
Fairport Conventionのバージョンで有名なこの曲は
Merry-Go-Roundがオリジナル(Emitt Rhodes作)。


AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。