2012年05月19日(土)

"Marcus"が拡大盤で再発

テーマ:News
Marcus: Original Lp and Outtakes
Marcus (Rusty Evans)
Marcus: Original Lp and Outtakes

60sサイケのパイオニア、Psychedelic Moods of the Deep~Freak SceneのRusty Evansが1970年に本名のMarcus (Uzilevsky)名義でリリースしたソロ作"Marcus"が、アウトテイクやデモトラックを追加したCD2枚組の拡大盤でLion Productionsから再発される模様です。

本作は彼がグリニッチビレッジのフォークシーンで活動していた頃の原点に回帰したようなフォーク志向のアルバム。ビブラートを効かせた歌い方など、サイケ期Donovanを連想させるようなメロウ&フォーキーな作品となっています(ストリングスや女性バックコーラス入りの曲あり)。Freak Sceneの"A Million Grains of Sand"のメロウサイケな再録なんかも聴き物です。

トラックリスト等詳細はまたのちほど。


サイケデリック漂流記


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年05月17日(木)

Kismetから7月発売予定のCD

テーマ:News
Travel Agency
Travel Agency
Travel Agency

Travel Agencyはサンフランシスコの三人組。本作は1968年の唯一のアルバムで、Leathercoated Mindsの"A Trip Down the Sunset Strip"の発売元で知られるLAのVivaレーベルからリリースされています。

アルバムのプロデュースは(Breadの)James Griffin。基本的にはポップサイケ寄りのフォークロックで、美しいボーカルハーモニーのメロウな楽曲が主流。でも、下の動画のようなファズギター入りのヘヴィサイケ曲や、約7分のトラッド系アシッドフォークナンバーがあったりで、「ひとことではいいづらい」たぐいの作品です。以前HeadからCDが出ていましたが、今回の再発ではボーナストラックとして、1966~69年のノンLPシングル5曲が追加されています。

ちなみに、メンバーのSteve HaehlとFrank Lupicaは、のちのデッドファミリーのZakir HussainらとShantiを結成し、1971年に東洋(インド)志向のセルフタイトルアルバムをリリースしています。

Track Listing :
1. What's A Man
2. Sorry You Were Born
3. Cadillac George
4. Lonely Seabird
5. So Much Love
6. Make Love
7. That's Good
8. I'm Not Dead
9. She Understands
10. Come To Me
11. You Will Be There
12. Old Man
Bonus tracks :
13. Time
14. Made For You
15. Emit
16. What's A Man
17. She Understands



Distortions
Blue Phantom
Distortions

「イタリア版Animated Egg」ことBlue Phantomの"Distortions"は、1971年の全編インスト・ヘヴィサイケ「企画もの」アルバム(詳細は不明。ミラノのスタジオミュージシャン?による録音らしい)。「Black SabbathミーツAnimated Egg」みたいなヘヴィファズチューンに即死まちがいなしの、コレクター必携盤です。今回の再発はボーナストラック1曲入り。ちなみに、上のジャケはUK盤のもので、オリジナルのイタリア盤のものとは異なります。

Track Listing :
1. Diodo
2. Metamorphosis
3. Microchaos
4. Compression
5. Equilibrium
6. Dipnoi
7. Distillation
8. Violence
9. Equivalence
10. Psycho-Nebulous
Bonus track :
11. Uncle Jim



Play a Tribute to Deep Purple
Funky Junction
Play a Tribute to Deep Purple

トリオ時代の初期Thin Lizzyのメンバー、Phil Lynott, Eric Bell, Brian Downeyの3人が、Funky Junction名義で1973年にリリースしたDeep Purpleトリビュートアルバム(録音は72年末)。

ジャケを見ると実況録音盤か?と思われるかもしれませんが、ほかにボーカルとキーボードがゲスト参加したスタジオ作品です。PhilがIan Gillanみたいには歌えないということで雇われたリードボーカルは、同郷アイルランドのElmer FuddというバンドにいたBenny White。オルガンを弾いているのも同バンドに在籍していたDave Lennoxです(ふたりのギャラはわずか60ポンドだったらしい)。

わりと忠実なDeep Purpleカバーに加えて、意味不明なオリジナル(これがいちばんサイケだったりする)や「朝日のあたる家」のインスト曲がはさまれていたり、なかなかのトホホぶりで、この手の「企画もの」アルバムコレクターには美味しい内容ではないかと思います。

Track listing :
1. Fireball
2. Dan
3. Black Night
4. Palamatoon
5. Strange Kind Of Woman
6. Hush
7. Rising Sun
8. Speed King
9. Corina


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD
2012年05月16日(水)

デッドのDVDボックス日本盤発売

テーマ:News
ライヴ映像BOX~オール・ジ・イヤーズ・コンバイン(仮) [DVD]
グレイトフル・デッド
ライヴ映像BOX~オール・ジ・イヤーズ・コンバイン(仮) [DVD]

先ごろリリースされたGrateful Deadのライヴ映像DVD14枚組ボックスセット、"All the Years Combine"の日本盤がリリースされます。約半数の5タイトルの一部(ドキュメンタリーやインタビューなど)に日本語字幕がついています。収録内容の詳細はリンク先のamazonのページで。

これって、Jerry Garciaの生誕70周年記念だったんですね(1942年生まれ)。日本盤は誕生日の8月1日の発売予定となっています。


$サイケデリック漂流記


AD
2012年05月14日(月)

Mainstreamのレーベルコンピ発売

テーマ:News
All Kinds of Highs: A Mainstream Pop-Psych Compendium
Various Artists
All Kinds of Highs: A Mainstream Pop-Psych Compendium

Mainstream(および姉妹レーベルのBrent)に所属したアーティストの(ポップ)サイケチューンを集めたCD2枚組のコンピレーションが、英Big Beatからリリースされます(7月3日発売予定)。

Mainstream(Brent)のオーナー、Bob Shadは、もともとはジャズやブルース畑の人だったからか、彼が契約したロック(サイケ)アーティストはわりと地味めで、メジャーになったのはJanis Joplin(Big Brother & the Holding Companyのデビュー作はBobのプロデュースでMainstreamからのリリース)やTed Nugent(Amboy Dukes)くらいなんですが、それが逆にサイケファンにはたまらない「通好み」のラインナップの宝庫となったのでした。

下のトラックリストのリンク先はYouTube動画です。

Disc 1 :
1. JOURNEY TO THE CENTER OF THE MIND - The Amboy Dukes
2. FOR A MOMENT - The Orient Express
3. SATURDAY NIGHT - The Country Gentlemen
4. MR GREY - The Stone Circus
5. CAUGHT IN THE RAIN - Ellie Pop
6. NATURES CHILDREN - The Tangerine Zoo
7. GIRL, OH GIRL (DON'T PUSH ME) - Fever Tree
8. AN OLDER MAN - The Tiffany Shade
9. PLEASE COME HOME - The Six Pentz
10. RIDDLES & FAIRYTALES - The Bohemian Vendetta
11. GET HIM OUT OF YOUR MIND - The Underground
12. YOU'LL WALK AWAY - The Art Of Lovin
13. NOW HE'S HERE - The Grammy Fones
14. GENERATION - The Jelly Bean Bandits
15. CRAZY TOWN (MOVE ON LITTLE CHILDREN) - The Superfine Dandelion
16. TWENTY LIGHT YEARS AWAY - The Orphans
17. EDGE OF TIME - The Growing Concern
18. SOMEONE MUST HAVE LIED - The Fun & Games Commission
19. CAN'T YOU SEE - The Tangerine Zoo
20. I DON'T KNOW WHY - The Wrongh Black Bag
21. EASY - The Underground
22. ONE GOOD REASON - The Tiffany Shade
23. TIMEKEEPER - The Scarlet Letter
24. YOU'VE GOT THE POWER - The Art Of Lovin
25. CAN'T BE LOVE - Ellie Pop
26. TAPESTRIES - The Jelly Bean Bandits

Disc 2 :
1. I CAN BEAT YOUR DRUM - Fever Tree
2. TRIP TO THE ZOO - The Tangerine Zoo
3. SEVEN NORTH FREDERICK - Ellie Pop
4. GOOD TIMES - The Art Of Lovin
5. A QUIET REVOLUTION - The Tiffany Shade
6. MARY MAIDEN - The Scarlet Letter
7. ALL KINDS OF HIGHS - The Bohemian Vendetta
8. BABY PLEASE DON'T GO - The Amboy Dukes
9. TAKE ME BACK - The Underground
10. IMITATION SITUATION (4/4-6/8 TIME) - The Six Pentz
11. YOU'RE A DRAG - The Off-Set
12. SIT DOWN I THINK I LOVE YOU - The Growing Concern
13. NEON RIVER - The Jelly Bean Bandits
14. A LITTLE STAR - The Orient Express
15. ANOTHER MORNING - The Tangerine Zoo
16. SARA WELLS - The Stone Circus
17. DAY AND NIGHT - The Superfine Dandelion
18. SATISFYIN SUNDAY - The Underground
19. PAULS CIRCUS - The Art Of Lovin
20. TODAY - TOMORROW - The Fun & Games Commission
21. ALL I REALLY WANT - The Growing Concern
22. SUNNY DAYS (AND GOOD GOOD LOVING) - Paraphernalia
23. WOULD YOU TAKE MY MIND OUT FOR A WALK - The Tiffany Shade
24. 200 YEARS - Maxx
25. TINKLE TALK - The Sixpentz
26. I NEED YOUR LOVIN - Freeport

2012年05月12日(土)

Electric Prunesのシングルコレクション発売

テーマ:News
Complete Reprise Singles
Electric Prunes
Complete Reprise Singles

1966年の"Ain't It Hard / Little Olive"から1969年の"Love Grows / Finders Keepers, Losers Weepers"まで、Electric PrunesがRepriseからリリースした全シングルAB面("Shadows"はワンサイドシングル)23曲に、Vox Wah-WahペダルCMのボーナストラックを加えたシングルコレクションがReal Gone Musicからリリースされます(6月26日発売予定)。

使用されている音源はオリジナルモノミックスで、バンドおよびシングルレコードの写真やメンバーによる曲ごとのコメントが掲載されたライナーノートが付属しているとのことです。

Track Listing :
1. Ain't It Hard
2. Little Olive
3. I Had Too Much to Dream(Last Night)
4. Luvin'
5. Get Me to the World on Time
6. Are You Lovin' Me More
7. Dr. Do-Good
8. Hideaway
9. The Great Banana Hoax
10. Wind-Up Toys
11. Everybody Knows You're Not in Love
12. You've Never Had It Better
13. Sanctus
14. Credo
15. Shadows
16. Help us (Our Father,Our King)
17. The Adoration
18. Hey, Mr. President
19. Flowing Smoothly
20. Violent Rose
21. Sell
22. Love Grows
23. Finders Keepers, Losers Weepers
Bonus Track :
24. Vox Wah-Wah Foot Pedal

2012年05月11日(金)

Dick's Picks Vol.27, 28 再発

テーマ:News
Vol. 27-Dick's Picks: Oakland Coliseum Arena
Grateful Dead
Vol. 27-Dick's Picks: Oakland Coliseum Arena

Real Gone Musicから、Grateful DeadのDick's PicksシリーズVol.27と28が再発されます(6月26日発売予定)。

Vol.27はCD3枚組で、1992年12月16日のOakland Coliseum Arena公演のコンプリートショーに加え、ディスク3の末尾にボーナストラックとして翌17日の同地のショーからの4曲が収録されています。ちなみに、この時のキーボード奏者はVince Welnickです(Brent Mydlandは1990年没)。

Vol.28はCD4枚組で、1973年2月26日のLincoln(ネブラスカ)公演と2月28日のSalt Lake City公演を、それぞれディスク2枚ずつに編集したもの(どちらも完全収録ではありません)。

Vol. 28-Dick's Picks: 26/73 Pershing Municipal Auditorium
Grateful Dead
Vol. 28-Dick's Picks: 26/73 Pershing Municipal Auditorium

2012年05月05日(土)

Misty Hush Revival 再発

テーマ:News
Your Heart Is Broken
Misty Hush Revival
Your Heart Is Broken

Fuzz, Acid & Flowersにも載っていないオブスキュアなNY(~NJ)のバンド、Misyty Hush Revivalの唯一のアルバム、"Your Heart Is Broken"(1972)がスペインのGuerssenからCD再発されます(6月19日発売予定。アナログLPはこちら)。

自主制作で100枚ほどプレスされたオリジナルは、現在数枚くらいしか存在が確認されていないそうです。下の動画を見ると、とても1972年の音とは思えないので、録音されたのはもう少し前なのかもしれません。楽曲はすべてバンドのオリジナルで、スタジオ録音と(おそらく小クラブでの)実況録音が含まれているようです。

Track Listing :
1. Singer To Singer
2. Summer Means New Love
3. Your Heart Is Broken
4. Tell Me Baby
5. Look My Way
6. Gone Away
7. Danny's Home Made Jam
8. Now I Need You
9. Till I Get Back Home
10. 3 Am
11. Summer Means New Love (Instr./Flashback)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2012年05月04日(金)

QMS、紙ジャケ再発

テーマ:News
Quicksilver Messenger Serviceの7タイトルが、米Culture Factoryから紙ジャケ再発される模様です(6月5日発売予定)。

Quicksilver Messenger Service
Quicksilver Messenger Service
Quicksilver Messenger Service (1968)

Happy Trails
Quicksilver Messenger Service
Happy Trails (1969)

Shady Grove
Quicksilver Messenger Service
Shady Grove (1969)

Just for Love
Quicksilver Messenger Service
Just for Love (1970)

What About Me
Quicksilver Messenger Service
What About Me (1970)

Quicksilver
Quicksilver Messenger Service
Quicksilver (1971)

Comin' Thru
Quicksilver Messenger Service
Comin' Thru (1972)

2012年05月02日(水)

Every Mothers' SonのコンピCD発売

テーマ:News
Come On Down: The Complete MGM Recordings
Every Mothers' Son
Come On Down: The Complete MGM Recordings

「MonkeesへのMGMからの回答」といわれたNYの5人組、Every Mothers' Sonが残した2枚のアルバム、"Every Mothers' Son"(1967)と"Every Mothers' Son's Back"(1967)をカップリングした2on1に、ノンLPシングル曲の"No One Knows" を加えたコンピレーションがNow Soundsからリリースされます(6月26日発売予定)。

以前Collectablesから出ていた唯一のCDは、1stアルバム+シングル3曲(2nd収録の2曲+"No One Knows")という内容だったので、セカンドはこれが待望の初CD化ということになります。

彼らはバブルガムポップとして分類されてたりしますが、バンドのイメージとしては同郷のLovin' Spoonfulなんかに近いかもしれません。中心人物のLarden兄弟がグリニッチビレッジのフォークシーン出身ということで、フォークロックをベースに、ルーツミュージックやバロックポップやガレージパンクに、程よい甘さのバブルガムポップを散りばめたようなサウンド。繊細で美しいボーカルハーモニーをフィーチャーしたメロウな楽曲群は、聴いていて純粋に気持ち良く、私はメロウサイケの一環として愛聴しています(チープオルガンやファズギター入りの曲あり)。

アルバムのプロデュースは"Hang on Sloopy"の作者のWes Farrell。彼は "Come on Down to My Boat"(オリジナルはRare Breedの"Come and Take a Ride in My Boat", 1966)を提供し、そのシングル(1967)は全米6位の大ヒットとなりました(そのためバンドは「一発屋」として語られることもある)。

ちなみに、バンド名の表記は文法的に正しいと思われるEvery Mother's Sonと、Every Mothers' Sonの二通りが見受けられますが、オリジナルのアルバムでは後者になっています(CollectablesのCDは前者だった)。

Track Listing :
"EVERY MOTHERS' SON"
1. COME ON DOWN TO MY BOAT
2. I WON'T
3. FOR BRANDY
4. DIDN'T SHE LIE
5. WHAT BECAME OF MARY
6. AIN'T IT A DRAG
7. ALLISON DOZER
8. I BELIEVE IN YOU
9. AIN'T NO USE
10. SITTIN' HERE (PETER'S TUNE)
11. COME HERE QUEENIE

"EVERY MOTHERS' SON'S BACK"
12. RAINFLOWERS
13. ANOTHER DAY, ANOTHER SONG
14. DOLLS IN THE CLOCK
15. I MAY BE RIGHT
16. ONLY CHILD
17. I'D RATHER BE RIGHT THAN WRONG
18. SALLY (LIFE STORY #3)
19. PONY WITH THE GOLDEN MANE
20. THE PROPER FOUR LEAF CLOVER
21. PUT YOUR MIND AT EASE
22. LARRY'S BIRTHDAY PARTYBONUS TRACK

23. NO ONE KNOWS (Mono 45)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


$サイケデリック漂流記
オリジナルLPのジャケット


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。