1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012年04月30日(月)

シタールコンピ 2タイトル発売

テーマ:News
先日お知らせした"World of Acid"の再発元、Particlesから新譜シタールコンピ2タイトルがリリースされます(6月5日発売予定)。

嬉しいのは、少し前に上下2巻のボックスセットが出て、これで打ち止めかと思われた"Electric Psychedelic Sitar Headswirlers"の続編(Vol.11)。60~70年代を中心に世界各地のシタールチューンばかりをただひたすら集めたという、単純明快にして揺らぎのない、私のお気に入りのシリーズです(このコンピではじめて聴いてファンになったアーティストも数多い)。

もうひとつの"Maximum Sitar"は、Best of "Electric Psychedelic Sitar~"といった趣きのサンプラー的な内容になっていて、全曲が過去にリリースされた10巻に収録されていたトラックから選ばれています。(トラックリストのリンク先はYouTube動画。)


Vol. 11-Electric Psychedelic Sitar Headswirlers
Various Artists
Vol. 11-Electric Psychedelic Sitar Headswirlers

Track Listing :
1. CHRIS THOMPSON - Hugo Spellman
2. VOLKER KRIEGEL - Zoom
3. INDO-BRITISH ENSEMBLE - Yaman (The Colonel's Lady)
4. RAW - What To Do
5. THE PANBERS - Rock & The Sea
6. THE DAVID - People Saying, People Seeing
7. THE WHATT FOUR - Dandelion Wine
8. BIG JIM SULLIVAN - Tallyman
9. ZOOT MONEY - Soma
10. THE MORGANS - Rasal
11. THE LEWIS & CLARKE EXPEDITION - House Of My Sorrow
12. VAMPIRES' SOUND INCORPORATION - Dedicated To Love
13. GORDON JACKSON - The Journey
14. FRIEND & LOVER - Room To Let (To Rowena With Love)
15. SAGITTARIUS - Glass
16. BLUE CHEER - Babaji (Twilight Raga)
17. SHOCKING BLUE - Acka Raga
18. QUINTESSENCE - Chant



Maximum Sitar '66-'72
Various Artists
Maximum Sitar '66-'72

Track Listing :
1. THE FOLKSWINGERS - Eight Miles High (*Vol.4)
2. THE POPPY FAMILY - Free From The City (*Vol.5)
3. CLICK - Many Times Jimbo (*Vol.6)
4. SHOCKING BLUE - Water Boy (*Vol.5)
5. MERRELL FANKHAUSER & HMS BOUNTY - A Visit With Ashiya (*Vol.2)
6. ORIENTAL SUNSHINE - Across Your Life (*Vol.7)
7. FAMILY - Face In The Clouds (*Vol.6)
8. TOMORROW - Real Life Permanent Dream (*Vol.6)
9. SAFFRON - All Your Ambition (*Vol.3)
10. THE FREE SPIRITS - Im Gonna Be Free (*Vol.10)
11. THE VIRGIN SLEEP - Love (*Vol.10)
12. ELMER GANTRY'S VELVET OPERA - Air (*Vol.2)
13. FLOWER TRAVELLIN' BAND - Dhoop (*Vol.7)
14. BLONDE ON BLONDE - Spinning Wheel (*Vol.1)
15. WIZZ JONES - One Grain Of Sand (*Vol.4)
16. THE TRUTH - Thoughts (*Vol.3)
17. ELYSE WEINBERG - Oh Deed I Do (*Vol.5)
18. GALLIARD - Ask For Nothing (*Vol.10)

(*) "Electric Psychedelic Sitar Headswirlers"収録巻

AD
2012年04月25日(水)

Venturesの"Super Psychedelics"再発

テーマ:News
Super Psychedelics
Ventures
Super Psychedelics

以前、境界サイケ特集で取り上げた、Venturesの"Super Psychedelics"(1967)がSundazedからCD再発されます(アナログ盤と同時に6月19日発売予定)。

タイトルから推察されるとおり、当時のサイケデリックブームに乗っかった「企画もの」的なアルバムなんですが、これがあとになって聴いてみると、その微妙な「便乗」具合が逆にサイケで美味しいものになってたりします。このタイトルは同年リリースの"Guitar Freakout"および"$1,000,000 Weekend"とカップリングされた2種類の2on1CDが90年代に出ていましたが、近年は入手が難しくなっていたようなので、嬉しい再発といえそうです。

"Strawberry Fields Forever", "Western Union", "Happy Together"などの有名曲のインストカバーに、"Psychedelic Venture", "Guitar Psychedelics", "Psyched-Out"といった、いかにもなタイトルのオリジナル曲。いつものベンチャーズのサーフインストギターに、ファズギターやシタールやチープオルガンやエフェクトなんかも登場する「境界サイケ」の名作!

Track Listing :
1. Strawberry Fields Forever
2. Psychedelic Venture
3. Western Union
4. Guitar Psychedelics
5. Kandy Koncoction
6. Reflections
7. A Little Bit Me, A Little Bit You
8. Endless Dream
9. Vibrations
10. Psyched-Out
11. 1999 A.D.
12. Happy Together


サイケデリック漂流記


AD
2012年04月22日(日)

Reel Timeから6月発売予定のCD

テーマ:News
Cycle Savages
Soundtrack
Cycle Savages

Reel Timeのバイカー映画サントラシリーズ、今回はブルース・ダーン("Wild Angels"、"The Trip"、"Psych-Out")主演の"The Cycle Savages"(1969)。映画は観たことないんで、なんともいえないですが、サウンドトラックの方はサイケ的にもなかなか美味しい内容。胡散臭いファズギターが随所に散りばめられた、いかにもバイカー映画なサントラ盤となっています。

また、中堅サイケバンドのOrphan EggとBoston Tea Partyの楽曲が使用されていて、前者はアルバム"Orphan Egg"(1968)に収録されている"Falling", "Don't Go to Him", "Mourning (Becomes) Electra"の3曲、後者はアルバム"Boston Tea Party"(1968)収録の"Fantasy", "We Have Already Died"のほかに、未収録曲の"Chained to Your Heart"を提供しています。ちなみに、下のトラックリストでは"We Have Already Died"がOrphan Eggの曲としてクレジットされていますが、これはオリジナルアナログ盤に由来する表記の誤りです。

Track Listing :
1. Cycle-Mates - Theme From Cycle Savages
2. Randy Johnson - Fly Superman Fly
3. Boston Tea Party - Fantasy
4. Orphan Egg - Falling
5. Jerry Styner - I've Got To Let You Go
6. Boston Tea Party - Chained To Your Heart
7. Orphan Egg - Don't Go To Him
8. Cycle-Mates - Virgin's Vengeance
9. Orphan Egg - We Have Already Died (実際はBoston Tea Partyの曲)
10. Orphan Egg - Mourning Becomes Electra



Privilege
Soundtrack
Privilege

"Privilege"(1967、邦題「傷だらけのアイドル」)は、Manfred MannのボーカリストだったPaul Jones主演の英国映画。資本家と政府と教会が手を結んだ全体主義的な権力が、主人公をポップスターに仕立て上げて傀儡のように操り、若者の反抗や不満分子を無力化しようと企てる・・・という、近未来SF的な作品。要所にロックオペラ的なシークエンスを交えながら、わりと手堅いお話にまとめられています。

サントラではポールは4曲を歌っていて、ややMORポップス寄りながら、どれもキャッチーないい曲ばかり。音楽制作はMike Leander(ビートルズの"She's Leaving Home"のストリングアレンジをした人)とMark London("To Sir with Love"を書いた人。映画では報道官役でも出演している)という実力者が担当しているだけあって、ストリングインスト曲などもしっかりしたものになっています。

個人的に印象に残ったのは、EL&Pのバージョンでお馴染みのトラディショナルナンバー、"Jerusalem"のフォークロック的カバーチューン。歌っているのは、のちにTrifleという7人編成のバンドを結成して、唯一のアルバム"First Meeting"(1970)を残すGeorge Bean(クレジットはGeorge Bean Group)です(→動画)。偶然でしょうが、TrifleはManfred MannのChapter Threeみたいなジャズロックを志向していたのが面白いところ。

Track Listing :
1. Privilege
2. Stephen
3. Vanessa
4. Free Me
5. It's Overotherness Time
6. Free Me (Reprise)
7. I've Been a Bad, Bad Boy
8. Onward Christian Soldiers
9. I'm Alright Jackboot
10. Alvin
11. Jerusalem
12. Birmingham, Oh Birmingham


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD
2012年04月19日(木)

MC Squaredの“ロストアルバム”発売

テーマ:News
Tantalizing Colours: The Reprise Recordings
MC Squared
Tantalizing Colours: The Reprise Recordings

MC SquaredはLAの男女混声5人組。Jefferson Airplane+Mamas & the Papasのたぐいのグループで、60s好きはもうこのジャケットだけで条件反射のように喰いついてしまうという人も多いんじゃないでしょうか。

シンコーのディスクガイド「ソフトロック」では、「レニー・ワロンカーが直々にプロデュースした詳細不明のグループ」として、シングルの"S.S.T. / My Minds Goes High"が紹介されていましたが、わりと氏素性の正しいメンバーによるメジャー寄りのグループです(Hugh HefnerがホストのTVショー、"Playboy After Dark"にも出演している→下の動画)。

米フォーク界の重鎮、Randy Sparks(New Christy Minstrelsの創立者でBarry McGuireとともに"Green, Green"を書いた人)のグループ、Back Porch MajorityのメンバーだったMike Crowley、Mike Clough、Linda Careyの3人に、Wendy & Bonnieのバッキングなどで知られる名セッションマンのリズム隊コンビ、Randy Cierley-Sterling(ベース)とJim Keltner(ドラム)が加わったのが、このMC Squared。

1967年から68年にかけてRepriseから4枚のシングルをリリースし、LP用の音源も録音されましたが、「じゅうぶんコマーシャルではない」という理由で、結局アルバムはお蔵入りとなってしまいました。今回のCDは、2000年にAural Illusionsから"They Came in Peace"というタイトルでCDリリース(プライベートプレス?)された「ロストアルバム」に、Monoシングルを中心とする8曲を追加した内容になっているようです。

ちなみに、ジャケには隠し絵のようにアインシュタインの顔が写ってますが、これはグループ名がE=MC2にちなんでいるため。

Track Listing :
1. BORNATZATT
2. GHOST OF MAN
3. DO YOU CARE
4. MISS ABERCROMBIE
5. STONING OF THE QUIET MEN
6. TANTALIZING COLOURS
7. SMILIN'
8. DOLPHINS
9. ADULTS ONLY
10. EVERYBODY'S TALKIN'
11. YOU ARE LOVELY
12. KARNEEVAL
13. OR SOMETHING (PART 1) (Mono 45)
14. OR SOMETHING (INSTRUMENTAL)
15. SST (Mono 45)
16. MY MIND GOES HIGH (Mono 45)
17. SMILIN' (Mono 45)
18. THAT'S THE WORD (Mono 45)
19. I KNOW YOU
20. TIME WILL EQUALIZE


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2012年04月17日(火)

SRCの3作を収録したコンピ発売

テーマ:News
SRC/Milestones/Traveler's Tale
SRC
SRC/Milestones/Traveler's Tale

SRC(Scot Richard Case)は、レココレ・サイケ号でもサイケ本「サイケデリック・ムーズ」でも紹介されていた、デトロイトの重要バンド。当ブログでも、以前ヘヴィサイケ特集で取り上げたことがありました。彼らがCapitolからリリースした全3枚のアルバムを収録したコンピCDがBGOから発売されます。

SRCはハモンドオルガンをフィーチャーしたオルガン・ヘヴィサイケ(プログレ的な要素もあり)の部類なんですが、それ以上に強烈なファズギターが活躍するのと、Zombies似の繊細系ボーカルを擁するポップ&メロウさをも兼ね備えているという、彼ら独特の音世界を形作っています。

ちなみに、発売元のBGOのページでは3on1CDと表記されていて、amazonのディスク枚数も1枚になっていますが、3枚のアルバムの収録時間を合わせると120分近くになるので、CD2枚組ではないかと思われます。

Tracklist:
"SRC" (1968)
Black Sheep - Daystar - Exile - Marionette - Onesimpletask - Paragon Council - Refugeve - Interval

"Milestones" (1969)
No Secret Destination - Show Me - Eye Of The Storm - I Remember Your Face - In The Hall Of The Mountain King/Bolero - Checkmate - Our Little Secret - Turn Into Love - Up All Night - The Angel Song

"Traveler's Tale" (1970)
A New Crusader - Street Without A Name - Midnight Fever - Never Before Now - By Way Of You - Diana - Across The Land Of Light - The Offering


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2012年04月15日(日)

"World of Acid" 再発

テーマ:News
World of Acid
Various Artists
World of Acid

90年代にアナログLPでリリースされたレアサイケコンピ、"World of Acid"が8曲のボーナストラックを追加してCD再発されます(6月5日発売予定)。

基本的にはUS(ヘヴィ)サイケコンピですが、カナダのVillage S.T.O.P.やスペインのCerebrumなんかも収められています(ファズギター満載!)。ボーナストラックは本編収録曲のシングル反面曲のようです。

下のトラックリストのリンク先はYouTube動画。

1. PRETTY - Mustache In Your Face
2. RAW MEAT - Stand By Girl
3. CEREBRUM - Eagle Death
4. GOLD - Favours From The Sun
5. SHY GUYS - Black Lightening Light
6. THE LIVING END - Sheep
7. UNKNOWN - Purple Haze
8. PURPLE CANTEEN - Brains In My Feet
9. GROUNDSPEED - In A Dream
10. GRAFFITI - He's Got The Knack
11. THE VILLAGE S.T.O.P. - Vibration
12. JOHNNY THOMPSON QUINTET - Color Me Columbus
Bonus Tracks :
13. PRETTY - The Electric Hand
14. RAW MEAT - Out In The Country
15. CEREBRUM - Read A Book
16. SHY GUYS - Goodbye To You
17. THE LIVING END - You Ain't No Friend Of Mine
18. PURPLE CANTEEN - If You Like It That Way
19. GROUNDSPEED - L-12-East
20. GRAFFITI - Love In Spite

2012年04月13日(金)

バリシュ・マンチョの3タイトルがCD再発

テーマ:News
当ブログでも何度か紹介したことのある故Baris Mancoは、Erkin Koray、Edip Akbayramとともにターキッシュサイケの御三家を成すトルコロック界のスーパースター。彼が70年代にリリースした3作のアルバムが、スペインのGuerssenからCD再発されます(5月22日発売予定)。

"Dunden Bugune"(1971)は過去の7インチ音源に、本作のみ収録の楽曲を加えたコンピレーション。"2023"(1975)はシンセなども活躍するプログレッシブでサイケなトータルアルバム。"Sakla Samani Gelir Zamani"(1977)は70年代のシングルを中心に編集されたベストアルバム(2008年の再編再発盤の内容+オリジナルジャケット仕様となっている模様)です。


Dunden Bugune
Baris Manco
Dunden Bugune

Tracklist: Daglar Daglar / Kirpiklerin ok ok eyle / Kagizman / Kucuk bir gece muzigi / Kol dugmeleri / Derule / Iste hendek iste deve / Seher vakti / Anadolu / Aglama degmez hayat / Lory / Katip arzuhalim yaz yare boyle



2023
Baris Manco
2023

Tracklist: Acih'da baga vir! / Kayalarin oglu / 2023 / Yolverin agalar beyler! / Uzun ince bir yoldayim / Yine yol gorundu gurbete / Baykoca destani (gulme ha, gulme - gelinlik kizlarin dansi - kara haber turnanin olumu - vur ha, vur! - durma ha, durma!) / Tavuklara kissst de! / Kol basti!



Sakla Samani Gelir Zamani
Baris Manco
Sakla Samani Gelir Zamani

Tracklist: Hal Hal / Gonul Dagi / Nazar eyle / Hey koca topcu / Vur ha vur / Don desem donermisin? / Gulme ha gulme / Ben bilirim / Olum allahin emri / Kalk gidelim kuheylan / Lambaya puf de / Iste hendek iste deve / Rezil dede / Egri bugru


下の動画は中毒性の高い危険ブツにつき、ご注意ください。

サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2012年04月11日(水)

Terry Knight & the Packの2on1再発

テーマ:News
Terry Knight And The Pack/Reflections
Terry Knight And The Pack
Terry Knight And The Pack/Reflections

少し前にCollectors' Choice(およびAce)からリリースされたTerry Knight & the Packの2on1CDが、Real Gone Musicから再発される模様です(5月22日発売予定)。

Terry Knight & the PackはGrand Funk Railroadの前身バンドといえるミシガンの5人組。GFRのプロデューサーとなるTerry Knightをリーダーに、のちのメンバーのMark Farner、Don Brewerが在籍していました。アルバムはこの2on1にカップリングされている、1966年のセルフタイトルと、同年のセカンド"Reflections"の2作を出しています。

内容は、下の動画のようなかっこいいファズギターチューンやメロウサイケナンバーがある一方、ストーンズやヤードバーズのカバーや、ボブ・ディランもどきのフォークロック、ドゥワップやカントリーチューンからMORポップチューンまで、なんでもありの節操のなさが特徴。(下のトラックリストはAce盤のものです。)

Track Listing:
"Terry Knight and the Pack"
1. Numbers
2. What's on Your Mind
3. Where Do You Go
4. You're a Better Man Than I
5. Lovin' Kind
6. The Shut-In
7. Got Love
8. A Change on the Way
9. Lady Jane
10. Sleep Talkin'
11. I've Been Told
12. I (Who Have Nothing)

"Reflections"
13. One Monkey Don't Stop No Show
14. Love, Love, Love, Love, Love
15. Come With Me
16. Got to Find My Baby
17. This Precious Time
18. Anybody's Apple Tree
19. The Train
20. Dimestore Debutante
21. Dirty Lady
22. Love Goddess of the Sunset Strip
23. Forever and a Day
24. (I Can't Get No) Satisfacton


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2012年04月08日(日)

Dick's Picks Vol.29 再発

テーマ:News
Dick's Picks Vol.29-5/19/77 Fox Theatre Atlanta
Grateful Dead
Dick's Picks Vol.29-5/19/77 Fox Theatre Atlanta

Grateful DeadのDick's Picksシリーズ第29巻がReal Gone Musicから再発されます(5月29日発売予定)。

このVol.29は全36巻のシリーズの中でも最も大部なCD6枚組。連続するふたつのショー、1977年5月19日のアトランタFox Theatre公演と、21日のフロリダLakeland Civic Center公演のコンプリートショー(ただし後者のアンコール曲"U.S. Blues"のみ割愛)が、それぞれディスク3枚ずつに収められています。(CD2とCD5に尺埋めの隠しトラックとして、同年10月11日のオクラホマ公演からの5曲が収録されている。)

2012年04月05日(木)

Wildwoodの2枚組コンピ発売

テーマ:News
Plastic People
Wildwood
Plastic People

Wildwoodは"Sixties Archives Vol.8"や"Deadly Dose of Wylde Psych"などのコンピに、シングル曲"Plastic People"が収録されていたカリフォルニアのオルガンヘヴィサイケ4人組。1968年にシングルを2枚残しているのみですが、1968~71年に録音された多数の未発表曲や、前身バンドのMAL-T'S(唯一のシングル"Here to Stay"はPebblesコンピに収録)、曲を提供していたWilliam Chalkerのナンバーなどを収録した、CD2枚組のコンピレーションとなっています(6月19日発売予定)。音はDoors+Iron Butterflyみたいな感じ!


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


$サイケデリック漂流記


1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。