2011年09月24日(土)

Jazz Guitars Meet Hendrix

テーマ:News
Jazz Guitars Meet Hendrix
Sheryl Bailey & Vic Juris
Jazz Guitars Meet Hendrix

以前、Sundazedの10月の新譜情報の記事でチラッと触れた"Jazz Guitars Meet Hendrix"の詳細がわかりました。60年代のジャズアーティストによるジミヘンカバーのコンピかな?と思ってたんですが、まったく違いました。現在活躍中のふたりのジャズギタリスト、Sheryl Bailey女史とVic Jurisをフィーチャーした、実況録音の新譜アルバムとのことです。試聴はSundazedのページで。

Track Listing:
1. Up From the Skies
2. Gypsy Eyes
3. 3rd Stone from the Sun
4. Manic Depression
5. Have You Ever Been (To Electric Ladyland)
6. The Wind Cries Mary
7. Castles Made of Sand

Credits:
Sheryl Bailey: guitar
Vic Juris: guitar
Brian Charette: organ
Anthony Pinciotti: drums


サイケデリック漂流記

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年09月21日(水)

Iron Butterflyの未発表ライブ発売

テーマ:News

Iron Butterfly
Fillmore East 1968
(リンク先は発売元のRhino Handmade)

Rhino Handmadeから、Iron Butterflyの未発表ライブ音源を収めた、CD2枚組のコンピレーションがリリースされます(10月18日発売予定)。

収録されているのは、1968年4月26日と27日のFillmore East公演で、各日の1stセットと2ndセットの4つのショーから全22曲が収められています(重複している曲が多いのはそのため)。

このころはデビュー作発表後、次の"In-A-Gadda-Da-Vida"のリリースを数か月後に控えていた時期で、西海岸を本拠地とする彼らにとって、これがNYでのデビュー公演だったそうです。演奏曲の大半が1stの"Heavy"からのものですが、まだブレイクする前の"In-A-Gadda-Da-Vida"や、ともにセカンドに収められることになる"Are You Happy"と"My Mirage"も聴くことができます。

Disc 1:
1. Fields Of Sun
2. You Can't Win
3. Unconscious Power
4. Are You Happy
5. So-Lo
6. Iron Butterfly Theme
7. Stamped Ideas
8. In-A-Gadda-Da-Vida
9. So-Lo
10. Iron Butterfly Theme

Disc 2:
1. Are You Happy
2. Unconscious Power
3. My Mirage
4. So-Lo
5. Iron Butterfly Theme
6. Possession
7. My Mirage
8. Are You Happy
9. Her Favorite Style
10. In-A-Gadda-Da-Vida
11. So-Lo
12. Iron Butterfly Theme

Credits:
Doug Ingle (Organ, Vocal)
Erik Brann (Guitar)
Lee Dorman (Bass)
Ron Bushy (Drums)


サイケデリック漂流記
ファズギター、チープオルガン、長尺インプロ、ヘヴィサイケ
・・・・なんやかんや言っても、これに尽きるような気がする。


AD
2011年09月18日(日)

Original AlbumシリーズからTim Buckley

テーマ:News
Original Album Series
Tim Buckley
Original Album Series

有名アーティストのオリジナルアルバムをセットにした廉価ボックス、Rhino/WarnerのOriginal Album SeriesからTim Buckley編がリリースされます(10月18日発売予定)。

デビュー作から5作目までの、"Tim Buckley" (1966), "Goodbye and Hello" (1967), "Happy Sad" (1968), "Blue Afternoon" (1969), "Lorca" (1970)が収録されています(リリース年は公式サイトによる)。

また、廉価な2枚組アンソロジーや、ディスク1にStereo/Mono両バージョン、ディスク2に未発表デモなどのレアトラックを満載した、Rhino Handmadeによる2枚組デラックスエディションの1stアルバム(これのことかな?)も、近くリリースされる予定です。


$サイケデリック漂流記
デビュー作のオープニングナンバー。

AD
2011年09月14日(水)

Manのアーカイブライブボックス発売

テーマ:News
Live Adventures
Man
Live Adventures

英国のグレイトフルデッドとも称されることがある、ウェールズの元祖ジャムバンド、Manのアーカイブライブ音源を収録したCD7枚組ボックスセットがFloating Worldからリリースされます(10月4日発売予定)。

主に70年代半ばの英米公演が収録されていて、ディスク5には1976年8月のKeystone Berkleyのショーに、敬愛するJohn Cipollinaがゲスト出演した時の模様が収められています。ちなみに、同じKeystoneのゲスト出演でも、"Maximum Darkness"のボーナストラックに収録されていたものは1975年4月の公演なので、音源は異なります。

Disc1: Live at the Manchester Hard Rock May 1975
7171 551,
Hard Way To Die,
Babe I'm Gonna Leave,
The Storm,
Hard Way To Live,
Codine,
Razorblade and Rattlesnakes,
Many Are Called But Few Get Up, Bananas.

Disc2: Live at the Savoy San Francisco 1976
Babe I'm Gonna Leave You,
The Ride And The View,
Hard Way To Live,
Spunk Rock,
The Welsh Connection,
Hard Way To Die,
Something Is Happening.

Disc 3:
Out Of Your Head,
Many Are Called But Few Get Up,
Romain,
You're Out Of Your Head/Jam/Bananas.

Disc 4: Live at Keystone Berkley Ca 1976
Let The Good Times Roll,
7171 551,
A Hard Way To Die,
Welsh Connection,
Something Is Happening,
Ride And View,
You Are Out Of Your Head,
Born With A Future,
Come On.

Disc 5: with John Cipollina
Many Are Called,
Introducing John Cipollina,
Baby I'm Gonna Leave You,
Hard Way To Live,
Romain,
Bananas.

Disc 6: Live at the Sir James Club 1984
A Word In Your Ear,
C' mon What A Night,
Even Visionaries Go Blind,
Long Holiday,
Talk About A Morning,
The Ride And The View,
Perfect Strangers.

Disc 7:
A Hard Way To Live,
Many Are Called But Few Get Up,
Bananas,
Romain.


サイケデリック漂流記

2011年09月12日(月)

Rationals、'70年のセルフタイトルが再発

テーマ:News
Rationals
Rationals
Rationals

少し前にBig Beatから2枚組コンピがリリースされて再び注目を集めたミシガンのRationals。しかし、唯一のアルバムである1970年(*1)のセルフタイトル作は、最近ではCDの入手が難しくなっていました。今回はそのBig Beatから、4曲のボーナストラックを加えての待望の正規リイシューです(11月8日発売予定)。

Rationalsはアナーバー出身の4人組。MC5やStoogesらとともに、Grande Ballroomを中心とする、60年代後半のデトロイト(ガレージ)ロックシーンの一翼を担いました。

デトロイトといえば、プロトパンクとともにモータウンソウルが連想されますが、彼らはそのふたつの要素がブレンドされた、「R&Bパンク」とでもいうサウンドを身上としていたのがユニークなところ。さらに、エフェクトや、アシッド感のあるファズギターによるサイケな感覚もそなえていて、オープニングナンバーの"Barefootin'"やシングル曲の"Guitar Army"などに、その特徴が顕著に現れています。歌も上手いし、とてもカッコイイのに、結局メジャーになりそこなった不運なバンド。

*1
Fuzz, Acid & FlowersやRYMでは1969年となっていますが、発売元およびオフィシャルサイトのリリース年を採用しました。

Track Listing:
1. BAREFOOTIN'
2. TEMPTATION BOUT TO GET ME
3. GUITAR ARMY
4. SOMETHING'S GOTTA HOLD ON ME
5. DEEP RED
6. SUNSET
7. GLOWIN'
8. HANDBAGS AND GLADRAGS
9. HA HA
Bonus Tracks:
10. WANG DANG DOODLE (previously unissued)
11. ZIP-A-DEE DOO-DAH (previously unissued)
12. GUITAR ARMY (single version)
13. SUNSET (single version)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2011年09月10日(土)

"Filling the Gap"が5CD限定ボックスで再発

テーマ:News
Vol. 1-5-Filling the Gap
Various Artists
Vol. 1-5-Filling the Gap

"Filling the Gap"は、Non-LPシングル曲や、映画サントラ収録曲、有名バンドの前身による曲など、比較的名の知れたアーティストの(当時)レアだったトラックを集め、"Filling the Gap"しようというコンセプトのコンピレーション。米国のみならず、英国のWriting on the Wall、スイスのPacific Sound、カナダの49th Parallelなどの楽曲も収められています。

アナログLPおよび、のちにPast & PresentからCD再発された際は、下のトラックリストのDisc 4までの4枚組でしたが、今回の再発はエクストラディスクとしてDisc 5が追加されたCD5枚組の限定ボックスとなっています(10月25日発売予定)。

ただ、大半の曲が、その後再発されたCDのボーナストラックやコンピレーションなどに収録されていて、レア度は薄れてしまっています。逆にいうと、「ボーナストラックコンピ」みたいな楽しみ方もできるかも・・・。

DISC 1
1. Lincoln St. Exit - The Bummer
2. Lincoln St. Exit - Sunny Sunday Dream
3. Lincoln St. Exit - Whatever Happened (Part 1 & 2)
4. Writing On The Wall - Buffalo
5. Writing On The Wall - Lucifer Corpus
6. Writing On The Wall - Child On A Crossing
7. The Blues Magoos - Who Do You Love
8. The Blues Magoos - Dante's Inferno
9. The Blues Magoos - People Had No Faces
10. The Blues Magoos - So I'm Wrong And You Are Right
11. The Blues Magoos - Let Your Love Ride
12. The Blues Magoos - Jingle Bells
13. Thee Sixpence - Heart Full Of Rain
14. Thee Sixpence - In The Building

DISC 2
1. White Light - VDFM
2. White Light - Crashin'
3. Bohemian Vendetta - Enough
4. The Glass Family - I'm Losing It
5. The Fredric - Five O'Clock Traffic
6. White Light - White Light (Part 1)
7. White Light - White Light (Part 2)
8. Negative Space - Light My Fire
9. Pacific Sound - Ballad To Jimi
10. The Shadows Of Knight - Taurus
11. Headstone - What People Say
12. Headstone - Carry Me On
13. Headstone - Buying Time
14. Mariani - Re-Birth Day
15. Mariani - Memories Lost & Found

DISC 3
1. The Lollipop Shoppe - Mr. Madison Avenue
2. The Lollipop Shoppe - Who's It Gonna Be
3. The Weeds - It's Your Time
4. The Weeds - Stop
5. The Weeds - Little Girl
6. Teddy & His Patches - From Day To Day
7. Twentieth Century Zoo - Stallion Of Fate
8. We The People - My Brother, The Man
9. The Human Beinz - Mr. Soul
10. The Seeds - Wild Blood
11. 49th Parallel - Labourer
12. 49th Parallel - You Do Things
13. 49th Parallel - Citizen Freak
14. The Magic Mushrooms - Let The Rain Be Me
15. The Crome Syrcus - Lord In Black

DISC 4
1. Marcus - Grains Of Sand
2. Peanut Butter Conspiracy - No Communication
3. Peanut Butter Conspiracy - Crystal Tear
4. Peanut Butter Conspiracy - Angels From Hell
5. Saddlesore - Old Tom Clark
6. Front Page Review - Moon Is Blue
7. The Human Beinz - Evil Hearted You
8. Homer - Sunrise
9. Homer - Dandelion Wine
10. Tripsichord Music Box - Times & Seasons
11. Tripsichord Music Box - Sunday The Third
12. Gary Lee Yoder - Flight From The East
13. Children Of The Mushroom - August Mademoiselle
14. Stone Garden - Oceans Inside Of Me

DISC 5
1. The Legend - Portrait Of Youth
2. The Legend - Enjoy Yourself
3. The Legend - I Love The Little Girls
4. The Legend - I Know
5. Velvet Night - I'm Sure He'll Come Most Anytime
6. The Common People - Oh My My
7. The Common People - Days On My Mind
8. The Common People - Look Around
9. The Common People - Dawn Of My Life
10. Genesis - The Long Road
11. Jake Holmes - You Can't Get Love
12. Jake Holmes - Think I'm Being Had
13. Moloch - Cocaine Katy
14. Moloch - The Terrorizing Of Miss Nancy Jane
15. Bead Game - Sweet Medusa
16. Bead Game - Echoes Of Sweet Medusa
17. Bead Game - My Life In Review
18. Federal Duck - A Message From 'Quack Quack' Spinosa

2011年09月06日(火)

Cicadelic, Now Soundsから10月発売予定のCD

テーマ:News
DALLAS 66
The Exotics, The Esquires
DALLAS 66

Cicadelicのテキサスガレージコンピシリーズの新譜は、その名もズバリ"Dallas '66"。テキサス物コンピなどでお馴染みのExoticsとEsquiresのシングル曲、および別バージョンやデモなどのレアトラックによる全24曲が収録されています。

特に、17曲を提供しているExoticsは、フォークロック風のバッキングにサイケなファズギターやチープオルガンが絡む楽曲で、ガレージサイケファンの人気が高いようです。

ちなみに、ガレージコンピで見かける"She's My Woman"のEsquiresはミズーリ州スプリングフィールドのバンド。"Heartaches Stay the Night"のEsquiresはフロリダのバンド。"Sadie's Ways"のEsquiresはアーカンソーのバンド。"Shake a Tail Feather"のEsquiresはマサチューセッツ州スプリングフィールドのバンドで、それぞれ同名異グループです。(こんな区別がつけられるのもFuzz, Acid & Flowersのおかげ・・・。)

The Exotics
1. Come With Me (Original Stereo version)
2. I Was Alone
3. Queen Of Shadows
4. Morning Sun
5. Fire Engine Red
6. Hymn To Her
7. I Was Alone (Unreleased Version)
The Esquires
8. Come On Come On
9. Judgment Day
10. These Are The Tender Years
11. Time Don't Mean So Much
12. Loneliness Is Mine
13. Come On Come On (Alternate Version)
14. These Are The Tender Years (Alternate Version)
The Exotics
15. Hymn To Her(Demo Version)
16. Come With Me(Mono version)
17. Queen Of Shadows(Alternate Version)
18. Morning Sun -KBOX 11/21/66-Airplay
19. "Come With Me" To Bill McKay Chevrolet Ad
20. "Queen Of Shadows" -Mitchell's Department Store Ad
21. I Was Alone (Unreleased Version #2)
22. Morning Sun (Production Demo)
23. Morning Sun (Production Demo #1)
24. Queen Of Shadows (band track)



Inside Out ~ Deluxe Expanded Mono Edition
Association
Inside Out ~ Deluxe Expanded Mono Edition

Now SoundsによるAssociationのDeluxe Expanded Mono Editionシリーズの新譜は、3rdアルバムの"Insight Out"(amazonの表記は"Inside Out"となっていますが・・・)。ハワイ生まれのLarry Ramosが加入し、このメンバーで出演したモンタレーポップフェスティバルが開催されたのと同じ、1967年の6月にリリースされています。

前作の"Renaissance"はソングライティングから演奏、制作まで、メンバーが中心となった手作り感の強いものでしたが、本作はBones Howeのプロデュースにより、外部ライターやセッションマンを積極的に起用した、よりカラフルでサイケなイメージの作品となっています。全米No.1ヒットの"Windy"、同2位の"Never My Love"を含み、バンドの黄金期を創出した、サマーオブラブ真っただ中にふさわしいアルバム。

THE ORIGINAL MONO ALBUM
1. WASN'T IT A BIT LIKE NOW (PARALLEL 23)
2. ON A QUIET NIGHT
3. WE LOVE US
4. WHEN LOVE COMES TO TOWN
5. WINDY
6. REPUTATION
7. NEVER MY LOVE
8. HAPPINESS IS
9. SOMETIME
10. WANTIN' AIN'T GETTIN'
11. REQUIEM FOR THE MASSES
BONUS TRACKS
12. AUTUMN AFTERNOON
13. ON A QUIET NIGHT (INSTRUMENTAL)
14. NEVER MY LOVE (INSTRUMENTAL)
15. WINDY (INSTRUMENTAL)
16. SOMETIME (INSTRUMENTAL)
17. WE LOVE US (INSTRUMENTAL)
18. WHEN LOVE COMES TO ME (INSTRUMENTAL)
19. NEVER MY LOVE (MONO 45)
20. SOMETIME (MONO 45)
21. REQUIEM FOR THE MASSES (MONO 45)
22. WINDY (MONO 45)

TRACKS 12 & 18 Previously Unreleased
TRACKS 20 & 21 First Time on CD



サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2011年09月04日(日)

英Kismetから10月発売予定のCD その2

テーマ:News
Take It & Smile
Eve
Take It & Smile

ソフトロックのガイド本でお馴染みの4人組ガールグループ、Honey Ltd.からひとりが抜けてトリオとして再編成されたのが、このEve。1970年の唯一のアルバム"Take It and Smile"は、Honey Ltd.と同じく、Lee HazlewoodのLHIレーベルからリリースされています。

Honey Ltd.のアルバムは"Louie Louie"のカバー以外、全曲がメンバーのオリジナルということで話題でしたが、本作はJames Taylor, Fred Neil, Bee Gees, Burt Bacharach, Bob Dylanなど、半数以上がカバー曲になっています。ドリーミーでメロウなサンシャインポップ系のソフトロックというイメージだったHoney Ltd.にくらべ、こちらはレーベルの趣味でもあったカントリーロックテイストを前面に押し出した、70sロック色の強い作品に仕上がっています。

とはいっても、キュートで美しいボーカルハーモニーはそのまま受け継がれ、フラワーな女性ボーカルと第一級のカントリーロック/ルーツロックが同時に楽しめるという、「一粒で二度おいしい」アルバムとなっています。そのロックサウンドを支えているのが、バッキングをつとめた強力なセッションマンたちで、Ry Cooder, James Burton, Joe Osborn, Hal Blaine, Sneaky Pete Kleinowといった錚々たるメンツが名を連ねています。

また、映画"Vanishing Point"(1971)に使われ、サントラにも収録されていたNon-LP曲の"So Tired"がボーナストラックとして収録されているとのことです。



Gordon's Buster
Gordon Alexander
Gordon's Buster

Gordon Alexanderは西海岸のフォークロック系シンガーソングライター。 "Gordon's Buster"は1968年にColumbiaからリリースされた唯一のアルバムです。Curt BoettcherがSagittariusやMillenniumと同時期にプロデュースした(*1)ということで知られ、バックにはCurt人脈のDotty HolmbergやMillennium, Music Machineのメンバーらが参加しています。

前半はメランコリックなメロウチューンや、Lovin' Spoonfulみたいなグッドタイミーな曲や、フランク・シナトラとかのスタンダードポップスみたいな曲など、なかなかつかみどころがない感じなんですが、後半になるとしだいにサイケ度・アシッド感が増していき、聴き終わると、なんとも説明のつかない不思議な味わいを残す作品。

ひとことでいうなら「変態アシッドポップス」という感じでしょうか。そのヘンテコリンな感触はKim Fowleyの諸作なんかと同系列に分類していいかもしれません。曲のタイトルも、"A Bunch of Us Were Sitting Around a Candle in San Francisco Getting Stoned and I Hope You're There Next Time"なんていうのがあって、かなりイッてます。Bonniwell Music Machine とかが好きな人にも聴いてほしい一枚。

*1
Curtが実際にプロデュースしたのは数曲だけらしい。素晴らしくドリーミーなメロウサイケチューン、"Windy Wednesday"(→動画)は間違いなくCurtの手によるものでしょう(後半のバックコーラスが特徴的)。



In the Woodland of Weir
Little Boy Blues
In the Woodland of Weir

Little Boy Bluesは1964年ごろから地元シカゴで活動していたガレージパンクバンド。1965年から1967年までに、ローカルレーベル(IRC, Ronko)からシングルを4枚リリースしています。

本作は1968年にメジャーのFontana/Mercuryからリリースされた唯一のアルバムで、このときにはオリジナルメンバーがほとんど抜けてしまっていたこともあり、Pebblesをはじめ数多くのコンピでお馴染みのガレージパンク時代とは、かなりイメージが違うサイケな音になっています。

内容はブルースナンバーから、同郷のBuckinghamsのようなホーンが入ったR&Bポップ、ハモンドオルガン入りのアートロック風ヘヴィチューン、ファズギターをフィーチャーした長尺「まったりサイケ」ナンバーまで、かなりの分裂ぶり(当ブログでは褒め言葉)です。ポップサイケチューンのみならず、デトロイト系プロトパンクみたいな曲にもストリングアレンジが入っていたり、どんなタイプの曲でもリードのファズギターが凶暴に歪んだりするのが面白いところ。

Fuzz, Acid & Flowersの評のように、ピュアなガレージファンには初期のシングル時代の方がピンと来るかもしれません。いずれにせよ、以前出ていたギリシアのAcid Symposium盤CD同様、ガレージパンク時代のシングル8曲(+1971年のラストシングル1曲)もボーナストラックとして収録されています。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2011年09月03日(土)

英Kismetから10月発売予定のCD その1

テーマ:News
American Dream
American Dream
American Dream

Amercan Dreamはフィラデルフィア出身の5人組。本作はTodd Rundgrenのプロデュース/エンジニアリングによる、1970年の唯一のアルバムです。

いかにもトッド・ラングレン・プロデュースらしい、ポップさとヘヴィネスがブレンドされたNazz直系のパワーポップサウンドを軸に、下の動画のような、よりメロウ&メランコリックなタッチの楽曲群もまた素晴らしい。Big Starなんかが好きな人にもオススメです。サイケ度は高いとはいえないけど、聴くとハイな気分になれる好盤。

ちなみに、リードギター、ピアノ、ボーカル、大半の曲のソングライティングでクレジットされているNick Jamesonは多彩な才能と経歴の持ち主で、70年代半ばには英ハードロックバンドのFoghatのプロデューサー/演奏メンバーとして4~5作目のアルバムの制作に参加。後者は"Slow Ride"とタイトルトラックの"Fool for the City"の全米ヒットと共にプラチナアルバムに輝き、バンドの黄金時代を築いています("Slow Ride"のあのチョッパーベースを弾いているのはNick)。その後は俳優・声優として活躍し、有名なところではドラマ"24"のロシア大統領ユーリ・スワロフ役などを演じています。



Hypnotic 1
Bit a Sweet
Hypnotic 1

Bit 'a Sweetは、NYはロングアイランド出身のポップサイケ4人組。"Hypnotic 1"は1968年の唯一のアルバムで、プロデュースはCowsillsの名曲"The Rain, the Park & Other Things"を書いたソングライターデュオ、Changin' Timesの片割れのSteve Duboffが担当しています。

これは、B級ポップサイケというカテゴリーがあるなら、そのジャンルの代表作になれるようなアルバム。メジャー系のレーベル(MGM~ABC)に所属していたことで、「売れるレコードを作れ」という上からのプレッシャーがあったのか、シタールや電子楽器やストリングスやエフェクトなどによる「やりすぎ」なサイケアレンジが、なんだかことごとくスベり気味で、チープでベタなポップセンスとともに、逆にこのアルバムのチャームポイントとなっています。

Fuzz, Acid & Flowersでは「(ラスト2曲を別にすると)あまりオススメできない」なんて評されていましたが、B級なダメっぽい作品に出遭うたびに悦びを感じるような「あまのじゃく」なサイケファンにとっては嬉しい一枚となるでしょう。



Proud Flesh Soothseer
Linn County
Proud Flesh Soothseer

Linn Countyは元々はアイオワ州シーダーラピッズ出身の5人組(Linn CountyというのはCedar Rapidsが属する郡名)。その後シカゴに出て当地のブルースを吸収し、やがてフラワームーヴメントの勃興とともにサンフランシスコに移って活動しています。

1968年から1970年までにMercuryおよびPhilipsから3枚のアルバムをリリースしていて、本作は1968年のデビュー作にあたります。基本的には「ヘヴィブルースロック」なんですが、この1stが最もサイケ度が高く、「正調シスコサイケ」といえるようなジャム的要素の強い、まったりとした演奏を堪能させてくれます。 "Electric Psychedelic Sitar Headswirlers"の第1巻に収録されていたシタールサイケチューン(下の動画)も入っています。

1968年のサイケデリックポスターに、Linn CountyとQMSとデッドがFillmore Westに出演した時のもの(下の画像)があり、きっと連日濃厚な長尺ジャム大会が繰り広げられたんだろうなと想像してしまいます。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


$サイケデリック漂流記

2011年09月02日(金)

Other Half, Parish Hall, Fields他 再発

テーマ:News
以前RadioactiveおよびFalloutから再発されていた5タイトルの、別レーベルからのリイシューです。


Other Half
Other Half
Other Half

Other Halfはギターヒーロー、Randy Holdenを擁したサンフランシスコの5人組。1968年の唯一のアルバムは、レココレ・サイケ号にも「サイケデリック・ムーズ」にも取り上げられていた「基本アイテム」です。

シスコサイケとしては(楽曲そのものは)ガレージパンク寄りな感じもありますが、ランディの粘りつくようなサイケなギターは、初期QMSなどのシスコ(ヘヴィ)サイケのイメージそのままで、とにかくカッコよくてシビれます。まるで、60sガレージパンクから70sハードロックへの進化の過程のミッシングリンクのようなサウンドなのが面白いところ。

このあとランディはLeigh Stephensの後任としてBlue Cheerに参加したのち、ソロ作"Population II"(1969)をリリースしています。



Parish Hall
Parish Hall
Parish Hall

以前ヘヴィサイケ特集で取り上げたParish Hallは、西海岸ベイエリアのジミヘンフォロワーなパワートリオ。本作は1970年の唯一作で、サイケ本「サイケデリック・ムーズ」で、「その手のファンには非常に人気の高い一枚」と紹介されていました。

単なるコピーキャットに終わらず、ジミへのリスペクトとオリジナリティのバランスが気持ちいい佳作となっています。90年代まで埋もれた存在だったようですが、マイナーハードロックコレクターのマニア心をくすぐるようなアルバムで、当時「再発掘」したファンのほくそ笑む様子が目に浮かぶようです。



Fields
Fields
Fields

FieldsはLAのヘヴィサイケトリオ。唯一のアルバムは元Merry-Go-RoundのBill Rinehartのプロデュースにより、1969年にUniレーベルからリリースされています。日本のSpeed, Glue & ShinkiやフィリピンのJuan De La Cruzがカバーしている"Take You Home"は、このバンドがオリジナル。

ファズ/ワウを効かせたヘヴィなギター、ブンブンうなるベース、ドコドコとローリングするドラム・・・。いかにもヘヴィサイケトリオといった音を聴かせてくれるんですが、それだけではなくて、ホーンやスワンプな女性コーラスが入っていたり、予測不能・意味不明な展開をする(LPでいうB面を占める)19分のヘンテコリンな大作サイケチューンがあったりで、私のような変態趣味も満足させてくれる美味しい作品となっています。

ちなみに、Fieldsの前身はRhinoの"Los Angeles Nuggets"ボックスに"Hippy Elevator Operator"が収録されていた5人組、W.C. Fields Memorial Electric String Band(長い!)。



Moloch
Moloch
Moloch

Molochはメンフィス出身の5人組ヘヴィブルースロックバンド。唯一のアルバムである本作は、Stax傘下のEnterpriseレーベルから1970年にリリースされています。

Don Nixがプロデュース、楽曲提供、アレンジ、エンジニアリング、アルバムデザインと、全面的に制作にかかわっていて、その後Jeff Beckをはじめ多くのロックアーティストにカバーされることになる"Going Down"は、彼が本作に提供したのがオリジナルです。

楽曲自体はいわゆる「ブルースロック」なんですが、ジミヘンライクなオープニングの"Helping Hand"のように、アシッド感あふれるヘヴィなファズギターやエフェクトなど、ヘヴィサイケファンにもアピールする内容となっています。



At Home
Lambert & Nuttycombe
At Home

Lambert & NuttycombeはLA出身のフォークデュオ。メジャーのA&Mと契約後サンフランシスコに移り住み、ふたりがシェアしていたサウサリートの古びた住家で宅録されたのが"At Home"(1970)です。

音数は極端に少なく、全編、2本のアコースティックギターとふたりのボーカルのみの、静かな静かなアルバム。それなのに、素晴らしく豊かでふくよかな音像が形作られています。「音数」対「音像」でいえば、「ベスト・エコロジカル・アルバム・オブ・オールタイム」かもしれません。

実際には鳴っていない音が「行間」から花咲き、まるでストリングスやリズム楽器が聴こえてくるような気がする。聴き手のイマジネーションを奔放に羽ばたかせてくれる、不思議な魅力に満ちた作品です。サイケではないしアシッドフォークともいえないし、穏やかで親しみやすい楽曲ばかりなのですが、さまざまなイメージを喚起させるという意味では、これもひとつのサイケデリアなのではないかと思います。

ちなみに、もう一枚、Keith Olsenがプロデュースしたセカンドアルバム、"As You Will"(1973)が20th Centuryからリリースされていますが、こちらにはバックバンドやストリングスが入っています。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。