2011年07月30日(土)

QMSのアーカイブ音源ボックス発売

テーマ:News
Anthology Box 1966-1970
Quicksilver Messenger Service
Anthology Box 1966-1970

Quicksilver Messenger Serviceのスタジオアウトテイクやアーカイブライブを集めたコンピレーションボックスがリリースされます(9月13日発売予定)。

下のトラックリストを見ると、トレーディングやダウンロード等でファンの間に出回っていたプライベート音源やサウンドボード音源などを集めた3枚組となっているようです(これはネット上にあったトラックリストですが、発売元のCleopatra Recordsのサイトでは2CDとなっていました 【追記】現在、3CD/DVDと訂正されています)。

Tracklisting
1. Dino's Song (Studio Outtake from the 1967 sessions)
2. Studio Chat (from the 1967 sessions)
3. Gold And Silver (Take 17) [Studio Outtake from the 1967 sessions]
4. Light Your Windows (Studio Outtake from the 1967 sessions)
5. Pride of Man (Studio Outtake from the 1967 sessions)
6. I Hear You Knockin' (Studio Outtake from the 1967 sessions)
7. Stand By Me (Take 1) [Studio Outtake from the 1967 sessions]
8. Stand By Me (Take 2) [Studio Outtake from the 1967 sessions]
9. The Fool (Studio Outtake from the 1967 sessions)
10. Gold And Silver (Take 18) [Studio Outtake from the 1967 sessions]
11. Calvary (Studio Outtake from the 1969 sessions)

1. Dino's Song (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
2. Hair Like Sunshine (Long Distance Call) [Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966]
3. If You Live (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
4. All Night Worker (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
5. Got My Mojo Workin' (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
6. You Don't Love Me (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
7. Susie Q (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
8. Hoochie Coochie Man (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
9. Babe, I'm Gonna Leave You (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
10. Stand By Me (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
11. Pride of Man (Live at The Fillmore Auditorium - May 11, 1966)
12. I Hear You Knockin' (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)
13. Acapulco Gold And Silver (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)
14. Codine (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)
15. Don't Tell Me You're Sorry (I Can't Believe It) [Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967]
16. A Strange, Funny World (Look Around) [Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967]
17. Walkin' Blues (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)
18. Duncan and Brady (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)
19. Who Do You Love? (Live at The Fillmore Auditorium - February 4, 1967)

1. Smoke Stack Lightning (Live at The Fillmore East - June 7, 1968)
2. Light Your Windows (Live at The Fillmore East - June 7, 1968)
3. Back Door Man (Live at The Fillmore East - June 7, 1968)
4. The Fool (Live at Winterland 1970)
5. Too Far (Live at Winterland 1970)
6. The Warm Red Wine (Live at Winterland 1970)
7. Mona (Live at Winterland 1970)
8. Long Haired Lady (Live at Winterland 1970)
9. Mojo (Live at Winterland 1970)
10. Subway (Live at The Old Mill Tavern - March 29, 1970)
11. Rain (Live at The Old Mill Tavern - March 29, 1970)
12. Blues Jam (Live at The Old Mill Tavern - March 29, 1970)

追記:上記3CDに加え、ボーナスDVDが付属するという情報あり。
BONUS DVD
Monterey International Pop Festival (1967) 1. Dino’s Song From the film Revolution (1968) 2. Babe, I’m Gonna Leave You 3. Codine Sonoma State College (1970) 4. The Warm Red Wine 5. Baby Baby 6. Subway 7. Mona Fillmore “Carousel Ballroom” - July 4, 1971 8. Fresh Air 9. Mojo Winterland Ballroom - December 1, 1973 10. Losing Hand 11. Play My Guitar 12. Mojo 13. What About Me 14. The Hat 15. Who Do You Love?


サイケデリック漂流記


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年07月28日(木)

The Hookが2on1で再発

テーマ:News
The Hook Will Grab You / Hooked
The Hook
The Hook Will Grab You / Hooked

The Hookは元LeavesのギタリストだったBobby ArlinらによるLAのヘヴィサイケトリオ(2ndはキーボードが加入して4人組となる)。彼らが1968年にUniレーベルに残した2枚のアルバム、"The Hook Will Grab You"と"Hooked"をカップリングした2on1CDがTune Inからリリースされます(9月20日発売予定)。

音はクリーム~ジミヘン系のヘヴィサイケナンバーを基本に、私好みのIron Butterflyみたいな変態っぽいメロやリフが飛び出してくるのが特徴。当ブログではヘヴィサイケ特集をはじめ、たびたび話題に上るものの最近はCDの入手が難しくなっていたようなので、この機会にぜひどうぞ。過去記事はこちら

追記:
Track Listing:
"THE HOOK WILL GRAB YOU"
1. HOMES
2. LOOKIN' FOR YOU
3. YOU KNOW I DO
4. TURN YOUR HEAD
5. SON OF FANTASY
6. DR. B AND HIS FRIENDS
7. PLUG YOUR HEAD IN
8. EVERYTHING'S GROOVY
9. GARBAGE MAN
10. DIMPLES

"HOOKED"
11. GO
12. YOU'RE LOOKIN' FINE
13. THERE'S MAGIC IN THE AIR
14. SON OF FANTASY II
15. HOOK CAN COOK
16. LOVE THEME IN E MAJOR
17. A BEAUTIFUL TOMORROW
18. YOU NEED PEOPLE
19. ALL AROUND THE WORLD
20. YOU DON'T HAVE TO STAY

BONUS TRACKS
21. IN THE BEGINNING
22. SHOW YOU THE WAY


サイケデリック漂流記


AD
2011年07月19日(火)

Carolyn Hester CoalitionとMontrealが国内盤仕様で再発

テーマ:News
ニュー・フォークの目覚め
キャロリン・ヘスター・コーリション
ニュー・フォークの目覚め

女性ボーカル入りサイケフォークロックの名作、Carolyn Hester Coalitionの1968年のセイムタイトルが、「ニュー・フォークの目覚め」という邦題の国内盤で再発されます(Sunbeamの原盤に帯と日本語解説を付けた国内盤仕様で、8月10日発売予定)。

この邦題、当時の日本盤をそのまま再現したものだそうです(日本盤LPが出てたって知りませんでした)。こういう何も考えてないような安易な邦題、いかにも60年代という感じですね。Yardbirdsの"Roger the Engineer"が「サイケデリックのエース」、JAの"After Bathing at Baxter's"が「ヒッピーの主張」(その次の"Crown of Creation"は「忠臣蔵」だった)、Associationの"Birthday"が「ソフトロックのチャンピオン」(ちなみに、シングルカットされた"Everything That Touches You"は「恋にタッチは御用心」!)、Vanilla Fudgeの1stが「アートロックの旗手」・・・、日本発売が遅れたCountry Joe & the FishやAmboy Dukesは「アートロックの使者」「アートロックのニュースター」という邦題で売り出されています。

Carolyn Hester Coalitionについては過去記事をご覧ください。



サマーズ・ナイト(生産限定紙ジャケット仕様)
モントリオール
サマーズ・ナイト(生産限定紙ジャケット仕様)

こちらは、以前Falloutから非正規盤がCD再発されていた、Montrealの"A Summer's Night"(1970)の紙ジャケ再発です(韓国Big Pink原盤によるヴィヴィド・サウンドからの国内盤仕様で、8月24日発売予定)。

シンコーのディスクガイド「アシッド・フォーク」でも紹介されていたMontrealは、その名のとおりカナダ出身の男性2人+女性1人の3人組。本作はRichie Havensのプロデュースによってニューヨークで録音された、彼らの唯一のアルバムです。

女性ボーカルをフィーチャーした、ジャジーなサイケフォーク~ソフトロックなんですが、ジャズ+フォークといっても英国のPentangleほどの緊張感はなく、もっとヒッピー&フラワーミュージック的なユルさが支配しています。独特のメロウ&メランコリックで「たそがれ」たムードが漂っていて、とても良いです。

Richie Havensはシタールや琴の演奏でも参加していて、ほかにBuzz Linhartや、名ジャズフルーティストのJeremy Steig、偶然ですが、前述のCarolyn Hester CoalitionのドラマーだったSkeeter Cameraなどがバッキングをつとめています。


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD
2011年07月15日(金)

Stoogesの"Detroit Tapes"が2CDでリリース

テーマ:News
Detroit Tapes
Iggy & The Stooges
Detroit Tapes

ファンの間では'Detroit Rehearsal Tapes'として知られている音源を中心に収録した、Iggy Pop & the Stoogesの2枚組コンピがリリースされます(8月16日発売予定)。

'Detroit Tapes'は、1973年のアルバム"Raw Power"発売にともなう全米ツアーのためのリハーサルを記録したもので、Columbiaとの契約打ち切りのため幻となってしまった4枚目のスタジオ作に収録されるはずだった「新曲」も含まれています。

Disc 1:
Tight Pants
I'm A Man
I Got A Right
Money (That's What I Want)
Scene Of The Crime
Gimme Some Skin
Rubber Legs
Open Up And Bleed
Johanna

Disc 2:
Cock In My Pocket
I'm Sick Of You
Louie Louie
Head On
Cry For Me
She Creatures Of The Hollywood Hills
Born In A Trailer
Wild Love
Till The End Of The Night

Line-Up:
Iggy Pop: Vocals
James Williamson: Guitars
Ron Asheton: Bass
Scott Asheton: Drums
Additional musicians on keyboards: Scott Thurston & Bob Scheff


サイケデリック漂流記


2011年07月12日(火)

Cicadelicからテキサス物コンピ

テーマ:News
Three O'clock Merrian Webster Time
Various Artists
Three O'clock Merrian Webster Time

前回の記事でお知らせしたCicadelicの新譜コンピがamazonにアップされています(9月20日発売予定)。

前述のように、1982年にアナログLPでリリースされた際は、14 Psychedelic Sounds from the Lemon Fog & the Nomadsというサブタイトルで、A面にLemon Fogの7曲、B面にNomadsの7曲が収録されていました。これらの曲はすでにCollectablesのコンピCD、"Acid Visions Complete Collection Vol.3"や"The History of Texas Garage Bands Vol. 2: The Orbit Records Story"に再録されていることや、今回Lemon Fogのコンピが単独で発売されるということで、大幅に内容が変更されてのリリースとなったようです。

Lemon Fogの曲はすべてカットされていますが、Nomadsは改名後のSmokeのトラックを含め、未発表バージョンなどを追加した十数曲が収められています。その他、Sights and Soundsとその前身のCarrols Mood、Front Page News、Rebellers、Remaining Fewによる"22 Psychedelic Sounds from Texas (1966-1968)"の全22曲が収録されています。

Track Listings:
Carrols Mood
1. What You're Doing to Me
2. Out She Goes
The Nomads
3. I'll Be There
4. I Walk Alone (Single masters)
The Front Page News
5. Thoughts (Previously unreleased mix)
The Nomads
6. My Little Red Book (Unreleased master)
7. Situations
8. Three O'clock Merrian Webster Time (Single masters)
The Rebellers
9. The New Generation (Previously unreleased mix)
Smoke
10. Mainstream
11. Church House Blues (Single masters)
The Remaining Few
12. Painted Air
13. In The Morning (Askell-112)
The Sights and Sounds
14. Mystical Bells
15. You Keep Me Hangin' On (Unreleased Masters)
Carrols Mood
16. I Walk Alone (Previously unreleased mix)
The Nomads
17. Three O'clock Merrian Webster Time-take 1
18. Three O'clock Merrian Webster Time-take 2
19. Three O'clock Merrian Webster Time-take 3
20. Three O'clock Merrian Webster Time-take 4 (Previously unreleased versions with different vocals)
21. My Little Red Book (Previously unreleased alternate mix)
The Sights and Sounds
22. Out She Goes (Alternate version)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2011年07月06日(水)

Lemon Fogのコンピ発売

テーマ:News
Summer With the Lemon Fog
Lemon Fog
Summer With the Lemon Fog

テキサスのガレージサイケ5人組、Lemon Fogの全シングルと未発表アウトテイクなどを収録したコンピレーションがCicadelicからリリースされます(9月20日発売予定)。

Lemon Fogは1967~68年にOrbitから3枚のシングルをリリースしたのみですが、Fuzz, Acid & Flowersでは1ページをまるまる彼らに割いていて、重要なバンドとして取り扱われています。1982年のCicadelicのコンピLP、"Three O'Clock Merrian Webster Time"でNomadsとAB面を折半したのをはじめ、これまで、テキサス物を中心に数多くのコンピに収録されてきましたが、Lemon Fog単体でのタイトルは今回が初めてではないかと思います。

実は、彼らは数枚のアルバムが出せるほどの曲を録音していたものの、スタジオからテープが盗まれて失われてしまった、という記事を読んでいたので、このリリースアナウンスを聞いた時は、「その音源が発見されたのか?!」と一瞬思ってしまいました。でも、下のトラックリストを見ると、未発表とはいっても既発の曲のバージョン違いのみで、「未発表曲」は入っていないようです。

彼らの魅力は、パンキッシュな一面を持っているとともに、内側に沈み込むようなメロウ&メランコリックな楽曲群で見せる、ナイーブ&イノセントな感覚ではないかと思います。シングルのみ残したアーティストで、「最もアルバムを聴いてみたかった」バンドのひとつです。時折り入るファズギターやチープオルガンのサウンドが、ますますその思いを募らせます。

ところで、前述のコンピ"Three O'Clock Merrian Webster Time"ですが、こちらも近いうちにCicadelicからCD再発される予定です。ただし、今回のLemon Fogのリリースにともない、彼らのトラックはすべて外され、別の複数のバンドのトラックが追加されて、サブタイトルも、14 Psychedelic Sounds from the Lemon Fog & the Nomadsから、22 Psychedelic Sounds from Texas (1966-1968)と変更されている模様です。詳細はまたのちほど。

Track Listing:
1. Summer (Previously Unreleased Complete Version)
2. Lemon Fog
3. Echoes Of Time (Original Single Masters)
4. The Prisoner
5. Day By Day (Previously unreleased complete versions)
6. Yes I Cry (Previously Unreleased Mix)
7. Girl From The Wrong Side Of Town (Previously Unreleased Version)
8. Summer (Original Single Master)
9. Echoes Of Time-previously unreleased outtake
10. Echoes Of Time-previously unreleased outtake
11. Echoes Of Time (Previously Unreleased Complete Version)
12. Lemon Fog (Previously Unreleased Complete Versions)
13. Day By Day
14. The Prisoner
15. Girl From The Wrong Side Of Town (Original Single Masters)
16. Girl From The Wrong Side Of Town (Previously Unreleased discarded outro)


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2011年07月03日(日)

英Kismetの8月発売予定の新譜

テーマ:News
Emily
Emily
Emily

EmilyことEmily Bindigerは、1955年NY生まれの女優・シンガー。ニール・セダカやレナード・コーエンのバッキングや、「ステップフォード・ワイフ」などの映画サントラ、梶浦由記らの日本のアニメ音楽で歌ったりしていて、そのスジでは結構名前が知られているようです。また、Accidentalsという男女混声アカペラグループのメンバーとしても活躍しています。

本作は彼女がまだ16歳の時に渡仏して録音されたもので、全曲英語で歌われているものの、フランスのみで1972年にリリースされました。ラストの10分近い長尺アシッドフォークナンバーを含む全8曲はすべてEmily自身のペンによるもので、要所に入る古風なオーケストラアレンジが印象的な、サイケフォークロック寄りのSSW作品となっています。バックにフランスの70sプログレバンド、Dynastie Crisisが参加しているということでも、コレクターズアイテム的な興味を呼んでいるようです。




Vision of Sunshine
Vision of Sunshine
Vision of Sunshine

Fuzz, Acid & Flowersで「典型的なカリフォルニアのヒッピーグループ」と評されていた、LAの男女混声グループによる1970年の唯一作。強烈な個性こそないけれど、美しい男女のボーカルハーモニーにからむ室内楽や、ちょっと「あっち」を向いたクリスチャンサイケ系の風変わりな手触りとか、まったりと展開するメローチューンとか、好きな人には聴き所が多いのではないかと思います。

ちなみに、ボーカル、ギター、ピアノ、ソングライティング等でクレジットされているメンバーのGerald Hauserは、のちにWings Hauserの名で俳優・監督・脚本家として映画・TV界で活躍しています。




Privilege
Privilege
Privilege

Privilegeは、元Soul Survivors(全米4位ヒットの"Expressway to Your Heart"でお馴染み)のEdward Leonetti(ギター)とPaul Venturini(オルガン)が中心になって結成されたフィラデルフィアの4人組。本作は1969年にリリースされた唯一のアルバムです。

ジミヘンとアイズレーブラザーズから影響を受けたというサウンドは、ファズギターとハモンドオルガンをフィーチャーした、ファンキー&ブルージーなヘヴィサイケ~ハードロック。プロデュースはそのアイズレーズが担当していて、彼らのT-Neckレーベル(Buddah傘下)からリリースされています。グロっぽいジャケで損してる感じですが、中身はかっこいいヘヴィロックアルバムです。




Return from the Dead
Dirty John's Hot Dog Stand
Return from the Dead

Dirty John's Hot Dog Standは、名セッションギタリストのKenny Paulson、元Ill WindのCarey Mann、のちにJeff Baxter参加のソロ作を出すP.J. Coltらによるボストンの5人組。本作は1970年リリースの唯一のアルバムです。

レスポール系の「ウーマントーン」が印象的な、ギターオリエンテッドで、スワンプロック風味のヘヴィブルースロックを聴かせてくれます(ホーン入りの曲あり)。プロデュースは、Euclidの"Heavy Equipment"などを手がけたCharlie DreyerとBobby Hernで、アルバムはEuclidと同じくジャズ系のFlying Dutchman/Amsterdamからリリースされています。

ちなみに、オリジナルLPはレアな上に、多くのコピーがミスプレスされていて、まともに鑑賞できないような曲もあるので、このアルバムを完全な形で聴いたことがある人は数少ないのではないかと思われます。



サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。