2011年06月30日(木)

Doorsの6枚組廉価ボックス発売

テーマ:News
A Collection
The Doors
A Collection

来る7月3日はジム・モリソンの40回忌ということで、Jim在籍時のDoorsのオリジナルアルバム6枚をセットにした廉価ボックスがRhinoからリリースされます(amazonでは7月19日発売予定)。

音源は2006年のBruce Botnikによる40周年記念ミックスが採用され、それぞれオリジナルアートワークを忠実に再現した紙ジャケに収納されているとのことです。ただし、"Perception"ボックスや国内盤紙ジャケに収録されていたボーナストラックは入っていない模様です。

[CD1] "The Doors" (1967)
1. Break On Through 2:27
2. Soul Kitchen 3:32
3. The Crystal Ship 2:32
4. Twentieth Century Fox 2:32
5. Alabama Song (Whisky Bar) 3:17
6. Light My Fire 7:00
7. Back Door Man 3:34
8. I Looked At You 2:22
9. End Of The Night 2:50
10. Take It As It Comes 2:18
11. The End 11:41

[CD2] "Strange Days" (1967)
1. Strange Days 3:09
2. You're Lost Little Girl 3:05
3. Love Me Two Times 3:15
4. Unhappy Girl 1:57
5. Horse Latitudes 1:34
6. Moonlight Drive 3:05
7. People Are Strange 2:11
8. My Eyes Have Seen You 2:31
9. I Can't See Your Face In My Mind 3:24
10. When The Music's Over 11:08

[CD3] "Waiting For The Sun" (1968)
1. Hello, I Love You 2:40
2. Love Street 2:56
3. Not To Touch The Earth 4:00
4. Summer's Almost Gone 3:22
5. Wintertime Love 1:56
6. The Unknown Soldier 3:26
7. Spanish Caravan 3:02
8. My Wild Love 3:01
9. We Could Be So Good Together 2:23
10. Yes, The River Knows 2:42
11. Five To One 4:33

[CD4] "The Soft Parade" (1969)
1. Tell All The People 3:21
2. Touch Me 3:12
3. Shaman's Blues 4:50
4. Do It 3:10
5. Easy Ride 2:40
6. Wild Child 2:38
7. Runnin' Blue 2:29
8. Wishful Sinful 3:00
9. The Soft Parade 9:41

[CD5] "Morrison Hotel" (1970)
1. Roadhouse Blues 4:08
2. Waiting For The Sun 4:02
3. You Make Me Real 2:54
4. Peace Frog 2:51
5. Blue Sunday 2:10
6. Ship Of Fools 3:17
7. Land Ho! 4:14
8. The Spy 4:21
9. Queen Of The Highway 2:52
10. Indian Summer 2:37
11. Maggie M'Gill 4:17

[CD6] "L.A. Woman" (1971)
1. The Changeling 4:24
2. Love Her Madly 3:39
3. Been Down So Long 4:44
4. Cars Hiss By My Window 4:58
5. L.A. Woman 7:59
6. L'america 4:34
7. Hyacinth House 3:13
8. Crawling King Snake 5:01
9. The Wasp ( Texas Radio And The Big Beat ) 4:16
10. Riders On The Storm 7:08

40th anniversary mixes by the Doors and Bruce Botnik


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年06月28日(火)

Associationの2ndがオリジナルモノバージョンで再発

テーマ:News
Renaissance Deluxe Expanded Mono Edition
Association
Renaissance Deluxe Expanded Mono Edition

先ごろ再発されたモノバージョンの1stに続いて、Associationのセカンドアルバム"Renaissance"(1966)が、オリジナルモノミックスを採用したDeluxe Expanded Mono EditionとしてCD再発されます。6曲の未発表テイクを含むボーナストラック9曲と、16頁のフルカラーブックレット付属で9月6日発売予定。

本作は、ヒット曲や有名曲があまり入ってなくて、アレンジも演奏もシンプルな印象で、60年代の彼らのオリジナルアルバムの中では最も地味な存在ではないでしょうか(実際にチャート的にも振るわなかった)。しかし、全曲彼らの手による楽曲を自ら演奏した手作り感の強い作品で、プロデューサーや外部ライター、アレンジャーやセッションマンによる粉飾を取り払った、これぞ「アソシエーションの本質」といえるサウンドを聴かせてくれます。全体的にメロウな雰囲気なのも良いです。

プロデュースを担当したのは、バンドの中心人物のJim Yesterの弟で、元Modern Folk QuartetのJerry Yester(サイケファンには"Farewell Aldebaran"のHenske & Yesterでお馴染みの人)。そのあたりも、本作の家内工業的なイメージに寄与しているのかもしれません。

ところで、amazonには上に載せたリンクのほかに、もうひとつこちらもあることをお断りしておきます。


THE ORIGINAL MONO ALBUM
1. I'M THE ONE
2. MEMORIES OF YOU
3. ALL IS MINE
4. PANDORA'S GOLDEN HEEBIE JEEBIES
5. ANGELINE
6. SONGS IN THE WIND
7. YOU MAY THINK
8. LOOKING GLASS
9. COME TO ME
10. NO FAIR AT ALL
11. YOU HEAR ME CALL YOUR NAME
12. ANOTHER TIME, ANOTHER PLACE

BONUS TRACKS
13. THE MACHINE
14. PANDORA'S GOLDEN HEEBIE JEEBIES (MONO 45)
15. NO FAIR AT ALL (ALTERNATE VERSION)
16. MEMORIES OF YOU (INSTRUMENTAL)*
17. NO FAIR AT ALL (INSTRUMENTAL)*
18. SONG IN THE WIND (INSTRUMENTAL)*
19. ANGELINE (INSTRUMENTAL)*
20. PANDORA'S GOLDEN HEEBIE JEEBIES (INSTRUMENTAL)*
21. LOOKING GLASS (INSTRUMENTAL)*

* Previously Unreleased


サイケデリック漂流記


AD
2011年06月20日(月)

ハードロック期のCherry Peopleのコンピ発売

テーマ:News
Whoopin & a Whoppin
Cherry People
Whoopin & a Whoppin

Cherry Peopleはソフトロックのガイド本でも紹介されていた、ワシントンD.C.の「バブルガムポップサイケ」5人組。Left Bankeのカバーシングル、"And Suddenly"(→動画)を1968年に全米45位ヒットさせています。

ジェリー・ロスのプロデュースによる唯一のアルバム(1968)は、ソフトロック作としてもバブルガムポップ作としてもポップサイケ作としても、いまひとつ煮え切らない印象の作品でした(そのへんが魅力ともいえますが・・・)。

その彼らが、のちに変身してハードロックバンドとして70年代半ばまで活動していたということは、あまり知られていないのではないでしょうか? 本作は彼らのハードロック期(1969~1976年)の音源を集めたコンピレーションです(Angel Airから7月26日発売予定)。音は・・・ジャケットのメンバーの写真からなんとなく想像がつきそうです。

ちなみに、中心人物のChrisとDougのGrimes兄弟は、新たなメンバーとの再結成アルバム"Nobody's Perfect"を2010年に発表しています。

Tracks:
1. Whoopin' and AWhoppin'
2. Do You Need Me?
3. Look What They've Done To Your Son Mom
4. Superman
5. You Say To Me
6. Tuesday Morning
7. Mild Ambrosia
8. Join The Glory
9. Misty Mountains
10. Georgia Girl
11. Livin' Ain't Easy
12. Iowa
13. It's You

AD
2011年06月18日(土)

Turkish Freakoutの第二弾発売

テーマ:News
Turkish Freakout 2
Various Artists
Turkish Freakout 2

昨年Bouzouki Joeからリリースされたトルコ物サイケコンピ、"Turkish Freakout"の続編が7月に発売されます。

Baris Manco, Cem Karaca, Sevil & Aylaといった前回収録されていたアーティストも見受けられますが、逆にいうとカブっているのはそれらぐらいで、ほとんどが名前や曲名を聞いただけで濃い音を出してくれそうな、新たな顔ぶれによる編集となっています。下の動画は見ると一日じゅう頭から離れなくなるのでご注意を・・・。

TRACK LISTING:
01. Afet Serenay - Yarim Gitti Cesmeye
02. Kerem Guney - Aglayi Aglayi
03. Gokben - Eninde Sonunda
04. Baris Manco - Estergon Kalesi
05. Gulcan Opel - Bari Bari
06. Sevil And Ayla - Irgat
07. Kamuran Akkor - Kim Ne Derse Desin
08. Afet Serenay - Maden Dagi
09. Edip Akbayram - Mehmet Emmi
10. Baris Manco - Mozart
11. Cem Karaca & Mogollar - Obur Dunya
12. Ozel Turkbas - Ozel's Dance Routine
13. Perihan - Nerden Nereye
14. Sakir Oner Gunhan - Ben Bu Yaralara Nerden Dus Oldem
15. Gulcan Opel - Tamammi
16. Sirin - Sevgili Golgem
17. Kenan - Viens Dans Ma Vie


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
2011年06月11日(土)

サイケ系名作サントラ2タイトルが再発

テーマ:News
映画"The Trip"(1967,邦題「白昼の幻想」)と、"Angels from Hell"(1968)のサントラ盤がReel TimeというレーベルからCD再発されます(7月19日発売予定)。後者はこれが待望の初CD化です。


Trip
Various Artists
Trip

Mike Bloomfield, Barry Goldberg, Nick Gravenites, Buddy Milesら、錚々たるメンバーを擁したElectric Flagによる、もはや説明不要な名盤。レココレ・サイケ号にも取り上げられていました。「はじめて聴く前からすでに知っている」たぐいの名曲"Peter's Trip"や、バッドトリップによる幻覚・強迫観念をみごとに表現した"Flash, Bam, Pow"など、聴きどころ満載です。



Angels From Hell
Various Artists
Angels From Hell

映画は"Wild Angels"(1966)以降濫造されたB級バイカー映画のひとつ。でも、音楽を担当したのが、あの"Beyond the Valley of the Dolls"(邦題「ワイルド・パーティー」)のサントラでお馴染みのStu Phillipsで、しかもPeanut Butter ConspiracyとLollipop Shoppeが参加しているという、マニア垂涎の一枚。内容も、これまでなぜCD化されなかったのか不思議なくらい素晴らしいものです。

Lollipop Shoppeの2曲は数年前に出た彼らのコンピに、映画の出演シーンの写真とともに収められていたので、思い当たる方も多いのではないかと思います。ただ、映画自体は「地獄のライダー 血の暴走」という邦題でVHSが出ていたものの、DVDは発売されていないようです。

Track Listing:
1. PEANUT BUTTER CONSPIRACY - No One Says A Word (No Communication)
2. STU PHILLIPS - Angels From Hell
3. STU PHILLIPS - 4 OClock Tea (Laudanum)
4. STU PHILLIPS - Walkin In
5. PEANUT BUTTER CONSPIRACY - Crystal Tear
6. PEANUT BUTTER CONSPIRACY - Angels From Hell
7. STU PHILLIPS - Propinquity
8. STU PHILLIPS - Circumambient Cycles
9. TED MARKLAND - Shake Off The Chains
10. LOLLIPOP SHOPPE - Mr. Madison Avenue
11. STU PHILLIPS - Amalgamation
12. LOLLIPOP SHOPPE - Whos It Gonna Be?


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
タイトル曲はPeanut Butter Conspiracyの"No One Says a Word"


2011年06月06日(月)

Kourosh Yaghmaeiの2枚組コンピ発売

テーマ:News
Back from the Brink
Kourosh Yaghmaei
Back from the Brink

ペルシア(イラン)物コンピ、"Pomegranates"にデビュー曲が収録されていたKourosh Yaghmaeiの新譜コンピが、米Now Againからリリースされます(CD2枚組で8月30日発売予定)。

サブタイトルは"Pre-Revolution Psychedelic Rock from Iran: 1973-1979"というもので、The only officially licensed anthology of the Iranian psych legend.とのことです。デビューから、1979年のイラン革命によってポップ(ロック)ミュージックが弾圧されるまでの7年間の音源を、マスターテープからリストアしたものになっている模様。

Kourosh Yaghmaeiはイラニアンロックの開祖のような人らしいです(トルコでいうErkin Korayのようなものか?)。弾圧後も水面下で音楽活動は続けていたようで、近年にも新譜を出したりしています。下のトラックリストの"Reyhan"の動画なんか見ると、Deep Purpleの"Burn"や"Flight of the Rat"のフレーズが飛び出してきたりして、やっぱり、Edip Akbayramとかのターキッシュサイケの感覚と通じるものがあるみたいですね。

Disc 1
1. Gole Yakh
2. Dar Enteha
3. Hajme Khali
4. Paiz
5. Leila
6. Del Dareh Pir Misheh
7. Akhm Nakon
8. Shirin Joon
9. Ghazal
10. Tavalode Yek Seda
11. Saghe
12. Entezar
13. Niyayesh
14. Saraabe Toe
15. Reyhan
16. Baroona

Disc 2
1. Mosafere Shar Baran
2. Khaar
3. Havar Havar
4. Ashiooneh
5. Bachehaye Khoobe Koocheh
6. Akhtare Asemanha
7. Tak Derakht
8. Share Cheshmat
9. Dokhtare Delkhasteye Shahr
10. Daas
11. Ghahr
12. Aabere Shab
13. Ghad Boland
14. Kei Toe Miayee

2011年06月02日(木)

"Psychedelic States"のNY編Vol.3発売

テーマ:News
Psychedelic States: New York in the '60s Vol. 3
Various Artists
Psychedelic States: New York in the '60s Vol. 3

Gear Fabの州別ガレージサイケコンピ"Psychedelic States"シリーズから、ニューヨーク編の第三弾がリリースされます(8月16日発売予定)。

すでに他のコンピに収録されている曲もちらほら見受けられますが、はじめて名前を聞くバンドや、Fuzz, Acid & Flowersにも載ってないようなレアなバンド・楽曲が多数収められています。大半の曲がCD初登場ではないかと思います。

ちなみに、Cucumberの"Don't Make Me Cry"はZepの「移民の歌」の元ネタとして有名な曲。Chain Reactionは、若き日のSteven Tyler(Aerosmith)がまだ本名のSteven Tallaricoを名乗っていたころ、ボーカリストとして在籍していたバンドです。

Track Listing: (リンク先はYouTube)
1. Please Don't - Luv Wons
2. You Lied - Aggregation
3. Destruction - Thrashing Butterflies
4. White & Frosty - Whether Bureau (A面曲はこちら
5. When I Meet A Girl Like You - Page Boys
6. Home Type Girl - Overtones (B面曲はこちら
7. Shapes Of Things - Born Mean
8. I'll Give You More - Eric & The Smoke Ponies
9. Second Best - Household Sponge (A面曲はこちら
10. Don't Make Me Cry - Cucumber
11. Doctor Friend - Druids
12. Mean Woman - Fugitives
13. Velvet Acid - Tony Dee
14. I'm Gonna Get You - Mustache Wax
15. Tripsy - Pebble Episode
16. Freedom - Peepl
17. Last Time - Sonic Lyne
18. Don't Cry To Me Babe - 3 and 1/2
19. We Got Time - Tweeds
20. Hide Your Face In Shame - Sound Solution
21. Whatever Happened To Us - Upward Movement
22. Love Me Girl - Tigermen (A面曲はこちら
23. Ever Lovin' Man - Chain Reaction
24. Summertime - Luv Wons
25. The Real Thing - Front End
26. Valley Of Death - The Whatever
27. Walkin' - Jazzmasters
28. I Don't Need You Today - Morning After
29. So Good - O'Aces
Total Time: 77:49

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。