2011年03月30日(水)

New Wave(再)再発

テーマ:News
Little Dreams: the Canterbury Recordings
New Wave
Little Dreams: the Canterbury Recordings

以前、Gear FabからCD再発されるとお知らせしたものの、リリース中止となってしまったNew Waveの唯一作(1967)が、今度はNow Soundsから"Little Dreams: the Canterbury Recordings (Deluxe Stereo & Mono Edition)"として再発される運びとなりました(6月7日発売予定)。

オリジナルステレオ&モノの両ミックスに加え、未発表ボーナス2曲に、フルカラーの16頁ブックレット(メンバーによるライナー&未公開フォト多数収録)が付属という、充実した内容になっている模様です。

New Waveは、ソフトロックのガイド本で絶賛されているのみならず、レココレ・サイケ号にも取り上げられていただけあって、「アシッドソフトロック」とでも呼びたいような独特なメロウサウンドをそなえています。ガットギターによるボッサ的な伴奏に、ストリングスやバイブによる室内楽のバッキング。どこか浮世離れした歌声や楽曲に、ジャズやクラシックやシャンソンの要素が絡んだりして、個性的で忘れがたい印象を残すアルバムです。

ちなみに、タイトルにもなっているCanterburyというのは、Yellow Balloonのレコードをリリースしたことで知られる短命なレーベルで、Yellow BalloonとNew Waveのほか、先ごろSundazedからCD再発されたLisa Millerの"Within Myself" の3枚しかアルバムをリリースしていません。

THE ORIGINAL STEREO ALBUM
1. LITTLE DREAMS
2. SHADOWS OF GOOD BYE
3. THE EVENING MIST A MORNING DEW
4. AUTREFOIS(J AI AIME UNE FEMME)
5. IN A LONELY TOWNE
6. THE SHADE OF THE SUN
7. WALKIN ON DOWN THE STREET
8. ONCE
9. LIVE FOR TODAY
10. NOT FROM YOU
11. WHERE DO WE GO FROM HERE

THE ORIGINAL MONO ALBUM
12. LITTLE DREAMS
13. SHADOWS OF GOOD BYE
14. THE EVENING MIST A MORNING DEW
15. AUTREFOIS(J AI AIME UNE FEMME)
16. IN A LONELY TOWNE
17. THE SHADE OF THE SUN
18. WALKIN ON DOWN THE STREET
19. ONCE
20. LIVE FOR TODAY
21. NOT FROM YOU
22. WHERE DO WE GO FROM HERE

BONUS TRACKS (Previously Unreleased)
23. KISS THE MOUNTAIN
24. ESEMPLASTIC POLYHYMNIA


サイケデリック漂流記
アルバムで唯一のカバー曲「シェルブールの雨傘」


AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011年03月29日(火)

Owen-B 再発

テーマ:News
Complete Recordings
Owen-B
Complete Recordings

オハイオのOwen-Bが1970年に発表したセルフタイトルのデビュー作に、2枚のノンアルバムシングルを加えたコンピレーションがGear Fabからリリースされます(6月21日発売予定)。

Owen-Bは美しいボーカルハーモニー入りのギターオリエンテッドなサザン(ハード)ロック風の楽曲が特徴的ですが、アコースティックで繊細なメロウチューンや、原初パワーポップのような色合いもあったりします。サイケ度は高くないですが、ソングライティングも歌も演奏もハイレベルで、メジャー級の力強さをそなえています。

下の動画はノンアルバムシングル曲で、このようなパーティ系ロックンロールチューンはむしろまれで、アルバムのイメージとはかなり異なります。ちなみに、Fuzz, Acid & Flowersなどによると、若干のメンバーチェンジののちに1978年にもセカンドアルバムを出しているようです。Complete Recordingsと銘打つなら、そちらも収録されていないといけないはずですが・・・・いまのところトラックリストは不明です。

追記: 判明したトラックリストでは1970年のオリジナルアルバム+ボーナストラック4曲です。Gear Fab他のアナウンスではタイトルも"Owen-B"となっています。

1. Share
2. Daily News
3. All We Are Asking
4. Mellow Meadows
5. share
6. My Friends
7. Weekend
8. Leavin' It All Up To You
9. Out On Our Own
10. Thank You For Listening
Bonus Tracks:
11. Nowhere To Run
12. Mississippi Mama
13. Zig Zag Man
14. Never Goin' Home


サイケデリック漂流記


AD
2011年03月22日(火)

Baby Please Don't Go...

テーマ:YouTube
最近話題の再発(再プレス)タイトルから強力なクリップをいくつか・・・。


サイケデリック漂流記
Crowの過去記事はこちら


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記
スティールギターを弾いているのはジェリー・ガルシア


サイケデリック漂流記




Crow Music
Crow
Crow Music

Amboy Dukes
The Amboy Dukes
Amboy Dukes

レフュージ(生産限定紙ジャケット仕様)
ヘヴン・アンド・アース
レフュージ(生産限定紙ジャケット仕様)

Baron von Tollbooth & The Chrome Nun
Paul Kantner Grace Slick David Freiberg
Baron von Tollbooth & The Chrome Nun

Return to Mu
Merrell Fankhauser
Return to Mu

AD
2011年03月15日(火)

Cicadelicの新譜(続)

テーマ:News
Cicadelicの新譜2タイトルがamazonにアップされています。(トラックリストのリンク先はYouTube動画です。)


Sativa
Aura
Sativa

Auraは、現在も西海岸のブルースシーンで活躍する黒人女性シンガー、Taylor P. Collinsを擁したサンフランシスコ(San Mateo)のサイケファンクグループ。本作は1977年リリースの唯一のアルバムで、Cold BloodやTower of Powerらのベイエリアファンク作品と比肩しうる隠れた名作です。

オリジナルのLPはAuraのみのセルフタイトルで、ロゴも緑ではなく黄色でした。最初はこの再発盤のようにSativaというタイトルでリリースするつもりだったのが、大麻(Cannabis Sativa)を称賛していると思われることを恐れて却下したんだそうです。今回はそのオリジナルの10曲に3曲のボーナストラックを加えた待望のCD再発です(amazonでは3月29日発売予定となっていますが4月中旬説あり)。

音はホーン入りの男女混声ベイエリアファンクサウンドですが、サイケなギター(元Lemon DropsのEddie Weissが弾いているらしい)や、メロトロン入りの曲があったりするのが特徴。ちなみに、1971年にMercuryからセルフタイトルのアルバムをリリースしている、LAのブラスロックバンドのAuraとは別のグループです(同じ動画投稿者がこのふたつのバンドをごったにして投稿しているのでご注意を)。

Track Listing:
1. You Got Something
2. Clap Your Hands
3. First Taste Of Love
4. It's A Feeling
5. Gonna Make It
6. Sativa
7. Mess Up Your Mind
8. Don't You Worry
9. Trying To Hold It Down'
10. Skyrocket
Bonus Tracks:
11. Catch A Falling Star
12. Evil That Brings You Down
13. It's a Feeling (early version)




It's a Happening! Texas Girls of the 60's
Various Artists
It's a Happening! Texas Girls of the 60's

こちらはテキサスガレージコンピシリーズの新譜で、1966~1969年にレコーディングされたガールズグループの音源25曲が収録されています(5月17日発売予定)。

Track Listing:
1. The WordD - Today Is Just Tomorrow's Yesterday
2. The WordD - You're Always Around
3. Friday And The Girls - An Older Boy
4. The Heart Beats - Poor Side Of Town
5. The Heart Beats - Choo Choo Train
6. The Heart Beats - Crying Inside
7. The Heart Beats - Satisfied
8. The Heart Beats - Everywhere
9. The Heart Beats - Little Latin Lupe Lu
10. The Bombshells - Treat Him Right
11. Linda Pierre King - Hard Lovin' Babe
12. Linda Pierre King - Who Cares?
13. Linda Pierre King - Blackness
14. Linda Pierre King - Where Are We Going?
15. Linda Pierre King - Bali Hai
16. Linda Pierre King - Tiny Sparrow
17. Linda Pierre King - Jack-A-Roe
18. Linda Pierre King - The Train
19. Linda Pierre King - Scotch And Soda
20. Linda Pierre King - Don't Think Twice (It's Alright)
21. Linda Pierre King - Blowin' In The Wind
22. Linda Pierre King - My Boot Heels Are Travelin'
23. The WordD - Today Is Just Tomorrow's Yesterday (alt. version)
24. The Penthouse - You're Always Around (alt. version)
25. The Heart Beats - Time Won't Let Me

2011年03月12日(土)

JAの3枚組廉価ボックス発売

テーマ:News
Original Album Classics
Jefferson Airplane
Original Album Classics

英SonyのOriginal Album Classicsシリーズの新譜として、Jefferson Airplane編の第二弾となる、CD3枚組の廉価ボックスがリリースされます(4月5日発売予定)。

収録されているタイトルは、最後の3枚のスタジオ作の"Volunteers"(1969), "Bark"(1971), "Long John Silver"(1972)。 最初の5作を収録した第一弾には質・量ともにかないませんが、それでもやっぱり持ってなかった人には魅力的なセットではないかと思います。

また、同時にIggy Popの"New Values"(1979), "Soldier"(1980), "Party"(1981) を収録した、同シリーズの3枚組ボックスも発売されます。Iggyに関しても、これらの前の"Lust for Life" (1977)あたりで止まっている人が多いんじゃないでしょうか?

Original Album Classics
Iggy Pop
Original Album Classics


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2011年03月11日(金)

Hillow Hammet再発

テーマ:News
Hammer
Hillow Hammet
Hammer

ワシントンD.C.出身のマイナーハードロッカー、Hillow Hammetの唯一作 "Hammer"(1970)がGear FabからCD再発されます(5月17日発売予定)。

本作は、13th Floor Elevatorsのプロデューサーとして知られるLelan Rogers(カントリーシンガーKenny Rogersの兄)の制作総指揮により、1969年にメンフィスのSounds of Memphisスタジオで録音されています。

サウンドはGrand Funk~James Gangあたりを思わせるファンキーなハードロックで、歌も演奏も堂に入っていてカッコイイ。Gear Fabの売り文句の「ヘヴィサイケ」アルバムと言うには若干無理があるような気もしますが、私のようなマイナーハードロックファンにとっては「美味しい」音です。

ちなみに、1978年に別ジャケで再発された際には、バンド名がHillow Hammitとなっています。ネット上には、オリジナルのHammetという表記の方が誤りだという記事もあり、どちらが正しいのかよく分かりません。


サイケデリック漂流記
タイトルは正しくは"Brown Eyed Woman"
2011年03月07日(月)

Associationの1stがオリジナルモノバージョンで再発

テーマ:News
And Then…along Comes the Association
The Association
And Then…along Comes the Association

カート・ベッチャーがプロデュースしたAssociationの記念すべきデビューアルバム、"And Then…Along Comes the Association"(1966, 邦題「チェリッシュ」)が、オリジナルモノミックスを採用したDeluxe Expanded Mono Editionとして、Now SoundsからCD再発されます(16頁のフルカラーブックレット付属で4月25日発売予定)。

ボーナストラックも、1999年再発の日本盤CDの5曲(今回のTrack15-19に相当)から大幅に増えて、12曲が収録されています(そのうち6曲が未発表トラック)。ちなみに、2006年再発のCollectors' Choice盤にはボーナストラックは収録されていませんでした。

"Along Comes Mary"(全米7位)や"Cherish"(全米1位)などの名曲群もいいですが、やっぱり下の動画のようなメロウサイケチューンにシビれます。

THE ORIGINAL ALBUM
1. ENTER THE YOUNG
2. YOUR OWN LOVE
3. DON'T BLAME IT ON ME
4. BLISTERED
5. I'LL BE YOUR MAN
6. ALONG COMES MARY
7. CHERISH
8. STANDING STILL
9. MESSAGE OF OUR LOVE
10. ROUND AGAIN
11. REMEMBER
12. CHANGES

BONUS TRACKS
13. BETTER TIMES
14. WHERE WERE YOU
15. ONE TOO MANY MORNINGS (NON-LP 45)
16. FORTY TIMES (NON-LP 45)
17. ALONG COMES MARY (SINGLE VERSION)
18. CHERISH (SINGLE VERSION)
19. ENTER THE YOUNG (SINGLE VERSION)
20. ALONG COMES MARY (INSTRUMENTAL)
21. REMEMBER (INSTRUMENTAL)
22. YOUR OWN LOVE (INSTRUMENTAL)
23. BETTER TIMES (INSTRUMENTAL)
24. WHERE WERE YOU (INSTRUMENTAL)

TRACKS 14, 20-24 Previously Unreleased


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


2011年03月03日(木)

Elevatorsの4枚組ボックス発売

テーマ:News
Albums Collection
13th Floor Elevators
Albums Collection

13th Floor Elevatorsの4枚のオリジナルアルバム、"The Psychedelic Sounds of" (1966), "Easter Everywhere" (1967), "Live" (1968), "Bull of the Woods" (1969)をセットにしたCD4枚組のボックスセットがInternational Artists/Snapperからリリースされます(4月5日発売予定)。

3枚のスタジオ作は2007年のリマスタ・ステレオバージョンですが、"Live"は(フェイクの)観客の拍手や、音声の不具合を修正した、新たなミックスとなっているそうです。詳細なトラックリストはまたのちほど。

追記:

Disc 1: "Psychedelic Sounds" (Stereo)
1. You're Gonna Miss Me
2. Roller Coaster
3. Splash 1
4. Reverberation
5. Don't Fall Down
6. Fire Engine
7. Thru The Rhythm
8. You Don't Know (How Young You Are)
9. Kingdom Of Heaven (Is Within You)
10. Monkey Island
11. Tried To Hide

Disc 2: "Easter Everywhere" (Stereo)
1. Slip Inside This House
2. Slide Machine
3. She Lives (In A Time Of Her Own)
4. Nobody To Love
5. Baby Blue
6. Earthquake
7. Dust
8. (I've Got) Levitation
9. I Had To tell You
10. Postures (Leave Your Body Behind)

Disc 3: "Bull Of The Woods" (Stereo)
1. Livin' On
2. Barnyard Blues
3. Till Then
4. Never Another
5. Rose & The Thorn
6. Down By The River
7. Scarlet & Gold
8. Street Song
9. Dr Doom
10. With You
11. May The Circle Remain Unbroken

Disc 4: "Live!" (Stereo) Re-mastered 2011
1. Introduction
2. Before You Accuse Me
3. Tried To Hide
4. She Lives (In A Time Of Her Own)
5. You Gotta Take That Girl
6. I'm Gonna Love You Too
7. Everybody's Needs Somebody To Love
8. (I've Got) Levitation
9. You Can't Hurt Me Anymore
10. Roller Coaster
11. You're Gonna Miss Me

2011年03月02日(水)

Hot Tuna、20年ぶりのスタジオ新譜発売

テーマ:News
Steady As She Goes
Hot Tuna
Steady As She Goes

"Pair a Dice Found"(1990)以来20年ぶりとなるHot Tunaの新作スタジオアルバム、"Steady As She Goes"がリリースされます(Red House Recordsより4月5日発売予定)。

Hot Tunaは元々はJorma KaukonenとJack CasadyがJefferson Airplaneのスピンオフとして活動を始めたバンド。ルーツ音楽(ブルース)を基調とする、アコースティックからヘヴィなナンバーまで、自分たちの好きな音楽をレコードセールスを度外視したようなスタンスで演奏し続けている、息の長いライブバンドです。

今回の新譜は、ヨーマのソロ最新作で、評価の高かった"River of Time"(2009)と同じプロデューサー(Larry Campbell)、同じスタジオ(ウッドストックのLevon Helm Studios)で制作されています。レコーディングメンバーは、ヨーマのギター/ボーカル、ジャックのベースのほか、Skoota Warnerのドラム、Barry Mitterhoffのマンドリン、etc.。

Track Listing:
1. Angel of Darkness
2. Children of Zion
3. Second Chances
4. Goodbye To the Blues
5. A Little Faster
6. Mourning Interrupted
7. Easy Now Revisited
8. Smokerise Journey
9. Things That Might Have Been
10. Mama Let Me Lay It On You
11. If This is Love
12. Vicksburg Stomp



First Pull Up Then Pull Down/B
Hot Tuna
First Pull Up Then Pull Down/Burgers

それから、Hot Tunaのセカンドアルバムで実況録音の"First Pull Up, Then Pull Down"(1971)と、サードアルバムで初のスタジオ作となった"Burgers"(1972)をカップリングした2枚組CDがT-Birdからリリースされます(4月18日発売予定)。

CD1: "FIRST PULL UP THEN PULL DOWN"
1. JOHN'S OTHER
2. CANDY MAN
3. BEEN SO LONG
4. WANT YOU TO KNOW
5. KEEP YOUR LAMPS TRIMMED AND BURNING
6. NEVER HAPPEN NO MORE
7. COME BACK BABY

CD2: "BURGERS"
1. TRUE RELIGION
2. HIGHWAY SONG
3. 99 YEAR BLUES
4. SEA CHILD
5. KEEP ON TRUCKIN
6. WATER SONG
7. ODE FOR BILLY DEAN
8. LET US GET TOGETHER RIGHT DOWN HERE
9. SUNNY DAY STRUT


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。