1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009年12月27日(日)

Stoogesのレアライブボックス発売

テーマ:News
You Don't Want My Name You Want My Action
Stooges
You Don't Want My Name You Want My Action

今年はじめにオリジナルギタリストRon Ashetonが亡くなったあと、"Raw Power"(1973)でギターを弾いていたJames Williamsonのバンド復帰が話題になったStooges。彼らの1971年の希少なライブ演奏を収録したCD4枚組ボックスがリリースされます(1月4日発売予定)。

1971年というのは、バンドがドラッグ禍や度重なるメンバーチェンジで、ごたごたと揉めていた時期。このころJamesが新ギタリストとして加入するも、1972年からRonはベースに転向させられてしまいます。ということで、バンド史上で唯一、ふたりのギタリストが存在していた時期に当たります。

この年に行われたツアーはわずか10公演で、CDにはそのうちの4(+1)ステージを収録。残念ながらすべてオーディエンス録音で、音質は最高とはいかないようですが、ファンにとってはたいへん貴重な音源であることに間違いないでしょう。未公開のツアー写真が掲載されたブックレットやチケットのレプリカなども付属しているとのことです。

Disc 1:
1. I Got A Right (False Start): live at The Electric Circus, 14th May 1971
2. You Don't Want My Name: live at The Electric Circus, 14th May 1971
3. Shadow Of Your Smile: live at The Electric Circus, 14th May 1971
4. Fresh Rag: live at The Electric Circus, 14th May 1971
5. Dead Body/Who Do You Love: live at The Electric Circus, 14th May 1971
6. Big Time Bum: live at The Electric Circus, 14th May 1971
7. Do You Want My Love: live at The Electric Circus, 14th May 1971
8. Children Of The Night: live at The Electric Circus, 14th May 1971

Disc 2:
1. I Got A Right: live at The Electric Circus, 15th May 1971
2. You Don't Want My Name: live at The Electric Circus, 15th May 1971
3. Fresh Rag: live at The Electric Circus, 15th May 1971
4. Dead Body/Who Do You Love: live at The Electric Circus, 15th May 1971
5. Big Time Bum: live at The Electric Circus, 15th May 1971
6. Do You Want My Love: live at The Electric Circus, 15th May 1971

Disc 3:
1. I Got A Right: live at The Factory, 27th May 1971
2. You Don't Want My Name: live at The Factory, 27th May 1971
3. Fresh Rag: live at The Factory, 27th May 1971
4. Dead Body/Who Do You Love: live at The Factory, 27th May 1971
5. Big Time Bum: live at The Factory, 27th May 1971
6. Do You Want My Love: live at The Factory, 27th May 1971

Disc 4:
1. I Got A Right: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
2. You Don't Want My Name: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
3. Fresh Rag: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
4. Dead Body/Who Do You Love: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
5. Big Time Bum: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
6. Do You Want My Love: live at Vanity Ballroom, 13th April 1971
7. Instrumental: live at Pavilion, July 1971
8. Talk With Audience: live at Pavilion, July 1971
9. What You Gonna Do: live at Pavilion, July 1971
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年12月25日(金)

Human Expressionのコンピ

テーマ:News
Love at Psychedelic Velocity
The Human Expression
Love at Psychedelic Velocity

Human Expressionは、ナゲッツボックス収録の"Optical Sound"で、ElevatorsやPrunesにも負けない強烈なガレージ/サイケバイブを放っていたLAのバンド。1966~67年にAccentレーベルからシングル3枚をリリースしたのみで、アルバムを制作することなく解散しています。

CDは1994年にCollectables/Cicadelicからデモテイクや未発表曲を加えた上のコンピレーションが出ています。また、それには未収録の"Your Mind Works in Reverse"が収められた下のコンピが1998年に同じCollectablesから出ていますが、こちらは正確にはクレジットはHuman Expression & Other Psychedelic Groupsとなっていて、彼らのほかにFront Page News, Remaining Few, Children of the Mushroomら10グループによる全20曲が収録されたガレージコンピとなっています(Human Expressionの曲は3曲のみで、うち2曲は前者と重複)。

これらのコンピは現在廃盤状態で入手が難しくなっていたようですが、来年Cicadelicから"Human Expression: Optical Sound"というタイトルで新たなコンピCDがリリースされる模様です。まだ詳細は不明で、ちょっとフライング気味ですが、上のCDを探しておられた方もいるのではないかと思うので・・・。

このバンドの音は、ガレージというより朽ちかけた廃屋かなんかが似つかわしいような「やさぐれた寂寥感」が漂っているのが特徴で、ヘナヘナ系のボーカルや「脱力パンク」なフィーリングも素晴らしい。ちゃんとしたアルバムをリリースしていたら、きっとSeedsやMusic Machineと並ぶ「無人島アイテム」になっていたんじゃないかと思います。

彼らにはちょっとした逸話がありまして、「ファーアウト」すぎてヒットしなかった "Optical Sound"のような曲に業を煮やしたマネージャーが、当時売り出し中だったMars Bonfire(Dennis Edmonton)の曲のデモをサードシングル用に提供したのですが、そのうちの1曲"Sweet Child of Nothingness"はシングルに採用したものの、もう1曲は"Get your motor running. Head out on the highway"みたいな歌詞が気に入らないということで却下してしまいました。そう、その曲はのちにSteppenwolfが大ブレイクさせた"Born to Be Wild"だったのでした。

Your Mind Works in Reverse
The Human Expression
Your Mind Works in Reverse


サイケデリック漂流記

AD
2009年12月22日(火)

Stark Naked

テーマ:サイケデリック
Stark Naked
Stark Naked
Stark Naked

Stark Nakedはロングアイランド(NY)出身の男女混声6人組。1971年のセルフタイトルは、Fuzz, Acid & Flowersで「過小評価されている素晴らしいプログレッシブアルバム」と賞賛されていた唯一の作品。

確かに、女性ボーカル入り70s英国プログレ系バンドっぽい感じもあるんですが、それ以上に「まったり」としたヘヴィサイケ感覚も持ち合わせているので、サイケファンも違和感なく楽しめる佳品となっています。特に、Stoogesみたいなヘヴィなギターリフに乗せてJA風の男女ボーカルが掛け合う"Sins"などはシビレます。

シングルバージョンのボーナストラック以外はほとんどが長尺ナンバーで、ファズギターやハモンド系のオルガンが活躍するヘヴィチューンがメイン。でも、生ピアノと男女のボーカルハーモニーをフィーチャーしたメロウな曲なんかもイケてます。ジャケはちょっとグロいですが、中身のクオリティは第一級です。


サイケデリック漂流記

AD
2009年12月19日(土)

来年1~2月発売予定のCD(摘要)

テーマ:News
February
Tarbaby
February

フロリダのサイケブルースバンドによる1972年の自主制作アルバム。リリースノートには例えとしてTen Years After, Allman Brothersの名前が挙がっていました。(Gear Fab 2月16日)



Spiteri
Spiteri
Spiteri

ベネズエラの6人組が英国に渡って録音した1973年のラテンロックアルバム。Noel Redding, Paul McCartney, Rod Stewart, Bob Marley, Steve Winwoodらが参加・・・ってホントかいな? CDには8曲のボーナスを収録。(Vampisoul 1月25日)



Rare Psych Folk from the Village Thing Years 1970-1973: Time Is Ripe
Ian A. Anderson
Rare Psych Folk from the Village Thing Years 1970-1973: Time Is Ripe

のちにFolk Roots誌の編集長となる英国のフォーク/カントリーシンガー(ギタリスト)のIan A. Andersonが、1970~1973年にVillage Thingレーベルに残した「サイケ/アシッドフォーク」期の音源を集めたコンピレーション。未発表トラック3曲収録。(Weekend Beatnik 2月22日)



Last Euro Tour
Spirit
Last Euro Tour

Spiritの1991年11月のラストヨーロピアンツアーを収録。生前のランディ・カリフォルニアが参加している(このあと1997年にハワイの海岸で離岸流にとらわれそうになった12歳の息子の命を救うも、自身は流れにさらわれて亡くなってしまう)。(Floating World 1月20日)



Double Dose
Hot Tuna
Double Dose

オリジナルはLP2枚組で1978年にリリースされたライブアルバム。CD再発では1枚に収められていたものを、メンバーのインタビューなどを追加してCD2枚組に拡張したデラックスエディション。(Wounded Bird 2月23日)
2009年12月17日(木)

ブラジリアンサイケのレアコンピ発売

テーマ:News
Brasilian Guitar Fuzz Bananas
Various Artists
Brasilian Guitar Fuzz Bananas

"Tropicalista Psychedelic Masterpieces 1967-1976"というサブタイトルの、トロピカリズモ~ブラジリアンサイケのレアトラックを集めたコンピがリリースされます。レーベルは先ごろ"Psych-Funk 101"を出したWorld Psychedelic Funk Classicsで、1月19日の発売予定です。

収録曲のオリジナルはプロモオンリーの7インチレコードで、どれもリイシューされたことのないレアトラックばかりだそうです。英語とポルトガル語によるライナーが記載された48ページのフルカラーブックレット付。ちなみに、ジャケの表記はBrazilianですが、リリースタイトルはBrasilianとなっています。

Track Listing:
1. Celio Balona - Tema De Batman
2. Loyce E Os Gnomes - Era Uma Nota De
3. The Youngsters - I Want To Be Your Man
4. Serguei - Ourico
5. Fabio - Lindo Sonho Delirante
6. Tony E Som Colorido - O Carona
7. 14 Bis - God Save The Queen
8. Banda De 7 Legues - Dia De Chuva
9. Ton E Sergio - Vou Sair De Cateveiro
10. Ely - As Turbinas Estao Ligadas
11. Com Os Falcoes Reais - Ele Seculo XX
12. Marisa Rossi - Cinturao De Fogo
13. The Pops - Som Imaginario De Jimmi Hendrix
14. Loyce E Os Gnomes - Que E Isso?
15. Piry - Heroi Moderno
16. Mac Rybell - The Lantern


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2009年12月15日(火)

ナッシュビル版「企画もの」コンピ発売

テーマ:News
The Soundalike Kings Present Covers, Hits and Misses
Various Artists
The Soundalike Kings Present Covers, Hits and Misses

これまで紹介してきた60年代の「企画もの」(当時のヒットナンバーやフォークロック/サイケなどの「トレンディ」な音楽を、匿名のミュージシャンらが主にインストルメンタルで演奏したお手軽なレコード)は、ほとんどが西海岸産のものでした。そして、イージーリスニング向けの片手間仕事とはいえ、その多くにはJerry Cole, Hal Blaine, Mike Deasy, Tommy Tedesco, Larry Knechtel, Joe Osborn...といった"Wrecking Crew"のメンバーなど、超一流のスタジオミュージシャンが参加していたことでも知られています。

それと同じような状況は南部のナッシュビルにもあって、Hit Recordsや同系列のSparといったレーベルが、匿名のミュージシャンによる「企画もの」レコードを大量生産していたのでした。今回リリースされるのは、そのSparが制作したsound-alikeな楽曲(いわゆる「なんちゃってソング」)を2枚組CDに収録したコンピレーションとのことです(1月25日発売予定)。

こちらも演奏に参加しているセッションマンは錚々たるメンツで、のちにArea Code 615としてレコードを出すWayne Moss, Mac Gayden, Charlie McCoy, Kenny Buttrey, David Briggs, Norbert Putnamらの名演奏家たち。彼らはボブ・ディランをはじめ、ニール・ヤング、モンキーズ、スティーヴ・ミラーといったアーティストの「ナッシュビル録音」に名前が出てくるような名うてのミュージシャンです。

なかでも、Now Generationという「架空の」グループには、彼らに加え、Jimmy Buffetや"For Women Only"のBergen Whiteらが参加しているそうです。ちなみに、Now Generationは"The Legendary Spar Recordings"というコンピCDが出ています。

Disc 1:
1. WHERE DID OUR LOVE GO - The Now Generation
2. BREAKING UP IS HARD TO DO - Joe Cash
3. TWISTIN' THE NIGHT AWAY - Leroy Jones
4. DEVIL IN DISGUISE - Johnny Wrigley
5. CANDY GIRL - The Chords
6. SUGAR SHACK - Bob Johnson
7. MY COLORING BOOK - Connie Landers
8. GOOD LUCK CHARM - Bill Allison
9. YOU'VE LOST THAT LOVING FEELING - The Now Generation
10. FOLLOW THAT DREAM - Johnny Holiday
11. LOVERS WHO WANDER - Joe Cash
12. SLOW TWISTING - Leroy Jones
13. WALK LIKE A MAN - The Loopers
14. SEALED WITH A KISS - Fred X. Brown
15. IT KEEPS RIGHT ON A HURTIN' - Bobby Russell
16. THINGS - Bert Barnett
17. I WALK ALONE - Nashville Country Jamboree
18. THE END OF THE WORLD - Jean Phillips
19. DONNA THE PRIMA DONNA - Bill Austin
20. I'M LEAVING IT UP TO YOU - Pat & Dee
21. IT'S ALRIGHT - The Chords
22. WONDERFUL WONDERFUL - Frank Carr
23. IF A WOMAN ANSWERS - John Dunn
24. ROSES ARE RED - Cecil Bright

Disc 2:
1. DR. FEELGOOD - Herbert Hunter & Band
2. LA LA LA LA - Herbert Hunter
3. YOU'RE SLIPPING AWAY - Gail Majors
4. YOU CAN'T TRUST A FRIEND - Gail Majors
5. HURT - Jimmy Elledge
6. DEAR ONE - John Dunn
7. SPEEDY GONZALES - Johnny Holiday
8. RING TELEPHONE - Connie Landers
9. CANDY FROM A STRANGER - Garry Miles
10. YOU'RE SLIPPING AWAY FROM ME - Bobby Russell
11. FUNNY HOW TIME SLIPS AWAY - Jimmy Elledge
12. SHE CRIED - Bill Bailey
13. MAKING A FOOL OF MYSELF - Tracy Harlow
14. HARPER VALLEY - Ricky Page
15. AHAB THE ARAB - Fred X. Brown
16. BEGGING TO YOU - Johnny Singer
17. THE MINUTE YOU'RE GONE - Bob Adams
18. TOODLE DEE DOODLE DEE DOO - Tracy Harlow
19. WASTED YEARS - Jerry Hiett & The Sons Of The South Quartet
20. I BELIEVE IN THE MAN IN THE SKY - Jerry Hiett & The Sons Of The South Quartet
21. SUKIYAKI - The Music City Orchestra featuring Sadsaciaki
22. WHY CAN'T YOU BE MINE - Connie Landers
23. KAY - Jimmy Elledge
24. HEARTBEAT - Bill Pursell
2009年12月13日(日)

"You Heard It Here First!"の第二弾発売

テーマ:News
Vol. 2-You Heard It Here First!
Various Artists
You Heard It Here First! Vol. 2

ちょっとまぎらわしいですが、今年Ace Recordsからリリースされたコンピ、"You Heard Them Here First"(日本盤タイトル「カリスマたちのホロ苦デビュー」)ではなくて、同じくAceから2008年に出た"You Heard It Here First!"(日本盤タイトル「名曲の履歴書~この曲最初に演ったのうちらなんですけど…何か?」)の続編がリリースされます(1月26日発売予定)。

"You Heard Them Here First"はのちにビッグネームとなるアーティストの「うれし恥ずかしい」デビューレコーディングを集めたものでしたが、こちらは名曲を最初に発表したものの、ヒットしなかったなどの理由で、ほとんど世間一般には知られていないマイナーな「オリジネーター」たちが集められています。

当ブログで話題になったBarry McGuireの"California Dreamin'"、Fred Neilの "Everybody's Talkin'"、Great Societyの"Someone to Love"など、お馴染みの曲もありますが、リンダ・ロンシュタットのStone Ponysのヒットで知られる "Different Drum"(モンキーズのマイク・ネスミス作)や、American Breedの全米5位ヒット曲"Bend Me, Shape Me"は彼らが「オリジナル」ではなかったとは知りませんでした。

Deep Purpleのカバーで知られる"Hush"なんかはJoe Southがオリジナルでは? と思われるかもしれません。確かに曲を書いたのはJoe Southで、60sファンには彼のバージョンの方が有名ではないでしょうか。 "California Dreamin'"なんかもそうですが、これらは曲を書いたアーティストよりも先にリリースされたという意味での「オリジナル」です。

Track Listing:
1. Hush - Billy Joe Royal
2. Love Of The Common People - The Four Preps
3. Shakin' All Over - Johnny Kidd & The Pirates
4. California Dreamin' - Barry Mcguire
5. Lo Che Non Vivo (Senza Te) - Pino Donaggio
6. Higher And Higher - The Dells
7. I Don't Care - James Brown
8. You Got What It Takes - Bobby Parker
9. Old Man Willis - Tony Joe White
10. I'm Your Puppet - Dan Penn
11. Mustang Sally - Sir Mack Rice
12. Mbube - Solomon Linda's Original Evening Birds
13. I Got My Mind Set On You Parts 1 & 2 - James Ray
14. Sorrow - The Mccoys
15. Candida - The Corporation
16. Sealed With A Kiss - The Four Voices
17. Everybody's Talkin' - Fred Neil
18. Bend Me Shape Me - The Outsiders
19. Sing In The Sunshine - Hoyt Axton
20. Someone To Love - The Great Society
21. Then You Can Tell Me Goodbye - Don Cherry
22. Different Drum - The Greenbriar Boys
23. Leavin' It All It Up To You - Don And Dewey
24. Come On - Chuck Berry


サイケデリック漂流記


サイケデリック漂流記

2009年12月10日(木)

Exploitoサイケの2タイトルが初CD化

テーマ:News
More Psychedelic Guitars & Psychedelic Visions
More Psychedelic Guitars & Psychedelic Visions

エクスプロイトサイケ(匿名アーティストなどによる、いわゆる「企画もの」「なんちゃってサイケ」)は、まだまだCD化されていないお宝がゴロゴロ転がっている未開発のジャンルといえますが、その最高峰といえるAnimated Eggのコンピが昨年Sundazedからリリースされたこともあり、その再発の機運が高まりつつあるように思います。

それを察してか、"More Psychedelic Guitars"(1967)と"Psychedelic Visions"(1967)の2タイトルが、Gear Fabから初CD化されます(2月16日発売予定)。上のamazonのリンクを見ると、二作がカップリングされたコンピレーションのような体裁となっていますが、まだ詳細は不明です。

"More Psychedelic Guitars"はCustomレーベルからリリースされた同年の "Psychedelic Guitars"の続編となるもので、いずれもAnimated Eggの「実体」である故Jerry Coleが係わっている音源。続編には前編でちらほら聴かれたファズギターサウンドはなくなっていて、Animated Eggほどのサイケさはありません。両作ともサイケ時代以前のJerry Cole & His Spacemenのようなサーフインストのノリに近いものがあるので、録音自体は少し前なのかもしれません。ちなみに、どちらもジャケの表記はPsychedelicではなく、PsychedellicとLが2つになっています。なぜ"More~"の方だけリリースされるのかは不明(ひょっとしたら別のレーベルが前編の再発を準備しているのかもしれません)。

"Psychedelic Visions"は、The Undergroudという(架空の)バンド名義になっていて、こちらはJerry Coleが参加しているかどうかの確証はありません。約半数はJerry Cole関連の「企画もの」に近い雰囲気のインストナンバーなんですが、残りの半分は"Psychotic Reaction", "Tobacco Road", "We Ain't Got Nothing Yet"といった定番曲のカバーで、ガレージ風のボーカルが入っているホンモノのバンドっぽいサウンドです。こちらにはインスト曲、歌入りナンバーともにファズギターが満載されています。

ところで、結局「Animated EggはIdのセッション音源ではなかった」みたいなことになっているようですが、真相はわかりません。彼の知らないところで使い回しにされた音源を含め、Jerry Coleは前サイケ時代からおびただしい数のセッションに参加していて、正式にしろ、それがどの「企画もの」レコードに使われたのかは本人もほとんど把握していないのではないかと思います。


$サイケデリック漂流記
上の2枚が今回再発されるアルバム。

2009年12月09日(水)

High All the Time Vol.2 再発

テーマ:News
High All the Time 2
Various Artists
High All the Time 2

今秋、Past & Presentから初CD化された"High All the Time Vol.1"の続編が再発されます(2月2日発売予定)。

"High All the Time"は80~90年代に少数プレスのアナログLPでリリースされたレアガレージ/サイケコンピ。Fuzz, Acid & Flowersで参照した限りでは、ここでしか聴けない希少なトラックも収録されています。

ちなみに、オープニングナンバー(下の動画)はJ.D. Blackfootがアマチュア時代に地元(Ohio)のバンドコンテストに優勝して得たMercury/Philipsとの契約の元にプレスされた初のシングル(1969)。これが評価されてMercuryからリリースされたアルバム"Ultimate Prophecy"(1970)には収録されていないレアトラックで、オリジナルはコレクターズアイテムとして知られています(他に"Songs We Taught The Fuzztones", "Trash Box"などのコンピに収録)。

(ジャケ画像はアナログ盤のものです。)

Track Listing:
1. JD Blackfoot - Epitaph For A Head
2. Magical Mist - Time Out To Fly
3. American Zoo - Mr. Brotherhood
4. Thundering Heard - Daisy's Prism
5. ESB - Mushroom People
6. Thorinshield - Lonely Mountain Again
7. Grant's Blueboys - If I Were A Carpenter
8. Odyssey - California
9. Ocelot - What Have You Done To Your Honey
10. Chesmann Square - Circles
11. Jordan - Do You Know What It's Like?
12. World Column - Lantern Gospel
13. Catfish Knight - Death Lies
14. Solid Ground - Sad Now


サイケデリック漂流記

2009年12月06日(日)

Moondogのベスト盤再発

テーマ:News
6番街のヴァイキング [ベスト盤]
ムーンドッグ
6番街のヴァイキング [ベスト盤]

Honest Jonsから2005年にリリースされたMoondogの名コンピ(1949~1995年の音源を精選したベスト集)が、Pヴァインによる日本盤仕様で再発されます(12月16日発売予定)。

MoondogことLouis Thomas Hardin(1916~1999)は、ニューヨークの街角でホームレスのような暮らしをしながら、自作の楽器での演奏や詩の朗読をしていた盲目のストリートミュージシャン(1940~70年代)。彼の音楽は、ネイティブアメリカンから影響を受けたトライバルなパーカッションのビートによるミニマルミュージックをベースに、クラシックや現代音楽、ジャズなどを幅広く取り入れたユニークなものです。

「6番街のバイキング」と呼ばれるゆえんとなった、ジャケ写真のようなサイケないでたちからしても、キワモノ的な興味から後年になって「見いだされた」人のように思われるかもしれません。確かに、一般に広く評価され始めたのは近年のことですが、音楽活動のかなり早い時期からクラシックやジャズ界の大物たちと交流して支持を受け、50年代を中心にシングル・EP・LPと数多くのレコードを残しています。

サイケ関係でも彼から影響を受けたアーティストは多く、有名なところではJanis Joplin(Holding Company)が"All Is Loneliness"をカバーしたり、Insect Trustのセカンド、"Hoboken Saturday Night"(1970)の先頭ナンバー"Be a Hobo"もMoondogのカバーです。また、Pentangleの"Sweet Child"(1968)に収録されている"Moon Dog"は、彼と彼の音楽を讃えたトリビュートソングです。

アルバムで一般に評価が高いのは、Buckinghams~Blood, Sweat & Tears~Chicagoの仕事でお馴染みのJames William Guercioがプロデュースした1969年の"Moondog"で、同じくガルシオプロデュースの次作"Moondog II"(1971)とカップリングされたCDが出ています。後者は娘のJune嬢(たぶん最初の夫人である日本人のSuzukoとの間に生まれた子)のチャーミングな歌声がフィーチャーされた「フラワーな」作品となっています。

でも、むしろサイケファンにお勧めしたいのは1956年の方の"Moondog"(ややこしい)。なんといっても、Harumiも真っ青な、SuzukoとSakura Whiteing(誰?)による日本語の「しゃべくり」が強烈な印象を残します(残念ながら今回のコンピには未収録)。

Track Listing:
1. Theme And Variations
2. Down Is Up
3. Bumbo
4. Big Cat
5. Oo Debut
6. Lament 1 'bird's Lament'
7. Moondog's Symphony 1 (Timberwolf)
8. Moondog's Symphony 2 (Sagebrush)
9. Rabbit Hop
10. Rimshot
11. Snaketime Rhythm
12. Instrumental Round
13. Double Bass Duo
14. Why Spend The Dark Night With You
15. All Is Loneliness
16. Snaketime Rhythm
17. Dragon's Teeth
18. Oboe Round
19. Be A Hobo
20. Dog Trot
21. Oasis
22. Avenue Of The Americas
23. 2 W 46Th Street
24. Lullaby (2 W 46Th Street)
25. Fog On The Hudson (425 W 57Th Street)
26. Utsu
27. On And Off The Beat
28. Chant
29. From One To Nine
30. Improvisation In 4/4
31. Enough About Human Rights!
32. Viking 1
33. Rimshot
34. Chaconne In G Major
35. Oasis
36. Invocation

Moondog
Moondog
Moondog (1956)

Moondog I & Ii
Moondog
Moondog I & II (1969, 1971)


$サイケデリック漂流記

1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。