2012年01月14日 23時34分01秒

TNI 7005 MKⅡ(2012年の仕様)

テーマ:MY ROADBIKE

皆様こんばんは。


今日は先週のイベントを書こうと思ったけど、長編になるので断念・・・


なんせ明日は早朝からLEGONスキー部の部活動なんで( ´艸`)


ってことで、2012年仕様のバイクをご紹介。


カルマとTNI、チェント1はこのブログでも検索ワードランキングが高いしね。


僕のバイクはしょっちゅう仕様が変わるんで、毎年1月に更新してるんです。


まぁ、クォータとコラテックはあんま変わってないんで更新しないかも知れませんが・・・


ただ・・・


コイツは1年前とかなり違うんで・・・


去年の仕様はこちら。


では・・・
 

さやパパの独り言

弐号機  TNI7005MK-Ⅱ 2009モデル (ブログ内通称 しろすけ)


フォーク:CORRATEC R・T CARBON用流用(内部に2液性超硬質ウレタン充填済)

      (レース時はコースによってイーストンEC90ストレートにする時もある。)


コンポ:6700、6600アルテ&5700&5600の105、カンパキャリパー・・・というマゼマゼ混合仕様

    STIレバーは5600系105(67アルテもあるけどレバーをシルバーにしたかったのであえて)

    FDは6600アルテ、RDは5600の105(プーリー大径化加工、KCNCプーリー12T&15T)

    クランクは52×38、170㎜のノーマル レース時は53に組み替えるときもあり。

    (6600アルテクランクに7800デュラのチェーンリング、インナーはスギノ)

    レースでの制動力とブレーキコントロールに重点を置き、あえてカンパスケルトンキャリパーに。

    ただ、シュー交換のメンテナンス性を考えて7800デュラのブレーキシューケースに、

    普段はTNI、レース時は79デュラまたはスイスストップ製のカーボン用シューをセット。

    スプロケは基本6700アルテの12-25

    (ウチには11Tから28Tのあらゆる組み合わせがあるので、コースによって組み替える)


ハンドル:デダ FRUIDAコンパクト


ステム:デダ クアットロホワイト 100㎜ (ファーアンドニア製トップキャップ)


サドル:セライタリア SLRキットカルボニオフロウ


シートポスト:DIXNAシートポスト(やぐらがレッドアルマイトでホワイトのポストはこれしかなかった)


シートクランプ:KCNC


ヘッドセット:KCNC


チェーン:KMCチタンコート

 

ホイール:リム(TNI50㎜)、スポーク(SAPIM CX-RAYブラック)、ハブ(TNIエボリューション)の手組みディープ

      練習時はアメリカンクラシック420、ヒルクライムレース時と300㎞超ロングライドはマヴィックR-SYS


クイック:WRチタン、レース時はマヴィックチタン


タイヤ:SOYO チャレンジャーチューブラー、レース時はヴィットリア コルサEVO CX-Ⅱ

    クリンチャーはミシュランPRO4、又はブリヂストン RR-1


ペダル:SPEED PLAY ZERO


ワイヤー:ジョグワイヤー レーサーケーブルキット&テフロンコート


色々なボルトをTISOのレッドアルマイトに変更(今回のコンセプトはホワイトにレッドアクセントなので)


細かいところに色々なチューニングあり(過去記事参照)


重量:7.7㎏(ペダル・サイコン・ボトルケージ含む、TNIカーボンディープ仕様)



TNI7005MKⅡは、インテグラルヘッドのスローピングフルアルミフレーム。


スローピングが緩めなんで、気に入ってるポイントでもあります。


カラーは、黒・白・赤・黄・青(XS・XXSには水色あり)があって、


フレーム単体重量 1610g(XLサイズ) 


フォーク単体重量 370g(コラムカット後)


です。


まぁ、ちょっと重いですが、その分耐久性はバッチリですし、走行性能はイケてますよ(o^-')b


自転車は、重さが全てじゃありませんから・・・といっても軽いに越したこと無いけど( ´艸`)


まぁ・・・

なにより安い!ですから・・・なんてったって実勢価格は3万円を切りますからね~。


詳しいスペックは、こちら のメーカーページを見てね。


さやパパの独り言

サイズは、XLサイズに乗ってます。


最初はLでしたが最近フレーム交換してXLになりました。


ちなみに、僕のサイズは・・・身長172㎝、股下82㎝、腕長77㎝(脇の下~中指先端まで)


サイズバリエーションが豊富でカラーも多い・・・


なので、ジュニアや女性にもいいと思います・・・


が、乗り心地はパキンパキン・・・


もう乗り味は、一言・・・硬い! これぞアルミって感じ。


その代わり、反応が良く、踏んだらたわまずにグングン進む。


設計も悪くなく走破性も高い。


2009モデル以降はフォークがしなやかになったので好感触(レース用としては柔い→なのでフォーク変更)


ちなみに先日、このフォークをぶった切りましたが、ブレードはちゃんとカーボンのみのフォークでした。

(画像等は一番下の過去記事に)

バイシクルクラブのインプレで有名どこのコメントは・・・

今中大介 氏

「これぞアルミフレームの剛性感。」 評価チャート:①

  • 横剛性を確保しつつ縦剛性を適正化している。
  • ハンドリングはやや重め、タイトコーナーではテクニックを必要とする。
  • 耐久性が高くトレーニング用、入門用バイクに良い。

山本健一 氏

「ひたすら硬い、すごい耐久性。」 評価チャート:②

  • 長く楽しめるバイク。
  • 丈夫なフレームで入門用に良い。
  • やわらかめのホイールを組み合わせると快適に乗れる。

中沢 隆 氏

「よく走るバイク。」 評価チャート:③

  • 踏み出しの軽さがすばらしい。
  • バックは硬いがフォークがしなやか。
  • 肩肘張らずに楽しめるバイク。


さやパパの独り言


だそうです。


まぁ、僕も同じような意見です。


通勤や練習には最適かと。


僕の場合はレース用にしてるので、上のインプレにもありますが、


反応が鈍くしなやかなフォークを変更して、フレーム&フォーク共にカッチン仕様にしてます。


んで、柔らかさと剛性が両立しているスポークを使ったカーボンディープを履いてるんです。


色々改造していますけど、一応、理屈通りにイジってるだけです。


安いから、落車の危険があるレースで使ってもいいんじゃないのかな?←僕はコレが一番の理由かな?


レースだったらこの仕様の方がカルマやコラテックより全然速いと思うし。


なので、今はレース専用車に近い状態です。


ただ・・・女性には、乗り心地が悪いのであんまオススメ出来ないかも。


ちなみに、ロゴはステッカーで付属してるんですが、貼ってないだけです。



なもんで、一見、正体不明のマシンですね・・・それが狙いでもあるんですが( ̄▽+ ̄*)


コレがレースなんかではとっても目立つんですよ!



さて・・・

こっからは現在の最新仕様画像をズラズラと。

(画像はクリックで拡大できます)

さやパパの独り言 さやパパの独り言

コラテックフォーク仕様。

さやパパの独り言

クランク周り。

さやパパの独り言

6600アルテクランクに7800デュラのチェーンリング。

インナーはスギノの38T。

チェーンリングフィキシングボルトはKCNC製。

ロゴは消してます。

さやパパの独り言

ちょっと前まではクランクボルトはシルバーに塗ってたけど・・・

さやパパの独り言

15㎜をTISOが出してることを見っけたんで最近変更。

さやパパの独り言

FDは6600アルテ。

ここもロゴはなし。

さやパパの独り言

FDにもレッドアルマイトボルト(°∀°)b

さやパパの独り言

BBはKCNC製のレッドアルマイト。

でも、TOKENの方が回るので最近TOKENのレッドに交換しました。

さやパパの独り言

RDは5600系105。

さやパパの独り言

ここにもレッドいっぱい。

プーリーはKCNCだけど・・・

さやパパの独り言

最近、コイツをテスト中。

上が12Tで下が大径の15Tです。

この辺の詳しいことはブログ右欄のテーマ一覧から大径プーリー加工ってのを見てね(°∀°)b

さやパパの独り言

あ、そうそう。

プーリーボルトもKCNCね( ̄▽+ ̄*)

さやパパの独り言

6700アルテの12-25スプロケ。

チェーンはKMCのチタンコート。

さやパパの独り言

ハンドル周り。

ワイヤーはこんな感じ。

ブレーキは左フロント、右リヤ組みです。

さやパパの独り言

ヘッドにチームステッカー(≧▽≦)

さやパパの独り言

デダのステムとハンドル。

ボルトは適正トルクでの伸びを考えてあえてスチールボルトに変更。

さやパパの独り言

昼間も装備のライトは両面でメーターに固定。

夜間ライトは別にツールボックスに。

さやパパの独り言

メーターもホワイト。

で、ベースもホワイトに塗って、タイラップ仕様に改造してホワイトのタイラップで固定。

さやパパの独り言

ヘッドパーツはKCNC製。

トップキャップはファーアンドニア。

内部のプレッシャープラグはDXINA製。

もちろん全部レッド。

さやパパの独り言

STIは5700系105。

レバーをシルバーにしたかったんで・・・こっちの方がフレームに似合うでしょ?

去年の使用は6700アルテだったけど、あえてグレードダウン。

さやパパの独り言

ブラケットカバーはファーアンドニア製。

さやパパの独り言

ツールボックスにベル装備。

ワイヤーはテフロンコートなので黒っぽくコーティングされてます。

シロスケにはこっちの方が似合うしね。

さやパパの独り言

レリーズはWRのチタン・・・ここもレッド。

さやパパの独り言

フォークは現在はコラテック用流用。

さやパパの独り言

今後ホワイトに塗装するかも。

さやパパの独り言

キャリパーはカンパニョーロのスケルトンタイプ。

さやパパの独り言

ワイヤーエンドもレッドだよん。

さやパパの独り言

シューケースは7800デュラにTNIのカーボン用シュー。

この方が交換が簡単なんで・・・カーボンシューはすぐに減るんよ・・・

あ、キャリパーの厚さがシマノと違うので、ワッシャーを厚くしないと付きませんよ。

さやパパの独り言

セライタリアSLR キットカルボニオフロウ。

公証125gの軽量サドル。

さやパパの独り言

裏のやぐら部分にテールランプ。

フロント&リヤライトにベル装備で保安部品完備だよん(°∀°)b

さやパパの独り言

でも、全く目立たないでしょ?

シートポストは散々探してコレに。

ホワイトでやぐらレッドアルマイトは・・・恐らくこれしかない。

さやパパの独り言

シートクランプはKCNC。

しつこいけどレッドアルマイト( ´艸`)

さやパパの独り言

もちろんボトルケージボルトも。

さやパパの独り言

バンドが干渉するんで嵩上げ。

さやパパの独り言

白いツールボックスはOGK製。

で、真っ白のボトルは無かったんでTACX製を磨いて白く。

フタまで白いのは少ないんだよね・・・

ステッカー・・・ウケるでしょ?

車好きならすぐ分かるよね・・・ミニって( ´艸`)

さやパパの独り言

チェーンステーにチームステッカー。

実はここだけトップギアでチェーンが当たるんだよね。

なんで、チェーンガード兼用なの。

さやパパの独り言

ある意味こだわりのカーボンディープ。

まだ、インプレ記事とか書けてないけど・・・

コレにした理由は沢山あるんだよねぇ・・・

さやパパの独り言

ハブにチームステッカー( ̄▽+ ̄*)

さやパパの独り言

もちろんリヤも(°∀°)b

さやパパの独り言

SOYOチャレンジャー。

安くてしなやかで適度なグリップ・・・オススメです。


現在の仕様はこんな感じかな。

ポイントは白と赤と黒。

特にレッドアルマイトパーツを多用してるのが今年の特徴。

上の画像を見てるとちょっと使いすぎじゃね?

と思うでしょ?

でも・・・

さやパパの独り言

意外とイケてないっすか?

個人的には以前の真っ白よりイケてると思ってるんだけどなぁ・・・



そんなTNIフレーム・・・

国内実勢価格で3万円を切る最安値フレームにしては、ものすごく良く出来てると思います。


もちろん、乗り味も含めてです。


かなりレース寄りのジオメトリだし、フレーム自体もしっかりしたパイプを使って作ってるんで、


踏んだ瞬間、その全てを推進力に換えてくれます。


剛性は十分過ぎるぐらいカッチカチです。


ハンドリングも大人しく、ブレーキング剛性も悪くない。(ノーマルフォークね)


僕のはフォークを換えてるので、かなりピーキーなステアリング特性に変わってますけど。


ホイールとタイヤをグレードアップしてあげれば、このままでもレースでちゃんと戦えます。


ただ・・・


乗り心地は・・・


ハッキリ言って良くありません。(僕のはフォークもガチガチなんでさらに倍・・・)


きっと初心者が僕のに乗ったら50㎞走るのが地獄でしょうね( ̄ー ̄;


でも、ちゃんとポジション出して乗り込めば、200㎞を苦痛も無く走ることが出来ますよ!


最近は、僕に騙されて回りにコイツと同じフレームが増殖しつつあります( ´艸`)

チーム内だけでもすでに4台も居ますしね・・・

さやパパの独り言

ちなみにこれはパンツさんのクロスケ。

チームにはあと黄色と緑の水玉が居る。

で、みんなかなりの高評価ですよん。


ベテランの方も、練習用に如何ですか?


何よりも良いのは・・・


気兼ねなく乗れるのが最高です( ̄▽+ ̄*)


カーボンみたいに気を使う必要が無いし、ガンガン踏み倒しても全くへたる気配もありません。


多少無理して落車してもショックは小さい・・・


ホイールもバラ手組みだから修理も格安&簡単だし。


僕が峠の下りとかでブレーキングやコーナーリングのマジ練習をするにはコイツしかありません。


カーボンロードでそんなことしたら、落車で一発廃車ってことにもなりかねませんし、


それが頭にあると、限界域での練習なんて出来ない。


つーか、レースでここ一発の突っ込みとか出来ないでしょ?


おまけにメーカー名も無いから、他のロード乗りの目も気にならない・・・


なんかレース用カーボンロードに乗ってると「速く走らなきゃだせぇ・・・」みたいなとこありません?


コイツはそんなこと全く思ったことありません( ´艸`)


真っ白にしてから僕は気に入ってるし、5メートルも離れれば安っぽく見えませんよ(°∀°)b


とにかく色々なイベントやレースで・・・


「うわっ!しろっ!!」「どこのフレームですか?」「目立ちますね~」「遠くに居てもすぐ分かる」


などとよく言われます( ´艸`)


・・・よく言われるって事は、意外と他人が見ても悪くないんじゃないかと思ったりして。


安く作れて、良く走って、目立って、カッコ悪くなく、耐久性も高い・・・


コイツのコスパはかなり高いと思いますよ~(°∀°)b


あ、パーツチョイスやポジションでカッコよさは全然変わりますけど( ´艸`)



TNI7005MKⅡ関連の過去記事です
(以前のリンクをそのまま貼ってるんで、上記仕様と内容が違うとこも・・・後日修正します)
純正フォークぶった切り!

キャリパー変更

クランク交換

ブレーキアウター①

ブレーキアウター②

ブラケットカバー交換

自作チェーンガード

フォーク塗装&超硬化ウレタン充填

6700STIレバーのプチチューニング

フォーク交換①

フォーク交換②

フォーク交換&塗装


補足記事

フロントフォーク①

フロントフォーク②

フロントフォーク③

フロントフォーク④

フロントフォーク⑤

フロントフォーク⑥

フロントフォーク⑦


AD
 |  リブログ(0)

いけぴーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。