遺伝子検査から写真判定へ――。

 宮崎県の口蹄疫問題を受け、農林水産省は家畜に感染が疑われる症状が出た場合、まずは写真を同省に送るよう都道府県に通知した。

 これまでは国の防疫指針に基づき、遺伝子検査をしてから判断していた。変更の理由は迅速な発見だ。都城市や宮崎市など感染は連日のように拡大しており、同省は「封じ込めには早期発見が重要」としている。

 「これはダメだ」「残念だけど、九分九厘クロだろう」。パソコン画面上の写真を見て、獣医師資格を持つ農水省職員がため息をついた。10日午後、東京・霞が関の同省動物衛生課。日向市から送られてきた写真で牛の症状を「診断」していたのだ。

 畜産農家で牛や豚に口蹄疫が疑われる症状が出れば、県の職員が駆けつけ、写真を撮影。それを国にも送り、県と双方で確認し合う。

 ねばねばしたり、泡立ったりしているよだれや、口内の複数のただれが口蹄疫の特徴的な症状。これまで国や県の担当者はこうした症状の写真を300近く見てきた。山田農相も「今や遺伝子検査するまでもなく、写真でほぼ100%判定できる」と語る。

 これまでは、現場で血液などの検体を採取し、動物衛生研究所の東京都内の施設に飛行機で送っていた。口蹄疫の遺伝子検査を国内で唯一行える施設だが、検査だけでも7~8時間かかるうえ、検体の輸送時間も含めると、症状が出てから結果まで丸1日かかっていた。

 同省は「発見が遅れたため拡大を許した。早期発見のためになんでもやる」と方針を転換した。

 9日に口蹄疫の疑いが生じた都城市の牛3頭から、この方式が取り入れられ、写真で「感染」と判断してその夜のうちに殺処分が行われた。翌日判明した遺伝子検査の結果は陽性。11日朝に結果が出た宮崎、日向、西都市も同様だった。農水省は「経験を生かして素早く見つけ、殺処分したい」としている。

<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
サッカーW杯 世界レベルへ一歩、ナニワ魂アピール(産経新聞)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
首相、戦略相問題は厳重注意で幕引き、普天間では責任回避 (産経新聞)
9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
AD