茨城県日立市水木町の路上で23日夜、同市南高野町のホテル従業員金沢里佳さん(29)が胸を包丁で刺されて殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された現場近くのアパートに住む、金沢さんの知人の会社員小山周司容疑者(28)が調べに対し、「交際を巡って口論になり、カッとなって刺した」と供述していることが25日、捜査関係者への取材でわかった。

 遺体発見現場で当初、第一発見者を装っていたことについては「とっさにウソをついてしまった」と供述している。日立署は、小山容疑者が交際を巡るトラブルから金沢さんを殺害したとみて動機を慎重に調べる。

 捜査関係者によると、金沢さんは23日夜、軽乗用車を運転し、小山容疑者のアパートを訪問。その後、2人で車内で話し合っているうちに口論に発展し、小山容疑者が金沢さんを包丁で刺したらしい。

 現場近くに止められていた車内から血痕が見つかり、遺体発見現場までの約20メートルの間には、点々と血痕が続いていた。

 金沢さんの胸には数か所の刺し傷があり、25日の司法解剖の結果、死因は胸を刃物で刺されたことによる失血死と判明した。殺害に使われた包丁は、小山容疑者が所有していたものだった。

 小山容疑者が住むアパートの関係者によると、小山容疑者は「結婚予定の婚約者と住む」と周囲に話し、昨年5月から部屋を借り、金沢さんとは別の女性と同居していたという。

 一方、金沢さんの自宅には同日午後7時頃、白い布に包まれた金沢さんの遺体が運び込まれ、親族たちが沈痛な面持ちで次々と弔問に訪れた。

          ◇

 日立署は25日、小山容疑者を殺人容疑で水戸地検に送検した。

「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 (産経新聞)
戸惑い広がるジオス受講生「受講料納めたばかり…」(産経新聞)
官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
沖縄の離島広がる入島税、環境保全など目的(読売新聞)
AD