長寿世界一

テーマ:

 世界保健機関(WHO)が19日に発表した2016年版の「世界保健統計」によると、'15年の日本人の平均寿命は83.7歳で、世界1。日本は統計を遡ることができる20年以上前から長寿世界一の座を守り続けていることになります。

 日本の男女別では、女性が世界首位の86.8歳、男性が6位の80.5歳。男性の首位はスイスで、81.3歳。

 

 平均寿命が83.7歳ということは上もおられるわけで、昨年9月現在の統計では、日本では100歳以上の高齢者が全国に6万1568人おられるそうです。1963年は153人だったのが '98年に1万人を超えたとのことですから、すごい伸びです。

 

 しかし、長寿は医療・栄養・経済状況・健康意識などなど、様々な要因の積によって為されるわけですが、先週、心臓のカテーテル・アブレーション手術のために入院して、改めて考えました。

 

 

 健康寿命でなければ意味がないですよね。

AD