ビルメンテナンスから地域を日本を元気にしたい!

プロスタイルを最幸のチームにしたい!

働くことが自分の幸せになれるような人を育てたい!





そんな想いを持って、日々活動しています。


今、沢山の出逢いと学びに本当に感謝しています。




そして、社員さんを幸せにしたい!






と言う想いで本気で日々、動いています。




動いていく中で、素晴らしい方々との出逢いがありました。




「動けば変わる」





そんな尊敬できる人たちに一歩でも近づきたい。

そんな会社にしていきたい。




プロスタイルが元気になれば、ビルメン業界も元気に出来る。

地域も元気にすることが出来る!と本気で想って行動しています。










私たちは”笑顔と繋がり”を理念に日々、お仕事をさせて頂いております。





プロスタイル株式会社
 ←HPはこちら








この度、ビルメン業界をアツく引っ張っていく方々とも、繋がることが出来ました!




日本ビルメン経営品質協議会
 





Iida Sakae

バナーを作成














テーマ:
今日もやりきった!


みんなが頑張ってくれていることに心から感謝を感じた夜だった。


みんな、ありがとう!



明日も顔晴ろう!



今日もグッジョブ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はアンジーこと、安藤クンとエアコンクリーニングに行ってきました。
{FA179573-A860-4BFC-BDD3-2AC26D135502}

アンジーはうちに入社してくれて3年経ちますが、ここのところ、エアコンクリーニングにハマっているそうです♪


エアコンクリーニングが楽しいって言ってくれてました♪

今日は個人のお客様でしたが、お客様と談笑してて、外まで笑い声が漏れてきました♪


アンジーは中途入社で、なかなか伸び悩んでるなぁと思ってましたが、最近は本当に頑張ってくれています。


人の成長のスピードはやっぱり人それぞれで、やっぱり可能性のない人はいないんだなぁと感じさせてくれました。


僕たちのビルメン業界は、やっぱり、人が集まりづらい業界。。

まー今はどこの業界も人が集まりづらいんだと思いますが。。。


でも、どんな仕事も、きっと楽しむ事は出来ます。


仕事に優劣なんてない。


医者や政治家も尊い仕事だけど、僕はビルメン業界も同じように尊いと思う。


「働く」ってことに、変わりはない。


どんな仕事も価値あるものだし、どんな業界も尊い。


仕事に優劣なんてないんです。


こうやって、少しずつだけど、社員さんが成長する姿を見れるのは本当に幸せな事だと思う。


給料も休みももちろん大切です。


そこで働く人の「やる気」につながる大切な要素だと思う。


でも、僕は、何よりも1番大切な事は


「やりがい」


なんじゃないかって思う。


自分がやった仕事でお客様が喜んでくださること。


仲間が「助かった!ありがとう!」って言ってくれること。


僕はそんな、「やりがい」が大切だって思うんですよ。



前にイザコーがNHKに取材された時、


「やりがい搾取」


って言ってた。



そういう見方もあるのかも知れない。


でも、やっぱり、

「誰かのために」

って力は、絶対にやりがいにつながるんじゃないかって思うんですよね。


「お客様のために」


「仲間のために」


「家族のために」


誰かが喜んでくれることに一生懸命になることが、きっと、その人の「幸せ」につながると思う。


僕はそんな「他喜力」をものすごく大切にしています。


それを強く持っている人の方が、幸せなんじゃないかって思うんですよね。


でも、相手の悪いところばかり、目に付くのが人間です。


だから、人のせいにしてしまう。


だから、まずは、自分に与えてくれる人には、返したくなって、与えてくれない人や、言うことを聞いてくれない人には、「あいつはダメだ」って三行半を叩きつけちゃう。



それでもいいんだけど。



でもね、まずは、相手の良いところを探して見たら、きっといいところいっぱいあるはずなんですよ。

そこを見たら、また、付き合い方が変わってくると思うんです。


福島先生が言ってました。




「人とは感謝で付き合う」



と。



まだまだ僕も出来ないことばっかり。。



でも、悪いところ見だしたら、キリないし。



きっといいところもいっぱいあるし。



いいところ見れたら、やっぱり、感謝だなぁって感じるんですよね。人間って。


完璧な人間なんて世の中にいない。


みんなだらしないし、みんな嘘つきだし、みんな見栄っ張り(笑)


自分もそうですから(笑)


大なり小なり、みんなそうでしょ?



だから、いろんな感情があっていいし、いろんな人がいるわけです。


人それぞれ、価値観が違うんだから。


ただ、どこの会社にも理念があるので、その価値観は、同じじゃなきゃいけない。


会社の理念に沿った行動をしなきゃいけない。


そこは、同じ価値観でやらなきゃいかんのですよ。


でも、人格は人それぞれだから、価値観を揃えるのは至難です(汗)



それでもいずれは気付いて変わります。


可能性のない人はいないから。



ただ、僕もそんな悠長な事は言ってられないけど(笑)


まー、それが、中小零細企業の本音です(汗)



でも、人には無限の可能性があり、みんな、幸せになりたいって思って頑張っているんですよね。



だから、僕にできる事は、

「みんなが幸せになる、いい会社にする」

って事を、ただ、ひたすらに目指してやっていく事です。



だから、今は、会社を変革させる時。


お客様に喜んで頂き、社員さんがやりがいを感じて働けて、正当な利益を生み出し、社会に役立つ会社にすることです。



まだまだ人としても、社長としても、未熟者ですが、ただひたすらに一生懸命、愚直にやり続けるしかない。


時間は掛かるだろうけど、「いい会社だね!」って、言われるような会社になれるように、顔晴ります!



今日もいい日だ!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、千葉ロッテマリーンズ香取後援会のお仕事で、ZOZOマリンスタジアムにて、キッズダンスをしてもらって来ました。
{A15B52AD-09C6-4B90-88A9-72F0DE37A34F}

{418FAB5B-D2FC-4437-BEF5-5E2B207D0589}

子供達の付添いで、親達も球場内で、
「ちば心つなげよう」
を踊っておりました♪


親達も一生懸命踊ってくれて、家族でいい思い出になったと思います♪


試合は延長の末敗れました〜

今年のマリーンズは………


まー、子供達が楽しんでくれてたので、良しとしましょう〜


今日もいい日だ!

明日も最高の1日だ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の双子の美容師けいくんのメルマガが響きました。
真の友とはこんな人だったのですね。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お釈迦さまの「友」についてのお話です。


_______


「お師匠さま、よき友を得ることは聖なる道の半ばだと思えるのですが、どうなのでしょうか」


私の考えですが、「聖なる道」というのは「正しい生き方」というような意味ではなかったかと思います。


そのとき、お釈迦さまはこう答えました。


「アーナンダよ、よき友を得ることは聖なる道の半ばではない」


アーナンダは「やはり自分は未熟で何もわかっていない」と、がっかりしたかもしれません。


が、お釈迦さまの口から続いて出てきた言葉は、アーナンダの予想を超えるものでした。


「アーナンダよ、よき友を得ることは聖なる道の半ばではなく、聖なる道の全てである」


お釈迦さまはこう説明しました。


「私(お釈迦さま)を友とすることによって、人は老いる身でありながら老いを恐れずにすみ、病むこともある身でありながら病むことを恐れずにすむ。


必ず死すべき身でありながら、死の恐れから逃れることができる。


よき友を持つことは、幸せに生きることの絶対的条件なのだ」と。


それでは「よき友」というより「師匠になってしまう」との異論が出そうですが、それは本来の「友」という意味が正しく伝わっていないせいでしょう。


本来の「友」とは、遊び相手とか遊び仲間というようなものではなくて、人生上の悩み・苦しみ・苦悩・煩悩を少しでも軽減してくれるような“気づき”を教えてくれる人、のようです。


それは同時に、自分もそういう存在になることが「よき友」と言われる条件ということでもあります。


そのように教え合うこと、学びや気づきを知らせ合うこと、交歓し合うことが「友」というものなのかもしれません。


_______


生きる大事・死ぬ大事

小林 正観 著

イースト・プレス


_______


よき友とは、学びがある友だとしたら、逆に自分も「よき友」となるためにはこちらからも何か提供できる人である必要があります。


職場の仲間も、学校の仲間も、互いに刺激し合い高め合えるからこその「よき友」であり、それが貰ってばかりだとしたらよき友とはいえません。


喜多川 泰さんの著書「秘密結社Ladybirdと僕の6日間」にこんな話があります。


___


「20キロしか持ち上げる力がない人が、七人集まって140キロを持ち上げて、一人で120キロを持ち上げた人だけが入れる世界に飛び込んでも、そこには、一人で120キロを持ち上げることができた人しかいないからね。


そんな世界に入った途端に、それぞれはどうなる?」


「・・・確かに、どうやっても太刀打ちできないですね」


「それぞれが、それぞれの世界で、通用しないままおしまいさ。


若い頃は、夢を実現するっていうのは、ある職業に就くってことだと思ってるからね。


映画監督にさえなれれば、女優にさえなれれば、作家にさえなれれば、って思ってるよね。


現に当時の僕たちがそうだった。


でも、肇と謙治はわかってたんだね。


なるまでよりも、なってからの人生の方が大変だって。


そして、なるまでよりも、なってからの人生の方がはるかに長いってことをね。


その『なってからの人生』を幸せに生き続けるためには、本当の力がなければ続けることができない。


そのための力を、それぞれが自分の夢の扉をこじ開ける苦労を経験することで、身につけることができるんだよ」


___


互いに成長し合い、与えられる人でありたいですね♪

__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。

__________


ブログにも記事をアップしてあります。

「魂が震える話」ブログ

http://ameblo.jp/and-kei/



このメルマガは、

転送、掲載、自由です。

朝礼や飲み会の席、友人や家族との会話で、どんどんご活用いただけたらと思います。

こちらから登録出来ます。

 ↓ ↓ ↓

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=89750df8c19d864a



ブログやメルマガ、フェイスブック等のネタとして使用する際は、以下のような文を入れて頂ければ、断りは要りません。

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=89750df8c19d864a

___


よろしくお願い致します。


--------------------
発行責任者  「魂が震える話」けい
お問い合わせ kei@tamafuru.com
--------------------
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



良き友を持つという事は、幸せに生きるための絶対条件なんですね。


その、「良き友」とは、学びを与えてくれる人。

師匠と呼べる人が、「真の友」とは。。。



そう、お釈迦様は教えてくださったと。



みなさんには、どれだけの「真の友」がいますか?


自分自身が誰かの「良き友」になれるように日々勉強します!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はナニメンさんの習慣形成セミナー初級編の最終講座でした。



最後、決意発表だったのですが、僕はノープランで臨んでしまった。

僕が発表する前に社員さん2人が発表したのですが、この2人も、お題に沿った発表は出来なかった。


ナニメンさんにはお見通しでした。



子供も社員さんも、見ているところは一緒です。



「親や上司の背中しか見てない」



僕は今回の3回の講座は、前も受講したっていうところから、かなり力を抜いていた。。。


それが、きっと、参加した社員さんにも伝わってた。。



会社は社長の器以上に大きくならないって言うけど、本当にその通りだ。


きっと、僕の背中しか見てない。


社長である、僕がどんな事をしているのか、何を考え、行動しているのか。。


サボってたら、みんな、すぐにサボる。。

でも、一生懸命やっても、すぐには一生懸命やらない。

上司の「本気」さを確かめてから、本気になるんですね。。



いやー、今日は、ナニメンさんの顔をまともに見れなくなってしまった。。。


自分の考えてる事が、社員さんに簡単に伝わるんですよ。。

僕が力を抜けば、社員さんも力を抜く。。


まさに、会社は社長の器以上に大きくならない。



僕が、物事に取り組む姿勢しか、見てない。。。



久しぶりに、自分がクソ情けなくなった。。

社長の力の入れ具合で、会社は変わる。



今日は本当に辛かったけど、足りないところが見えて本当に良かった。


これから、僕自身が、どう自分に向き合っていくか。


テキトーにやるか、本気でやるか。。


「みんなが幸せになる、いい会社にする」

までは、まだまだ程遠いと感じた。




今日も気付きをありがとうございますっ!



よし!やる!



今日もいい日だ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。