1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-07-27 20:42:49

ティム・バートン 『ビートルジュース』

テーマ:ブログ

今、世間では天才マシュー・ボーンのおくるバレエ 『シザーハンズ』 が話題を集めている。

『シザーハンズ』 はティム・バートン監督の同名の映画を舞台化したもので、

哀しみの人造人間エドワードと快活な美女キムとの間に交わされる幻想的な恋物語であり、

多くの人々の心を揺さぶった傑作映画でもあります。


シザーハンズオフィシャルブログ


余談ですが、舞台の 『シザーハンズ』 はどういう縁か、誘ったのと誘われたので、

8月の20日と25日、2回行くこととなりました。

同じ週に2度も行けるなんてなかなか無い体験なので、ラッキーです。

早く公演日が来ないかなあ、と一人落ち着かないのでありました。


とにかく 『シザーハンズ』 を出世作に、エドワード役のジョニー・デップはめきめきと頭角を現し、

キム役で競演したウィノナ・ライダーと蜻蛉の結婚生活を送ることとなる。

(ちなみにジョニー・デップは 『エルム街の悪夢』 に出ていたりする。)


『シザーハンズ』 を商業的にも芸術的にも大成功に導いた天才監督がいる。

ジョニー・デップとウィノナ・ライダー、この魅力溢れる2人を発掘した偉大な監督、

それがティム・バートン監督なのです。


ティム・バートン監督は、先の2人をよく起用した他、

オインゴボインゴのリーダーであるダニー・エルフマンを音楽担当に起用し、

独特の世界観を共に作り上げていったのでした。


さて、本題ですが、そんなティム・バートンの作品群の中に、私の好きな一作がある。

好きで好きでたまらなく、何度と無く繰り返し見ては笑い転げる作品、

それが 『ビートルジュース』 です。


ワーナー・ホーム・ビデオ
ビートルジュース

-----------------------------------------------

娘役のウィノナ・ライダーも魅力的な、ティム・バートン監督の才気が如何なく発揮されたホラーコメディ。新居を購入しながら事故死し、幽霊となった若夫婦。引っ越してきた一家を追い出そうと、霊界から人間退治のプロ、バイオ・エクソシストを呼び出すが…。
縦横無尽に暴走する物語を、独特のアニメ的イマジネーションで視覚化。『アルゴ探検隊の大冒険』などで知られる、敬愛する特撮監督レイ・ハリーハウゼンの線を狙った手作り感あふれるクリーチャー造形も絶妙。
アカデミー賞最優秀メイク・アップ賞にも輝いた本作の興行的成功が、次回作『バッドマン』への飛躍を用意した。バートンは89年、本作のTVアニメシリーズの製作総指揮も務めた。(轟夕起夫)

-----------------------------------------------


百聞は一見にしかず。 とにかく見て損は無いのでどうぞご覧くださいませ。

二段目のものはラストシーンなので見ないほうが良いです。

なら挙げるなと言う話ですが、このカリプソがとっても良いので・・・


BEETLEJUICE

BEETLEJUICE Last Scene  注意:ラストシーン


ちらりと映っている若いころのウィノナ・ライダーがとってもかわいい。

彼女の魅力を最も引き出すことのできた監督の一人ではないでしょうか?


怪人ビートルジュース役をやっているのは、なんとマイケル・キートン!

名前を聞いてパッと思いつかないかもしれないけれど、

初代バットマンです。 ティム・バートン監督の 『バットマン』 シリーズの主演をやっていた演技派!

これぞ怪演と拍手を送れる数少ない俳優さんの一人です!

そんな魅力的な俳優さんや監督が送るはちゃめちゃなストーリー。

どこまでもB級にこだわった意欲作。 絶対に買いですよ。





むりやりミステリと関係付けるならば、

この映画では唯の一つもCGなど高等な技術は使われていない、

全て昔ながらのやり方にこだわった特殊効果であること。


どうやってこのシーンを撮ったのか、そういうことを考えるだけでも、

映画好き、映画を撮るのが好きな人たちに、果てしない夢と希望を与えてくれる作品だと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-07-17 00:02:56

私心 一周忌を経て

テーマ:ブログ

人を人とも思わず、全てを軽蔑し、傲慢不遜に生きた僕の獣時代。

一匹の獣であった僕をお師匠は人間に変えてくださった。

シェイクスピアをはじめ、グレアム・グリン、エリオット、ドストエーフスキィなど

海外文学を通して人間そのものを教えてくださった。


そして、教育というものが何かということを、体得させてくださった。


僕の人生において唯一無二の尊敬する師匠の一周忌が行われました。

やはり、一年経とうと僕の胸にポッカリとあいた喪失の穴はふさがるはずも無く、

会場で独りボロボロと涙をこぼすばかりでした。


僕の行く末を気に掛け、遺書にまで僕の名前を出すなど、実の息子孫同然の扱いをしてくださいました。

しかし、不肖の私は師匠を失ったことで開いた穴の痛みを我が身我が心を汚すことで、

ぼろぼろに疲弊させて麻痺させることで乗り切ろうとした大莫迦ものなのでした。


本日はそのことを告白し、一度は外道に堕ちた身ではあるけれど、

決意を新たに文学を志すことを誓ったのであります。

また、遺書にのこされた通り、師匠の意思を継ぎ、その行動を後世に繋げるべく努力することにします。


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-07-04 00:12:34

多摩動物公園

テーマ:ブログ

さて、この日曜日は多摩動物公園に行ってまいりました!

以前、chisaの水色ブログにてchisaさんが絶賛していたため、

すわ行かねばと行ってきてしまいました!


tama


チケットはこんな感じ。ぞうが良い感じだったのですが、ちょっと隠れていますね。

多摩動物公園に行くならば、絶対おとくなこのセット!

その名も 「うきうきセット」 !!


どうでしょう、うきうきしてくる名前ではないですか!

内容は、多摩動物公園入場料+多摩モノレール乗り放題で驚きの1000円!

これでお得と言わず何と言う!


多摩動物公園の近くには、あじさいで有名な高幡不動尊もあるので、おすすめです。


tama  tama


左がモノレールの駅。モノレールはあまり揺れず、のんびりと進むので、個人的に大好きです。

そして右が問題の多摩動物公園入り口・・・


「動物園内の象より目立っている」


と、多方面で評価の高い門番の象。確かにこの存在感は・・・

雨に濡れて本物らしさアップ!


朝はあまり降っていなかったのですが、ちょうど多摩動物公園についたところで土砂降り。

ざーざーと雨が降りしきり、道々に小川ができておりました。

雨の動物園なんて・・・ と思われるアナタ、ちょっとお話を聞いてください。


雨の日は、お客が少ないのはもちろんとして、臭いが全く気にならないのですよ。

刺激的な臭いを持つタヌキ類なども全く臭いが感じられなくなるほどの消臭効果。

動物園には行きたいけれど臭いがちょっと・・・とお悩みのアナタ、雨の日をオススメいたします!


まあ、雨の日は濡れるので見辛いのではありますが。

そんなときは室内展示を回るのです。

というわけで昆虫館、 chisaさんが絶賛していただけに期待大です!


おもしろいことに多摩動物公園の昆虫館は 「触れる」 ということがテーマになっているようです。

通路には 「やさしく触ってね」 という注意書きと共にアオムシやら毛虫やら・・・

まあ、触りましたが。


そんなこんなでギエーギャーという悲鳴をよそに通路を進むと、何やら不思議な扉が見えてくる。

そして、扉を開けると



そこは蝶たちの楽園でした。


 


 


こんなに近寄っても全く逃げる気配が無い。

それどころか、服にとまったり、果ては頭にとまるなどなど。

蝶たちが自由に生活しておりました。


もちろんこの蝶のユートピアに住んでいるのは蝶だけではありません。

ハチドリやトノサマバッタ、水の中を覗けばゲンゴロウ、驚きのヒルの大群などなど。

そこには一つの世界が育てられておりました。


多摩動物公園の底の深さをおもいしらされる展示です。

他にもグローワームや、虫の生態のわかる展示物などなど、

ここは動物園なのか!?と思ってしまうくらい昆虫館の質が高かったです。


明確なテーマ設定、そしてその実現。

非の打ち所の無い楽しい展示でした!


さてさて、動物園はどうかと言うと・・・


 


こんな感じに動物たちは衛生的な環境下でとてものびのびと生きているのでした。

上野動物園と比較できないほど、多摩の動物たちは自由に生活できていると思います。


 


多摩動物公園が初というライオンバス! 今にも襲ってきそうな迫力ですね。

ライオンの足は思ったよりも太く、足先は人間の掌を広げたよりももっと大きかった。

雨濡れの雄のたてがみは、まるでヒッタイトの彫刻のように巻いており、

古代人たちが石碑に記したライオンの姿と驚くほどそっくりでした。



モウコノウマ、もう、この馬!

パカラッパカラッと落ち着き無く走り回っていたところを激写!

白っぽい色をした不思議な馬でした。



最後に、多摩動物公園の素晴らしいところは、柵にまで気配りされているところです。

ご覧下さるとわかりますように、柵が木の形をしており、雰囲気を壊さない。

こういった細かな気配りが 「また行ってみたいな」 と思わせてくれるのかもしれません。


さて、皆さん、夏休みに行くところが無いなんて言うことがあったら、

多摩動物公園に行ってみるのも良いかもしれません。

そこには新しい発見が待ち受けています。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-06-26 02:17:19

近況報告

テーマ:ブログ

給与事務所での事前監査が終り、夥しい付箋と注意書きの数に唖然としながらも、

ほぼ全ての資料に対する不明点の照合作業が終了。


初任にして監査に当たったおかげでほぼ全ての書類の意味を体得することができましたが、

誰だー!前の事務職さんの責任だから君はほとんど何もしなくていいんだよ?
なんて言った無責任な人々ー!w

訂正箇所等全て僕の仕事じゃないか!!w


そんなこんなで来る七月初旬、監査本番に向けてより綿密な照合作業に入るのでした。

またしばらくミステリを読むことのできない生活が続きます。




会誌投稿用原稿に関しては、かなり的を得たアドヴァイスが得られたので、その点から改良します。

B、KTさん、くーちゃん、Mさんありがと。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-06-07 22:15:05

十万億土

テーマ:ブログ

もしあなたに同情する心があるならば

もしあなたに他人の死を悼む心があるならば


どうか今夜一日だけでも

どうかこの一瞬だけでも


83の天寿をまっとうした

寡黙で緻密な祖父の旅路を


難無きものとして

共に祈ってください


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-05-14 23:06:46

あじさいのハリネズミ

テーマ:ブログ

朝起きて湿気を感じると、六月が近づいて来ていることを感じます。


家族の力も借りて、ようやく大学の仕事も終りを迎え、ほっと一息。

肩から荷が降りたような、安堵の気持ちで一杯です。

もうこれで大学とも切れたかと思うと、人生に光芒が見えたような、

やっと社会人になれた気分。 すがすがしい気持ちになれました。


そんなこんなで病院のカフェ。


病院カフェ


ピンク色したブーゲンビレアもきれいですね。

最近はバラがぽつぽつ咲き始め、美しいのですが、

こういった普段見慣れた花もやはりきれいなものですね。


ommlettes  butaniku


左がオムレツセット、右が豚肉と卵のサンドウィッチ。

この豚肉のサンドウィッチがとてもとてもおいしくて、食べるのが楽しみです。

おいしく食べられるって幸せなことですね。

胃腸炎で苦しんだ後だけに、しみじみそう思います。


病院に行った後、同僚が仕事をしに職場に来ている、という情報を掴んだため、

ちょっと応援と思いつつ、愛車PAOを駆って職場に向かう。


その途中、なんと職場にバラが咲いていることを発見。


maiokabara  maiokabara2


どうでしょう、先日紹介した横浜の無料バラ園のものと遜色無い。

見事なまでに白く輝く雪のようなバラが咲いておりました。

知らないところで、職場にそんな楽しさを見つけることができ、嬉しいことです。


同僚と先輩と三人で御飯を食べ、母の日のプレゼントを買いに行きました。


kasiwaba-ajisai


買ったものは、柏葉あじさいです。

なかなかの値段なので、こういう日でなければ手がでません。

聞けば、母も実物を見たのは初めてだったそうです。 大成功。


harinezumi


気が付きましたか? 画像右下端にはこんな針ネズミがいます。

好きなアニメに、ロシアのユーリ・ノルシュテインの 『霧の中のハリネズミ』 があります。

本当に好きな人にしか見せない、取っておきのアニメなのですが、これが本当にいい!

一人暮らしをはじめたら、絶対にハリネズミを飼う、そう心に決めております。


そんな 『霧の中のハリネズミ』 最近は絵本にもなって出ているようです。

ヴィレッジバンガードに並んでいるのを見つけてしまいました。

だけど、これはアニメで見ないと始まらない!


そんなわけで、こっそりここで紹介させていただきます。


ジェネオン エンタテインメント
ユーリ・ノルシュテイン作品集

もし見る機会があって、気に入ってくださいましたら、

誰か見せたい相手に見せて、同じ嬉しさを味わうのもいいかもしれません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-10 20:17:24

年休の後始末

テーマ:ブログ

葉村なら絶対行く、葉村なら・・・ と自分を鼓舞して行くのもまんざら悪くないもの。

スーツを着たときも、お腹周りがぐんと緩んでいて、思わず頬も緩んでしまう。

現金なものだなあ、と自分に呆れつつも、タイピンとお気に入りのネクタイを選ぶ。

38度出てましたが、無かったことにして、職場に突撃してまいりました。



職場につくと、皆さん暖かい笑顔で迎えてくださり、思わずじわりと来るものがありました。

ぺーぺーの私でもちゃんと歯車のひとつとしてかみ合っていたのだー、そう思いデスクに就くと、

目の前には未処理の書類の山・・・

じわりと来たのは目だけではありませんでした。



養生のために休暇を取るも、結果的には自分の首を絞める始末に。

社会に出て休むということは、こういうことなのだな、としみじみ思うのでした。

代打のいない独りきりの職場に勤める全ての人を尊敬します。



朦朧とする意識の中、なんとか研修の施設にたどり着くことができました。

土俵際のやりとりには自信のあるタイプで、体の無理も何とかなると思っていたのですが、

これが今日ばかりは大敗大敗。



ケロロン、ケロロン、とお前はカエルか!とツッコミをいれたくなるくらい・・・

いや、むしろカエルになって胃袋の中身を全て洗いたいくらいに酷い気分。

そして食べたものといえば


510


ひからびちゃって涙も出ない。

リポDをおかずにヴァームを食べながら、優雅に伊右衛門をすすって、

食後の薬を嘗めながら、デザートの推理小説を読む。



なんだかだんだんと調子が出てくるものだから不思議ですよね。

ダメなときこそ好きなことをする、これって本当に薬になるんですね。

なんとか倒れずに研修を終えることができました。



責任の大きな仕事を目の前にいくつも控え、冷や汗ダラダラ。

あれだけ冷や汗かけば、熱も冷える。

あっという間に本調子に戻ったような感じです;



読みかけの推理小説、『閉ざされた夏』、これも若竹七海さんの作品で、

副会長Bのブログで良い感想があがっております。

江戸川乱歩賞関連であるため、非常に期待を持って読んでおりますが、これが中々読ませる。

葉村シリーズや葉崎シリーズとは異なる読み心地に、思わず引き込まれてしまいました。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-09 15:23:55

なんだろう?

テーマ:ブログ

給食が半分しか食べられなかった。

いつもなら四人前くらい食べているはずなのに・・・ どうした!?


Pさん顔色悪いよ?

いつもニコニコ何にも考えて無い顔しているのに・・・ どうしたんだろう?


・・・すみません、早引けしていいですか?

「年休って言うんだよ、いいよ」

副校長先生の薦めによって、早退いたしましたとも・・・


仕事を始めて一ヶ月、初めて年休なるものを取りました!

何だか体調が悪く、うろうろうろうろ、事務室内を歩き回ったり、

不審な行動が目立ったため、保健の先生が心配していた模様。


そして極めつけは給食半分しか食べなかったこと・・・

 「どうしたのッ!?」

と災害でも起きたかのような驚きかた・・・

体調が悪いっぽいんです、と応えたら、即行帰宅を命じられました。


帰るその足で病院に行き、診断してもらったところ、病名は


   胃腸炎


カキアタックじゃなくてよかったー!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-18 20:07:46

春なのに

テーマ:ブログ

何故か気持ちは沈みがち。

すみれも香ったし、枝垂れ桜の満開の下にも入ったし、夜桜を眺めながらお花見もした。

一体全体何が足りないんだろう?



追記 (四月十九日) :

楽しいことはたくさんあるのに、何故だか何かが物足りない。

楽しんでいる自分を、一つ外側の円から眺めているような感じがする。

そんな違和感、原因がわかったように思えます。


推理小説がっちり読んでないや orz


そんなことに気がついた水曜の午後でした。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-10 22:28:03

仕事 一週間目

テーマ:ブログ

最近、何かと職場で話題のPです。 こんばんは。

今日はハンドパワーの才能を見込まれて、電気式の穴あけ機とテプラを直しました。

何故直せたのかは謎ですが、冗談で手をかざしたら動くようになりました・・・


あとは、冗談で 「お金の匂いがする!」 と嘯いて、開かずの金庫を開けたら、

○万円近い行方不明だったお金が・・・ 謎な超能力に目覚めたようです。


最近言霊に就かれているのではないかと、冗談半分に思うのでした。


仕事の方はだいぶ慣れ、次の日の分も終らせて帰れるくらいになりました。

しかし、次の日の分を終らせて帰っても、次の日には次の日の仕事があるのですね。

不思議なこともあるものだ、と謎に思いながら、今日も今日とてサービス残業。

なんだか知らないですけど、働いていることが楽しくてしかたないです。


それについに給食が始まりました!

もう、僕のことをご存知の方は想像されておられるでしょうが、

まあ、食べましたとも。 おかわりもしましたとも。 ブドウパンがおいしくて4ついただきましたとも。

いやあ、最後に給食を食べてから12年! 気が付いたら干支が回ってました。


学生のときが一番!という言葉も真ではありますが、

仕事をして生活する、ということも最高に楽しいことではないのかなあ、と思います。

自分が働いて手に入れたお金で明日も生きていけるなんて、おもしろいですよね。


一日一日がとても楽しくて、なんだかとても長く感じます。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。