美容室 PROS:旭商店街店

旭の日常、情報を発信していきます!


テーマ:

こんにちは(^∇^)

 

もうすぐクリスマスですね〜Σ(゚д゚;)

 

イベント好きにはたまらない季節です(≧∇≦)

 

 

{C242D755-11A0-444B-A1E4-A9045B7940A8}
 

ここでマメ知識サンタ

 

ご存知の方も多いと思いますが、クリスマスはキリスト教のお祭りです。

では何をお祝いする日かご存知でしょうか。

「キリストの誕生日」という答えが多いのではと思いますが、惜しいけど違います。
正確には、「キリストが世に来たことを記念する日」なのです。

「誕生日とどう違うんじゃい!」と言われそうですね。
イエス・キリストがマリアから生まれたのが何月何日かはわからないのです。
わからないどころか、聖書の記録を読むとどうも夏の出来事だったようです。
というのも「野宿していた羊飼いたち」が生後すぐのイエス・キリストをおがみに来たと記録されていますからです。
ただでさえ内陸性気候の荒れ野は、夜はひどく冷え込みます。まして冬には、とても野宿なんかできません。

とまあ、何月何日かはわからないのだけれど、神であるキリストが人間となって、マリアという女性から生まれ、イエスと名づけられたことは、確かなこととして聖書に書いてあります。
じゃあその日を記念しよう。その日というものがなかったら、つまりキリストが来なかったら、救いはなかったのだから。というのが、クリスマスの起源なのです。

 

{2B21F63E-0643-42E0-AC60-3F2C0A960402}

 

 

 

なぜ12月25日?

いつだかわからないなら、なぜ12月25日になったのでしょうか。
これには諸説あります。

信頼できる史料のうち最古の記述としては、西暦336年の、ローマの行事を記した”フィロカリアンカレンダー”というものに、
「12月25日、キリストはユダヤのベツレヘムでお生まれになった」
と書かれています。

12月25日であることには、異教の習慣によるとも言われます。
ローマでは太陽神を崇拝する宗教の影響によって、冬至の祭りを12月25日に祝う習慣がありました。冬にむかって日が短くなっていきますが、冬至から日が長くなるため、冬至の日は”太陽の誕生日”だったのです。
ここにキリスト教が伝わった後、キリストが世に来たことを、太陽が現れることになぞらえて、冬至の日にクリスマスを祝うようになったという説です。

というわけで、12月25日がクリスマスということの背景には、異教的な要素が残っていることになるため、クリスマスだからといって特別な行事をしない教会もあるとのことです。
また、12月25日というのは西方教会(ローマカトリック。プロテスタントもこの流れ)のクリスマスで、東方教会(ロシア正教、ギリシャ正教など国ごとに)では「12月25日あるいは1月6日」となっています。

ついでに、クリスマスといいながらなぜイブに盛り上がるのか、ということについて。
現在私たちが使っている時計では、午前0時から新しい一日が始まりますね。
でもイスラエルでは、日没から新しい一日が始まったのです。
ですから、”12月25日の夜”というと、私たちの時計で24日の日没から25日の日の出までということになります。
 

いかがでしたでしょうか?

 

意外と調べてみると色々、発見があるものです。

 

{623B3D5B-0E0D-4CD7-A170-2614709DEE84}

 

皆様はどのように過ごしますか?

 

サンタさんお待ちしておりマース。

 

{272BAA1C-82B3-4E0C-820A-6CF1D60DBD63}
 

 
{0943DF3B-78BA-465E-87CA-CEEAB1477332}
 

 

 

  

スタッフ募集 随時受付

 

 

詳しくはコチラから

 

 

 

 

 

PROS:旭商店街店

Instagramもやっています!

 

下のリンクから飛べますので

みなさまよかったらどうぞ!

 

↓↓↓

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

平塚 美容室プロス 旭商店街店さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。