ミンナ(゚∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀゚)ナカーマ
↓ポチっとあればうれしいデス。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村






こんばんは。ともきちです。





お風呂の底が抜けた部屋の話。

保険屋さんから外壁をつぶしての浴槽入れ替えについて

承認がおりましたニヤリ



さっそく工事手配して、

早々にやっていくようです。

工期は4日。







どういう風になるのか興味あります。











月刊!満室経営新聞

購読料無料の不動産賃貸業経営者とそれをめざす方のための情報誌。

リーシングや融資、トラブル対応、リフォームなどなど。

無料なので登録しておきましょう!

$大家エンジニアリング ~IT系エンジニアのサラリーマンのマタ~リ不動産日記~-月刊!満室経営新聞






水戸大家さんの不動産投資大百科。

初心者には随分勉強になる大容量の資料です。

これまで出版されたいろんな方の本の内容が

まとまっている内容です。

無料なのでゼヒ。


ダウンロードはコチラ










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


AD

ミンナ(゚∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀゚)ナカーマ
↓ポチっとあればうれしいデス。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村






こんばんは。ともきちです。







個人所有の物件に関して売却すると

こんな感じの計算になります。。


個人が、土地又は建物を譲渡して長期譲渡所得又は短期譲渡所得の金額の計算上譲渡損失の金額が生じた場合には、その損失の金額を他の土地又は建物の譲渡所得の金額から控除できますが、その控除をしてもなお控除しきれない損失の金額は、事業所得や給与所得など他の所得と損益通算することはできません。



わかりにくいなぁ。

どーいうこと?



その年に譲渡による利益が出た場合、

その年の間なら譲渡による損失と相殺して損益通算ができるということ。

その他の所得との損益通算はできません。






ってことは、

今持っている物件を何らかの形で売却し、

譲渡損を出せば、

今回の物件の譲渡益が消せるということ!

これを狙っています。



もう少し掘り下げていきます。


















月刊!満室経営新聞

購読料無料の不動産賃貸業経営者とそれをめざす方のための情報誌。

リーシングや融資、トラブル対応、リフォームなどなど。

無料なので登録しておきましょう!

$大家エンジニアリング ~IT系エンジニアのサラリーマンのマタ~リ不動産日記~-月刊!満室経営新聞






水戸大家さんの不動産投資大百科。

初心者には随分勉強になる大容量の資料です。

これまで出版されたいろんな方の本の内容が

まとまっている内容です。

無料なのでゼヒ。


ダウンロードはコチラ










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村








AD

ミンナ(゚∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀゚)ナカーマ
↓ポチっとあればうれしいデス。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村






こんばんは。ともきちです。







今売りに出している物件が売却できたら、

しかも利益が出て売却できたら、

なんて考えてたら、

欲が出てきてまして、

短期譲渡所得(俗に言う利益テヘ)

なんとかして消せないかなぁ

と思っています。






短期譲渡所得の考え方と言えばコレ。


1 課税短期譲渡所得金額の計算

課税短期譲渡所得金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除

2 税額の計算

税額=課税短期譲渡所得金額×30%(住民税9%)



譲渡所得から39%の税金を払う必要があります。

大きいですねぇ。





さて、どうしましょ?










月刊!満室経営新聞

購読料無料の不動産賃貸業経営者とそれをめざす方のための情報誌。

リーシングや融資、トラブル対応、リフォームなどなど。

無料なので登録しておきましょう!

$大家エンジニアリング ~IT系エンジニアのサラリーマンのマタ~リ不動産日記~-月刊!満室経営新聞






水戸大家さんの不動産投資大百科。

初心者には随分勉強になる大容量の資料です。

これまで出版されたいろんな方の本の内容が

まとまっている内容です。

無料なのでゼヒ。


ダウンロードはコチラ










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村


AD