プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:

4日

シリア政府軍が空爆でサリンと思われる化学兵器を使用(byアメリカ)、またはシリア政府軍がヌスラの化学兵器工場を空爆(byロシア)

 

5日

NSC閣僚級会議常任メンバーから、スティーブ・バノンを外し、ジョセフ・ダンフォードJSC議長やダン・コーツDNI長官を入れる。

 

7日未明(シリア現地時間・アメリカはまだ6日)

アメリカがトマホーク59発を発射、内23発がホムス近郊のシャイラト・シリア政府軍空軍基地に着弾。4人死亡、6機のミグ23破壊。

 

うーむ。

 

わからんことだらけなんだが。

 

そもそも、こんなトントン拍子で物事が進むだけでも、不可解やろ。

 

他にも、疑問だらけ。

 

1) アサド政府軍・クルド連合は、ヌスラ、ISの両勢力掃討を目前に控え、ここで化学兵器を使う必要性もメリットも何もない。ほんとうに政府軍が使ったのか、あるいはもしそうなら、いったい何のために使ったのか。

 

今のアサド政府軍の立場は、1945年8月1日頃のアメリカと同じようなもので、勝利そのものは九分九厘確定的。当時のアメリカには2種類の原爆を実戦で使ってみたいという誘引があったが、アサド軍には化学兵器を使うインセンティブが見当たらない。

 

2) アメリカが今さらアサド政権を攻撃して、落とし所をどこに持って行こうとしているのか、まったく不明。ロシアの本格介入でようやく泥沼の内戦から抜け出そうとしているシリアを、再び混沌とした状態に突き戻すつもりなのか。

 

3) 59発中着弾はわずか23発という、北朝鮮にも劣るほど精度の低い攻撃をわざと執り行った理由は何なのか。ロスとポーター、2隻のアーレイ・バーク級イージス艦から発射されたトマホークが、何の妨害・迎撃行動も受けることなしに巡航し、ここまで精度が低いということは、どう考えてもありえない。(もしあったら、アメリカの巡航ミサイル戦略はゼロから練り直し)

 

4) 習近平への恫喝効果を挙げる分析も見られるが、バノン無き今、政権内に「外交」と「軍事」をリンクさせてシナリオを描けるスタッフがいるのか。もしいるのなら、それは誰か?

 

等々、わからんことばかり。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「USA」 の記事

テーマ:
トランプ大統領の議会演説が、大変好評だったとのこと。

これは、由々しきこと。

日和った、とまでは言わないが、大統領が既得権益層やエリート層に阿った結果だ。

彼らと戦うためにこそ選ばれた大統領が、早くも牙を抜かれつつある。

軍産を懐柔するために軍事予算を増強するのは良いが、それで食い逃げされることのないように。

がんばって欲しい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ユーラシア・グループのイアン・ブレマーさんが4年前にJIBsと呼んだ3カ国。

地域問題の火種とも問題児とも言われた。

アメリカとの同盟関係に依存するばかりで、独力で地域問題を解決できないだけでなく、紛争の当事者となる。

と。

しかし、これは裏を返せば、アメリカとこれらの国がしっかりと手を結び、アメリカがそれぞれの地域問題にしっかりコミットするならば、世界の主要な問題のいくつかは抑え込むことができることを意味する。

どうやら、トランプ大統領の考えているのは、このあたりっぽい。

たとえば極東では、チャイナや北朝鮮を恫喝するよりは、アメリカと日本の同盟関係にが揺るぎないものであることを示すほうが、ずっとリスクが少ないということだろう。

ならば、日本は、難しいことを考える必要はない。

戦後一貫して続けてきた、アメリカ・ファースト、を、これからも続けていけば良いだけのことだ。

ラッキーの極致だな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中東には、特に大きな勢力が3つある。
 
それぞれの極の中心にいるのは、サウジ、イラン、イスラエル。
 
(トルコとかイスラエルとかエジプトとか、ISとかクルドとか同胞団とか、もちろんそれ以外にもいくつもの勢力はあるんだけどね)
 
ロシアは、その3極とバランスの取れた関係を構築していて、中東政策をとてもうまくやっている。
 
だからこそ、シリア内戦なんかも、ロシアが上手に処理できた。
 
一方、アメリカ。
 
トランプ大統領のやることは、賛否はともかく、首尾一貫している。
 
その中で例外的によくわからないのが、なぜこれほどまでにイスラエルの側に立つか。
 
あまりにイスラエルに肩入れし過ぎることで、ロシアのようなバランス感覚のある中東政策が遂行できないでいる。
 
イスラエルにとっての最大の脅威であるイランを、全力で叩くということになる。
 
うーむ。
 
難しい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あいかわらずのトランプ叩きがすごいね。

彼はただ、選挙期間中に約束したことを、ひとつひとつ実行してるだけなんだけどね。

約束を守らなくて叩かれるならわかるけど、約束を守って叩かれるなんて、へんなの。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメ車買えって言われても、さすがにそれはムリだよね。

そそるクルマ、全然ないし。

ってか、買いたくたってディーラー撤退とかしちゃうしさ。(売れないから撤退なんだろうけど)

その分、他のもの買ってるんだからいいじゃん、って思うんだけどね。

iOSとか、Androidとか、Windowsとか。

ああ、そう言えば、牛肉。

これだけは、なんとかしたほうがいいよね。

関税なんかなくしてさ。

やっぱ、牛でも豚でも鶏でも、100g100円を超えるようなもの、さすがに買えないもんなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トランプさんは、Twitterで情報発信する。

旧来型のメディアは、使わない。

その善し悪しはともかく、僕にとっては、こんなに助かることはない。

新聞も読まないし、テレビの報道番組も観ない。

情報収集は、基本的にネットだ。

Twitterも、極めて重要な情報ソース。

もちろん新聞やテレビのネタの中にも抑えておかないといけないものはあるが、ちゃんとフォローすべき人をフォローしておけば、間接的にいくらでも入ってくる。

良い時代になったものだ。

良い人が、大統領になってくれた。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

つまり、これは、「北朝鮮の件はChinaに任せてるのに、頼りにならんなあ」というぼやき。

 

シリアの件を任せてあったロシアとトルコ(イランは敢えて、表には名を連ねなかった)がきっちりと仕事をしているのとは大違い。

 

トランプ政権の外交政策は、モンロー主義とはちょっと違うかもしれないけど、ともかく余計ないざこざには関わらない、という方針。

 

アメリカから遠く離れたところの暴れん坊は、ロシアなりチャイナなり、地域覇権国に任せるというやり方。

 

それがわかっていないと、「米中の軍事的緊張が高まる」とか、アホな見解が出てくることになる。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オバマさんは、つまりは西郷さんの役割を買って出たのかな、とも思う。

「ロシアがアメリカの大統領選にサイバー攻撃を加えた」とやらで、彼は35人の外交官を追放した。

それに対して、ラブロフさんは報復措置を取るべきだと主張したが、プーチンさんはその提案を容れず、「荒らしはスルー」の鉄則に徹することにした。

晩節を穢すオバマ、大人の対応のプーチン。

そういう評価が一般的のようだ。

だけど、僕は、オバマさんという人は、もっとずっと利口だと思ってる。

すなわち。

彼は、自分の「晩節」を犠牲にして、トランプ大統領誕生をどうしても受け入れなれない人たちに、「これでもう、おしまいなんだよ」と諦めさせた。

そう、まるで西郷さんが不満士族たちを道連れに、明治の幕開けを日本中に知らしめたように。

ま、これが当たってるかどうかはわからないけど、深いところ深いところを探りに行かないと、何も見えては来ない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このブログでは、5月に、安倍首相の真珠湾献花について書いた。

 

http://ameblo.jp/propanegas/entry-12159122297.html

 

http://ameblo.jp/propanegas/entry-12160527260.html

 

これは、オバマ大統領の広島訪問に対する答礼だ。

 

本来なら、もっと早い時期に実現するべきだった。

 

なんで、年末ギリギリまでずれこんだのか。

 

ぶっちゃけ、イッパイアッテナ、忙しくて忘れてたんだろうと思う。

 

それが

 

トランプ氏との接触に異議 米政府が日本に伝達-東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016120401001685.html

 

なんてこともあって、思い出した。

 

「オバマの間にやっとかなきゃ」って。

 

まあ、なんにせよ、たいへん良いことだと思う。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。