プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:

虫けらといえども心に義を抱く虫、



になります。


1匹のアリは、小さな、弱々しい虫に見えるかもしれません。


ですが、心に秘めた闘志は、とても勇敢です。


それもそのはず。


アリは、ハチ目・スズメバチ上科に属する昆虫なのです。


スズメバチと同じ遺伝子を、たくさん持っています。


ミツバチとアリとでは、アリのほうがスズメバチに近いほどです。


スズメバチは無意味にヒトを襲ったりはしませんが、仲間を守るためならば徹底的に戦います。


仲間と力を併せて、自分よりもずっと大きな敵にでも勇敢に襲いかかります。


アリもその遺伝子を受け継いでいるのです。


わがままで戦うのではなく、守らなければならないもののため、義のために戦います。


たかがちっぽけなアリだと想って油断していると、痛い目にあいますよ。


闘志はスズメバチです。


たとえこの身が滅びようとも、志を同じくする仲間がいつか目標にたどりつくため、その道筋をつけるために戦います。


虫けらといえども心に義を抱く虫、



になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事

テーマ:

虫けらといえども心に義を抱く虫、



になります。


アリは、社会性昆虫と呼ばれます。


1匹1匹は小さくて非力ですが、志を同じくする仲間同士が力を併せて、目標を達成します。


子育てにだって、社会全体で取り組みます。


大人全員で、卵や幼虫、サナギの面倒を見ます。


うちの子もよその子もありません。(もっとも、1つの巣の中のアリはみんな姉妹ですが)


エサを採る時にも、協力しあいます。


1列になってエサを運ぶだけでなく、輪になって獲物を取り囲み、集中砲火を浴びせたりもします。


あるいはアリは分業して、たとえばハキリアリのあるグループは葉っぱを採集、あるグループはその葉っぱを粉々にする、あるグループが粉々の葉っぱでキノコを培養する、というような農業生産法人を運営したりもします。


ただ働くだけでなく、時には仲間たちのためにみずからの身を犠牲にすることもあります。


マレーシアに住む「Camponotus saundersi(通称ジバクアリ)」は大きな顎腺に毒液を貯めていて、敵に囲まれたり押さえつけられたりすると、腹部の筋肉を使って文字どおり「自爆」します。


毒液をぶちまけて敵をやっつけ、その臭いで周囲にいる仲間に危険を知らせるらしいのです。


自爆テロそのものです。


このように、アリの社会性について調べてみると、興味深いことが次から次へと出てきます。


おもしろくて、PCの前を離れられなくなります。


・ ・ ・ いやいや、おもしろがっている場合ではありません。


巨大組織と対峙し、吹けば飛ぶような存在の僕ですが、仲間と力を併せれば何だってできます。


小さくて非力な存在ですが、志を同じくする皆さんと一緒なら、何百倍、何千倍の力が出てきます。


虫けらといえども心に義を抱く虫、



になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



特別市横浜の実現を目指します-ari


虫けらといえども心に義を抱く虫、



になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

虫けらといえども心に義を抱く虫、すなわち蟻になります。


アリはなんと言っても働き者です。


『アリとキリギリ』の話を持ち出すまでもなく、アリはコツコツとがんばる働き者です。


どんなに働き者なのか調べてみました。


そうすると、出てくる、出てくる、「実は働き者ではない」というお話。


有名なところでは、パレートの法則とロングテールについての説明でもよく取り上げられる80対20の話。


「すべての働きアリがよく働いているわけではなく、実際にしっかり働いているのは全体の20%ぐらい。60%ぐらいはまあまあ適度に働いていて、20%はほとんどさぼってる」


「しっかり働いているアリだけを集めても、しばらくするとまたその中でも、60%ぐらいは手を抜き始めるし、20%はボーッとするようになる」


「さぼっているアリだけを集めても同じで、そのうちの20%ぐらいは盛んに働き出す」


・・・全体の20%だけなら、あんまり働き者ではないですね。


あるいは、サムライアリの話。


サムライアリは戦闘以外はほとんど働かないアリで、自分で働かない代わりにクロヤマアリの巣を襲撃して幼虫やサナギを略奪し、巣につれて帰って孵化したら奴隷としてこき使うらしいのです。


時にはサムライアリの女王がみずからクロヤマアリの巣に突撃し、元いたクロヤマアリの女王を惨殺、そしてその巣の女王としてクロヤマアリたちの上に君臨します。


クロヤマアリの働きアリたちは新しい専制君主に抵抗するどころか、フェロモンで骨抜きにされ、せっせせっせと新女王に貢ぐために働かされるようです。


それから、アカヤマアリ。


このアリは、ハケゲアリノスハネカクシ(刷毛毛蟻之巣羽隠?長ったらしい名前です)という昆虫を巣の中で飼育するのですが、なんとその目的は麻薬!


ハケゲアリノスハネカクシの刷毛毛の毛穴から出てくる蜜のような体液が、アカヤマアリにとってはこの上なく美味なだけでなく、麻薬成分が入っているために夢中になりすぎてしまうのです。


そのためアカヤマアリは子育ても忘れ、餌をもらえない子アリは栄養失調となり、やがては巣の滅亡にまでいたるのだとか。


働き者でないどころか、ただの薬物中毒です。


とにかく、調べれば調べるほど、「アリは実は働き者ではない」という話が出てくるのです。


困ったものです。


アリがどんなに働き者かという例をたくさんみつけて、ここで皆さんに紹介して「僕は働き者のアリになります」と書きたかったのに、出てくるのはみんな逆の話ばかり。


いえ、いえ、いえ。


僕は『アリとキリギリス』のような、暑い夏も寒い冬も、小さなことからコツコツがんばるアリになります。


心に義を抱く虫、蟻になります。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:



になります。


巨大組織ににらまれて。


吹き飛ばされそうです。


ひねり潰されそうです。


踏み殺されそうです。


それでも負けません。


戦い続けます。


巨大組織の前には、僕なんか虫けら同然です。


ですが、一寸の虫にも五分の魂。


虫けらといえども心に義を抱く虫、すなわち




になります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。