プロパンガス

いっしょうけんめい働いた人が
せめてビールぐらいは安心して
本物を飲める世の中をつくろう


テーマ:
電車の中で包丁を振り回すなんてのは、言語道断。

だけど、それ以前の問題として、優先席では携帯の電源を切れ、とかいうのがムチャクチャ。

ましてや、タブレットを使うなとか、そんなのは聞いたことすらない。

昔々の携帯ならいざ知らず、3GやLTEはペースメーカーにも何の影響もない。

百万歩譲って、電波が何かしら悪いものだったとして、携帯でもタブレットでも、電波オフモードでいろんな作業ができる。

キ○ガイに刃物事件を二度と起こさせないためにも、優先席では携帯の電源オフ、とかいうマナーとやらを、さっさと止めにしようよ。

ってか、電車の中だろうが何だろうが、電話で話すぐらい、自由にさせろよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「公衆道徳」 の記事

テーマ:
たとえば、雨の渋谷ハチ公前交差点。

ただでさえ歩きにくいあのスクランブルが、皆が傘を差していることで、ますます歩きにくくなる。

「雨に濡れたくない」という個人的な欲望のために、互いが互いに迷惑をかけあっている。

とんでもない。

公衆道徳のために、傘差すの、ガマンしろよ。

ずぶ濡れになれよ。

だってみんな、電車の中では携帯使うなとかいう意味不明な公衆道徳には服してんだろ。

おんなじことじゃないか。

みんなが互いにちょっとだけ迷惑かけあうことも許容できないで、迷惑かけないようにエゴを押さえるのが美徳だと思ってんだろ?

電車で携帯使えないばっかりに、命の際の大切な人に声掛けられなかったり、もっと下世話だけど一世一代のビジネスチャンス逃したり、それでいいと思ってんだろ?

雨に濡れるぐらい、ガマンすりゃあいいじゃねえかよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エレベーターで。


他の人はもっと上だか下だかまで行くのに、自分だけ途中の階で降りる時。


[閉]とかのボタンを押していく人、いるじゃない?


気持ちは、わかるんだけどね。


悪い人じゃないと想うんだけどね。


だけど、それって全然意味なくね?


まだドアが開いてる途中にそんなボタン押したって、いきなりは閉まらないってば。

(ってか、閉まったらけっこう危ない)


開き切って、開から閉に転じるまで押し続けてる人とかもいるけど、それってあまりに間が悪い。


こっちまでバツが悪くなる。


さっさと降りろよ。


気持ちは、わかるんだけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カジノ設置にYESかNOか。

ぶっちゃけ、どちでもいい。

近所に出来てもどうせ行くこともないから、積極的にYESではない。

じゃあ、NOかと言うと、それは違う。

僕は自由主義原理主義者。

大人が自己責任の範囲内で博打をやろうが大麻をやろうが、一向にかまわないと考えている。(もちろん道義的な意味であって、法的判断は別)

カジノをつくりたい人がいるならつくればいいし、汗水垂らして働いて得た金を博打ですり減らしたい人がいるなら好きにすればいい。

そういう意味では、YESかな。

ただ。

特区にカジノで地域振興、とか言われると、「おまえ、それは違うだろう」と想う。

激しく、想う。

日本人なんだから、まじめにやれよ。

日本人なんだから。

まさしく、貧すれば鈍す、だな。

もっとも、博打を不真面目だと想うのは(科学ではなく)価値観の問題なので、その感覚が通じない人とはそもそも会話が成立しないわけだが。



(カジノも、バブルの時につくっていれば大金持ちが気前良く散財する場になっただろうが、今みたいな経済状況でつくると一番貧しい層の人が収奪される場にしかならないと想うよ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たとえば居酒屋で飲んでいて、隣の席で15歳のガキがタバコ吸いながら酒飲んでいたら、さすがにどうかと想う。


自分でブン殴ってやっかいなことに巻き込まれるかどうかはともかく、誰か何とかせえや!という気にはなる。


ところが、それが18歳のヤツなら、ちょっと話は違ってくる。


法律では20歳以下は喫煙も飲酒もダメだということになっているが、18歳以上は大人として扱うことにしようという考えが徐々にではあるが浸透しつつあるからだ。(最近は30過ぎても大人になれないヤツも少なくないが、それは、まあ、別の話)


選挙権うんぬんが絡むとややこしい問題も出てくるかもしれないが、タバコと酒は18歳からOKにしてやっていいんじゃないの、っていう意見をよく耳にする。


法律はともかく、社会通念はすでにそうなりつつある。


ションベン臭い小娘がどうなろうと知ったこっちゃないが、自分の母親が自分を産んだ歳になってタバコ吸ったぐらいで責められたって、説得力ないよなあ。


そもそもさ、プロパンガスは吸わないからわからないけど、タバコなんて、思春期に勢いで始めてやめられなくなって、大人になっても続けてしまうもんじゃないのかな?


20歳にもなってタバコが健康にどれほど悪いかを理解できずに初めて手を出すっていうのも、それはそれでどうかと想う。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


全然関係ないけど、「シオノギミュージックフェア」に出てた天童よしみ、メチャクチャ歌上手かったなあ。


演歌以外のほうが上手いぐらい。


ま、それでも、紅白で「川の流れのように」を歌ったのは大きなカンチガイには違いないんだけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベストセラーの一角に名を連ねている国家の品格 の中で著者の藤原正彦は「人を殺してはいけないのは『駄目だから駄目』ということに尽きます」などと書いているが、それでは説明にも何にもなりはしない。


説明不能なのも無理からぬこと。


法律のレベルなどではなく、人類普遍の倫理として言えば、「人を殺してはいけない」などという掟はない。


あるのは、「仲間を殺してはいけない」ということと、「(状況次第では)敵を殺すことは賞賛される」ということだけである。


ついでに言えば、「仲間でも敵でもない第3者は、合理的な理由がある場合には殺しても良いが、できれば殺さないほうがいい」といったところか。


仲間の中でもいちばん大切な仲間である家族を、高校に欠席がちなことを咎められたからといって殺してはいけない。


家族でなくても、同じ国に住み同じ価値観と文化を(ある程度)共有している仲間を殺していけない。


戦争に赴けば、敵国の兵隊を殺すことは基本的に賞賛される。


仲間を殺した殺人犯は、もはや共同体の敵とみなされるから、死刑に処してよい。


ただし、殺人犯ですら仲間だと考える人は、死刑制度の廃止を求めるかもしれない。


犬は仲間ではないから、「食べるため」などという合理的な理由があれば殺してもよい。


ただし、犬はペットとしても人に身近な動物だから仲間であり、殺したり食べたりしてはいけないと主張する人もいる。


牛は仲間ではないから、、「食べるため」などという合理的な理由があれば殺してもよい。


ただし、牛を神様の使いだと考える人にとっては、牛は仲間以上の存在だから、殺したり食べたりしてはいけない。


鯨は仲間ではないから、、「食べるため」などという合理的な理由があれば殺してもよい。


ただし、鯨を仲間だと勘違いしている人は、鯨を殺すなという政治的主張に乗せられるかもしれない。


それだけのことだ。


そして、なぜ仲間を殺してはいけないか。


それを説明する必要はないだろう。


あなたのいちばん大切な人のことを想い描いて欲しい。


良いも悪いも、あなたはその人を殺したいと想うだろうか。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
とある友人、石川君(仮名)の話。

彼は最近、念願のマイホームを得た。

場所は横浜市と町田市の境界付近、最寄駅で言えば青葉台だが、そこから山のほうに上がったところ。

彼の財力を持ってすればもっと都心よりの物件にも余裕で手が届いたのだが、中途半端に近くに住んで、たとえば25分立ったまま電車に乗るより座って45分乗られるような駅を選んだ。

そのため、彼は最寄の青葉台駅ではなく、始発電車のある長津田駅を利用する。

しかも早めに駅に着き、並んで電車を2つやりすごしてからの目的の電車に乗ってようやく席に着くことができる。

彼と同じような行動をしている乗客は他にもたくさんいるそうだ。

また、同じく始発電車のある鷺沼でも同様の光景を見ることができるのだという。



そこで。



そんな彼の目の前に、突然高齢者が現れたとする。

座れるはずなどあるわけもない満員電車に無計画かつ無謀に乗り込んできたその老人に石川君は席を譲らなければならないのだろうか。

彼がいろんなことを犠牲にして、つまりいろいろなコストを払うことでやっと得られた座席、それを「席を譲られて当然」顔の老人に譲らなければ石川君は常識と想いやりの欠如した人間として周りから白眼視されなければならないのだろうか。

払ったコストと引き換えに得たその座席は石川君のものだと想うがね。

指定席料金を払って得た指定席は当然指定席料金を支払った人のものに決まっているが、それと同じことじゃないのかな?

石川君だってさ、毎晩の残業と営業接待で、もうヘロヘロのボロボロなんだよ。

おじいちゃんのほうが、よっぽど元気かも。



もちろん、おじいちゃんに席を譲ってあげられるだけの余裕があればいちばんいいのだが、石川君だってギリギリのところでがんばってる。

なかなか難しい問題ではある。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝7時に東京駅を出るバスで、車中飲酒だと?


もういい、無条件で、殺せ。

「許す、許さない」はともかく、現実の問題として、ちょっとした飲酒運転をするドライバーは珍しくない。


ファミレスでビールをグラス1杯だけ飲み、1時間ほど食事してからクルマで帰宅、という程度であれば、実際にはよくある光景だろう。(これだと多分、法律にも飲酒チェックにもひっかからない)


が、運転しながら酒を飲むというのは、ほとんど聞いたことがない。


そんな悪いヤツは、めったにいるものではない。


チンピラや族でさえ、そこまで悪いことはしない。

それほど酷い罪を犯した、人の命を乗せて走るドライバー、こいつには、死刑以外はあり得ない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

個人的にはタバコは嫌いだが、それはあくまでも個人的な感情の問題であって、愛煙家がプロパンガスの目に付かないところで吸っていただく分には一向にかまわない。


他人に迷惑をかけないのであれば、法的にはともかく、覚醒剤や麻薬も個人的にはどうぞ、と想う。


迷惑といっても、ポイ捨ての迷惑と歩きタバコの迷惑は全然違う。


もちろんポイ捨ても褒められたことではないが、せいぜいそれは街の美観を損ねるといった程度のこと(タバコのポイ捨てによる火事が問題になっているというのは聞いたことがない)であって、たとえばタバコ税を上げることで清掃業者を雇うといった対処法もなくはないが、歩きタバコは本当に危ない。パグ太郎さんの指摘の通りだ。


この2つをごっちゃにして条令化するあたり、取締まる側の認識にも問題がある。


国家歳入の5%近くを負担している喫煙家の自由をしっかりと保証するかわりに、歩きタバコのような危険な行為は「殺人未遂」としてしっかり取締まっていく必要がある。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。